キャタルガあああ!!

今日はキャタルガ!


箱はデスレックスとワイルドライガーを採掘しているシーンですね。
ということはワイルドライガーとデスレックスは同じ地域で発掘されたのか……。

「その昔この二機は最終決戦をして共に力尽き同じ場所に埋まった」のかなぁ。
妄想はかどりますね。

一方で漫画では「デスレックスは二度と復活できないようにバラバラにして各地に埋められた」とされていたのでこれとは相違が生じる。
箱の世界観はライダーが「兵士」っぽい感じだし、パラレルなのかな。
箱の世界観はまだ詳しく発表されていないと思うので、いずれこの世界の事も語られるといいなと思います。


さてさてキャタルガです。でかいモルガです。
組みましょう。


モーターはワイルドライガーなどと同じMクラスゾイド用のもの。
箱と価格帯からしてLサイズゾイド用を使ってると思っていたのでちょっと驚きでした。

モーターに驚きつつ組む。まずはボーン状態。

イモムシの骨って何ぞや と思ったりもしますが、まぁそれは置いといて。


真っ黒。ちょっと毒々しい感じ。
スズメガの幼虫(イモムシ)には黒いのが居ますが、それに似てる。

組んでいて思ったんですが、構造はモルガと同じ部分もありました。
車輪の辺りを組んでいると、モルガを組んだことのある方だとニヤリするんじゃないかなーと思いました。
ただ逆に言うとモルガから変化はあまりないわけで、モルガの完成度の高さを認識すると同時にそこから更に一歩進化できなかったかなあというのは惜しいと思いました。
むろんワイルドブラストをするための構造は加わっていますが。


さて装甲をつけよう…。


かんせい。やっぱり装甲があると安心感が出ますね。
良い良い。


ホントにデカいモルガですな。
顔つきはオリジナル版よりもHMM版に近いかな。


並べるとこんな感じ。
シルエットはモルガよりも少しズングリ短くなった。
多分、長くしすぎると後のキャリアーを付けにくいという事情があるのでしょう。

イモムシは伸び縮みするから、これは縮んでる時の状態とでも解釈すれば面白いかな。


側面を比べると分かりやすい。
ズングリしたキャタルガ。そしてモルガは長くてスマートですね。

そして……、ワイルドブラスト!


基本的に輸送用ゾイドだが緊急時にはドリルを突き出し突撃するとのこと。
アニメでもサンラータンがいつかこんな風になったりするのかしら。
今日が返済期限たん・・・っ!!! とか言って突撃するシーンを希望だ。

しかし全面装甲が分厚いキャタルガ。しかもパッケージやアニメを見ていると数も多い模様。
ワイルドブラストorデスブラストで複数機が一斉に突撃したらものすごい強力そうな気がします。


ワイルドブラストですが、事前には「ドリルが伸びる」のだと思っていました。
そうではなくて、ドリルの位置は常に固定でした。「顔から背中のパーツを後ろにスライドさせる」ことによってドリルが突き出た感じに見せているのです。
なるほどなぁ……。

さてさて、そして牽引用のトレーラーもあります!
が、ちと長くなってきたのでいったん今日はここまで。明日以降に続きを書こうと思います!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

骨モスラ

見慣れたモルガもこうして改めて見るといろいろ思うわけですが、
仮に銀色の部分が防御力の高い部位だとすると、モルガは全身防御されていることになります。
改めて考えると、あのフヨフヨしていて簡単に中身の出てきてしまいそうなイモムシをモチーフにして、
「頭の硬い突撃兵器」にしてしまった発想って、おもしろいですね。
攻撃を受けているモスラを見るといつも「ああ中身出ちゃう!」と心配になるのです(笑)モルガなら心配なさそう。

ひるがえって、側面の比較写真を見るに、キャタルガは装甲部分が随分少ないですね。
で、「イモムシの骨って何ぞや」ってわけですが、骨は硬いので、
実は黒い部分も結構な防御力があったりするのでしょうか。
ワイルドの世界は重火器が使用されていないので、単純に「硬い=壊れない」だと思います。
重火器のある世界だと、装甲の材質がどうだとか、敵の砲弾がどうだとかの兼ね合いで、
単純に「分厚くて硬ければ壊れないんだ」とは言えないのですが。

そして、日本人がデザインすると、リアルなイモムシというよりはやはり
モスラの幼虫っぽくなるんですね(笑)と思いました。
頭のバランスが(笑)
キャタルガは、目が下の方に移って、モルガよりはイモムシ寄りになったようですが、
やはり頭はモスラ並にでかく見えます。かわいいですね。

まあ、やはり虫型でも何でも「骨」って言い切っちゃうところがすごいです(笑)
きっと、マルダー型のようなのが出ても殻とは別に「骨」が入ってそう。

No title

キャタルガについては別記事の方にまとめて感想を書こうと思うので、上のコメントで触れられている「骨モスラ」について。

「モスラ3 キングギドラ来襲」に「原始モスラ」というのが登場するのですが・・・デザインといい色合いといい、ほぼコレです(笑

ワイルドブラストで現れるドリルも、モスラの独特の口先と良く似ており、モルガ以上にモスラ的と言えますね。

ゴジラ、モスラ、ラドンそしてキングギドラとメカゴジラ・・・東宝特撮が現代日本文化の基礎を据えたと同時に、逃れられない呪縛でもある・・・というのは考えすぎですかね(汗

No title

>す さん
モルガはめっちゃ防御力高いですね。
前面は特にゲルダーより分厚いんじゃないかなあ。
その他の部分も帝国らしい強度があると思います。

仰るとおり、これがあのイモムシをモチーフにしているのが面白いですな。

キャタルガの装甲は少ないですね。
ただ茶色い部分は「強化装甲」にあたる部分だと思います。
デザインから判断して黒いパーツの部分も幾らかは装甲であると判断しています。

装甲は考え出すとこれもまた沼ですよね。
単純に硬くて分厚くすればいいって分けじゃないですもんね。
これ以上の厚みになるとむしろ柔らかいほうが良いとか二重に合わせるとか…。
マニアックですがこういう部分も考えていきたいですねー。

モチーフは仰るとおりモスラですな。
というかよりによって何故長くスマートな「カイコ種」と表記したかが謎です。
もっとズングリしていて短いイモムシも多いのに。
スズメガとか。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
検索してみました。
うおー。確かにそっくりだ!

特撮好きなくせに平成モスラは見てないんですよねー…。
名作との声も聞くのでいずれ見る機会を持ちたいです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント