本日23話

アニメゾイドワイルドですが、


1月の2週目からエンディングが変わるらしいですね。
早いなー。
個人的に今のエンディングってずっとこれでいいんじゃないかと思うくらい好きなんでちょっと残念なんですが、まぁ新しい歌にも期待ですね。
「スピードアップ」ということは展開もどんどん加速していくのかな?

ところで・・・・今のエンディングって旅の一コマって感じでアラシ、オニギリ、ペンネ、そしてギョーザが出てきます。
今のエンディングが流れる間にはたしてギョーザは再登場するのであろうか!?
という所も密かに気になっています。
まさか「2クール目に一度も登場しない。それなのにエンディングに大々的に登場」というシュールな事態で終わらないかとヒヤヒヤしております。
トリケラトプスなので豪快にティラノ・・・デスレックスに突っ込んでいってほしいなあ。


ところで22話の感想コメントにて頂いたものがあるのでちょっと引用&私の思うところを書いてみたいと思います。

--引用--------
ベーコンは流石に出過ぎで、これが血縁者だったり、何年も一緒に過ごした仲だったら分かりますが、何日か訓練をしてもらっただけで、こんな神格化?されるのが違和感あります

----------

これはよく分かります。私もベーコン最近何かあるごとに出てきてるなーと思っています。
で、これはゾイドワイルドの演出面の悪さによるものなのかナーと思います。

ベーコンがあれだけ出てくる。何かあるたびにアラシに助言を与えそれによりアラシは決意を新たにできる。
これはアラシの生い立ちから今までを思えばよく分かるところです。
彼は子供の頃から誰にも自分の考え、ゾイドに対する思いを理解されなかった。
それどころかゾイドは怖いものだからやめておけと否定された。

いや唯一の理解者として父は居ました。しかし父は多感な時期に消息を絶ってしまった。
ある意味・・・、「ずっと一人だった」よりも「たった一人だけ分かってくれる者が居た。そしてそいつが居なくなった」という状況の方がキツいかも・・・・・・。

よりどころがなくなった。
それどころか失踪した父を悪く言う村人さえ居た。
祖父も思いを分かってくれない(祖父は祖父なりにアラシを思ってやっていたが伝わっていなかった)。
まだしも理解者に近いポジションがいたとすれば・・・漫画のシャーベット姉さんくらいかなぁ。
アラシの愚痴を聞く程度には理解者だった。
でも彼女でさえアラシ側の考えではなく基本理念は村の方針と同じだったと思う。

まぁそういうわけでアラシは孤立を極めていたと思います。
その中で出会ったのがベーコンです。
ゾイドと見事に心を通わし、自分を認めてくれたベーコンは、アラシの中で神にも等しい存在になっていたとしても大いに納得できるものです。
ようやく出会えた思いを本気でぶつけられる相手。


でもアニメで演出が悪いというのは、上記をそこまで分かりやすく伝えられているかと言えばNOだと思う事です。
私はアニメで「兄貴分・弟分というコンビ」しかも「弟が事ある毎に兄貴を思い出す」というとグレンラガンを強烈に思い出します。
グレンラガンはシモンにとってカミナがどれだけ大きな存在かという事を初っ端から凄く分かりやすく伝えていたから良かったと思います。

ゾイドワイルドではそこまでの良い演出にはできていないかも。
だから「何日か訓練してもらっただけなのに事ある毎に幻影で登場するのに違和感を覚える」という感想が出ることもよく分かります。

アラシの過去を想像するとベーコンという存在の大きさがよく分かります。なぜあそこまで登場するのかが理解できるのですが、本当はそんなディープに深読みせずともさらっと見ただけで容易に理解できる。そんな演出になっているのが良いアニメだと思います。


演出において他に悪さが目立つのは、たとえば対ギャラガー戦においてオニギリが「亀光砲!!」と元気一杯撃ってたのに次の瞬間「ハァハァ・・・もうダメ・・・」となっていたりする所でもあります。
撃つ中で徐々に披露していったような描写にできないかなあと思っていました。
こういう所はちょいちょい気になります。


ゾイドの自然な動きやちょっとした仕草については極めて丁寧だと思うゾイドワイルドなので、心理面の演出も今度ぐっと強化されていくといいなと願っています。
そんなこんなで今日は23話です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

たいして関わってないのに死んで(仮)から事あるごとに思い出として登場し、後から実はかけがえのない存在だったような気持ちになっちゃう。

アバン先生が使った技ですね(笑)。
さっさと物語を進めつつも絆を演出する手法としてあるのかも知れないですね。
話数に制限があるから悠長に仲良くなってられないのかも知れませんし、仲良くなってから後半で死んだりするとファンのショックが大きくなるからソフトにやるために早めに死亡イベントやる必要があるのかもしれません。

No title

私めのコメントを取り上げていただき、誠にありがとうございます。

アラシがベーコンに抱いている感情がよく分からないですよね。殺されて(?)悔しいのはとても伝わるのですが、自分のせいで殺されたという自責の部分ばかりがピックアップされてる印象で、一言二言ベーコンへの感謝なり自分の葛藤なりあれば、もっと話が盛り上がった様にも思えます。

アラシがシャイだったり、物語を暗くしたくないのでしたら分かるんですけどね。

話を意図的に分かりにくくして周辺グッズで話を補完させようというアニメでは無さそうですしね(笑)取り敢えずベーコン喰いたくなりますよ。

ちょっと野暮かも

今回は少し切ない話で昔の特撮にありそうな感じがしました。
デスブラストキーの実験なんですが、あんなテントみたいな場所でラプトールを実験台にして成果が得られるのか疑問でしたね。もっと充実した施設もあるはずなのに…
あとレインはデスブラストされてあんなに長く行動できるのが気にかかりました。体にかなり負担がかかるはずですが?
最後にドレイクがすぐにレインを排除しなかったのがすごく気になります。ドレイクの性格からすると「戦いの邪魔になるだけだ」とでも考えてさっさと排除するはずですし。
ドレイクにも弟や妹がいてゾイドに殺された過去があるのではないかとも思えます。この辺を掘り下げてほしいものです。

No title

>サンボルさん
たしかに! アバン先生(笑
実は生きてたところまで同じなのかなー。
パワー系のグラキオやトリケラがクロコダインポジションになったらいやだなあ。

>kageさん
もうちょっと分かりやすく描いてくれれば幻影にも意味が出てくると思うんですけどねー。
その辺がヘタだなと思います。
ベーコンへの思いは上手く演出すれば熱く、ヘタにやっちゃうと暗くなると思います。
これからでもいいからその辺を頑張ってほしい!


>YHさん
まあベタな話ではありましたね。一話完結系の昔の特撮にありがちな感じ。
でも良い話でした。

デスブラストキーの実験はそうですね。
かつてオニギリがやっていた施設程度のものがないときついと思います。
また失敗時に拘束できる程度の戦力がないというのも間抜けすぎる…。
功を焦りすぎたんでしょうかねぇ。

ドレイクは今後に期待ですね。かなり深い過去がありそうです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント