17話~ その3

17話についてさらに続けます。

キラキラタウンについて。
17話ではデスメタル帝国管轄のキラキラタウンも注目だったと思います。


まず外観ですが、高い壁で全周囲が覆われていますね。
進撃の巨人の町みたい。

これはゾイドからの防衛であり、外部から人間が侵入するのを防ぐ目的でもあるのでしょう。
詳しくは後述しますが、火薬を作っている町である。なのでゾイドが進入して下手に触ったら爆発しちゃうだろうし、人が入って盗んでもマズい。なのでこういう外壁があることは想像に難くありません。

キラキラタウンは「もともとは普通の町だったがデスメタル帝国に攻略された」なのか、それとも「デスメタルが専用の町を0から作った」のどちらだろう。
街中はほとんど倉庫という感じで、住民はほとんど出てこなかった。なので後者の可能性が高いのかな。
前者だと住民を強制的に他の場所に移動させたか、画面に写らなかった端の方でひっそり暮らしているか・・・・・・。

今までのデスメタルのやり方・・・・・・、オニギリを拉致して働かせる事。ペンネを実質強制的な契約で働かせている事から考えるに、「キラキラタウンはもともと工房都市だった。そこをデスメタルがのっとった」ほうが正しい感じがする。
どっちでしょうね。

それにしても火薬を作る町とは。
デスメタル側のゾイドにも砲は付いていない。それなのになぜ大量の火薬が必要なんだろう。

ちなみに火薬の箱には典型的な爆弾マークが描かれていて、アラシもそれを見て瞬時に火薬だと判断できていた。
これも重要ポイントかもしれませんね。


・砲を持つゾイドは基本的に居ないが、火薬やそれを使った爆弾などの知識は広く伝わっている。
・ただし火薬を製造できる場所は限られている。キラキラタウンはその最大生産地でデスメタルが直轄している。

さてデスメタル側ですが、火薬を何に使っているのだろう……というと、たぶん発掘かなぁ…。
デスレックスは「世界中にバラバラに埋められたパーツを全て掘り起こした」らしいので、岩を砕いたりする時にダイナマイトなんかが必要になったと思います。(発破)
各地で発掘をするから大量にダイナマイトが必要。
デスレックス以外にも強力機が埋まってるかもしれないポイントは重点的に発掘調査したい。
そんなわけで、その為に使ってるのかも。

現在はデスメタル帝国は勢力拡大中。
とにかく戦力補強の為に強力ゾイドが多く欲しい。
だから火薬を砲に使うより発掘に活かしたいというタイミングなのかも…。
幸いにも作中世界では砲がないゾイドであっても最強の位置にあるので、「当面は今のままで大丈夫。しかし発掘調査が完了し火薬に余裕が出るタイミングになれば砲にも手を出そう」という感じなのかも・・・。

ただ今話ではガノンタスが砲の有効性を図らずも示してしまったので、今後デスメタルが急速に砲力強化にいそしまないかが若干心配です。


火薬について更に続けると、上に「火薬を製造できる場所は限られている」と書きましたが、その通りと思います。
なぜかというとどこでも火薬を作れるならゾイドと人のあり方は大きく変わるだろうからです。
ゾイド星のゴジュラス程の大きさなら戦車があっても対抗できないでしょうが、ワイルドのせいぜい24~小型程度のしかも砲がないゾイドなら十分に対抗できそう。
防衛にカノン砲なんかを作って町の外周に並べたりしそう。
それは野性ゾイドに対してもそうだし、デスメタルに対してもです。
そうなっていないので、火薬の製造は限られた場所でしかできないのだと思いました。
ただ火薬ってそこまで複雑な技術を要するものではなくて、電気銃なんかが普通に出てくる世界観で作れない理由は何?という疑問は若干ありますが…。


この世界観で火薬の製造場所が限られている という部分について更に捕捉すると、キラキラタウンは火薬の製造については出来ていたようだけど、その取り扱いについては随分ずさんでありました。
言うまでもなく爆発の危険性が高い物質。それを危険性を無視したような置き方をしていた。
何も考えずに積んでるだけだったし、火薬庫の中で戦闘を始めるし。火薬の方に敵を吹き飛ばすし。
フォアグラの立場になったと想像してみると判りやすいと思います。自分の技量なら確実に勝てるであろう。そこについては心配ない。
ただ、周囲には火薬がギッシリ。これが爆発すればただではすまない。戦いでは火花が出たりもする。
そんな状況。
フォアグラはペンネが裏切ることを想定積みだったようですが、ペンネが自爆覚悟で火薬に突撃するとかの想定はしてなかったのかなぁ。
というと、やはり火薬の危険性についての認識が浅かったのだと思う。
ある程度の危険性くらいしか認識していなかった。この世界観では何らかの原因で火薬についての知識が曖昧になっていると思いました。


さて更に。
キラキラタウンは名前の通り随分キラキラした町のようで。
夜でも光り輝く美しい町でした。電気が行き渡ってるという事か。
この世界でこれだけ夜に光る町はなかなかないと思う。
やはりデスメタルの直轄地になれば、その良し悪しはともかく生活水準は上がるのだろうか?

アラシの村は漫画版ですがロウソクを使っていたからなぁ…。
えらい違いです。
もしかすると、デスメタルに狙われた町には「奴らは悪い奴らだから抗戦だ」という派閥と、「たしかに悪事に加担するかもしれないが生活水準は上がる。思い切って受け入れよう」という派閥があったりして……。


最後、ガノンタスについて。
亀光砲を撃ったシーンがイイ!
格闘戦も良いけど砲撃戦も良いなと改めて思えるシーンでした。撃った時にズザザ・・・と後ろに下がっていたので、最大威力での発射だったのでしょう。
それを跳ね返したナックルコングの凄さよ…。

跳ね返すシーンはドラゴンボールのエネルギー波をはねかえす感じでしたね。
跳ね返された(弾道を変えられた)後は弾が幾つかに分裂しつつ、それぞれが威力を保ったまま飛び散っていた。
この描写を見て、亀光砲は実弾砲ではなくてエネルギー弾で確定として良いと思いました。
ただ設定では「必殺技の亀光砲は、輝く結晶状の弾を放ち、敵ゾイドを打ち砕く」とあるんですが、んー。。。

ガノンタスの砲撃が勝負の決め手になったのはカッコ良かった。
そりゃあ調子にも乗りますわ。乗ってよし。
贅沢を言うと、感想2の記事のコメ欄でもそのような意見を頂戴しましたこれに同意しました。
----------
引っかかったのが火薬の部分です。
現場でアラシが気付いたのだから「よし、ナックルコングを誘導して自爆させよう」なら解るのですが……。
なんで、街に入らなかったオニギリにそれをやらせたのかなあって思ってしまいます。オニギリに連絡していたのならそれでも良かったんですが、彼ら連絡手段はないですし。
折角のアラシの「気付き」をオニギリの「偶然」に置き換えてしまうのは筋が悪くないかなあ……と。
いや、よしんばオニギリが知っていたとしてもそれじゃあ現場のアラシが気付いた意味って何なの? と、なってしまいました。

----------
確かにこれは惜しいです。
トイレ周りのギャグシーンを削除してアラシ→オニギリ間に連絡を入れるシーンがあればより完璧になったでしょうねぇ、、、、。
惜しい。
方法としては、「ペンネが通信機を持っているのでそれを使って」とかだと良かったかなー。
こういう部分は更に練っていって欲しいなと思います。

あと、これは余計な考慮かもしれませんが、キラキラタウン大丈夫なのかな……。
砲撃で格納庫が次々に誘爆していた。まぁ町自体は再建されるだろうから(フォアグラもそれ優先の方針を立てたし)良いとして、人的被害はなかったのかなぁ。
あと敵機とはいえゾイドを巻き込んでいないかどうか。この辺も一言あると良かった気は少ししました。
住んでるのがデスメタル側だけならともかく、もしかすると元々の住民で現在無理やり働かされてる人なんてのも居るかもしれないので。

ということで色々な要素がありましたが熱くて色々考えられる17話だったと思います。
戦闘はどんどん良くなっているので、今後に期待がもてますね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

瓦礫の下にはもがいてるラプトールたちが…

オニギリとガノンタス

いい役回りだったオニギリ&ガノンタスですが、思うにアラシたち
現場とは連絡はなかったと思うし、する必要もなかったように思います。

オニギリは泣き声でナックルコングの出撃を確認できたので
「いつか見えるところに出て戦闘を始める」ことに賭けたとします。
それに備えて待機していた可能性はあると思います。
さすがに亀光砲を構えたまま長時間は無理があると思いますが、
コングが目視できてから発射体勢を整えることはできたかな、と。
(1発で直撃コースはスゴイ、さらに遠くからの砲撃に気づいて迎撃
したフォアグラはさらにスゴイ)。

通信していたシーンがなかったことから、アラシもオニギリも火薬を
戦闘で利用しようとは考えてなかったのではないでしょうか。
結果としてはじかれた砲弾が飛び火、誘爆し脱出するチャンスができました。

いつもの行き当たりばったりの作戦とも呼べない戦略ですが、
うまいこと噛み合った対フォアグラ戦だったと思います。

No title

うーん…そもそもですが、連絡手段自体あったのだろうかというのが疑問ではあります。
通信機が出てたのはペンネとフォアグラのシーンだけで1つだけ。アラシとオニギリが持っている描写は全く無いですし、フォアグラがペンネに連絡用に1つだけ渡していたと考えるのが自然かなと。そうした文明の描写からしても田舎の村出身のアラシやオニギリが素で持っていたとも考えにくいですし、1つだけでは通信機の意味はありませんし。

また、火薬の利用ですが、あれで最善と思います。
フォアグラ自体「かつて町を更地にした」「爆発後すぐ再建に取り掛かる姿勢を見せた」ということから、火薬の生産拠点としての重要性は間違いなく把握しているでしょうし、そのいわばホームグラウンドで火薬に誘き寄せるなどの即席の手に引っ掛かるようなタマではないでしょう。
追跡も「スコーピアのワイルドブラストで生じたナックルコングの隙を突かれて高機動型ゾイド2体に一面火薬倉庫の区画に入られた」というものですし、ラプトールもほとんどのされていて、残ったのを総動員しても瞬殺が関の山でしょうし。

その上、ワイルドライガーもスコーピアも基本格闘装備しかなく(ライガーの口腔内の砲も威嚇とかで使われてる感じで破壊力は疑問があり、射程も格闘装備よりはマシ程度の印象ですし)これで火薬を起爆などしようものならば真っ先に自分たちが木っ端微塵でしょうし。
オニギリの標的把握についても、元々街を見下ろせる高台にいた上、ナックルコングのデスブラストで壁にひびが入るほどの衝撃や轟音が響くわナックルコングが屋根を派手に突き破るわ屋根や外壁の上を走って跳ぶわ(+図体が大きい)で、ゾイドの感覚も合わせれば発見は自然な事かと。砲撃の腕はすごいですがw

トイレギャグについては、個人的にはまさかのボケ役になったライガーの動きが無駄に凝ってて愛嬌たっぷり+息が無駄に合ってるのと、フォアグラが無言でトイレの方向をバチで指したりカウントダウン時にノリノリで演奏してたあたりのキャラ描写がツボだったので中々楽しめましたね…w
長文失礼しました。

No title

ガノンタスの件については、自分も全く気にしていませんね。
あの場面は、コングを狙った→コングが弾いたので結果的に誘爆した、と捉えています。オマケコーナーで「手柄自慢」をしていたことからしても、(攻殻機動隊で言うところの)「チームプレーではなく、スタンドプレーから生じるチームワーク」だと思いました。今後、チームプレーに成長してくれるといいな、とは思います。

通信手段についてですが、フリーダム団は今後も持っていない方がいいと思います。折角、コクピットを介さずゾイドに直乗りという「フェイスtoフェイス」の演出をしているわけですから、声を掛け合っていくスタイルに徹した方が面白いと思います。大河ドラマの戦国時代の合戦みたいですが(笑

あと、kaiさんもご指摘ですが
>まさかのボケ役になったライガーの動きが(中略)息が無駄に合ってる
というのは、コミカルな場面ではありますが、アラシとライガーの関係性を考えると意外と意味深いシーンだとは思ってます。まあ、ギャグの質的・量的バランスは難しいところですけども。

No title

戦闘描写、吹っ飛ばされて仰向けに叩きつけられそうなスコーピアが、ペンネを尻尾で包むようにして地面を回転し体勢を立て直す動きが好きでした。

胸熱拳もドラミングをあんな形で活かすとは驚きです。
少々発動まで時間がかかりそうではありますが…。

トイレ後のライガーのコミカルな動きは自分も好きです。
仮に戦闘中アラシが限界を超えた時、一番の被害者は自分の背中で漏らされるライガーだったため内心気が気でなく、一気に緊張が解けた瞬間だったのかもしれませんw

No title

>No Nameさん
さすがに救助は無理でも一言何かあるとよかったですね。

>A-10さん
オニギリ側にも思惑があってあの動きだったんでしょうかねー。
そのような演出があれば更によかったと思います。

アラシはたしかに火薬をどう使おうとしていたのかは分かりませんね。
たまたまなのか狙ったのかどっちだろう。。
よくよく考えたらあれだけ誘爆してアラシたちが完璧に無事だったって言うのも凄いですね。

>kaiさん
連絡手段として私が思う最適なのは、
①ペンネの通信機を置いておく。
(フォアグラに「今からそちらに行く」と伝えたら後は不要になるので置いていける)
②フォアグラの通信機を奪って連絡する
とすればペンネの凄いところも描写できたんじゃないカナーと思います。

ま、でも改めて見直すとあれはあれでよかったのかなとも思いました。
ナックルコングとフォアグラの有能さは十分異常に描かれたし。

トイレのはワイルドライガーの動きはよかったですね。
あそこでやるのか というのはともかくけっこういいノリしてるやん なシーンでもありましたね。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ガノンタス・オニギリはこの一撃で決めるとしていたでしょうね。
誘爆は偶然。
ただせっかく部隊があるのでその要素を込みで連携してもよかったのかなとも思います。
んー・・・・、でもそういう高度なものは最終決戦に向けて成長する感じで撮っておいたほうが良いのかな。
ある意味、今回完璧な連携ができたらもはや先がないですからね。
今回は偶然うまくいった。次は意図的にやってうまくいった。とステップアップすると良いかもですね。

>しめじさん
ペンネとスコーピアは表情や細かいしぐさも丁寧に描かれていましたよね。
いい感じです。

ナックルコングは何もかもが最高でした。
発動までの間もうまく生かしていましたね。

ライガーの心境は・・・呼んで一番シックリ着ました。
そりゃあ喜ぶわなあww
ステキな解釈ありがとうございます!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント