最強合体ゾイドの実力2

昨日の続き。
今日はケンタウロスの戦いをシミュレートしましょう。
1対1。バトストの戦力比較表にあるような感じです。

それでは!ゾイドファイト・レディィィィゴォォォォォォォ!

シーン1:遠距離からの砲撃戦

索敵力と射程はケンタウロスが上。なので先制できるのはケンタウロスでしょう。
キャノン砲、あるいは弓矢で砲撃。

ただ、弓矢はなぁ…。運良く当たればデスザウラーでもアウトと思いますが、一発しかないのがネックです。
弓矢というシステムだから遠距離から撃って当たるかと言われたらNOでしょう。

昨日は弓矢について「小山を吹き飛ばす威力だからピンポイント射撃は必要ない・周囲一帯ごと吹き飛ばすという思想」と推測しました。
アイアンコング以下のゾイドだったらこれで良いでしょう。ちょうど新世紀の1200mm砲みたいな感じで吹き飛ぶハズです。
でもデスザウラーは直撃ないし至近弾でないと厳しいでしょう。

中距離以下だと命中が見込めるかもしれない。でも弓矢だから立ち止まって弦をグッと引くのに時間がかかる。
そうなると荷電粒子砲の餌食になりそうです。
むろん荷電粒子砲もチャージに時間がかかりますが、私は荷電粒子砲が速いと判断します。
なぜかというと荷電粒子砲はフルチャージしようと思えば長い時間がかかる。でも別にフルチャージせずとも撃てるでしょう。
フルチャージなら部隊ごと消滅させる。でも今回は単機のケンタウロスを戦闘不能にする程度の威力で良い。
そう考えると「弱荷電粒子砲」とでも言おうか、チャージ時間短めの低威力状態でも十分だと思います。

弓矢については、アイアンコング相手に格闘戦でヤリのように使っていました。
撃たずに、このように使った方が良いかもしれないなぁ…。

話を戻します。弓矢がダメなので最初はキャノン砲の猛射になるでしょう。
ゴルドスのレーダーと連動させれば遠距離でも命中率は期待できる。
一発ではデスザウラーに致命傷は与えられません。
しかし、常に距離をとりながら(荷電粒子砲の射程外を保ちながら)撃ち続ければかなりのダメージを与えるでしょう。
「常に距離をとりながら」というのはウルトラザウルスでは出来ない芸当です。翼があり軽快に動けるケンタウロスならではの利点。
一発あたりのダメージは10でも10発当てれば100のダメージになります。うまくいけばそのまま勝てるかも。

いやでも、ゴルドスのレーダーがあるからとて当たるものだろうか。
デスザウラーも敵を発見すれば全力で急行するでしょう。
レーダーで捕えられなくても、砲弾が飛んでくる方向をみれば敵位置はだいたい分かる。敵を攻撃するのは自身の位置をさらすことでもあります。

「遠距離の動く目標」というのは本当に狙いにくいものです。
キャノン砲で100km先を撃ったら、着弾までに2~3分ほどはかかるでしょう。
2分として計算します。2分あればデスザウラーは3kmもの距離を移動できます。

長距離射撃は敵位置ではなく敵の未来位置を予想して撃たねばならない。
レーダーで敵位置が分かろうが、だから当たるわけじゃない。
そこから未来位置を予想しそこに正しく弾を送り込まなきゃいけない。
もちろんデスザウラーが動きのパターンを変えたら当たりません。

デスザウラーが何も考えずに一直線に向かっていけば当たるでしょう。運が良ければバカスカ叩きこんで勝てるかもしれない。
でも実際そんな事はないでしょう。
回避運動をしながら距離を詰めていけば、数発程度の命中でキャノン砲の砲弾が尽きてしまいそう。

……100m先の動きまくる米粒に銃を直撃させるとでも考えれば長距離射撃の難度が想像しやすいかも。
敵が「施設」だったら動かないから高い精度で狙える。「部隊」だと目標がでかいから当たりやすい。
でも単機のデスザウラーが相手です。これは難しい。


シーン2・中距離以下の砲撃戦

距離がつまって荷電粒子砲の射程内になればどうか。
これも決定打にはならないと思います。
やはりチャージ時間がかかります。弱状態で撃つとしてもそれなりの時間はかかります。
多分、ゴルドスのレーダーならデスザウラーのチャージ…膨大なエネルギーが集まっている様子はありありと分かる。
そうすれば発射タイミングなんかも読めるでしょう。
回避できると思います。
陸上機ならヤバいんですが、ケンタウロスは限定的とはいえ飛べる。
地上に居ると見せかけて撃たれた瞬間空に。そんな事をすれば回避は可能と思います。

※荷電粒子砲でサラマンダーを撃ち落した事がありますが、これについて補足。

バトスト3ではこのようなシーンがありました。
が、このシーンのサラマンダーは接近しすぎて当たったと思います。
また「味方の援護を信じて最後まで戦い続けた」からこそ荷電粒子砲を受けてしまったのでした。
当初はちゃんと撃墜されずに交戦していたんですよね。
味方の撤退を知らずに戦い続けたから当たった。サラマンダー……。哀れだ。

距離が近いか遠いか。
更に分かりやすい軌道で近づいてくるか、回避に専念しているか。
これは極めて大きな差です。

結局、砲撃戦は互いに決定打にはならず、距離が詰まって格闘戦になると予想します。


シーン3:格闘戦

格闘戦では互角かデスザウラー優位くらいかなぁと予想します。
互いの特性が違います。
デスザウラーはフットワークを活かして軽快に戦うのが得意。
ケンタウロスはダッシュ力があって一直線に突っ込むのが得意。
この特性ではケンタウロスが優位になります。

デスザウラーの軽快さ・俊敏さは対シールドライガーだと最適です。
素早く後ろに回りこんでクローを叩き込むシールド。それを瞬時に捕えて返り討ちにするような感じ。
ですが巨大ゾイド同士の戦いだと小細工が一切ない。
軽快さが不要とは言わない。が、そこまで重要にはならない。
巨大な体をそのままぶつけ合う豪快な試合になるので、これはもう単純なダッシュ力のある方が優位になるでしょう。

爆発的なダッシュで体当たりをブチかましてそのまま首元をしこたま踏みつける。
こんな事をすればケンタウロスにも勝機が…。

といっても装甲強度が段違いです。デスザウラーが圧倒的に上。これを加味すればやはりデスザウラー優位だと思います。
いちど掴めばそのまま握りつぶして勝利できるデスザウラー。
かたやいくら殴っても装甲を突破できないケンタウロス。
ケンタウロスは何度も何度もぶち当たってダメージを蓄積させなければ勝てない。
デスザウラーは一度捕まえればそのまま完全破壊にもっていける。
そんなわけでデスザウラーがやはり強いと思います。

ただし、ケンタウロス側に起死回生の策があるとすれば矢を腕に持って格闘武器にする事でしょう。
アイアンコングを圧倒した戦法です。
実は漫画版ではこれ(漫画版での名称はバスターランス)を使ってデスザウラーの装甲を突破した事があります。

…バスターランスについて少し寄り道。
ヤリでデスザウラーの装甲が突破できる。凄い威力です。
おそらく、ケンタウロスのエネルギーを注入しているのでしょう。
レーザーサーベル(サーベルタイガー)やレーザーブレード(ブレードライガー)は「切れ味のいい刃物で切り裂く」ではなく「エネルギーをと推した装備で切り裂く」です。
普通に薄っぺらい刃物を分厚い装甲にぶち当てたら折れます。しかしエネルギーを通す事で切れるようになります。
バスターランスもこの系列にある装備なのでしょう。

さてバスターランス手に持って戦えば、デスザウラーとて迂闊に接近できない。
これを加味すると互角に戦う事も不可能じゃないと思います。

…格闘戦で更に補足する事があるとすれば…、近接戦闘で使える火器でしょうか。
ケンタウロスは腹部の8連ミサイルが。
デスザウラーには頭部のビーム砲があります。
小型火器なので格闘戦時に使うことができるでしょう。

ただ8連ミサイルを撃ったところでデスザウラーにはけん制にもなるまい。。。
逆に、デスザウラーの頭部ビーム砲はシールドライガーを破壊するほどの威力がある。
なので牽制や部分破壊くらいには十分使えるでしょう。
火器まで加味すると、やはり最終的にはデスザウラー優位くらいでしょうか。


ということで私的には
遠距離砲戦:ケンタウロス優位だが決定打にならず
中距離以下の砲戦:互角だが決定打にならず
格闘戦:デスザウラー優位だが油断は出来ない
くらいに思いました。

やっぱりケンタウロスは強いんですが、デスザウラーには一歩及ばないのかなあと思いました。
でも勝機は十分あります。
建造の意義はあったんだろうなぁと思いました。


さて、今回は1対1の戦いをシミュレートしましたが、まだこの話題は続けたいと思います。
次回は単機としての戦力だけでなく、戦略的な意義などを更に掘り進めたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

やはり前日にも投稿しましたがデス相手には装甲がネックになってますね

非装甲部分ならゴジュラスクラスの攻撃でも破壊は出来ますが(新世紀4巻でコングSSのビームガドリング)体格面からピンポイントでの狙いは射撃・格闘ともに厳しいでしょうね
ただ、超重量を活かして滑空からの顔面へのボディアタックや蹴りが決まって転倒させられれば、重量を活かして口腔経由で頭部を踏みつぶしが勝機でしょうね

少し趣旨は変わりますが、ウルトラキャノンでの撃破は難しいなら、砲弾を閃光弾や音響効果の高い弾頭、デスの気密性は分かりませんがガス弾(これ使えば随伴歩兵等はヤヴァイですね)でパイロットを狙ったり、いっそ砲そのものを高圧硫酸砲に…(以下自分で言っといて想像して恐怖してます)

No title

前から疑問に思っていましたが、デスザウラーやゴジュラスなど巨大肉食恐竜型ゾイドは高速ゾイドに対応できるだけの反応速度を持っているのでしょうか?
真正面から突っ込んでくる高速ゾイドをエースパイロットが余程タイミングよく捕まえる、手足に噛みついて動きが鈍ったところを捕まえる、迎撃用のビームとミサイルでのけ反ったところを捕まえる、などの条件が無い限り、余程のことが無ければ巨大肉食恐竜型ゾイドが高速ゾイドを捕まえることは困難だと思うのですが。より小型とはいえライガーよりは速力の劣るアロザウラー相手でもデスザウラーは手こずっていましたし。タイミングが合えば腕や尻尾で弾くことは可能でしょうけれど。

ケンタウルスの矢

ウルトラザウルスは水陸両用で、バトストでもその特性を生かして戦ってました。

デスザウラーへの相性を考えるとケンタウルスはやはりイマイチであったのかなあと思いました。(ウルトラより少し優位といったところか?)

シャイアンやマーキュリーの遠距離キャノンは威力がもっと落ちるだろうし、ケンタウルスの矢がマッド開発のヒントになったと思いたいです。

No title

前の記事でも書きましたが、自分はバスターボウガンは意外と強い武器だと思っています。特に中距離戦。

流鏑馬のように自分が疾走しながらでも正確に撃てるし、狩猟では動く動物相手に使っていたわけですので、自機と対象のどちらが移動していても遜色なく有効なのではないでしょうか(無論、対空戦は別)。少なくても、荷電粒子砲を全力疾走しながら行進間射撃していないと思う(代わりに焼き払える範囲攻撃は強み)ので、使い勝手としては弓矢の方がいいと思います。

威力についても「ボウガン」と名乗っていますが見た目はどうみても「ロングボウ」ですから、弓としては高威力のはず。記憶ですが、戦国時代の合戦は刀傷より矢傷による死傷者の方が多かったという記事を読んだことがあるので、弓矢の攻撃力は侮れません。仮にデスザウラーが棒立ちだったなら、装甲の隙間を射られて致命傷になる可能性も否めないと思います。

最大の問題は、なぜか矢が1本しかないので一発必中ということでしょう。ハイリスク・ハイリターンとしか言いようが無いですね。それで、槍として使った方がいいとなって、これがマッドジェットに繋がったと考えてみると面白いかも。しれません

ということで個人的評価は
遠距離戦:砲撃戦としてはケンタウロス優位だが有効打を与えられる武器無し
中距離戦:バスターボウガンが命中するかどうかが勝敗を決める。攻め手がケンタウロス側という意味でケンタウロス優位
近距離戦:格闘戦ではデスザウラー優位、ただし槍がまだ残っているならケンタウロスにも反撃のチャンスはあり

No title

こうして見るとやはり敵からの攻撃が有効打にならない防御力と言うのは持っていると格段に優位なんだなと分かりますね。

ケンタウロスが不利な感じがするのも、結局のところデスの装甲を破れる武器が持ち前のパワー以外には無いと言うのが大きいと思います。
逆に言うと、この当時の共和国の技術では破壊できないほど硬い装甲を作った帝国の技術が凄い!と言うことですね。
いかにデスザウラーが突出した怪物かということが良く分かります。

ただ、ふと思うのは後の新世紀ゾイドの時代ではレーザーブレードはデスザウラーやデススティンガーの装甲を切り裂けるようになっています。
この時代では技術的に無理だったのかもしれませんが、ゴジュラスの爪や牙もレーザー化したらデスザウラーの装甲にも有効打となるんじゃないでしょうか?
シールドライガーのレーザーサーベルではデスザウラーの装甲には効き目が無いようですがゴジュラスのエネルギー量なら・・・・・?

No title

>デスペラードさん
「撃たれたらアウト」と「撃たれても多少耐える」では行動にかかる制限がとんでもなく違いますもんね。
デスザウラーも撃たれたくはないだろうけど、覚悟を決めたら多少は気合で耐えて強引に接近できる。
これはホントに強いと思います。

デスザウラーは非装甲部の中でも口内を狙えたりすると最高ですね。
荷電粒子砲の砲口を潰せれば更に良い。
でもピンポイントは難しいだろうなぁ…。

砲弾を工夫して奇策で倒すって言うのはけっこう現実的かもしれませんね。
それでいつも勝つのは難しくても、最初の一回くらいならどうにかなるかも。

>samonさん
持っているかと言えば実際にデスザウラーがシールドライガーに囲まれても返り討ちにしているので可能なんでしょうね。
(離脱させたではなく撃破した)
デスにしろゴジュラスにしろあんがいやっかいなのは尻尾ですね。可動範囲が凄く広い。
手足もうまく使えば牽制になる。
こうして敵の行動を制限しているからこそ迎撃出来るのだと思います。

アロザウラーは体格差があるでしょうね。
シールドのサイズなら捕まえやすいがゼンマイゾイドクラスは捕まえにくい。
あと、アロザウラーの場合は機体特性がかなり似ています。
アロザウラーの闘争本能に「肉食タイプの動き」がインプットされていて、自然に敵が迎撃しにくい動きができるのかなーと思いました。

>kageさん
ケンタウロスは水辺では戦えないでしょうね。
ただデスザウラーが水辺に来ることもまれだろうから、「ウルトラだって水辺なら戦える」という要素がどこまで有効かは図りかねます。
やはり純粋に陸戦で勝たねば という所から建造されたのかもしれませんね。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
流鏑馬のように走りながら撃つのは可能でしょうね。
ただ流鏑馬は近距離を撃つのに対してケンタウロスは超遠距離…惑星の曲面に守られて見えない位置を撃つのがネックです。
これを名人的な感覚でどこまで補うのか…というのが難しいポイントです。

予備弾が幾らでもあれば良いんですけどね。
矢を満載したグスタフを随伴させるべきか・・・・。

>No Nameさん
防御力は凄い!
たとえいくら地味でも、沈黙しない限りは動き続けて少しずつ目的を達しますからね。
デスザウラーは何でも決定打になる。でもケンタウロスは限られている。
これはスペック差でもあり、対峙した際におけるパイロットのプレッシャーにもなるでしょうね。
デスザウラーのパイロットはある程度の余裕を持って戦えるが、ケンタウロス側は常に極限状態で戦うような・・・。

新世紀時代はブレードの技術が一気に向上しましたね。
ゴジュラスのエネルギー量なら切り裂ける可能性は感じます。
もっともゴジュラスではどう当てるかが難しいですね…。
ブレードを使いこなすには高速機が必須。
高速機はゴジュラスほどのパワーはない。
というジレンマがあると思います。
旧大戦時の高速タイプ「モンスーン」ならワンチャンスあるかなぁ・・・。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント