グソック追記

みんな大好きグソックの追記です。
組んでるときに思ったんですが、グソックのボーン状態から脚を外すと・・・

タツノオトシゴ型あるいはドプケラドプス(R-type)型ができそうですね。

さて脚がない状態で動かすと……、

モルガみたい。イモイモした動きがお見事ですね。
(動画の質が低くて申し訳ない…)

グソックの脚は胴体にプラプラの状態で付いています。
プラプラ。すなわち常に遊んだ状態です。

胴体は前進にあわせてうねります。つまり地面に対する角度が変化するという事です。
脚は遊んでるから、胴体の角度に影響されて動きます。
これにより脚がぞわぞわ動いているように見えるというわけ。

特別に脚を動かす構造を作っているわけじゃなくて、「脚を遊ばせ胴体の動きに従わせるだけ」という所で素晴らしい動きに見せた。これは大きな工夫です。
こういうのが好きなんです。
豪華絢爛なしかけを作っていい動きを作る。これは一つの方法ですが安価で流通させたいものには適さない。
いかに製品として安価に流通させるか。その制約の中でどういう工夫を見せるか。そんな所に矜持を感じます。


さて先日のキットについてワイルドブラスト時にライダーをおろすのはどうなのと書きましたが、復元の書によるとこのようになっているらしい。



ライダーは甲羅の背中の上で立ってコントロールするため

まじですか。めっちゃワイルドですやん……。
大丈夫なのか。しかもこれで突撃して城壁を破壊するとして、その破片が降り注がないのかな。まぁ玉乗りできるくらいの運動神経があればどうって事ないかもしれませんな。

当初は仙人クラスにまで達人になってゾイドとの究極の更に上の絆を結んだら離れていても心は一緒って事でゾイド単身でワイルドブラスト可能になる説を唱えていました。
見事に外れていた。
しかしキットで玉乗りが再現不可能なのはちょっと難点でもありますね。

グソックはオニギリによると集団戦法に強いそうですが、通常状態だと弱そう。
防御力は強いから倒される事は稀かもしれない。でも攻撃力が通常時は皆無だもんなぁ。
体当たりをするにしても大型のキャタルガの方が強そう。グソックは11tだけどキャタルガは39tもあるから。
水中運用ができる点において有効ですが、ガブリゲーターやガノンタスもいるからなぁ。だからどこまで有力かはやっぱり疑問かも。

ワイルドブラストできるライダーが集団で居れば強いと思いますが、果たして玉乗り可能なライダーを量産できるのだろうか……。
ヴァルガやグソックは兵器的なモチーフはパンジャンドラムと思います。
パンジャンドラムは奇想天外兵器の域を出ない完成度に終わりましたが、はたしてグソックはどうなるのか。

・・・とある島ではグソックが多数生息していた。そこで島民は自然と子供の頃からグソックを相棒とし玉乗りの訓練を行い、ほとんどの者が十代半ばになる頃には技術習得をしているのであった……。
みたいな場所があるとワンチャンスあるかな。
どうなっていくか。
楽しみですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ドプケラドプス懐かしいですね。
脚をフリーにして動きに合わせる。単純ですが素晴らしいアイディアですね。
グソクムシはダンゴムシ(グスタフやヴァルガ)と同じワラジムシ目(等脚目とも)であのウオノエの仲間らしいです(ウオノエを知らない場合は御覚悟を)。
一説によると弱った仲間や死体を食べる共食いをする可能性が有るそうですがグソックはどうなんですかねぇ。
あと、どうやらグソクムシは地域によっては食用利用されるとか…

No title

や っ ぱ り 球乗りだったか……。
ワイルド世界ならやりかねないってだいぶ前の日記にコメントしたような記憶もありますが、本当にワイルドだった。

バネ仕掛けでワイルドブラストグソックを打ちだして転がす発射台(カタパルト)型のカスタマイズパーツとか面白そうだなと、ふと思いました。
普段は変形してグソックの増加装甲めいて背中にくっついていて、ワイルドブラスト時に分離展開。ついでにライダーも発射台の席について狙いを定める役、とか。
……面白そうと思ったけど、いささか子供向けすぎるな、これ。

No title

グソックは胴に工夫を凝らして脚は遊ばせるままにするという多脚表現で、「それらしく脚を動力で動かすには?」というこれまでの多脚系とは全く別アプローチの発想で凄いですね。
組んでいると動きのうねりを出すためのパーツ群もなかなかに複雑で、純粋に動きを作る匠の技を感じます。

タイムリーですがまさかのドプケラドプスのフィギュアの案内が今日始まりました。けっこういいお値段しますが本当に滅多に出ない移植ゲーム以外の商品と考えると悩ましい限りで…。

No title

「動力ギミックの無いゾイドはゾイドじゃ無ぇ!!」
と思い、機獣新世紀の後半で現行ゾイドに完全に見切りをつけ、
「1/72以外のゾイドはゾイドじゃ無ぇ!!
 そもそも今までのゾイドと一緒に飾ると違和感出るわ!!」

と思ってワイルドゾイドも知らん顔していたのですが、三式さんのアプローチが絶妙で「…これは…『色々な制約の中での最高の機体とギミックを作っている』事こそゾイドの本質なんだよな…これこそゾイドだよな・・・」と納得しだして来ててヤバイです(苦笑)

今回のグソックの紹介の仕方も、足の動きを褒めつつも動画ではそれを見せないなんて、「足無しの動画は上げるけど、足の動きを見たければ自分で商品を買うか他でも検索しまくってワイルドゾイドにハマれば良い(ニヤリ)」と言う見事さで、本当にヤバイです。

・・・年末、お金無くなったら責任とって下さいね(涙)

すごいぞグソック

ライダーは甲羅の背中の上で立ってコントロールするため>>
・・・いやいやいや死にますわww

それはさておき、グソックはせっかくよく転がるように変形するのだから、もっと遊びの幅があってもいいとは思います。

バネ仕掛けで射出するアイディアがありましたが、私もアリだと思います。
「Bビーダマン爆外伝V」で『カーゴイエーガー』という機体があり、ビー玉の数倍サイズの弾を撃ちだすギミックがありました。
同じように射出できたら面白そうです。件の機体では弾を三本のツメでホールドしていたので、大きな角を持った生物、たとえば「コーカサスオオカブト」種・・・じゃ小さいから、トリケラドゴス級の三本角を持つ種の頭に丸めたグソックをセット、発射機に変形(ワイルドブラスト)して「合体必殺技発動!」というのはいかがでしょう。

現行の機体は当然ながら単体でギミックが完結しますが、複数の機体が力を合わせてより強力な技を発動させるのもアリだと思います。
先の発射機構ならメーカーも同じでノウハウもありそうですしね!

No title

>しかしキットで玉乗りが再現不可能なのはちょっと難点でもありますね。

ヤフオクで「1/35 兵士」で検索すると175件ヒットしましたので、
この中で一番「玉乗りしてるっぽい」兵士を探してみてはいかがでしょうか?w

私は「グソックに轢かれたっぽい姿」の兵士の方にばかり目が行ってしまいますが(苦笑)

No title

数日前購入しお預け状態。 やっと組み立て、いや復元出来ました。

復元中、例えば車輪パーツの動力伝達用の8の字溝なんかで、
「一見、凸部分を入れる所が紛らわしく分かりにくいけど、動きが正しく表現される形じゃないと基本的に綺麗にパーツがハマらない」所に親切設計を、
「それを複雑な形状に複雑な動きをさせる中でやってしまう」所に変態性(称賛)を感じました(笑)。
そしてその動きの仕組み。 ゾイドって、現代も生きるカラクリ人形なんですねぇ・・・。
脚がブラリとしてるのは、接続方法こそ違いますがコマンドウルフなんかを思わせますね。

復元も完了しましたが、顔はカッコ良さを求める感じですが、やっぱコイツかわええですw
なんか「グソック型ルンバ」とか欲しくなりました。(家事の)戦場の掃除屋・・・!
連動歩行はもちろん素晴らしいですが、ゆっくりススーッと動くのも似合いそうw
持ってる方には是非「ルンバの上にグソック乗っける」をやってみて頂きたい所(笑)
(あ、でも隙間入ろうとして押し出されて落下とかの危険があるか・・・)

ワイルドブラスト、やはりライダー下ろすのは残念ですね。
それで「いっそ大玉転がしとかフンコロガシみたいなワイルドブラストに成らんものか」と混乱して遊んでみたり(笑)。

そして、側面に注目してみると・・・胴体と脚の間、意外とスペースがありますねぇ・・・。

・・・ライダー、収納出来ましたw(もちろん意外と投げ出されにくい形です)

脚が完全固定でないお陰か、こんな裏技まで生んだようですw
しかも色々搭乗パターンあるようで。
今の所一番しっくり来るのは、「足(スネ)を後ろ側のキャップに乗せ、スパイクロッドに腕を乗せる」形ですかね。
視界良好で、グソックの顔も近い。 一緒にワイルドに前転して頑張って貰いましょう!(笑)

さて、バイドゾイドの研究でも始めますか。 ちょっと開発コード「B-3C2」のテストパイロットやってきます。

No title

>Ziの料理人さん
グソクムシは独特の臭みがあるそうで、あんまり食べたくはないですねー。
似たような見た目でシャコあたりを食べときたいです。

グソックはそういえば野生体は海に居るのか陸に居るのかどっちなんでしょうね?

>狭霧さん
ワイルドここに極まれりですな。
やばいです。

カスタマイズパーツ、面白そうですね。
そういう自分が実際にやってる感が体験できるものは凄く面白いです。
ぜひ実現してほしいですねえ。

>No Nameさん
脚の動きを作るために胴体に凝る。
この逆転の発想が素晴らしいですね!
まさに巧みだと思います。

ドプケラはシューティングゲームヒストリカですね。
あそこは実にいい造形なのでいいですよねー。
まあお値段はけっこう張りますよね。ガチャのは安いからいいんですけどね、、、。

>ミドリさん
わーい、お褒めいただきとても嬉しいです。
私もオンナジ様な考えの時期がありましたが、いいトコ探して楽しんだほうがお得じゃん? と思ったので今のようになりました。

ゾイドの本質はたくさんあるし人それぞれと思いますが、その中の一つは「制約の中で最高のものを作る」でしょうね。
制約の中でどう工夫しているかが見える仕様は大好きです。

お金がないのは責任取れません!
だって私もゾイドのせいで金欠だもの。金欠だもの!

>A-10さん
死にますな。
まあワイルドに頑張っていただきましょう。

射出アイテムはあったらぜひ欲しいですよね。
タカラ系のギミックを活かすのも今の時代だと大いにありですよね。
両社の長所を生かしてこその合併だと思うのでぜひとも健闘してほしいですね。

>kuehleさん
カラクリすごいですよね。本と変態です(笑
脚を遊ばせるのはコマンドウルフだと足首ですね。
あえてプラプラにというのはいい手段ですよね。
何もせずに勝手に関節があるように魅せてくれる。
なぜかこのステキな要素をメカ生体ゾイド末期は削除してしまったんですが・・・。キングライガーとか。

ライダー収納! できるんですか。
試してみたいです。工夫できそうで面白いですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント