今日は24話

今日は24話です。
先週はどえらいシリアス回でしたが、今日はどうなるやら。
ギョーザ・・・というかトリケラドゴスが登場するのでとても楽しみにしています。
ただ今回も割とシリアスになりそうな予感?

ドレイクはまた一旦お休みかな。
意味深な感じだったのでまた早めに登場してほしいなー。
ドレイク・・・。ドレイクは漫画版とアニメ版で最も性格が違うかもしれない。
漫画版だと凄い自信家だし破壊願望が強いしアラシの爺ちゃんを一切の躊躇いなく殺した(結果として鉄板を仕込んでたので生きていたけど明らかに惨殺しようとした)。

アニメ版でも自信家という部分は共通します。ただ漫画版だと自惚れ屋に近い感じだったのに対してそうではないというか。
自分の技量を正しく把握し、なおかつ敵の技量も正しく見抜いているので「正しい自信」というか、状況把握がキチンとできてる冷静な印象が強いです。

あとアニメ版最大の違いは無益な殺生を好まない所にあるかも。
上記したとおり漫画版だとじいちゃんを容赦なく切り裂いたけど、アニメ版だと最初の方の話でデスメタル一般兵がアラシの村を「焼く準備が出来た」と言った所「放っておけ」として止めた。
これが意識的だったのかは分かりませんが、結果をいえばアラシの村は救われた。

もしあの現場にドレイクが居なければ……、既にシュプリーム団もアラシ(ワイルドライガー)も居ない村はデスメタル帝国に抗う術がなかったでしょう。
全滅かカンゴク行きか……。
……ところで、ドレイクが制止しなければ村は焼かれていた。これはとても重要なことだと思います。
シュプリーム団は「そうなる可能性がある状態で村を去った」のだからえらい事です。
意地の悪い言い方をしますがデスメタル帝国の進撃を一時的に喰い止めたとしてそれは解決じゃない。
首を突っ込むなら徹底的に周囲一帯のデスメタルを殲滅するか、奴らにその気がなくなるまでその地に留まり撃退を継続すべきであった。
というのはちょっと厳しい見方すぎるかな……。

ドレイクに話を戻します。
アニメ版だとドレイクは無益な戦いはあまり好んで居ない感じがします。
タケノコ回でも戦う意思がなかったし。
23話でもデスブラスト実験に対して嫌悪感を示していたし、暴走したレインこそ切り捨てたものの人間についてはむしろ危害を未然に防ぎ守るように動いていた。
無意味な戦いは避け殺生もできるだけ回避してる感じがする。
ドレイクの過去はとても気になります。
ギョーザも良いけど早めにドレイク回が巡ってくるといいなー。
ただステゴゼーゲの活躍も早く見たいし、なかなか難しい所でもありますね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

性格の差異というと、ギャラガーやフォアグラもそんな感じでしたね。
コミックのギャラガーはどちらかというと「大人なのに無邪気な狂気」という感じで、アニメでは「大人なりの半ば演じている狂気」という感じでした。
フォアグラはコミックでは現状「ただの部下あるいは三下の延長」という感じでしたがアニメでは「粗暴だが大物感がある感じ」でした。

ここまで見えてくると、私はアニメの方が好きかなあと思います。
エピソードを積み重ねられる回数制限が、それぞれのキャラクター性に関係しているような気がしてなりません。

あ、そういえばラッキョーですが。
最初は四天王に次ぐ実力とか言われていたのが、先週の話で「そういう事にしておいて(わざとそう持ち上げておいて)ギャラガーが内政的な弾除けにするために側に置いている愚か者」という感じに明かされていましたね。
こういうキャラの描き方もアニメはするんだなーと思いました。
これから先、どんどんキャラを深堀りできると楽しそうですね。

悲しいよ……

内容が段々良くなってきている…はずのアニメゾイドワイルド。
然し現在は否定意見が圧倒しているようです。
さらに(諌める意見も散見されますが)先に触れられたミリタリー系動画のコメントで、「どうしてこうならなかった」と言わんばかりのものがありました。別サイトではもうワイルドを投げ出そうなんて旨を私は書き込みましたが、やっぱり愛おしいのが本音で、そもそも新しい試みを潰して欲しくない、という想いもあります。
コアなファンがゾイドには圧倒的に多いのか……否、勝手な妄想ですが、もっとコアな方は割と寛容かと思っていたのに、残念です。
誰だって好きなものを否定されたくない。故にゾイドを取り巻く現状は「悲しい」とすら思ってしまいます。

わかります

>スサイド生田さん
今回のミリタリー風ゾイドワイルドPVの反応、手放しで喜べるかと訊かれるとちょっと首傾げたくなりますよね…。
今のワイルドの路線が好調だから「こういうのもどうですか」と新しい風味を出せるだけの余裕が出てきた、とワイルドの功績も踏まえて受け入れてる反応はまだいいんですが
「どうしてこの路線でやらなかったんだ!!」「これだったら買ってた!!」「これこそゾイドだ!!」みたいなコメントで『ミリタリー風ゾイド』という部分だけに着目して今回のPVを絶賛してる人たちを見るとやるせない気持ちになりますね…。

ゾイドワイルドは今までのゾイドとは大きく路線を変えてメインターゲットを子供(そしてサブは親世代)に向けたことで頭の固い古参をふるいにかけた(結果としてワイルドも楽しめる柔軟な古参が残った)のに、今回のPVでその一度振り落とした層に中途半端な餌やって呼び戻したらまた「ワイルド終わらせろ!硬派なゾイドをやれ!」みたいなデカい声張り上げる奴らが出てくるんじゃないかって杞憂が…。
あのPVの米欄とか限られた場所で騒ぐならどうぞご自由にって感じですけど、仮に今のワイルドを楽しんでる人間が集まってるところまでしゃしゃり出てきたらたまったもんじゃないですよ。

No title

>スサイド生田さん
>ガリバーさん

んーとですねー。
SNSの意見はあんまり参考にしない方がいいですよー。
例えばTwitterには年齢制限があります。
登録できる年齢を入力すると、自然とゾイドの本来のターゲット層である対象年齢ギリギリの人がようやく登録できるくらいです。
SNSで騒いでるのはターゲット層からのおこぼれに預かっている年齢の人間ですから。

だから、ここが中心だと錯覚しないようにフィルターをかけるといいですよー。
SNSでは場外乱闘しか見れないのですから。
場外乱闘では、本来の対象年齢層の意見は見れないのですからね。

まあ、私も特撮動画を見て「大人(対象年齢の上を行くというだけの意味)向けにこれでやってくれないかなー」とは思いましたが。
でもまあ、それは場外乱闘なのです。

ガンプラとかずっと見て来た身としては「大人の方が寛容」とかあり得ないです。
大人には自分の原体験に思い出美化光線がバンバン当たっていますから。

……でなかったら、私だってジェネシスの頃に無印アニメを熱烈に応援される人に貶められたりしません。

そういうのは気にしすぎないことが出来ればそれに越したことは無いです。

No title

>やまさん
差異を考えるのも面白いですよね。
私はコミックの方が今のところ好きかなー。
でもギャラガー様はアニメの方が好きです。主に声の演技のおかげでもありますが、凄く大物感があります。

アニメはキャラ度を掘り下げていってほしいですね。
名のあるキャラが増えすぎてなかなか大変だと思います。四天王も交戦したけどほとんど健在だし、どうしても今後一人に割く時間が減るのは否めない。でもそんな中でも見るキャラの掘り下げに挑戦してほしいですね!

>スサイド生田さん
評価は分かりませんが統計が取れるものってあるのかなー…。
どうしても悪い意見は良い意見より目立つものだからそういうのもあると思いますよ。
まぁ一方でアニメは詰めが甘いと思う箇所もあるのでやいやい言われるのも分かりますが。
でも結局のところキットの売れ行きが好調というのが全てを物語っていると思います。

映像は荒れてるんですか。
その辺も私はどこでそうなっているかは確認できませんが、想像はできます。
でも熱心なファンの多いメディアはある程度そうなる事は回避できません。
また悪い意見を言うなというのは言論統制ですので思う事は言ってもかまわないと思います。
むしろ悪いことを含めて正直な意見を言うからこそ、褒める時にその意見が輝くのだと思います。
むろん意見と罵倒は違います。そこはわきまえるべきですが。

私は多くの人は作品を「別名保存」できればいいなと思います。
バトストはバトスト。ワイルドは別名保存。上書き保存じゃないからいいじゃない。脳みそには両方保存するくらいには容量あるでしょうと。

ま、でもやっぱり好きじゃないとかこっちの方が良かったとかいう意見が出るのは仕方ないと思います。
私として思うのは、むしろそうしたものを目にした。「ああこれだからゾイドファンはダメなんだよ」と絶望しそれを広める事だと思います。
その辺は達観してある程度そういうものであると構えたほうが良いと思います。

>ガリバーさん
基本的には上のレスを参照していただければ同じ内容をお答えしたい感じですが、最後の部分、「今のワイルドを楽しんでる人間が集まってるところまでしゃしゃり出てきたら」というのは心配ですねえ。
分からんでもないんですが、自分が思う理想どおりに楽しまないとダメと思う人っていますからね、、、。
上で意見と罵倒は違うと書きましたが、その類であると思います。
そういうのは……どうしたらいいんでしょうね。何とかできればいいんですが……。

>やまさん
色んな事を一つ上の視点で見て考えられる用に慣れれば良いですね。
「これしかダメ」ではなくて「色んな視点で楽しめればもっと楽しい」という事をこのHPでも伝えていければとても嬉しいと思っています。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント