わに

さて先日ガブリゲーターのレビューをしたわけですが、久々にじっくりガブリゲーターをいじってやっぱり凄いキットだなあと思いました。

しかも第一弾からこの完成度なのが凄いです。
ブランクを感じさせない仕上がり・・・・・とは少し違うかなあ。
もちろんブランクを感じさせない見事な仕上がりなんだけど、それだけじゃなくて「いちど時間をおいて、離れて冷静に見直したからこそ出来た完成度」だなぁと思いました。




これはレビューの没カット。
下はボーン状態の頭部に目だけ入れたものですね。
装甲を付けずとも、これだけで目ヂカラが出て印象が凄く変わっている。

ワイルドはボーン状態は目をつけないのが基本。ただしラプトールは例外で目を付けるよう指示がされている。

これは統一してほしい所だなあ…と思っています。
キットの組み立て上の都合と関ってくるであろう箇所だから簡単ではないと思いますが。
でも、目はその部分が穴になっているか眼球が入っているかでまるで印象が異なる。
なので特に統一させてほしい部分です。
今後に期待。

ところでガブリゲーターの目ですが、レビュー時に外そうとしたらガッチガチで外すのにめちゃくちゃ苦労しました。
あぁ、そういえば第一弾が出たときはこれを大きな弱点と思っていた…と思い出しました。
現在のラインナップの目はスルッと入り十分に固定され、しかし外そうと思えばすぐに外せる絶妙な塩梅です。
第一弾の金型もそのうち調整されてこうなればいいのになぁ。

あと動力スイッチを入れるのがちょっとカタいですね。
第一弾のガブリゲーターとギルラプターはスイッチ部分に不備を感じました。スイッチ入れにくい。
これも最近のラインナップでは気持ちよく押せる様になっている。
これも大きな進化だと思います。

こういう事を見ると、やっぱり発売後じゃないと分からない事ってあるんだろうなあと思います。
しかし売り出し後に不具合が発生したとして、それをすぐに次のキットから改良に反映させるスピード感は凄い事です。
どんどん進化していくキットに今後も大注目です。
次のファングタイガーはまぁワイルドライガーと同じような感じだと思いますが、スパイデスがどんなのかは凄く注目しています。
速く発売日にならないかな~!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ガブリゲーターはモチーフへの忠実さで言えば物凄くワニであり、ワニとメカの融合という完成度は凄まじいですね。
どこから誰が見てもワニだし、どこから見てもちゃんとメカ。
これぞゾイド!という素晴らしいキットだと思います。
ゾイドを知らない人に紹介の意味でいくつか見せるのであれば絶対にガブリゲーターは入れたいです。

生物をモチーフにしている以上、何の生物なのか?がすぐ分かる、そしてちゃんとメカでもある。
ゾイドワイルドの各キットはこの2つをいずれも満たしててるのが素晴らしいと思います。
メカ生体や新世紀ゾイドでは「あぁ、確かにそういわれれば●●型だね」という機種もいくつかあったのですが、ゾイドワイルドはコンセプトからして生物であることを徹底的に崩さないよう貫いてるのは凄い!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント