帝国軍主力歩兵

先日の学年誌付録記事に付いての補足とか色々。



改めて大迫力。
しかしマグネーザーでイグアンを倒すとはオーバーキルもいいとこですね。
対デスザウラー装備を喰らったイグアンの心境や如何に。

ストーリーでは「マッドサンダーは完成していた」とありますが、よく見ると天井から伸びる各種パイプが本体に接続されている。
動けるには動けるが、補給・整備中で万全ではないという感じかな。
できれば動いてパイプを引きちぎったりしたくはないでしょう。
その場から動かず・しかし360度全周囲を撃てるキャノンビーム砲や二連大口径加速衝撃砲で迎撃したいところ。
実際に右下のイグアンや左上のハンマーロックは砲で撃たれてるように見えます。

ただ左側のイグアンのみマグネーザーでやられている。
このイグアンのパイロット、錯乱して真正面から突撃しちゃったのかなぁ…。
ただ…、離脱して距離を撮れば砲の餌食になろう。
砲は接近しすぎると死角になってしまう。
距離をとらなかったイグアン。冷静な判断だったのだろうか。
まぁ、それゆえにマグネーザーの餌食になっちゃったんですが…。

イグアンのパイロットにとっての誤算は、角はただの角(レッドホーンのクラッシャーホーンのような)だと思っていた。だから触れても大丈夫と思っていた所にあるのかも。
接近したら「え、この角なんか回ってるんですけど……」となってしまって。
逃げれば(距離をとれば)撃たれる。ここは思い切って近づいたほうが安全…!
そんな冷静な判断をしたのに敵の装備は予想を超えていた。そんなシーンなのかも。
哀れ。


さてイグアンです。
イグアンは帝国軍で主力歩兵を永らく務めた傑作中の傑作です。
だからか、歴代共和国最強ゾイドにやられまくっています。


ゴジュラスにぶっ飛ばされる。


ゴジュラスMK-IIにキャノン砲で撃たれる。こっちもオーバーキルもいいとこだ。


ウルトラザウルスに踏まれる。
これなんてねぇ…、ウルトラはイグアンなんて見てもいない。
見てないのにイグアンはグチャグチャに破壊されてるんです。切ないわぁ…。


こっちだと、先ほどのシーンとは真逆で思いっきり睨まれてる。
イグアン、思わずビビッて横向いちゃってるのが可愛いというか悲壮というか…。

…ところでこの画像はエポック社から出たウルトラザウルス秘密基地爆破ゲームですが、ウルトラザウルスが潜む秘密基地を破壊するゲームではありません。
ウルトラザウルス「で」帝国秘密基地を破壊するゲームです。

すごいなぁ、最強ゾイドで敵基地を破壊。シューティングでいうならラスボスを操って遊ぶみたいな感じです。
このゲームは4人くらいまでで対戦ができるんですが、対戦と言っても互いに戦うわけじゃない。
「誰が一番最初に帝国基地を陥落させるか」という順番争いです。
なんかもう、ウルトラザウルスで攻撃するから余裕しゃくしゃくですね。
帝国が哀れや…。


まぁ、そんなわけでイグアンです。登場シーンは実に多い!
さすがは主力歩兵を永らく務めた傑作機です。
ただイグアンは活躍もけっこう多くて、ゴドスやプテラスを倒しているシーンの印象も強い。だからバランスがとてもとれた歩兵だなと思います。

最強ゾイドは勇ましく敵を破壊するシーンが多い。
その相手はレッドホーンやアイアンコングなどの大型が多い。これは大型ゾイドを倒した方が強さの印象がつきやすいから当然です。
しかし小型ながらにして大型ゾイドに負けぬほどやられまくってるイグアンは大変なもんですね。
まさに主力歩兵、名脇役だと思うばかりです。

とまぁイグアンの話になってしまいましたが、マッドサンダーもカッコいい!
完成直後のキットとは少し形状の違う状態で活躍していますね。
脚の装甲板やハイパーローリングチャージャー付近の排気口形状に注目です。

このシーンを見ていると、やっぱりトリケラトプスは敵を刺す姿が似合う!
ワイルドのトリケラドゴスも、ラプトールあたりを相手にこんな風に勇ましく戦って欲しいものですね。
再登場に期待ですぞ。

それにしても資料収集は果てしないなぁ…。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

4枚目の写真、イグアンもその他(モルガ?)も本当に解らないですね。
バトストのジオラマは「あっ、これ×××の残骸じゃん!」と何度も見返した後に気付くことも多かった。
単に倒れてるだけとか部品がバラバラになってるだけじゃなくて、引きちぎられたりその上で踏まれて変形したりとか、何度見ても飽きなかった。

新世紀でもこういうのは引き継いでほしかったですが、子供向けとしては相応しくないとかの判断なのですかね。最近ではこういう「子供のために作っている」と言う言葉が単なる手抜きの業界用語に思えてきます。

No title

イグアンも中々良い機体ですよね。
ロボットらしいゴドスの頭部もいいですが、帝国共通コクピットを使ったイグアンの頭部のラインも凄く好きです。ロック○ンみたいな4連インパクトキャノンだけはイマイチですが・・・(笑。

きちんと活躍する場面がある量産機という役所は大切だと思います。バリゲーターほどでは無いにしろ、アニメではレブラプターやラプトールはアニメでのヤラレ役がちょっと印象強くなり過ぎているのがやや残念。

ところで、同じトリケラトプス型でも「ドリル」のマッドサンダーは突進ができますが、「パイルバンカー(杭打機としてのパイルドライバー)」のトリケラドゴスだと「止まって踏ん張る」という構図(公式の本能解放活躍図でも突進では無い)なので、マッドとは戦い方が随分と異なると予想しています。

No title

ウルトラで基地を襲撃って・・・いえ、共和国視点ならば間違ってないでしょうけど
イグアン対ゴジュラスMK2ではキャノン砲の可動範囲に驚きました<きっと、後ろには大軍が居て先頭がイグアンだったと思えますね

イグアンは帝国サイドでは珍しく息の長い機体ですし、ゴドスやバリゲーターにも言えますが主力ではなく後方警備や歩兵支援としては低コストかつ武装の組み換えで最適だったのではと思います<運の悪いのがハンマーロックで微妙に性能が良く、構造も複雑そうで二線級の部隊に回すには惜しく、主力にはパワー不足のイメージですね<PK仕様は改造は簡単だがコストがかかるなどあったらPK専用ともうなずけますね

No title

レブラプターが出てきてからはイグアンは第一線を退いたんでしょうか?

No title

イグアンといえばバトルコミックでフロスト中佐がコングMK-Ⅱ到着まで耐えきれずカノントータスにやられちゃう話がありましたね。あの時のサイカーチス強すぎ。パイロットがあの人だったからでしょうけど。

No title

>場末の葦さん
ウルトラに踏まれてるぞいどは壮絶ですね。
踏みつけられてドロドロになってる…。
メカ生体のやられシーンは作りこまれたものが多くて魅力ですね。
デスシャドーがサラマンダーを切るシーンとかも、思いっきり実際にきっていたし…。

新世紀だと初期はともかく中期以降はCGでグンニャリさせたり誤魔化す事が多かったですね、、、。
まぁCGなので単純な見栄えは悪くないんですが、ジオラマ特有のライブ感というかそんなのも見たかったですねぇ。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
イグアンは良いですよねー。
私は指のペンチみたいで強そうな感じが好きですね。
ゴドスのほっそい指とえらい違いで、当時共和国はの私は「だめだ、ゴドスじゃ勝てねえ」と悟ったものです。
四連キャノンはあれはあれで悪くないんですが、カスタム仕様っぽいですね。
願わくば両手とも指のパーツがあって、そのうえでボーナスパーツとして4連キャノンがあれば最高だったのですが。

>デスペラードさん
これが発売された時期は、まだ何となく共和国側が正義で帝国把握だみたいな感じがありましたからねぇ。
でも、冷静に考えるとえらい状況ですよね。
帝国あわれ・・・・・。

ゴジュラスMK-II戦は、ゴジュラスは包囲されてるようにも見えますね。
バックにコング等が居るし。
イグアン相手にキャノンを使うのは明らかにオーバーキルなので、見えない部分にもっと敵が居て、それを狙って撃っている可能性は高いですね。

>共和国兵さん
主力歩兵ゾイドはレブラプターになり順次更新されている。しかしイグアンを運用する部隊もまだまだ多いという状況ですね。
あとレブラプターには火力がないけどイグアンは豊富。なので将来的にも完全更新される事はないと思います。

>muutiimarsanさん
バトストでもバトコミでもあのシーンは印象的でしたね。
サイカーチスは大活躍でしたね。さすがトップハンターですな。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント