21話!

アニメ21話でした!

かつてベーコンにも教えをつけたというムシ仙人。
弟子入りして腕を上げるために仙人が住むアラシ達一行はゾイド寺院を目指す…。


移動はサンラータンに頼る。
キャタルガの写し方が好き。やっぱり輸送シーンって絵になるなあ。


それにしてもサンラータンは寺院の場所知ってるのか…。色々と物知りだなぁ。
ギャラガーの年に一度に通る谷の事も知ってたし、やっぱり情報通でなければこんな時代に生きのこれんのでしょうか。

サンラータン曰く、ゾイド寺院には絶世のイケメンゾイドハンターが居るらしい。
それを見て美肌を得ることが目的。だから本来は移動賃は10万ゼニーだが無料でいいとのこと。
・・・美肌て。
サンラータン、そんなの気にしてるんかい。

10話の感想で見た目よりも年齢高めなのではと書いていました。
ここでサンラータン=ゾイド星人説を唱えていたりしましたが、この可能性はまだ捨てきれないなーと思っています。

ところで10話でアラシ達にたらふく飯を食わせた請求は5000ゼニーでしたが、今回の移動賃は10万ゼニーだった(無料サービスされたけど)。
お金の価値基準がよく分からん。。。
外界=危険な場所だし情報も少ない=そこを長距離移動する運賃は高額になりがちなのかも。

あと、10話ではオニギリがサンラータンにときめいてた描写がありました。
今回は一緒に移動してるわけだから、そういうロマンス的描写もあったらなお良かったのですが。


寺院に付くと、そこに居たのは変な爺さんであった。

この爺さんこそ、自称イケメンゾイドハンターのムシ仙人であった。
……サンラータンはキレて帰った。


見た目や口調はともかく実力はただものではないようだ。
なので修業をつけて欲しいと願うアラシ達。
最初は軽くいなされていたが、ベーコンが死んだこと・それをやったのがギャラガーであると知ると顔つきを変えた。
そして意外な事実を語り出す。


ベーコンだけでなく、ギャラガーもムシ仙人の弟子だったらしい。
でえええええ、マジですか。ってか容姿…。
そしてこの頃はギャラガーはミミガーという名だったらしい。
ミミガーとベーコン、どっちも豚の加工食品ですな。

名前は置いといて。
まじかー。ギャラガーとベーコン、同門なのか……。

漫画版では幼き日からライバルだったように描かれていましたが、これはどの時期だろう?

ギャラガー的容姿になってるのでミミガー時代じゃなくてギャラガー時代ではあろう。
おそらく
①寺院で修業
②卒業後に仲たがい
③決別
という流れ?

「当時からゾイドに関する考え方は違っていたけど、まさかそんなことになっていたとは…」

ムシ仙人に、俺はギャラガーを倒すと。その為に修行したいと言うアラシ。
なんだかんだで入門テストが行われる事に。
その内容はムシ仙人の乗るグソックに一撃与えられたら合格というもの。

グソイックは素早い動きで三人を翻弄する……ものの、アラシがベーコンの幻影を見た事もあり最後にはどうにか合格を得るのであった。
次週は過酷な修行回になりそうな予感。


ムシ仙人は今のところあんまり好きじゃないかなー・・・・・。
亀仙人的な位置にしたいキャラだと思います。エロ老人でしかし凄いお師匠様というのは良いと思うんですが、んー……。
師匠としてギャラガー(ミミガー)に志を教えられなかったこと。これはとてもダメなことだと思う。
志を教えられなかった。それなのに力だけ与えてしまった。だから弟子が暴走して帝王となって世界を支配、更にベーコンを死なせた。
それに対する見解は何なの? 師匠だった人として責任は感じないの?
という風には思いました。
どうも他人事のようで………。

まぁ、深い部分で何か思ってるのかな?
私はベーコン生存説を唱えているんですが、これは何らかの理由でギャラガーは殺していない(そのようには見せた)と思っているということです。
ムシ仙人は深い部分まで弟子を知っているから、ギャラガーがベーコンを殺していないことを確信している。だからこそひょうひょうとしているのかも……。

でも、世界は今ギャラガー率いるデスメタル帝国に飲み込まれようとしている。それで苦しむ人やゾイドが多く居る。
それは事実なわけで、やっぱり責任は感じて欲しいかなぁとは思いました。
今後重要キャラになるだろうから何かフォローを希望。


入門試験の風景、グソックの動きはここが好きでした。

虫っぽくて良いですね。ぞわぞわする。
オニギリの驚き具合もムシに遭遇した時のそれだ。

グソックの動きは全体的にすばしっこい!
どちらかというとグソクムシというよりフナムシっぽい素早さだなーと思いました。

ただ素早さでアラシ達の攻撃をいなすのは良いけど、空中でも自在に移動していたのは頂けなかったかな…。
物理法則は捻じ曲げちゃいかんと思う。
そういうのは守った上で公平だと思えるルール内で技量を見せて欲しいかな。
あるいはグソックにはまだ知らぬ機能がある…という可能性もありますが。

終盤はワイルドブラストしてグソックを狙いましたが、ガノンタスはともかくスコーピアやワイルドライガーではワイルドブラスト必殺攻撃しても効果薄そうな気はしました。
ワイルドブラストは「ゾイドの身体能力が大幅に向上し、隠された武器ガス積弦する等、より攻撃的な形態となる」というものだから、前者の部分…身体能力向上を活かして迫ればより良かったのになーというのも思いました。
このようにすればワイルドブラストは攻撃するだけじゃない、多彩な使い方があるんだという表現にもなりそうだし。

と、そんな感じで話は幾つか難を感じる部分もありましたが、次週以降は本格修業が始まりそうで楽しみでもあります。
ムシ仙人はホントにフォローがあると良いな。
ただ、思えばオニギリ初登場時も同じような事を書きました。
7話感想
ここで「ガノンタスを人質(ゾイド質?)にとられて無理やり開発をさせられている悲壮な状況なんですが、ゾイドを見たとたんにキラキラして語り出す……」というように書いていましたが、後の話で徐々にガノンタスとの事や落ち着いたからこそか垂れる想いなんかもフォローされました。
今はオニギリあの時は大変だったんだな、いいやつだなと思えています。
そんな風に後からでも何かあると良いのですが。

次週は本格修業の回になりそうですが、やはり気になるのはギャラガーの過去でもあります。
修行と並行して徐々に明かされる事に期待しています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

自分はムシ仙人がアラシとベーコンが似ていると言った後、飛び掛かってくるアラシにミミガー時代のギャラガーを重ねたことが印象的でした。
かつてのギャラガーは今のアラシのようにロマンを追いかける真っすぐでホットなバカだったのかもしれませんね。

またアラシにのみ見える状態でちょくちょく再登場するベーコンはSWの身体を捨てたフォース状態というか。
そう思うとムシ仙人、ギャラガー、ベーコン、アラシがそれぞれヨーダ、アナキン、オビワン、ルークのようにも感じます。

No title

ムシ仙人。ドラゴンボールの亀仙人的な線を狙ったかのようなキャラでしたね。

思ったのですが、ムシ仙人はベーコンとミミガー(ギャラガー)の主張を見守っていたのかも知れませんね。
そして、どちらが正しいとすることも出来なかったのかも。
或いは、第三の立場を取っていたのかも。
現状では推測と言うよりも憶測ですが。

多分、ベーコンは昔からゾイドと仲良くなれるはず……ゾイドは相棒だという立場に近い考えだったのでしょうね。
そしてギャラガーはゾイドは兵器だという考えに近かった。
個人的にはムシ仙人は「どちらも正しい、しかし自分はどちらにも振り切らない立場を取る」という考えだったらいいなあと思っています。

人間の考えというのは否定されると余計強固になる所があるもので。
恐らくムシ仙人がどちらか一方の考えを支持して片方を諫めた場合、諫められた方は反省するどころか思いを強固にして頑固になることが比較的容易に予想されます。
そしてその場合「双方の間を取った考え」というのは支持されにくいです。
……経験則含む。
身も蓋もない話、劇的な出来事に見舞われるかゆっくりと本人達が自分の体験として思い知っていかない限り、どれだけ言っても考えは変わりません。
ですから、思想的な部分はどちらにも導く行いに意味がないと判断した可能性も考えられます。
お互いが修行の中で影響し合うことで自らの思想を確立していけばいい。そんな所だったのではないでしょうか。
その場合、見守り続ける事こそが最大の導きになり、ベーコンとギャラガーの行いに責任を感じるのは傲慢とも言える状況が生まれかねません。
もちろん、ベーコンが死んだという言葉を聞いたのだから、そこに思う所はあるでしょうが。
そこで初めて「あの時にギャラガーを止めておくべきだったのかも知れない」と悔やむ程度が行き過ぎない最大限のような気がします。
以上、推測と言うより憶測。そして何より妄想でした(ぁ)

それにしても、ベーコンとギャラガーの関係。
この関係は血縁でこそないものの、へリックとゼネバスの関係を思わせますね。
ゾイドの本質ここにあり、でしょうか。
かつて、へリック一世がヘリック二世とゼネバスにどちらだけでも成り立ちはしないと教えを説いたように。
その結果は……よく知る所でありましょう。

第二のドクター・ディと身内同士

今回初登場したムシ仙人はスケベだけど、ゾイドに詳しく知識を教えるあたりは無印のドクター・ディポジションだった

しかしギャラガーの青年期は漫画と違ってかなりイケメン(美形)で驚愕しました(前の名はミミガーで漫画での過去のギャラガーは今の姿だった)
ベーコンとギャラガーは親友であり悪友でそしてムシ仙人の門下生で修行仲間であってその光景は旧シリーズのヘリックとゼネバスとの関係と共通している(身内同士の大喧嘩(兄弟喧嘩))

地球の人たちはゾイド(zi)人とちがって種族が存在せず、顔に金属細胞の証となる顔のタトゥーはついていない(これは子供への悪影響を配慮したのかもしれない(顔と体型が奇妙な部分をもっている者たちは金属細胞で生まれたのかもしれない)
なおムシ仙人は500年生きていると自称しているが、実際ヘリック二世は金属細胞の影響で89歳でい生き続けて結婚までしていました。(ゾイド人は金属細胞のため長寿で生き続けている)。

いまいちかも

ムシ仙人が亀仙人みたいな印象というのは同感です。ついでに言えば入門試験はカリン様の聖水を奪う場面を彷彿させました。
ギャラガーの過去は気になりますね。力に溺れて暴君と化してしまったんでしょうか?だとすればますますラオウみたいです。
いろいろありましたが、今回はいまいち釈然としない回だった気がします。ベーコンの「もっと楽しもうぜ」という台詞もいまいち意味がわかりませんし、入門試験もあれで合格なのかと思いましたしね。次回以降にフォローを期待したいところです。

No title

ゾイド寺院の遺跡にワイルドライガーらしき像があったのが気になりました。祀られている、あるいは狛犬的な守護獣とされているということは、ライガーが伝説になった事件が起きた頃のものでしょうか?一体どんな事件だったのか。他にも、ゾイドが地中に埋まった原因や、以前三式さんも指摘された文明レベルの謎など、ゾイドワイルド世界の謎の答えがあの場所に隠されているような気がしてなりません

No title

ギャラガー(もといミミガー)の美形さは一体・・・!
ペンネの「話が入ってこない」も納得。
私も入ってこなかった。

ムシ仙人はアラシとギャラガーを重ねていました。
アラシと似ている人物でヒジキがいるんですけど、彼はゾイドに嫌われている天性の才能の持ち主です。
ラプトールの乗り方を見てもミミガーは強引に支配して乗っていました。
ミミガーはそこを考えるとゾイドと絆を結べない人間だったのかなと考えました。
乗りこなす技量も支配することもできるのに、絆だけはギャラガーには死んでも無理な生まれついてのものだった。
ミミガーはゾイドと絆を結ぶことだけが致命的に欠けた天才だったのかなと。
弟弟子のベーコンは逆に秀才の齧り付くような努力の人でギャラガーにような天才性はないがゾイドと絆を結ぶことのできる人間だった。
この二人は目線が同じでも見れるものが違う価値観以前の問題だったのかなあと。

優秀だがゾイドと絆を結べない(本能解放できない)ギャラガーがタイガーと絆を結んだベーコンと対等であるためにはデスメタルキーが必要で、
なぜ必要なのか理解できない(ギャラガーの才能を知っているので本能解放を選ばないのを価値観のせいだとした)ベーコンと破局したのかなと。
多分ベーコンと並ぶために努力をしてデスメタルキーを発掘したり復活させたと思うんです。その努力ごとどうにもならない生来の体質を否定されたら悲しいと思うんです。

旧来のゾイド乗りはおそらくゾイドは相棒怖くないと思っているでしょうが、世間一般だとギャラガーの道具扱いの方が理解されると思います。
ゾイド被害にあった人からすると圧制が苦しいかもしれませんが強制的に管理してくれるギャラガー様は有難くもあるのではないかな。
デスメタルのやり方は悪どいですがゾイド研究の最先端に現在いる組織ですし、
あの世界で唯一の文明国家でもあるので一概に悪く言えるものではないなと思いました。
仕送りしできたり衣食住保証したりそういう面を見ればギャラガーはパワハラ上司だけではない一面もあるのかなあ。
ゾイド狩りなどゾイドを間引いたりするのも人の生活圏を保つ上では仕方がないのかも。

No title

ムシ仙人はとにかく「変なジジイ」というインパクトは十分すぎるほど与えたと思います。有名な話で亀仙人は当初「ドラゴンボールをくれた、ただのスケベジジイ」で終わらすつもりだったが後付けで武天老師にしたと鳥山先生も後述してましたので、最初にどれだけマイナスイメージを出すかが師匠キャラは大切だと思います。

比較的にまともな師匠ポジションだった界王神がとことん良い所が無かったのでムシ仙人は期待できます。エロ本を語り出した所とか、実際に説得力がありました。(オートマが初心者、マニュアルがベテラン、みたいなものでしょうか?)

ギャラガーの容姿の変化含めて、レイヴンみたいに大きな出来事が本人に起きたのではと予想してます。ムシ仙人は自己中、本能と興味のままで動いていそうで、責任とかは感じて無さそうです。実際、高齢者になるほど各人の悪い癖が増長していく例を多数見たので私は「高齢者=人格者」という考えは辞めました。(笑)

No title

土日と忙しかったので遅ればせながら。

グソックとムシ仙人回なんですけど、ギャラガーもといミミガーに衝撃を受けた回でした。見る人によっては、亀仙人をリスペクトし過ぎと思えるかもしれませんが、自分は気になりませんでした。

むしろ気になったのは、放送前の公式Twitterなどがネタバレをして驚きが削がれた感があったのが残念でしたね。少し前の販促のチグハグ感と合わせて、不安の募るやり方です。
↓このあたり
https://twitter.com/anime_zoidswild/status/1065167980810649601
https://cho-animedia.jp/anime/67642/

ギャラガーは「あの好青年がなぜ帝王になったのか」という理由が楽しみになってきました。作中だけで無く、視聴者に対してもカリスマ性がどんどん発揮されていくのは良いことです。ただ、どんどんドレイクの影が薄くなるのが副作用かな…

細かい所では、グソックを追いかけるワイルドライガーの動きが地味に良かった。虫を追っかけている猫がモチーフだと思いますが、良い動きでした。

その他、ベーコンと合わせて豚肉兄弟になってるとか、ヘリック・ゼネバスの兄弟戦争と構図が似てきたとか、遊び心が垣間見えるのも面白い。

全体的に、派手さはないものの安定した回だったと思います。これからの修行編?は、物語の加速というより助走編でしょうかね。

No title

遅ればせながら感想です。

ムシ仙人は雰囲気と言うかキャラクター性は私もかなり亀仙人っぽさを感じました。
その一方で飄々としてて俺ちゃんとか言ってる辺りはディスクウォーズアベンジャーズとかで見たデッドプールを連想します。

そしてCVに山口勝平さんを起用しているあたり、ナレーションやギャラガーと同様にベテランの声優を起用している事と合わせてオッとなります。

個人的にギャラガーが今の様になったのは、
現状だと寺院での修行を卒業した後に何か大きな事があったんじゃないかと思いますし、
修行していた頃のベーコンとギャラガーはスタンスは違えど致命的な決別に至る事は無かったと現状だと思います。

今のベーコンとギャラガーについては、
現状だと今後どうフォローするか次第だと思います。
仙人的には本心を隠してあえて他人事風に言ったのかもしれないですし、
個人的に仙人に今のギャラガーについて何か思う所は(それが何であれ)絶対にあると思います。

また、アラシは仙人にギャラガーの姿を、仙人はアラシにベーコンとミミガ-(ギャラガー)の姿を重ねたあたり、
それぞれに重なる何かがある様に感じます。

ギャラガーの飄々としている所は仙人の影響があるかもしれないですし、
アラシにはベーコンやミミガ-のがむしゃらさがあるのかもしれないですね。

あと、アラシがベーコンの幻影を見て目を覚ましますが、
やけに具体的に励ましてましたね、ベーコンの幻影。

最序盤以外にベーコンとのロクな絡みが無かっただけに、
ベーコンに修行を付けて貰っている中でそう言われたのか、
アラシの潜在的な意識がベーコンの姿を借りて言ったのか、
色々と想像してみるのもありだと思います。

グソックは無茶苦茶素早かったですね、どうぶつの森のフナムシがとにかく素早かったのを思い出しますし、
あれはグソックの感知能力と仙人の技量であれだけの俊敏性を発揮している様に思います。
あの空中で回避しているあたりは色々と誇張が入ってそうな気もしますが・・・。

ともあれ、色々と思う所もありますが、
個人的には今後も一先ず大らかに見ていこうと思います。

No title

ムシ仙人も、人類を影で支える世直し人とかでなくただの世捨て人でしょうから、中立の考えでいるのかもしれませんね。
達観して「人やゾイドが苦しんでも、それは自然の摂理、宇宙の真理、流れである」とか思ってるかもしれません。
(・・・それならそれで説明欲しくなるなぁ)

ベーコンらの意見も、
ベーコン「綺麗事を言わなくてよくなるまで綺麗事を言う。人とゾイドは解り合える」
ミミガー「現実を見るべき。ゾイドは支配し管理しなければ人間を脅かす」
みたいな、双方に正しさがある物だったのかもしれません。
あるいは
ベーコン「ゾイドと同調すれば、こちらを認めて命を預けてくれる」
ミミガー「ゾイドに力を示せば、こちらを認めて命を預けてくれる」
みたいな考えだったのかもしれません。

あと、もしミミガーに何か大きな事件があって悪とも見えるギャラガーさまになったのなら、
「ギャラガーさまの誕生日はミミガーを捨てた日」とか「誕生日に悲劇は起きた」とかありそうですね。
(ムシ仙人は事情を知っていて「自分ではギャラガーを止めれても、ミミガーを救う事は出来ない」みたいな考えがあったり?)



空中機動。
マグネッサー発動とか考えましたが、
グソックの「水中では口から取り込んだ水を放熱フィンから勢いよく排出し推進力を得る」機能の応用で、
「空気を取り込んで~」なんて出来ないですかね(もちろん回数制限とか移動距離とか制約あり)。
「グソックは、達人である相棒のムシ仙人から特殊な呼吸法を教わり会得し、通常の個体では不可能な筈の機動をやってのけるようになった。 それで言えばグソックもまた、ムシ仙人の弟子である。(乗り手の存在がゾイドを大きく強化する一例)」とか。



サンラータンの年齢はやはり・・・い、いや、やめておこう・・・

No title

>しめじさん
今のところのアラシはどちらに転ぶのかが分からない状態なのかもしれませんねー。
感情に素直で一直線だから大きな可能性と共に大きな危険も孕んでいるのでしょうね。
ミミガーは一見クールめな感じでしたが、あれでいて根っこに持っていたハートは頑固で誰にも曲げられない主張を秘めていたのかもしれませんね。

>やまさん
亀仙人は思いっきり狙ってるでしょうね。

人に何かを諭す再に真っ向から否定しては というのはよく分かります。
ただしそれはその人の中で収まっている時です。
他人に危害が及ぶ際においては「いやこいつはこいつで悩んでいてさ、だから今はあんまり否定しちゃうと意固地になったりするんだよね・・・」というのは通用しません。
その意味においてムシ仙人にはちょっといらっとしました。

達観してるといえば聞こえは良いんですが。

>gdさん
私的にドクターディは夢追い人な印象が強かったので(初登場回の印象が強いです)あんまり印象はかぶりませんでした。
ただセクハラジジイという部分は同じかもしれませんな。

>YHさん
入門試験、それでいいの? という感じは確かにちょっとありましたね。
まあ、その辺も飄々として読めない仙人の演出だったのかもしれませんね。

>レイさん
石像は私も気になりました。
簡略化されていますがライガーっぽい感じでしたよね。
寺院は広さも凄いし謎の施設もあったし、世界観のキーになる情報が眠ってそうですねー。

>A-10さん
ペンネの突っ込みはいちいち的確で最高でしたな。

>YDKさん
ヒジキ・・・・・・そういえば彼も公式ページのキャラ紹介で載ってたりするんですよねー。
再登場するんだろうか?
彼こそこの寺院に来てほしいなぁ。

ミミガー(ギャラガー)に関する考察は確かにそうかもと思いました。
彼としてはそうするしか方法がなくて…。
そういう悲しい始まりだったのかもしれませんね。

ワイルド世界の「ゾイドが怖いものである」という世間にはギャラガー方式は理解されやすいでしょうね。
まぁ現状は彼らは抑圧しているのであまり指示は得ていませんが…。
ただしその方法そのものについては納得しやすいと思います。
逆に抑圧された生活から解放してくれる正義のゾイドハンターは絆などというよく分からないものでゾイドと繋がっている。
いつ反乱が起きるかわかったもんじゃない。
でも助けてくれているのも事実だし・・・。
そんなジレンマの中にあるのかもしれませんね。

>kageさん
確かに亀仙人ってあそこまで重要になる予定じゃなかった感じはしますね。
デザインからしてアラレちゃんに出てくるファンキーな神様の流用だし。

ただし師匠として再登場したときからはしっかり方向性が決まった感じで、さすが鳥山先生だなーと思いました。
さりげなく尊敬できる要素を面白おかしく描けるのは天才だと思います。

ムシ仙人もぜひそこまでいってほしいです。
インパクトは十分、ここから更に!

>ネームレス Mk-II 量産型さん
公式Twitterは直前にネタバレを定期的にかましますな。
放送直後とかにならんもんかなぁと思うんですが、なかなか難しい所ですねぇ。

ギャラガーは今後の機体がいっそう増しましたね。
ドレイクはどの時点からギャラガーに従っているのかが気になります。
ミミガー時代から?
それともギャラガー時代になってから?
彼も再登場して深掘りされると良いですね。

>ラウルさん
ワイルドはベテラン声優さんを多く起用してますよねー。
みなさんさすがの演技力でうならされます。
ギャラガーが特に凄いと思うんですが、ムシ仙人もさすがでしたね。
なんていうかムカつくんだけど嫌いにはならないむしろ惹き込まれるキャラに昇華させてるというか・・・。そういう風に描けるのってやっぱりベテラン声優さんは凄いなと思います。

ミミガーが覚醒してギャラガーになった時期は気になりますね。
少なくとも修行時代はあんまりそういう予感はなかったんでしょうね。
ギャラガーをおそったムシ仙人でさえ予想できなかった事態。いったい何があったんだろう・・・・・・。

今後この要素は必ず描かれると思います。
楽しみですね!

>kuehleさん
そこまで大きな視点で居るならそれも一つの考えかもしれませんねー。
ただ、であるなら弟子取ったりもすんなよとも思いますが。

ベーコンとミミガーの考えは修行をする中で次第に対立して言ったのかもしれませんね。
修行に来る前の段階はそんな事を考える余裕さえなかったでしょうしねえ。

ギャラガーの誕生日は仰るようにミミガーを捨てた日・生まれ変わった火なのかもしれませんね。
その説は大いに可能性が高いと思います!
いずれにしろ今後の展開に期待。

空中起動はたとえば水中ジェットを空中でふかしても「ふわっと」動くくらいで劇中のグソックみたいな瞬間移動に近い機動は厳しいと思いますねー。
ただし長い間あそこにすんでいるグソックだから何か特殊な力を得ていた可能性も?
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント