最強合体ゾイドの実力3

今日もケンタウロスの話題です。

前回はデスザウラーとの直接対決ではデスザウラーやや優位と考えました。
肉薄しているのは大したもんです。
ゴジュラスだと相手にならない。ウルトラも遠距離砲戦以外では絶望的。
ケンタウロスだと不利ながらも善戦できる。場合によっては勝てる可能性も…。
これを考えると、そりゃあ造るよなぁと。

さて今回は対デスザウラー戦以外をみていきます。
昨日、一昨日の文を書いていて、限定的とはいえ飛べるのは凄いなと思いました。


ウルトラザウルスの強さは砲撃力です。

敵部隊が侵攻してきたと。そのルートにキャノン砲の猛射をすれば敵は総崩れ。
でもウルトラは脚が遅いし山岳等では全く動けない。
敵が移動している…! 撃たねば。
そんな時に「なかなか現場まで到着しない。その結果、好機を逃す」ようなケースがあったと思います。

こういう場合はゴジュラスMK-IIが出張っていたと思います。

二足機なので機動力はウルトラより良い。
……とはいえ、ゴジュラスだって山岳等は得意ではない。というか苦手。
あくまでウルトラに比べて「マシ」という程度です。

ケンタウロスだとこれが大幅に改善できます。
難所では飛べば良いのであっという間に射撃位置まで移動できるでしょう。

更に、一発だけではあるものの小山をも吹き飛ばす弓矢が使える。
敵部隊の中央に打ち込めば絶大な戦果が得られるでしょう。
まずは弓矢を打ち込み、更にキャノン砲で追撃をかければ敵部隊はまさに涙目。

こういう風に考えると戦略的価値は極めて高いと言える。
たしかに「デスザウラーに勝る」かもしれない。
ただし………、それでも「ウルトラ、ゴジュラス、サラマンダー、ゴルドス」この四種類のゾイドの生産を止めてまでやる価値はあるかと言われたらNOになるのでしょう。だから生産は一機だけで終わった。


限定生産でも出来なかったのか。例えば10機程度。というと出来なかったのだろうなぁ…。
ゴルドスとゴジュラスは別に構わないと思います。元々の生産数が多いから、生産機がマイナス10になったところでどうにかなるでしょう。
特にゴルドスは既にゴルヘックスが居たので極端に言えば0になったところで大丈夫。

でもウルトラザウルスは致命的です。
この時期の共和国軍は、フロレシオ海海戦を経てようやく制海権を得ていた状況。
対潜ホーミング魚雷の完成でウオディックが無敵ではなくなった。とはいえ、それでも強敵ではあったでしょう。数も多いし。
ウルトラザウルス。キャノン砲や魚雷で高い攻撃力を持つ。更に飛行甲板を持ちプテラスの発着も可能。
これが1機減るだけでも大変です。だから10機なんて海軍としてはとても許容できなかったと思います。
ケンタウロスは水上艦としてはさすがに運用できまい。重すぎるのでそもそも浮けないと思うし、もし浮けたとしてバランスが悪いからすぐに転覆しそう…。

サラマンダーもなぁ…。
レドラーが制空権を握っていた時代です。なのでこの時期のサラマンダーは運用制限がされていて「温存」に近い感じになっていた。
そういう意味では、寝かしておくよりいっそケンタウロス用に流用した方が良い気もします。
ただ、温存以外の可能性も感じています。
プテラスはホントによく頑張って、極めて劣勢でありながらもレイノス登場までどうにか戦い抜きました。
共和国軍は、どうにかしてプテラスでレドラーに勝つ事を模索したはずです。
単機ではどうあがいても勝てないプテラスですが、もし強力な母機を付ければ……という可能性は感じます。
早期警戒機を飛ばして周囲一帯の情報を入念に集める。その情報を元に配下のプテラスを最適に動かす。
こうすれば性能で上回るレドラーに勝つまではいかなくても善戦させたり被害を少なくしたり出来るはず。
大型飛行ゾイドを持つ共和国軍だからこその運用です。
こうして多くのサラマンダーは早期警戒機として運用されていた。だから高空戦でどうにか耐え抜いたような可能性も感じます。

あと、ホントに完全に温存されていたとしても、あまり積極的にはケンタウロス用にはしたくないだろうなぁ…とも思います。
サラマンダーの戦略爆撃は第一次中央大陸戦争で絶大な効果を挙げた。
それを再び。というのは空軍の切なる目標だったでしょう。
レドラーを超える新型戦闘機が完成し制空権が再びこちらに戻ればその時には……。そんな風に考えていたことは想像に難くありません。
ケンタウロスに改造すると元に戻すのは極めて困難でしょう。なので嫌ったと思います。


更に言うと、10機のケンタウロスを造るには各10機のウルトラ、ゴジュラス、サラマンダー、ゴルドスでは足りないとも思います。
なぜかというと超キメラゾイドです。ゴジュラスとウルトラのコアはまるまる使っている。サラマンダーのコアも翼を動かすために部分的に使っているでしょう。
コアの同調にはかなり繊細な技術を要したハズです。
適応するコア、拒絶するコアなどの個性もあったと思います。人間でも例えば骨髄移植手術にはドナーの適合・不適合、また手術後の拒絶反応などがあります。
ゾイドは生き物。同じように適合・不適合はあった筈。
下手をすれば10機のケンタウロスを作るには各20~30機くらいを用意しなきゃいけなかった可能性も……。

ということで、結局のところ量産できるものではなかったと思います。


この事は建造前には分からなかったのか。というと分かっていたでしょう。
まさか「造ってみてからよくよく考えたら無理な事が判明した」なんてバカな筈はあるまい…。

いかに強くても一機だけだと局地的な活躍しか出来ない。
それなのになぜ造ったのか。
というと、私は「デスザウラーを倒したという象徴が欲しかった」のだと思いました。

当時のデスザウラーは絶対無敵の王者です。
総攻撃を仕掛けても勝てない悪夢の存在。ゴジュラスが束になっても相手にならない。ウルトラがもっとも得意とするはずの水中戦を挑んでも勝てない。
唯一、背中のファンを撃ちぬいた上でウルトラザウルス大艦隊が十字砲火を浴びせる戦法で一度だけ勝った事はありますが(ゲルマンジー上陸作戦)、あれはもう連戦でさすがに疲弊したデスザウラーを数と地の利の双方で圧倒するという戦いだったので、むしろ一機のデスザウラーを葬るのにここまでしなきゃいけない印象も残した。

デスザウラーは、戦略的価値で言えば「荷電粒子砲を一度の出撃で3発しか撃てない」のだから、それほど絶対的に高いわけじゃない。
デスザウラーはデスザウラーで運用に相当の苦労を要するゾイドです。
・旗艦機として絶大な能力を持ち味方を最適に動かすウルトラ。
・アイアンコング以下とは十分に渡り合えるゴジュラスMK-II。
・シールドライガーは若干だがサーベルを超える。
・電子戦でもゴルヘックスで盛り返した。
数値的に言えば共和国軍は苦しいが戦えないわけじゃない。
でも印象ではやっぱりデスザウラーを要する帝国軍が圧倒的という感じ。
なぜかというと、やはり「デスザウラーはどうあがいても勝てない」という印象が強すぎるからでしょう。

当時の共和国兵は、そりゃあ戦うが心の中には「デスザウラーには勝てない・・・」という絶望が常にあったと思います。
これではなかなか士気も上がらない。
特に「デスザウラーを押さえ込め」という指令があれば、「……無茶やろ。死んだなオレは」と諦めムードになってしまう。
上層部としては当然「無茶言ってくれるぜ。でもまぁ、やってやろうじゃねえか!」みたいになって欲しいはずです。
そういう気持ちになればこそ戦いの内容も変わるでしょう。
その為には「デスザウラーは決して無敵じゃない。倒せるゾイドだ」という象徴が必要です。
いちど倒せば「もしかしたら俺達だって倒せるかも」という希望が生まれる。
しかもケンタウロスの場合は合体ゾイドだから、倒したという実績を作れば後は「ゴジュラスの格闘力が通じたんだぜ」「ウルトラの砲撃もやっぱり有功だったらしい」「やっぱり飛べると強いよな」みたいに各部隊が都合のよい解釈をしてくれる可能性も大きい。

そんなわけで、デスザウラーを一機だけでも破壊できればそれで良い。共和国軍の悪夢を消し去り士気を向上させる。希望を取り戻す。
そんな目的でケンタウロスは誕生したのだと思いました。


結局はケンタウロスはノーマルのデスザウラーと交戦する事はなかった。
その意味では目的を果たさなかったのですが…、ヘリック大統領とローザ・ラウリが結婚するきっかけにはなりました。
大統領の結婚やその後の第一子誕生は共和国の軍をも民をも大いに喜ばせたでしょう。
運用は予想外になったものの、結果として言えば共和国に大きく貢献した機体になったのだと思います。
ということでやっぱり魅力的。最強合体ゾイドだなと思います。


…そうそう。
何度か言及しましたが、ケンタウロスは漫画(ゾイドバトルコミック2)にも登場しています。
せっかくなのでこれについても近く考えたいと思います。
まだまだ魅力は尽きぬぜ!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

バトスト3巻で共和国の将軍たちがヘリックを忖度してウルトラとサラマンダーを動員・失敗する話がありますが、あれで蔓延した憂鬱感を払拭することが急務だったのかもしれませんね。
間に一度捕獲はしてますが結局自爆されてまたトラウマが追加されましたし。

それにしてもキメラにしたら凄いもんが出来るけど今のところコスト対比ではさほどでもないっていう成果は共和国はいつ頃モノにしていたんでしょうか。
まさかゲリラになってからではないと思いますし、、、
これの発展がオルディオスやバトルクーガーなんですかねー。

No title

翼を撃ち抜かれ、逃げていくケンタウロスさんを思い出した
確か漫画だったよな〜

No title

>場末の葦さん
そうですね、あの一件で共和国軍にはデスザウラー恐怖症がいっそう強まっていたはずなので、これを払拭したかったのでしょうね。
折しもディバイソンが就役しようというタイミングです。
これのパイロットには「デスザウラーとて無敵じゃない」ことを教えなくちゃいけなかったのでしょうね。でなければ、とてもじゃないが対デスザウラー線を命じるなどできない・・・・・。

キメラは地球人来訪直後の時期に盛んに行われました。
そして一気に沈静化。
久々に作られたキメラがケンタウロスです。
技術自体は研究されていたんでしょうね。
そして大陸間戦争期に大きく開いたと思います。

>ぬりさん
お詳しい!!
あれも単行本化してほしいものですよねー。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント