ライガゼロフェニックスのこと

コメ欄にてちょっとライガーゼロフェニックスの話題が出たのでそれについて書きます。
リアルタイムでいうとこの時期はちょっとゾイドから離れていたので後付け知識しかありません。なので間違ったところがあるかもしれないので色々ご指摘頂ければ幸いです。

ライガーゼロフェニックスとは、ライガーゼロに支援用ブロックス「フェニックス」が合体した機体。
その能力は高く、軍部からの評価も高かった。しかし同時期に完成した「凱竜輝」の生産が優先されたため、主力ゾイドにはならなかった。


ライガーゼロフェニックス。
ゼロとフェニックスのコアが共振する事で出力が倍増するという仕様。
しかしまぁ、ライガーゼロは元々野生体が持つ本来の力を最大限に使うシンプルな設計のはず。
それが他のゾイドと合体してコアレベルでつながるキメラ的なものに進化したとは皮肉なものだなぁ……。

ライガーゼロのタイプゼロは野生体の力を活かした設計です。
各改造タイプの個人的な印象は、初期CAS三種は確かに超兵器っぽい感じである。特にパンツァー。
でもこれらは、ライガーゼロがパワフルだからこそ「お前ならこれを使いこなせる」という信頼で乗せてる感じがする。
イクスは更に超兵器ですが、それでもゼロ本来の強みの延長線上にある設計という印象があるかなぁ。
でもフェニックスやファルコンになると、もはや野生体の力とは何ぞやという印象がちょっとしてしまう。
当初ほどではないけど、今でもちょっと苦手かな。
特殊改造機ならいいんですが量産仕様・標準仕様になると受ける印象がまた変わってしまう。
フェニックスもファルコンも、飛行ゾイドとして単独で見るとなかなか好きなんですけどね…。


機体コンセプトは旧大戦初期の「ゴジュラスアルバトロス」に近い感じがします。
飛行型ゴジュラスですね。
これは学年誌解説によると「ゴジュラスに翼が付いた」ではなく「ゴジュラスに飛行ゾイド・レイブンが合体した」というもの。


この時代から合体による強化の研究はされていたんでしょうねぇ。
ただ旧大戦初期の技術レベルではあまり成果が出なかった。
しかしケンタウロスやオルディオスやTFゾイドで徐々に経験を積みレベルアップしていった。
グランドカタストロフ後は一時的にキメラ系技術は途絶えたが、ネオゼネバス登場後は再び積極的に使われるようになった。
そんな感じでしょうか。

ところで不思議なのはフェニックスの翼。
合体前と合体後で前後が逆になってるんですよね。
なんでだ?
普通、飛行機でも鳥でも翼が前後逆になったら飛べないと思うんだけど……。重量配分の関係かしら……。


まぁ、合体とか翼については置いておいて、ライガーゼロフェニックスはひとつ謎めいた装備があります。
それについてが今日の本題です。
「チャージミサイル」です。

これはフェニックス最大の火器で「360秒のチャージでゴジュラスギガのコア砲1門に匹敵する威力を出せる」とのこと。
うーん、凄いのか凄くないのか分からんぞ・・・。
360秒といえば6分。かなり長い。おそらくデスザウラーの荷電粒子砲チャージ時間よりも長いですね。

「コア砲1門に匹敵する」というのはどの程度の威力でしょうね。
ゴジュラスギガは32門コア砲です。これの1/32かぁ…。
いや「コア砲1門に匹敵する」という表記なのでやや下回るのかな……。だいたいギガのコア砲の1/35くらいの威力じゃないでしょうか。
これはどの程度の威力なんだろう。

実戦でのデータがないのが惜しい所です。
ライガーゼロフェニックスのキット付属の冊子「ファンブックEX」ではこれを使っていなかった。
こちらではセイスモサウルス相手に接近戦を挑んで大敗していました。
15機程度のゼロとたった1機のセイスモの戦いはセイスモの圧勝で終わった……。
この戦いって…、接近戦をしたから負けたのであって一斉にチャージミサイルを放てば勝利できたのではないだろうか…?


単発での威力はなかなか想像しづらいんですが、コア砲の1/35というところから考えてデスザウラーやデススティンガー(真)を突破できるとは考えにくい気がします。
量産型デススティンガーなら突破できるかもしれません。
アイアンコングくらいならいけると思います。

でも、その程度の威力ならこんな大げさなシステムにしなくてもいい気がする。
アイアンコングを破壊する火力は特に珍しいものでもない。パンツァーなんかでも十分に破壊できるでしょう。
そう考えると、フェニックスの火力ってなんか中途半端なイメージかも……。チャージ時間長いし。

ただパンツァーは機体にかかる負荷が極めて高い。対してフェニックスはノーマル機以上に軽快。その差は大きいのかも。
あと、チャージは撃つ直前から貯めるわけじゃなくて通常時に発生する余剰エネルギーを貯めておくシステムなのかもしれない。
チャージに6分としても、現場に移動するまでに6分以上かかるならその間に貯めれば良い。現場着時にはチャージできているのでいつでも撃てる。

……でも、上に書いた対セイスモサウルス戦。
ここで一切使った様子がないのでチャージしながら移動っていうのは難しいのかなぁ…。
「激しく揺らすと暴発する危険がある」「だから現場で撃つ直前からチャージしなくちゃならない」「チャージ中は動きが制限される」
これで威力はアイアンコングを破壊する程度とすれば、あまりにもいい所がない…。

とすれば、いったい何が利点というのか。
私はこれは連続使用が可能なのだと思いました。

アイアンコングを破壊できる程度の威力なら、ライガーゼロ小隊で一斉に撃てば中型基地くらいなら攻略できでしょう。
パンツァーでもこれは出来ます。が、実弾砲なので一度撃ったらあとは速やかに自軍基地に戻って補給しなきゃいけない。
対して、フェニックスは再チャージすれば再び撃てるんじゃないか。

ミサイルは通常は火薬が詰まっています。
パンツァーのミサイルもそうでしょう。だから一度撃てばそれで終わり。
対してチャージミサイルはコアのエネルギーを注入する仕組みです。同じ「ミサイル」という名称ですがシステムはキャノン砲とビーム砲くらい違うものなんですね。
キャノン砲は弾が尽きれば終わり。ビーム砲は実弾を実用としない、エネルギーが続く限りにおいては撃てる。
チャージミサイルも、そういう利点があるんじゃないかなぁ……。

背中には思いっきり実弾っぽいのが付いていますが…、これは「エネルギーを溜めて」「エネルギーを成型する」ようなものだと解釈……。
放つ時のイメージはストリートファイターの波動拳みたいな感じ?


フェニックス開発当時の共和国軍は、中央大陸への帰還を目指していた状況でした。
中央大陸はもはや帝国軍のものであり基地がわんさかある。これを攻略するには相当の困難が予想されたでしょう。
求められたゾイドは以下のようなハズ。

1、基地を破壊しうる破壊力を持つ
2、敵からできるだけ発見されない隠密性を持つ
3、できるだけ補給を必要としないタフさを持つ

これらをできるだけ兼ね備えたゾイドが欲しい。
1は当然です。これがなけりゃ話になりません。

2は少数兵力で勝たなきゃいけないからです。本格的な迎撃態勢をとられたらゲームオーバー。
そうなる前に迅速に作戦を進めなきゃいけない。
これはステルス性を持つか、あるいは高機動を持ち発見されたとしても敵が迎撃するより速く攻撃できるゾイドです。

3は数多く点在する敵基地を出来るだけ多く破壊したい。
だから一度出撃して補給に戻り・・・・というスタイルでは厳しい。できるだけ一度の出撃で多く。

ゴジュラスガナーは1はあるが2、3がない。ガンブラスターは1、3はありますが2がない。
ライガーゼロフェニックスがチャージミサイルを連続使用できるとすれば、全て兼ね備えたゾイドになると思います。

こうした背景で開発されたんじゃないかなぁ、と思いました。
ただし完成した頃には想像以上の数のセイスモが生産されていた。その脅威度はいっそう増していた。
そこで凱竜輝の生産が優先されたのではないかな。

という事でライガーゼロフェニックスを考えたんですが、新しい疑問も沸いてきました。
当時の共和国軍は
1、基地を破壊しうる破壊力を持つ
2、敵からできるだけ発見されない隠密性を持つ
3、できるだけ補給を必要としないタフさを持つ
を満たすゾイドが欲しかったと推測しました。

これってバーサークフューラーじゃないかなあ。移動力はゼロと互角以上だしスタミナは上でしょう。荷電粒子砲の威力は言わずもがな。
当時、共和国軍ってガイロス帝国からバーサークフューラー野生体を提供してもらっていたはず。これが凱竜輝になった。
バーサークフューラーそのものも貸与してもらう事はできなかったのかな。
この辺から当時のガイロス帝国とヘリック共和国の政治的あれこれを読み解いても面白いかもしれませんね。

という事でライガーゼロフェニックスから色々考えてみました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

最近、スパロボのアルトアイゼンのRバンカーが火薬による杭打ちではなく、リボルバーカートリッジのエネルギー照射兵器だったということが明かされましたが、原理としては同じなんでしょうね<ミサイル型の射出装置
前もってチャージできないのは、ミサイル部分がタンクも兼用している中で、エネルギーの発熱によるオーバーヒートの問題もあったのかもしれないですね

それと仮に通常のミサイル兵器だったとした場合、威力ではなく広範囲の破壊が可能な兵器だったと考えられます
32分の一であっても比較対象がデスザウラーの荷電粒子砲以上の威力だとすると、当時主流の高速機だけでなくコング相手でも大打撃を与えられますし、着弾地点や空中爆発で陣地ごと更地に変えられるのならば、高速機の打撃力不足を十分に解消してます。また空挺作戦ならば友軍が進軍する橋頭保の確保には向いた装備だと思います

話は変わりますが、うろ覚えですがディメトロ以降のバトストのどれかでゼロの旧式化について書いてあった気がしました
バトスト終盤でもイクスは親衛隊に配備されるスペックや近代改修による強化は可能だったと思います
多分、共和国も技術的には可能だったが、国力の低下で配備機体への強化が難しく、だったら少数の機体を魔改造(キメラ技術)で特殊部隊用の決戦兵器化しようとしたのではないでしょうか?

No title

ゼロフェニックスのミサイルは
ミサイルの弾頭にコアのエネルギーをチャージする点を除けば
通常のミサイルと同様のもので
一発の威力は凱竜輝の粒子砲には及ばず、
連続発射は不可能と予想しています。


凱竜輝の量産が優先されたのは
セイスモ対策が最大の理由でしょうが
上記のような理由もあるのかもしれません。


BFがライセンス生産されなかった理由としては、
BFのEシールドでは
セイスモの粒子砲は防げないからだと思われます。


ゼロイクスは2と3を満たしているとは思いますが、
破壊力に欠けるためライセンス生産は見送られ、
フェニックスが開発されたと推測しています。

No title

え・・・?
ライガーゼロフェニックスの付属ファンブックなのに、セイスモ相手に15機で
完敗してるんですか・・・?(滝汗)
公式での扱いはかなり悪かったんですな・・・知らんかった(=д=;)
それでよく次作のフューザーズで主役機にしたというか・・・。


チャージミサイルの考察についてですが、まずその威力のものさしになっている
ゴジュラスギガのゾイドコア砲の破壊力を低く見積もりすぎているのでは
ないかなと思いました。
そもそも対デスザウラーの切り札としてギガは作られているので、反抗作戦に
必須である戦闘力を持つギガ一機を犠牲にして放つ、「封印武装」と銘打つ
最終兵器のコア砲一門の威力が、アイアンコングを破壊できる程度で
デスザウラーに通用しないのはありえないのではないでしょうか。
32門合わせた威力で攻撃するようには砲が配置されておらず、バラバラに
32門もの砲をバラまくように撃つ設計になっていることも理由のひとつです。
その一門一門のエネルギービームが、デス級の装甲を貫いて破壊できるからこそ
「命をかけた最終兵器」として採用されたのではないかと思います。

ゼロフェニックス隊がセイスモにチャージミサイルを撃たなかったのは、
三式さんのおっしゃられるとおりチャージ自体に使用制限があるんでしょうね。
ひょっとしたら、ある程度のゼロフェニックスがセイスモの相手をしている間に
何機かがチャージする手はずだったけれど、その余裕が無かったとか(^^;)
正式採用されてることからも、ちゃんと使えれば強くて頼りになるのでしょう。

当時の共和国軍の欲しいゾイドの必須条件ですが、ギガに凱龍輝を合わせることで
2の「敵からできるだけ発見されない隠密性を持つ」の部分を、
「敵の攻撃を受けても無効化する」に変えて条件を満たしたように感じました。
こうして見ると、ギガと凱龍輝のコンビって本当に共和国軍の救世主だった
のですねえ(=∀=)



No title

初コメント失礼します。
チャージミサイルについてですが、同じ様なミサイルにアーマードコアシリーズの14作目のアーマードコアⅤというゲームに登場するヒュージミサイルがあります。
ヒュージミサイルもチャージが必要なのですが、公式からは弾頭の反応剤に超高電圧をかけてエネルギーを凝縮する必要がある為と説明されています。
チャージミサイルも弾頭に何らかのエネルギーをチャージしないと機能しないのでは無いでしょうか。

No title

個人的にですが,ミサイルと聞くと貫通力よりも効果範囲を重視してるようなイメージを持っています。
ゼロフェニックスのミサイルも本来は強力機に対する決戦兵器ではなく,周囲の取り巻きを一掃する対格下用マップ兵器的な運用を目指したものではないのでしょうか。空中からの遠距離爆撃によって邪魔な取り巻きを一掃→空挺作戦で敵本拠地に強襲→残った少数の強力機を陸路からの援軍と協力して多勢でフルボッコというのが本来の運用方法だったりとか?取り巻きがいなければ対強力機のみに注力できますし。

対セイスモ戦で使わなかったのは,そもそも効果範囲を重視したためにセイスモには効果が薄い,もしくは範囲が広すぎるため周囲の友軍を巻き込んでしまうという理由だと思います。そもそもセイスモに突撃していったというよりは乱戦してる中にセイスモが乱入してきたみたいな戦いだったかと。使おうにも敵味方入り乱れていたために味方に与える損害が大きすぎて使えなかったのではないでしょうか。
セイスモの装甲に対してゼロの通常兵装では効果が薄く,速度と手数で翻弄しようにも無視されたらそれまでの中で,後続のギガやらを狙ってきたためにやむなく体当たりじみた特攻で時間稼ぎするしかなかったのではないかなと思いました(爪やら牙やらではかすり傷でも,さすがに100tの重量物が高速でぶつかってくれば,さすがに無視はできないでしょうし)。
この戦いは基地攻略戦でしたが,事前情報でセイスモが配備されていることを知らなった?(基地がカルデラ内だから荷電粒子砲の射角が限定されるためいないと予想した?),フェニックスと合体したのも意表を突くためなのか攻撃開始直前であるためチャージ時間が足りなくて結局使えなかったみたいな理由もあるのかもとも思います(チャージミサイルは合体時の余剰エネルギーを利用するらしいので,合体していないと貯められないのでしょう)。

また,物資その他諸々が不足していた当時の共和国としては完全に基地を破壊するより,ある程度は残しておいて占領後に再利用したいと考えても不思議はないかと。そのためにはチャージミサイルは逆に威力過多すぎて使いにくいのかもしれないですね。フェニックスシステム自体,この時期だとまだ実験的な要素が強いものだったのかもしれませんし(合体時の発生エネルギー量が多すぎて使いきれない→垂れ流しの余剰エネルギーがもったいないから,ついでに試作してみた対格下用のマップ兵器搭載したれ的な?)。

No title

>バーサークフューラーそのものも貸与してもらう事はできなかったのかな。
BFの生産設備並びそれに関するデータは鉄竜騎兵団が中央大陸に向かう時に爆破&削除されているんじゃないですか?
ヴォルフの父であるあの摂政が残すとは考えられません

No title

ガイロスですが当時余裕なかったので中身が空の輸送船を使った陽動したり対セイスモの強力な野生体の提供するのが限界だっようですね
ネオゼネバス自体もガイロスを常に警戒してたので共和国としてはありがたい支援だったみたいです

No title

ライガーゼロが好きなゾイドなので、当時フェニックスの扱いや設定には疑問符が多かったですね・・・・

自分の中で思うのは、CAS3種があまりにもピーキーすぎる特化型なのでフェニックスはある程度のバランスを求めていると思います。
悪い点を挙げればスタミナが無いシュナイダー、紙装甲のイエーガー、鈍足かつ補給が必須なパンツァーと3種のCASは明確な弱点があります。(イクスも最新技術を投入した装備がデリケートだったりドラムコンデンサが弱点)

これを数で補えた時はよかったのですがフェニが出た時の共和国は数も設備も減っていたので、フェニックスには全てにオールラウンダーに戦える性能を求めた結果、ライガーゼロの基本性能に砲撃力と立体的な戦闘を行う能力を持たせたんじゃないかと。
その突出した性能の無さがVSセイスモでは最悪の結果になりましたが、あとは航空戦力が減っていた、という事情も少なからずあるかもしれませんね。

チャージミサイルについては使っている描写が全然無い上に、ゴジュラスギガの32門ゾイドコア砲の1門に匹敵する威力、と言われてもそもそものゾイドコア砲も1回も使われてないんですよね。
(改めて見るとひどい話だ・・・)
なので推測にしかならないのですがチャージミサイルは皆さん言われているように、本来ライガーが苦手とする施設や基地の破壊任務を行うための装備であり、対ゾイドは格闘戦で行うというコンセプトなのかもしれません。
(だとしても鈍重なセイスモ相手なら当たるでしょうから使って欲しかったですが)
チャージミサイルについてはゲームでもあまり出てきて無くて本当に資料が少ないです。

ゼロフェニックスは数を減らした共和国軍がゼロに格闘戦も電撃作戦も砲撃戦も空中戦も基地破壊活動も、何でもかんでもやらせようと詰め込んだ結果できたゾイドなのかなと思います。

No title

チャージミサイルですが射撃評価を見る限りそこまで強大でもなさせうです。
精々このクラスの武装としてはとても強力といったところでしょうか?

No title

チャージミサイルを使わなかったのは、突入時にテレストリアルモード(フェニックスの翼と頭部とチャージミサイルを外した形態)になっていた為、フルチャージでの使用の際は合体する必要があるが、濃密なレーザーや荷電粒子の弾幕を張れるセイスモの目の前ではそうすることが出来なかったからとゆうのが一番の理由だとおもいますね。

また、要塞内での戦闘であることから敵との距離が近くフルチャージで撃った場合至近距離で爆発した場合に自機や僚機を消し飛ばしてしまう恐れも考えられるので、フルでの使用できなかったとも思われます。(取説の23Pでグライディングモードが撃っているので溜めなければそこまで威力は出ないと思われ、この時に29機全機使い切った可能性も考えられます。)

No title

ここ最近のケンタウロスに関する考察などを読んでいて思ったのですが、
共和国軍はデスザウラーの登場と首都陥落以来、
窮地に陥った場合はそれまで実験機レベルだったキメラタイプのゾイドの実戦投入をする様になっていったと感じますね。

ケンタウロスは今回の考察を通して共和国の戦略的に様々な思惑があった事もあって莫大なコストが掛かってでも建造して実戦投入する価値があるゾイドであったと思いますし、
暗黒大陸戦争期のオルディオスやバトルクーガーはギル・ベイダーやガン・ギャラドなどの強力機を続々と投入して来た暗黒軍に対抗しようとして開発・実戦投入されましたし、
機獣新世紀の時代でもゼロフェニックスやゼロファルコンなどのブロックスと合体したゾイドなどを対ネオゼネバスで圧倒的窮地に追い込まれた中で生み出しているので、
共和国は窮地に陥ったら強力かつ多目的なキメラゾイドの開発や実戦投入をより積極的に行って来た様に感じます。

そうした意味ではネオゼネバスが貧乏してたから無人で低コストかつ強力なキメラブロックスを主力にしていたのは、
ある意味では共和国的な思考に近い様にも感じます。


ゼロフェニックスのチャージミサイルに関してですが、
セイスモに対して使わなかったのは個人的にもミサイルの威力が及ぶ効果範囲の問題がその理由の1つであると思います。

ミサイルへのエネルギーチャージの問題も勿論あるとは思いますが、
もしミサイルそのものが広範囲の破壊を目的として炸裂と同時に破壊エネルギーを周囲にバラまくタイプであったとしたら、
あの乱戦の様相を呈した対セイスモ戦においては、
下手にチャージミサイルを撃とうものなら自分達や撃墜されたギガが擱座してパニックに陥った後続部隊にも被害が及ぶ可能性が高かったと思いますし、
セイスモ自体も全身にハリネズミの様にレーザー機銃などの火器を搭載しているので、
仮に味方に被害が及ばなかったとしても、チャージミサイルはセイスモの弾幕で迎撃されるのがオチであったと思います。

また、威力に関しては曲がりなりにもフルチャージでゾイド核砲一門分なので、
相当な威力であるとは思います。
(ギガの圧倒的パワーの源となるゾイドコアのエネルギーを使い、デスザウラーの荷電粒子砲を上回る威力を発揮するとされるのだから、その32分の1であったとしても、結構な破壊エネルギーが内包されていると思います。)

その為、敵味方が入り乱れた乱戦の中で撃とうものなら炸裂した破壊エネルギーが味方を巻き込む可能性は高いでしょうし、
実際にあの場でチャージミサイルを撃ち込んだりしたら、
そうした乱戦の中に核ミサイルや気化爆弾を撃ち込んだりコロニー内でMSのエンジンをぶち抜いて大爆発を起こす様な危険極まりない被害を齎す可能性もあり得ると思います。

チャージミサイルは確かに拠点攻略なら高い威力を発揮するかもしれませんが、
ハリネズミの様に火器を満載したセイスモ、
ギガが擱座して大渋滞かつパニック状態の共和国突入部隊、
基地内で暴れ回っていた自分達ゼロフェニックス29機、
これらの複数の条件が重なった中でゼロフェニックスがチャージミサイルを使うと言う選択肢は選びようが無かったかもしれないと思います。

仮に何機かのゼロフェニックスが決死の囮役を務めた隙に残りゼロフェニックスがエネルギーのチャージを進め、チャージミサイルがゲッタードラゴンのシャインスパークの様にエネルギーだけを撃ち出す方式であったとしても、
もしチャージミサイルの着弾後のエネルギーの拡散が条件次第で味方にも甚大な被害を及ぼすものであったとしたら、
拠点攻略時は兎も角、対ゾイド戦においてチャージミサイルを使うのはそれこそ自殺行為になりかねないのかもしれません。

ゼロフェニックスだけだったらチャージミサイルを撃った後に空を飛んで被害が及ぶ範囲から緊急離脱できたかもしれませんが、近くに味方部隊がいた為にそれは不可能に近かったとも思います。

これはあくまでチャージミサイルが広範囲を破壊する兵器であったとした場合で考えた事ですが、
そうでなくとも今度はエネルギーチャージと時間が問題になってくる思います。

チャージミサイルはフルチャージに6分かかる為、最大限の破壊力を得るにはそれだけ時間を要します。
その一方で事前のチャージの進行度は兎も角として、
あの時の状況はチャージミサイルを使う余裕が無かったとも取れます。

あの時セイスモは共和国軍が要塞攻略に投入した後続部隊の殲滅を第一にしていたし、
繰り返しますがその後続部隊は先陣を切ったギガ2体をセイスモに撃墜された上に擱座したので大渋滞を起こしてパニックを起こしてしまっていたし、
セイスモからすれば後はそこにゼネバス砲なり全身の火器なりを撃ち込めば共和国軍の部隊は壊滅待った無しなので、
あの状況で懲罰部隊に求められたのは「後続部隊が態勢を整えるまでの時間を命懸けで確保する」事であり、
その為にはとにかくセイスモの後続部隊を攻撃を阻止する為に己を犠牲にしてでもセイスモの注目を自分達に集めて後続部隊から気を逸らす必要があるし、
事は一刻を争うのでチャージミサイルを使う余裕は最初から無かったと思います。

とりあえず個人的にあの状況下でゼロフェニックスがチャージミサイルを使わなかった理由についてはこの2つのどちらかかあるいは両方があったのではないかと思います。

最後にバーサークフューラーに関してですが、
凱龍輝の事を考えれば野生体そのものはガイロスの領地から捕獲できるのは確実だと思う一方で、
個人的にはガンダムOOのアヘッドやガ系MS(ガデッサやガラッゾ)の様な中身と外見の問題があったと思います。

何しろバーサークフューラーは鉄竜騎兵団のゾイドとしてヘリックとガイロスの両軍に牙を剥いたし、
その上ネオゼネバスの中央大陸制覇においても暴れ回ったので、
特にヘリック共和国が持つバーサークフューラーへの印象は最悪であると思います。

そうなると仮にガイロスにバーサークフューラーを建造する余地があったとしても、
協力関係にある共和国との関係に影響するので、
態々バーサークフューラー野生体の提供と凱龍輝の開発と言う形でフューラーと同等かそれ以上の性能を持つゾイドを作る方向に舵を切ったのではないかと思います。
(幸いバーサークフューラーはCAS採用機なので外装の交換による偽装は簡単だったと思います。

ちなみにガンダムOOのアヘッドやガ系MS(ガデッサやガラッゾ)は、見た目はともかく中身はガンダムとほぼ同じ様なモノ(前者は高性能を追求した結果で後者はそもそも元がガンダム)なので、
ガンダムスローネの悪行からガンダムに悪印象を持っていた当時(1期後半から2期の頃)の世論に配慮した結果、
一見してガンダムには見えない様な外装を施していると言う設定があるので、
そうした所から考えました。

あと、プロイツェンはかなり用意周到かつ命懸けの綱渡りをしてみせたので、
バーサークフューラーのデータに関しては、最期の自爆の際にガイロスにある分を一緒に破壊していた可能性もあると思います。
(仮にデータが残っている可能性があるとしたらプロイツェンの自爆直前にルドルフのゴールドタイガーがパイプを引き千切って爆破を免れた先にあるかもしれないと思います。)

遅くなりましたが、今回の考察に関してはこう思いました。

No title

>デスペラードさん
古い作品ですが宇宙戦艦ヤマトもIIIの時に主砲の改修がされてエネルギーカートリッジを使用したシステムになりました。
エネルギーを充填してそれを撃つ というのはゾイド界でもおそらく実用化されている要素でしょうね。
非常に興味深いものです。

範囲攻撃の威力はどの程度でしょうね。
単機ではともかく一斉に放てば相当に有効な兵器足りえたでしょうね。
そのような運用がなかったのは悔やまれます。

ゼロの旧式化は…あったかな。ちょっと資料を探したいと思います。
アニメのフューザーズでは明確に旧式となっていたと思います。

>noir wizardさん
システムについて全く同じ想像をしています。
威力はジェノやフューラーの荷電粒子砲に及ばない感じじゃないかなーと思います。
まして凱竜輝の集光パネルを用いた荷電粒子砲には遠く及ばないと思います。
もっとも貫通力を高めたこれらとミサイルでは一概に比べられないとも思いますが。

しかし総合して考えると凱竜輝の優先は合理的ですね。
色々と考えると、凱竜輝はホントに当時の共和国軍が待ち望んだ仕様なんだなと思えますね。

>Jスターさん
キット付属のストーリーでいきなり大敗してますからな…。
まぁ、深く見れば自身の敗北と引き換えに共和国軍勝利の活路を開いたので救いはあるのですが…。
それでも他のストーリーに比べればかなり物悲しいです。
ライガー系としてはかなり珍しいです。

封印武装は具体的な撃つシーンや威力のデータがほしいですね、、。
ゲームだとバラバラでしたっけ。
私的なイメージでは分散と収束の切り替えが可能で、分散した状態では一つ一つがアイアンコング級を貫く程度だがデスザウラーには及ばない。
デスザウラーには収束して撃たねば効果がないと想像しています。

一発でデスザウラーを貫く。更にゼロフェニックスのミサイルもその威力があるなら別の運用になって沿うな気もします。
ただシステムの関係上扱いが難しすぎて運用しにくいなどの点もあったのかな…とも思いました。

>NoNameさん
起爆剤になる何かは必要かもしれませんねー。
そうなるとちょっと考察が難しいですね…。うーん…。
引き続き考えていきたいです。

>Fさん
ミサイルは普通の砲弾に比べてデッカイですからね。
範囲攻撃も相当なものかもしれませんね。
露払いの役割は確かにあるかもしれませんね。
パンツァーでもこれは可能ですが、連続使用が可能ならばフェニックスにも利点はあります。

対セイスモ戦、仰るように範囲の問題があったのかもしれませんね。
実弾砲だと榴弾のような感じか……。
モードを徹甲弾のような貫通力重視モード・榴弾のような炸裂するモードとかに切り替えれれば最高なんですけどねー……。
そこまではまだ技術的な問題で達していなかったのかもしれませんね。

>No Nameさん
プロイツェンも底までの余裕は無い状況だったと思うので、完全抹消はなかなか難しかったんじゃないカナーと思います。
目標としてはそのようになっていたかもしれませんね。

>No Nameさん
野生体の提供は、共和国軍にとってはまさに渡りに船だったでしょうね。
しかしガイロスとヘリックが手を組むとは凄まじい状況でしたね。
時代は変わるもんだなあと思います。

>No Nameさん
あのライガーゼロがあの扱い。
リアルタイムで見ていたら衝撃度は半端な勝ったでしょうね。
私は後から知りましたが、それでもかなりの驚きを感じました。
懲罰部隊て・・・・・・、と。

初期の三種類は確かにピーキーすぎますね。
試作機という感じもします。
速すぎる機体やあまりにも格闘特化な仕様は載り手を選びすぎるだろうし。
そう考えると3種類の運用実績を見てバランスタイプに発展させたのがフェニックスというのは実に説得力のある説ですね!

ギガのコア砲はぜひ使ってほしかったですよね。なんであそこまで盛り上げておきながら一回もつかわへんねん・・・・・。
フェニックスのミサイルも使ってほしかったですね。せめてこちらを使っていれば、これの32倍のものがコア砲かー・・・と間接的に想像できたのですが・

>No Nameさん
ファンブックの評価も見直したいところです。
ただ信憑性が確実じゃないと思える箇所も多く、その辺の判断が難しくもありますね。
最高級の軍事機密なのであえて評価が下げて記載された可能性も感じます。

>K・I・Fさん
あぁー・・・、なるほど。たしかにモードは仰るようにしていましたね。
ただ「チャージはその場でしなければならない」事は証明できた感じでもありますね。
事前にフルチャージしてその状態を維持出来るなら、モードに関係なくはなって居ただろうから…。
今回の記事では頂いたレスの中で利点と欠点がだんだん見えてきた気がしています。

自爆になりかねないというのは、「懲罰部隊」が本当であれば使用しそうな気もちょっとします。
おそろしい・・・。

>ラウルさん
たしかに共和国軍はヤバくなったらキメラに頼るという法則がありますね。これは面白い・・・!
基本的にあまり使いたくない。でもやばい時は四の五の言ってられないから使う!!という感じなのかもしれませんね。


セイスモは機銃のシャワー的な射撃が脅威ですね。
仰るようにミサイルをはなとうが迎撃されていた可能性は高くありますね、、、。
今回の記事ではセイスモの意外な強さ……超集束荷電粒子砲だけでなくミサイル迎撃にも特化している仕様を思い知らされました。
初見ではチマチマした機銃つけてんなー・・・と思っていたあの無数の機銃にも凄い意味があったんですね。
面白いです。

バーサークフューラーに関する考察も面白いです!
あの頃は政治的な駆け引きが重要なストーリーだったので、仰るような事は実に可能性が高いと思いました。
やっぱり戦争やってるのでそういう感情は無視できませんよね。

ふと思った事。

何となくゴルゴランチャーのレビューを見ていて思ったのですが、
以前のTFゾイドの運用に関する考察と合わせて考えると、
TFゾイドは変形・合体後、母機となるゾイドからエネルギーを供給して貰う事で必殺武器を放てる仕組みとなっており、
ゴルゴランチャーはバ-ストミサイルを発射できる様になる訳ですが、
そこで「あれ、これってチャージミサイルみたい・・・。」と閃きました。

TFゾイドは合体した母機のゾイドからエネルギーを貰って必殺武器を撃つと言う仕組みで、
チャージミサイルはゼロフェニックスの余剰エネルギーを貯めるという機構なので、
エネルギーをチャージしてミサイルを撃つと言うくらいの共通点ですが、
逆に言えばチャージミサイルもバーストミサイルもゾイドのエネルギーをチャージして撃つミサイルと言う所で共通しているので、
ゼロフェニックスのチャージミサイルのルーツはゴルゴランチャーのバーストミサイルなどにあり、
ひいてはTFゾイドのコンセプトとして考えられる、
「母機に随伴し、必要に応じて合体する事で大火力を与える」
と言う面を顕著に昇華したゾイドの1つがゼロフェニックスであると思うに至りました。

自分が当時TFゾイドに関する考察の記事にコメントした事も合わせて纏めますと、

TFゾイドはMK-2ゾイドの弱点であった大火力と引き換えに生じる機動性の低下を克服する為に、
母機となるノーマルなゾイドに随伴し必要に応じて武器化・合体するゾイドとして作られたものの、
肝心の機動力の面で難があり、効果的な運用が出来なかった。

しかし、その機動力の問題を解消できれば十分な威力を発揮できる可能性があり、
そしてブロックスはそれを実現できるポテンシャルを秘めていた。

ブロックスには陸海空で様々なタイプがおり、
デモンズヘッドやシェルカーンの様な機動力が低い機体もフライシザースやナイトワイズなどの飛行能力を持つ機体に代表される機動力に優れた機体とチェンジマイズすれば幾らでも補えるし、
整備性の面でもブロックスは各部が高度にモジュール化されているので共食い整備や撃破した敵ブロックスのパーツの使用も含めるならパーツの調達などは容易なので、
総合すればTFゾイドのコンセプトを継ぎ、その弱点を克服した機体として運用できる。

ゼロフェニックス自体も機動力に優れたライガーゼロと飛行型ブロックスゾイドのフェニックスの組み合わせであり、
空を飛べるフェニックスは高速機であるライガーゼロに問題なく随伴できるし、
フルに合体したゼロフェニックスは勿論、テレストリアルモードとグライディングモードに分離する事で合体後も陸戦機と空戦機として2機を運用する事が可能で、
エネルギーチャージが出来ればチャージミサイルで一撃必殺の大火力を発揮できる。

と言った感じで、TFゾイドのコンセプトはブロックスに受け継がれ、
特にゼロフェニックスのチャージミサイルは、
かつてのTFゾイドの必殺武器を継承したモノであると思いました。

ついでに、ゴルゴランチャーのバーストミサイルですが、
仮にチャージミサイルの様にゾイドのエネルギーを内包したミサイルであるとしたら、
先端が尖っているのは貫通力を重視したからで、
各部の肉抜き部分はエネルギー放出機構になっていて、
相手に突き刺さった後はガンダムOOのGNミサイルの様にミサイルに充填されたエネルギーを放出して一気に破壊する武器なのではないかと思いました。

と言う訳で、ふとチャージミサイル関係で思い至った事があった為、
コチラの記事に再度コメントするに至りました。

武器1つからでも色々考えられて、本当に面白いです。


プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント