VSデスレックス

さて明日はデスレックスとの戦い!
どうなるのか。このタイミングでラスボスと本格的に戦うのか!? という驚きがありますが、楽しみです。
激戦になりそうなので、一話で消費しきらない可能性もありますね。

今日は放送直前に対デスレックス戦の予想というかシミュレートというか、そんなものをしてみたいと思っています。

デスレックス、凄そう。
現在のところの情報を分析するに、攻撃も防御も完璧なようですね。
特に防御力が凄い。
アニメでも漫画でもファングタイガーの全力攻撃で傷一つ付かなかった。
漫画版ではガノンタスの砲撃+ワイルドライガーの体当たりでわずかにだけ姿勢を崩しましたが、よろけた程度。
どうやらMサイズゾイドの攻撃ではワイルドブラストであっても傷一つ付かないことが確定の模様。

Lサイズのグラキオサウルスのハンマーだとどうかなぁ……。ただ発動中に首を折られそうな気もする…。けっこう発動に隙が多いんですよね。
誰かが囮になればワンチャンスあるかな。
でも効果があるかは不明。個人的なイメージだと「幾らかダメージはあるが決定打にはならない。デスザウラーにウルトラキャノン砲を打ち込んだ位のダメージ量」を想像しています。

攻撃力はまだまだ不明ですが、ラプトールを喰うシーンの衝撃が凄い。
Sサイズゾイドを軽く喰える口なので、Mサイズ以上のゾイドでも致命傷に近いくらいのダメージは受けそう。

足回り、機動力も前傾姿勢な事から良好と思う。


うーん強い。
しかし防御力が高いって言うのはホントに凄い事です。
敵の攻撃を無視しながら強引に接近。そして強烈な一撃でKO。超ヘビー級の戦いができる。
・荷電粒子砲に耐えながら前進、マグネーザーで貫くマッドサンダー。
・ゴジュラスキャノン砲を浴びながら接近、強引に格闘戦に持ち込んで破壊するデスザウラー。
防御力が高いとこういう事ができる。

ライガーはライト級ですね。身軽で軽快。「蝶のように舞い蜂のように刺す」とでも言うんでしょうか、敵の攻撃をヒラリと変わりながら接近。そして手痛い一撃を放ち再び離脱。そんな戦いです。
これはこれで強力なんですが、敵が蜂の針に耐える装甲を持っていたらどうなるか。これはどうしようもなりません。
効かないんだもの。
軽快なライガーは最初こそ攻撃を回避するだろう。でもいずれスタミナが切れれば………。

防御において弱点はあるのかなぁ……。
あるとすれば、まず思いつくのはパイロット。
でもこれは狙わない方が良いと思います。
例えば亀光砲でギャラガーだけを吹き飛ばしたとして………、問題は解決するのだろうか。
デスレックスは自身の意思でもって暴れまわりそう。その昔世界の半分を滅ぼした怪物です。そんな状態に戻ってしまう可能性が高いと思う。

デスメタル帝国(ギャラガー)は現在デスレックスをやや不完全とはいえ制御できている。なのでパイロットだけ排除するという手は使わない方が良いと思う。
「デスメタル帝国がデスレックスを運用して世界制覇をする」というのは嫌な事態ですが、もっと最悪なのはデスレックスが誰からの制御も受けずに自由に歩き回る事です。
ギャラガーもその事をよく分かってるから余裕があるんじゃないかなぁ。


という事で攻略にはパイロット(ギャラガー)ではなくデスレックスそのものを攻略せねばならない。
どうしよう。
やはり装甲の隙間とかでしょうか。
装甲はあんまり多くない。剥き出しの部分が多い。ここならある程度の攻撃が通じるでしょう。

でも、そうはいっても……。
カブターには悪いけど、これがワイルドブラストしたところでどうにもならんでしょう。
スコーピアもきつそう。ワイルドブラストしてもナックルコングを数秒しか止めれなかった。デスレックスに使っても蚊が刺したくらいしかならなさそう。

ワイルドライガーならどうだろう。キングオブクローで非装甲部を切り裂く。
ただこれは刃が大きいのでピンポイントで装甲の隙間を狙うのはちょっと難しそうに見える。
ワイルドライガーのブレードの設計は「凄まじい切れ味で敵の装甲ごと切り裂く」だと思う。だからあんなに刃が大きい。
これに耐えるデスレックスの装甲が異常なのだ…。
ピンポイントを突けるくらいアラシの技量向上があればワンチャンスあるだろうか。現在は厳しそうな気がします。

攻撃力が高そうなグラキオサウルスなら……。しかしこれは動きが緩慢なのでなぁ。。。やっぱり難しい。

ガノンタスの亀光砲はどうだろう。体勢を一瞬崩すくらいならできそうですが、んー・・・・・・、これで完全破壊は難しそうな気がする。
牽制にはなるかな。


やはり極めて勝利は難しい。
そこで求められているのは「連携」でしょうね。

非装甲部なら破壊できる可能性があるのはワイルドライガーとグラキオサウルス。
しかしワイルドライガーはピンポイントを狙うのが難しいし、グラキオは動きが遅いので発動前に餌食になりそう。
しかし味方が全力で援護すれば…。
カブターでは攻撃してもどうにもならなそうですが、目の前を飛べば注意を引くくらいはできるでしょう。
更にガノンタスの砲撃、スコーピアの毒針などで追い詰めて敵の動きを制限した上でワイルドライガーとグラキオが。

そうすれば何とかいけなくもない?


デスレックスのもう一つの弱点は燃費の悪さだと思います。
「1000機のラプトールが必要」というのは大げさとしても、かなりの量のゾイドを食わないと満足しないようだ。
脚部なんかを攻撃して動けないようにする。あとは放っておけば(一時的には暴れまくるだろうが)急速に腹が減って動けなくなり眠りに付く……のではないかと読んでいます。

そんな風に想像しているんですが、さてさて明日の19話ではどうなるでしょうね。
楽しみにしています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

現時点の戦力では奇跡が起きない限りは破壊は厳しそうですね
ゾイド本来の生命力を想像しても、捕食機能は惑星Zi産の原種でしかも野生体の能力ですから、野生の力の面でも差が大きそうですね<ゴジュラスが新型相手にも戦えるのは、この生命力からくるパワーと闘争心ですし

何より大きいのは文明破壊の影響で新型兵器の開発力が絶望的ですね<マグネーザーとかジャミングウェーブがあれば勝てるのでしょうが、過去の文明でも見当たらない以上は現代でも無理でしょうし

火器が強力ならば、17話であった火薬の罠で少しでも動きを止めて(ダウンを奪う感じで)、火器を口腔内にひたすら連射も狙えますが…<接近戦は相手のサイズと武器のサイズからリスクが大きいので不利

No title

今週はグラキオが活躍するけど食われるっていう流れになる気がしてなりません、、、(笑)
巨体なんで「逃げる」っていう選択肢は無さそうですし。

また、シリアスな展開が増えてきて思うのはやっぱり「ライダーは逃げればいいのでは?」と言う点ですね。
確かに初期のアラシのように単に攻撃が怖くて逃げるのは問題ですが、もはや乗ってるゾイドの力ではどうしようもない、ゾイド自身にもそれが解るレベルならばライダーよ逃げてくれっていうのもある意味”ゾイドの人情”ではないかと思うんです。
もうやられる!一緒に死んでくれ!っていうのはハッチとかの中なら解るんですが跨ってるとやっぱり「逃げろよ、、、」って思ってしまうんですよね。。。
食われてるファングに乗りながらギャラガーと話をしているベーコンを見ててそう感じてしまいました。
まあワイルドの方針的に子供たちが疑問を持たないならそれでいいんですけども。

No title

可能性があるとすれば、アラシとライガーが本能極限解放を会得することでしょうか。ギャラガーにせよレックスにせよ、現状唯一恐怖を覚えさせた攻撃ですし。ただ、流石に物語的に早すぎると思うので、仮に撃退するとすれば、この前の暴走が再発する形かなと思います。予告から、どうもアラシのトラウマを抉る展開のようですし。

>場末の葦さん
いやいやいや、あの状況でベーコンが逃げちゃいかんでしょう!とツッコませてください。
それこそベーコンがタイガーを見捨てて逃げ出すようなひどいヤツに見えちゃうでしょうが!
それこそ最初にラプトールが食われた時に真っ先にラプトールから降りて逃げたZボーイみたいにベーコンが情けなく見えてしまいますよ。
例えば直前にタイガーとベーコンが会話してタイガーがベーコンに「お前だけでも逃げろ」と言ってるような表情をさせてベーコンは苦渋の決断の末に「すまない、タイガー…!」とか言って逃げるとかならともかく、そんな簡単に「ライダー逃げろよ」とか言われたら絆もへったくれもないですよ…。

どうしても勝てない相手を目の前にした時に「ライダーに逃げて欲しい」と思うのがゾイドの人情というのは理解できるので、最後の特攻をかける前にゾイドが自分の意思でライダーを振り落として単機で突っ込んでいくというのはありですね。
ただあの時のベーコンはあれだけ激しい動きのタイガーに全くぶれることなく乗り続けて文字通りタイガーと心中するぐらいの覚悟で戦ってたので、そこで「ライダー逃げろよ」ってツッコミをするのは正直野暮だと思います。

コメントへの返信

記事本文ではなくコメントへの返信になりますが・・・

>ライダーは逃げればいいのでは?
>あの状況でベーコンが逃げちゃいかんでしょう!

この視点はちょっと面白いですね。
本作ではゾイドが「相棒か兵器か」と問うているので、ゾイドから逃げると前者は「見捨てた」になり、後者では「脱出」になるので、受け手の印象が異なってきます。ガンダムだとパイロットが脱出していればめでたしめでたしになるわけですが・・・

ワイルドで同じことをするなら、少なくてもオルディオスのエピソードのように、「ゾイドが相棒を逃がした」という演出に持って行かないといけないと思います。逆に言うと、旧オルディオスでも十分できたわけですから、(喋れないとは言え)感情豊かなゾイドワイルドなら、そいういう演出も十分ありだと思います。

ライダーではなく、ライター(Writer)さんの腕次第でしょうか。
先日の本能解放ラジオに出演されたシリーズ構成の広田光毅さんは「僕(本人のキャラ)は面白いけど、書いてきた脚本(ほん)はそうでもないって、言われます」って自虐ネタ言ってましたけど、頼みますよ〜!

No title

逃げるという表現がまずかったですかね。
勿論基本はゾイドとのコミュニケーション又はゾイドの意志の上で、ですよ。

ただ、ラストシーンで恐らく生涯で一番無念で苦しい時間を強いられているファングタイガーと、その最中覚悟を決めたとはいえ穏やかな声で話をしているベーコンを見ていると少しシュールに思えました。
子供向けである以上表現に限界はあるわけで、デスレックスの手にベーコンも捕まってたり或いは口に咥えられて一緒に砕かれそうなどは無理だったのかもしれませんが。。。

あの時のことが語られるのならワイルドなりのこの辺りのフォローが今週有ればいいなと思っています。

No title

個人的にはデスレックスの倒し方は、ワイルドライガーがデスレックスのデスブラストをかわした隙にキングオブクローを急所に叩き込むといった戦いを希望しているのですが、案外かつてデスザウラーを2度も粒子砲ごとEシールドアタックで粉砕したバンのブレードライガーのように、今回のワイルドライガーもデスレックスのデスブラストごとキングオブクローで八つ裂きにする展開になるかもしれませんね。

No title

追記です。
デスレックスの全長はファングタイガーの約二倍ですが、アニメでのタイガーを噛み砕いたシーンではそれ以上のサイズに見えます。ゴジュラス並のサイズがあるように見えるのですが、やはりアニメ版はキット版よりも大型化されているのでしょうか?

No title

>デスペラードさん
「破壊」はしんどそうですね。
今回のアニメ20話ではグラキオのグランドハンマーがクリーンヒットしたのにダメだった・・・。

生命力はホントに強そうですね。
ゴジュラスやライガーゼロのような抜きん出たパワフルさがあると思います。

新兵器の開発は行えるかは微妙なところですね。
火薬を作っていたので大砲か爆弾くらいならあるいは…。
でもビーム砲やマグネーザーみたいなゾイド星的兵器は厳しそうですね。

>場末の葦さん
グラキオは優先的に狙われるでしょうね。
20話でもグラキオを挑発して前線に来させようとしていたので、ある程度の脅威とみなしていたと思います。
しかしパワー勝負で負けたし機動力でも劣るとなれば…見せ場が欲しいなぁ。

>レイさん
極限解放来ましたね。
といっても完璧ではなくて、まだ1/3くらいしか制御できてないというか…、前の暴走は敵味方の判別が全く付かない。
今回は敵の識別は付いているがそれのみ。その目的の為なら周りに目も暮れないという繁忙そうだった気がしますね。
仙人との修行でこれが克服されていくんでしょうかねー。

>ガリバーさん
逃げる、というかこれは人の意思で離脱するかゾイドの意思で離脱するかですね。
コラムの「ゴジュラス・ジ・オーガとアーバイン」を呼んでいただければ何となく分かるかなぁ。
ゾイド側にもいろんな感情があるから、その中にパイロットだけでもどうにか生き延びて欲しいという思いが生じたとすれば起こしうる自体と思います。
むろんただ単に自分だけの命がかわいくて逃亡したというのはNOだと思いますが。
ベーコンが命をとしてアラシたち一行を逃がした。あのシーンのような感じですね。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
メカ生体ゾイドだとサラマンダーF2やオルディオスがありましたね。
ワイルドではより描きやすいと思うのでぜひとも魅せて欲しいものですね。
常に相棒だ一緒だというのもいいんですが、時に避けられぬ別れなどもあればいっそう物語として引きができると思います。

>smaonさん
急所といえば口の中ですかねぇ。しかし今回そこに巨大ドリルがあるから大変ですね・・・。
ドリルを砕きつつクローを叩き込む…。
うーん、なかなか厳しそう。
今後の成長如何によっては可能になるのかなー。

サイズはいわゆる大豪院邪鬼現象だと思いますw
先代のアニメでも特にジェノブレイカーなんかはシーンに寄っては明らかに大きかったです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント