キャタルガの設定とかギミックとか

キャタルガを更に追記します。

ところで牽引力は機体解説欄に載っていました。300tとのこと!
うおースゲー、グスタフを越えましたか。
グラキオサウルス(134t)でもデスレックス(154t)でも軽々運べる模様。
すごいなぁ、あのサイズで。

ゴジュラスMK-II限定型が287.0tなので、これと整備用ユニットなど戦闘に必要な物資一式を載せても運べるくらいの力持ちですね。
いやー、凄い牽引力だ。そりゃあ地球の生態系の頂点に立ち最強の座に君臨してるわけだ。


グスタフに乗せるとこんな感じ。
そして…、


キャタルガでゴジュラスMK-II限定型を牽引するとこんな感じ。
(キャタルガ画像はモルガを調整して代用しています)

ひえぇ…。こんなミニサイズでよく牽引できるなあ。
そして二機いれば最も重いゾイドであるところのマッドサンダー(585t)さえ運べるのか…。

例によってトレーラー部分はキャタピラ式なのでその凄さがいっそう伝わります。
凄いなあキャタルガ。まさに次元の違う力持ちゾイドです。
と思う一方で運べる限界はLサイズゾイド、XLサイズのグラキオやデスレックスは2機がかりじゃないと無理として限界を100t程度にしても良かった気もします。
そうすればXL級ゾイドの超巨大さが強調されたと思う。

キャタルガは本体のみの大きさだとMサイズ級ですが、漫画だとデスレックスと同じくらいの大きさの固体が登場しました。
アニメでもデスレックスを牽引していた紫のやつはサンラータン機より若干大きかったと思う。
多分、虫という特性から個体差はかなりあると思われる。
最大牽引力の計測元になった個体はどんなだったかも気になります。

ところで設定といえばもう一つ、何だかとんでもない記述を発見しました。

「天敵の多い森林地帯では木の上や以上では危険が多すぎるため、本能解放(ワイルドブラスト)して回転あごで地中に穴を掘り、潜んでいる」
うぉーい。ゾイド単体でワイルドブラストできるんかーい。
これは世界観の根幹を覆す重要事実では……。
うーん、どういう事か。気になります。

…もしかして各機が持つワイルドブラスト能力って「野生でも使うときは使ってる」のかもしれないなぁ。
ただし人が乗るときは、「ゾイドがその人を認めない限り使えない」ようにゾイド側の判断でしているのかも。
(認めたときにゾイドキーを出して渡す)
そんな事も考えました。


あと、ギミックについても追記します。
キャタルガのギミックは正直、期待値にはちょっと届かなかったかなーという感想です。
どうしてもモルガと比べてしまうんですが、まず手動ギミックで劣ります。
モルガはパカパカ空けれて整備中とかのシーンを想像できて嬉しかったんですが、これは無し。

ワイルドブラスト発動時には頭部および背中を後ろにスライドさせますが、インパクトとしてはモルガの展開ギミックの方があるかなぁという感じ。

動力ギミックは基本状態ではモルガと同じ動きです……が、動きのダイナミックさではモルガに分があります。
なぜかというとキャタルガはズングリ体形で短いから、うねっても動きが小さくしか見えないのです。
頭部はモルガと同じ良い動きなんですが、後部胴体の動きはちょっと小さくて物足りないかなぁという気もします。
むろんこれはモルガを見て居ればこその意見で、新規ファンがキャタルガを見たら驚くだろうなぁという動きではあるのですが。

これは後部にトレーラーを付けるという都合上、できるだけ胴体を短くしなければいけなかった。
それゆえの弊害と思います。


ワイルドブラストはドリルが出現……なんですが、ドリルが伸びてくるではなくて「ドリル位置は固定」「顔の位置を後ろに下げる」というもの。
これによってドリルが見えるようになるんですが、うーん、やっぱりトリケラドゴスみたいな「突き出す」タイプの方が好きだなあ。
軸を工夫すればドリルが伸びるような構造も不可能ではなかったと思いますが。

※追記
 すみません、、、変形時にややせり出すみたいです。ご指摘受けて確認した所たしかにそうでした。ただ・・・ちょっと分かりにくい範囲なのでもう少しダイナミックだとより嬉しいですね


ドリルは回転していますが、ちょっと回転数は遅め。もうちと速いほうが迫力があるかなー。
あと通常時にも実はドリルはずっと回っている。
ワイルドブラスト時に回し始めるんじゃなくて実はずっと回っている。
まぁ通常時は見えないから気付かない=別に構わないという事も言えるのですが……。

と言う事でギミックはちと残念さも感じたかな。
せっかくの電動なので何かプラスのギミックがあれば良かったんですが。
もちろんトレーラーは魅力的ですが、本体だけでもさすが殿堂だモルガを大きく超えてきたなというのがほしかったかなー。

とまぁ、厳しいことも書きましたが総合的な満足度は高いです。キャタルガは本体+トレーラーです。トレーラーはやっぱり嬉しいし、デカいイモムシって言うのもインパクト抜群です。
複数機ほしくなる悪魔の仕様だし、やっぱりいいゾイドという評価は揺るぎません。

デスメタル仕様の紫の装甲がほしいなあ。
次世代ワールドホビーフェアではワイルドライガー用限定パーツが用意されてるようですが、主役機もいいけど脇役でのおっと言わせるものがあると更に嬉しいなと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

キャタルガについてはこちらで纏めてコメントさせて頂きます

このブログ(本記事)でもTwitterやAmazon評価でもモルガとの比較する声が多いように思うのですが、「モルガの皮を被ったグスタフ」(モルガ本体とグスタフキャリアーのセット販売)と考えた方が良いのかもしれませんね。キャリアを付けてなおかつ「本体にさらなるギミックを」というのは酷かもしれません(笑

ひとつ前の記事ですが、キャリアーのパワーアップは実に素晴らしい。
ハーフトラック型のデザインだけで「おおっ!」と思っていたのに、横連携が可能というのが実に素晴らしい。電動化されている事で、複数機のキャタルガを同時発進できるというのもポイントですね(ゼンマイゾイドだと一苦労ですがw)

細かい所ですが、フリーダム団とデスメタル帝国の両方のラベルが付属している(グスタフも設定上は共和国・帝国の両方に配備されていましたが、ラベルは両軍ついていましたっけ?)とか、商標であるキャタピラでなくクローラーと表記してあるとか、色々と拘りを感じられるのも評価しています。

次回、サンラータンとキャタルガのワイルドブラストに期待大!

クワーガ「・・・」

キャタルガのドリルに関して

コメント失礼します。記事内でキャタルガのドリルが固定と記載されていますが、アーマーを引き込むと同時にドリルヘッド部分が5cmくらい迫り出す構造になっているはずです。(裏返しながらワイルドブラストするとドリルの移動が分かりやすいかなと思います)

No title

ゾイド単体でワイルドブラストができる、というのは非常に重要な情報ですね。
特にガノンタスやギルラプターなんかは、野生体にとってはワイルドブラスト機構は単にデッドウェイトに過ぎないのでは?
何故に人と絆を結ばないと発動できない機構が生来備わっているのか?と思っていました。
しかし、単体でもその気になればワイルドブラストできるのならば、この点は合理的に考察できるように思います。

一方で、「天敵」という記載も気になります。
生態系の頂点に君臨するゾイド、そうでなくとも通常の動物より超巨大なうえに鋼のキャタルガですから、「天敵」となり得るのはゾイドしかないと思います。
しかし、ゾイドでは、デスレックスが唯一他のゾイドを捕食するんですよね。
つまり、「天敵」とは、キャタルガを襲撃するが捕食しないゾイド……?
その正体と目的が気になるところです。

といわれている

「300tといわれている」という辺りに、従来の「兵器として設計され量産されるゾイド」と、「まずワイルドな(天然の)存在としてあるゾイドワイルドのゾイド」との違いを感じました。
兵器だったら、スペック情報が「~といわれている」はないですよね~。設計上の値なのだから、「300tである」と断言されるはず。
その点、最高速度などはかなり細かく確定されているので、それは特別に測定して決定しているのかな、などと。野生となると個体差があるはずなので、同種ゾイドの平均値なのか、それとも同種のなかの最高記録を書いているのか。

ワイルドブラストの仕組みは骨フレーム状態で組み込まれているのは、やはり野生状態で自力でも発動できるからだったのか、と思いました。

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ですねー。グスタフの要素も多く入っていますね。

本体で更なるギミックをと思うのはZAODでラジコンモルガを見たからかも…。
キャタルガ、電動だともう一個くらい動く節を追加できた気はします。
もちろんトレーラーがあるし今のままでも十分魅力的ではあるんですが。

さてキャリアーはホントにいいですね。
デザインが凄くこっててパワーアップしています。
もちろんグスタフのそっけないのも質実剛健な感じで良いのですが。

ラベルも凝った造りでしたね。
シュプリーム団のエンブレムまであるのが驚きでした。
シュプリーム団にももしやキャタルガ使いが!?

>No Nameさん
ご指摘ありがとうございます!
さっそく確認して記事に注釈を加えました。
助かりました!

>居間さん
ゾイド単体のワイルドブラスト。重要ですね。
生物と考えると、人の為に用意された機関などあるはずがないわけで。
野生でも使っているという解釈の方がきわめて自然だと思います。

天敵はおそらくですが巣を荒らす存在じゃないかなーと思います。
捕食・被捕食の関係ではなく、いい場所に住みたいゾイド同士が排除しあう事がある感じ。

キャタルガの設定は謎を呼ぶものなので、アニメでも野生体に目を向けたものが合っても良いかもしれませんね。

>す さん
たしかに!
細かいところですが要注意ですね。

ワイルドの設定ってどうやって決まってるのかはかなり気になります。
仰るとおり、速度とかはやたら細かく1km/h単位で書かれていたりするので凄いなあどうやって計測したのだろうと思います。
平均・・・なのかなぁ。
200とか250とかザックリした感じだと、「大体そんなもんろう、あととは個体差だ」と決めてると思えるんですが。

No title

返信済みの記事に失礼します。

ゾイド単体でのワイルドブラストというのは、もしかしたら武器を展開するだけではないでしょうか。その上で人間と絆を結べたなら、目の光とオーラを纏った、我々の知るワイルドブラストになるんだと思います。

No title

なるほど、ゾイド単体でも展開はできるがそこまで。人と絆を結べば「究極の」ものになるという感じですね。
それは面白い見解ですね!

ゾイド単体で展開が出来ないなら「人が不在の時は単なるデッドウェイトになる装備を持っている」となり不自然な感じがしますが、その点を解消しつつ、更に「人と絆を結べばその機能が究極になる」という人の意義も残した素晴らしい回答だと思いました。
私もこの説を推していきたいです!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント