古本祭り

大阪、四天王寺で開催されていた古本祭りに行ってきました。
天候が心配だったんですが幸いにも晴天。
たくさんの古本屋さんがブースを出しています。


心躍る。

今回はジャンプの古い号を超絶大量に出展している店があってひときわ印象的でした。


まんだらけ全店の在庫をもってしても互角に持ち込めるか…というくらいの凄まじい量。
70,80年代のジャンプがほぼ揃っているという凄い光景でした。

まんだらけをはじめとする大型店舗、ネットオークション。これらも重要ですが、こうした古本祭りも発掘の超重要イベントなんだと改めて思う次第。
今回のように、特定の何かが大量に一気に並んでいる事もあります。しかも相場より超安価で。
こういう事があるから古本イベントは欠かせない!

さて学年誌を探していたのですが、60年代と70年代のものは数冊見つけたんですが、これは収集対象外…。
ただ「学年誌があった」というだけで十分な収穫です。
こうした書店は名前を控えて次回以降もチェックします。

ところでこういうイベントだとメカ生体ゾイド時期(1984-1991)よりも前の時代の本の方がよく見つかりますね。。。
普通の古書店だと80年代の本というと十分古いんですが、こういう古本イベントだと80年代の本などまだまだ若い扱いです。

さてメカ生体ゾイド時期の学年誌は見つからなかったんですが、こんなものは見つけました。


中学三年コース。89年12月号。時期的にはギル・ベイダー無敵時代ですね。
中学○年コースは学年誌の中学生バージョンみたいな雑誌です。
ただし出版社は学研。小学館ではありません。

前から存在は知っていて気になっていたんですが、なかなか手に入れるタイミングがありませんでした。
なにしろ小学○年生と比べて流通数がケタ一つ少ないので見つける機会がほぼない…。
しかも掲載があるかどうかも分からないので、今まで積極的に手を出していませんでした。
それが今回は安価(500円)で見つかりました。
何冊か売ってあったんですが、とりあえずサンプル的に一冊購入してみたというわけ。

で、掲載ですがありませんでした。
さすがに対象年齢から外れていること。小学館ではなくて学研であること。これらから掲載が見送られたんでしょうね。
まぁそもそもあまり期待はしていなかったので、どちらかというと掲載がない事を確認したという感じ。
こうしてあまり脈のない雑誌である事が確認できたのが大きな収穫です。
今後は収集対象から外そう。

わずかな期待としては、バトスト的な連載がないのは当然ですが、もしかしたら広告くらいは…と思っていました。
雑誌としては学年誌よりも学習ページの比率がかなり多い。さすがは中学生向けの学習雑誌という感じです。
ただ合間合間に、「流行りものコーナー」みたいなページは当然あります。
この号では「美少年アニメに夢中!!」というタイトルで聖闘士星矢やサムライトルーパーが特集されて女子は夢中!!みたいなページでした。


聖闘士星矢、サムライトルーパー…。なにもかもが懐かしい……。

他の号だとファミコン特集やホビー特集も一応あるにはあるみたい。
多分ホビーといってもラジコンかプラモか…位だとは思うんですが、ここはちょっと気になるかもしれない。
メカ生体ゾイド全盛期であるところの87-88年。あるいは比較的高い年齢を取り込もうとしていた85-86年(これらの時期は学年誌の中でも6年生へ積極的に掲載したり、ホビージャパンへの広告を打ったりハイターゲット狙いが強かった)。
これらの時期なら一度くらいは特集されてるかも……という可能性はあるのかなぁ……。

基本的に収集対象から外したものの、この点のチェックは可能なタイミングでいずれ行いたいと思います。
国会図書館では東京上野のこども館に所蔵されている模様。
70年代までの号はデジタル化が完了しており各館(本館/上野/京都)のPCで見れるようなんですが、、、80年代の号はこども館で直接見るしかないのか…。
ま、可能ならいずれという感じですね。
東京に行く機会はここ数年で言うと年一くらいであるんですが、どうしてもまんだらけ巡りとか秋葉原とかを優先してしまうからなあ。
次回に居いく事があれば検討したいです。

そんな感じ。
という事で古本祭りでした。
また行きたい!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

あぁ、いいですね!
学年誌もいいけど、ジャンプも見てみたい

No title

中学○年コース・・・また懐かしいものを発見されましたね。
私が小学生3年くらいのとき、いとこの姉ちゃん家に行くと本棚にありました。
「どんなんだろう」と手にとって読んでみると、小学館の学年誌と違って非常に
娯楽部分が少なく、掲載されている数少ない漫画と読者投稿欄、あとはこの
美少年アニメ特集みたいな流行のものの特集くらいしか楽しめませんでしたねえ
(^^;)
「中学になったらこんなの読まなきゃいけないの?」と頭を抱えちゃいましたw
ひとつだけ他に印象に残っているものをあげるなら、その数少ない掲載漫画の
『コーラくん』という2ページの漫画で、いつも冒頭でのどが乾いてコーラを
求めて全力疾走する主人公のコーラくんが、トラブルばかりでなかなかコーラが
手に入らずに最後になんとか飲めるという内容だったことですね(苦笑)。
今思えば、コーラを少年少女に販促するための漫画だったのでしょうが、
そうすると連載漫画ではなくて単にコカコーラ社の掲載広告だったわけです。
他に見た記憶のある漫画は『日ペンの美子ちゃん』くらいなので、
つまり中学○年コースには普通の漫画は一切無かったってことなんですな。
こういう雑誌を親じゃなくて自分のおこづかいで買ってた人って、
当時どれくらい存在してたんだろうか・・・。

No title

>ぬりさん
やっぱり「その年代のもの」には何とも言えない魅力を感じますね。

>Jスターさん
出版社が違う事も関係するんでしょうけど、やっぱり中学生ともなると飛躍的に学習ページが増えますね。
まさに学習雑誌の名の通りです。

基本的に娯楽。そして勉強もできるのが小学○年生。
対してコチラは基本的に勉強。合間合間に行きぬき程度はできるって感じですね。。。
そしてまた中学生ともなるとけっこう勉強が難しいのだ・・・。
やべ、いま高校入試受けたら落ちるわ・・・と思いましたw

この本は小学○年生というよりは進研ゼミ中学講座に近い感じですね。
多分、どちらかというと親が買い与えるポジションでしょうねぇ。
定期購読してる過程が結構あったんじゃないかなぁ・・。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント