学年誌一冊ゲット!!

学年誌ぃぃいいい!

一冊ゲットしました。
ということで今日はワイルド話は一旦おいといて学年誌の話です。

小六2002年5月号。奇しくも前回手に入れた号の次号です。
ワイルドもいいけど従来シリーズももちろん熱烈収集!!

やはり今号もゾイド改造作例がありました!
そして実に興味深い作例でした。


ヤクトヒューラー 立体化されとったんかワレ


めっちゃびっくりしました。
アツい試みがされてるなぁ…。


見ての通り主にライガーゼロパンツァー用のパーツから作られています。
機体特性はまるで違うものの構造的には兄弟機とも言えるゼロとフューラー。
なので武装パーツの互換性・親和性も高くこのような改造ができるのかもしれませんね。

ヤクトフューラーを完全に再現・・・とはいっていませんが、それでもかなり高精度に再現していると思います。
お見事。
改めてCPとして発売されなかったのが悔やまれる。。。。
ライガーゼロは3種類のCAS+イクスが出たから万々歳だけど、フューラーはなぁ…。
結局一種類しか出ずに何が素体かという感じがしたもんなぁ。
まぁ強いていえば凱竜輝やバスターフューラーもバリエーションと言えなくはありませんが。

あとは素体を共通する「ゴジュラスMK-III」という機体も企画されていたがボツになっていたはず。
フューラーは色々と惜しいです。

その他は・・・、

新型機のキラードーム登場。そしてダクスパに合体できる告知がありました。

いやしかし、学年誌アツいな。新世紀時期もめちゃくちゃアツいじゃないか。
これは収集を加速させんといかんなあ・・・。

国会図書館では学年誌の2000年までの号はデータ化されていてデジタル資料として観覧できます。
東京本館、東京上野こども館、京都関西館の三つのPCで観覧可能。
しかし2001年以降の号はまだデジタル化がされておらず、見るには現物を手に入れる事が唯一…。
あと10年位したらこれもデジタル化されるのかなぁ…。
でもそれまで待てん!!


学年誌の特集というのはメカ生体時期は1、2、3年が中心であった。低学年にバトストが載り、4、5、6年には改造作例、改造講座、撮影講座などが中心でした。
どうも機獣新世紀は事情が若干異なっていて、4、5、6年は改造作例が載っておりそれが中心であるようだ。あと「雷牙」の漫画掲載もあった。
1年は基本的に掲載なし。2年はアニメ関連の特集が多い、3年は改造作例+バトスト的なものも載っている感じ。
学年誌へのバトスト掲載数が極端に減っているんですね。これは「バトストはコロコロ」になったからでしょう。

ただし、それでもここまで集めてみて新世紀時期の学年誌もやっぱり凄くアツいな、魅力的だなと思いました。
改造機が多いのもそそられます。バリエーションが増えていくのは嬉しい限り。
マッドサンダーの改造も学年誌では行われているようだ。その号はぜひとも集めねば……。


古本祭なんかもいく回数を増やしていきたいなぁと思います。
……古本祭りって言うのはッ参加するのはホントに筋金入りの古本屋で、まさにTHE古本です。
どれくらい古本かというと戦中の本なんかは当たり前です。江戸時代のほんとかも普通にあります。
なので80年代、90年代以降の本というとあんがい少なかったりする。普通に考えて十分古いはずなんですが、まだまだヒヨッコ扱いですね。
しかしこれも時と共に徐々に増えていくはず…。

頑張る!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

GBAのゾイドサーガにはいたんですけどねぇ・・・

高性能すぎての文面から制御が難しい機体でお蔵入りになったのかもですね
たしかセイスモは完全なゼネバス制のゾイドってコンセプトで開発されたらしいですから中央大陸制圧したからバーサークフューラーはお役御免になったのかも

No title

文字通り、幻のゾイドの「復元」ですね。
これは素直に拍手!

ただ、バーサークフューラーは何をしても「乗っけた」感が拭えないのは残念です。本体のデザインはいいのですが・・・

No title

>フューイさん
ゲームには色んな幻のゾイドが居ますよね。
サーガだとホントにほぼ全てのゾイドが出てますよね。
ギルベイダーやキンゴジュも居たような気が。
あと、ウルトラザウルス改造機のアルティメットファランクスだったかな・・・が気になっています。あれなんなんだろう?

フューラーお蔵入りの理由は、たしかにゼネバス帝国が目標を達したから必要なくなったからなのかも!
勝った国で開発中止とか生産縮小される例は多くありますからねぇ・・・。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
この作例では電池ボックスの上にヤクトユニットを乗せているので載せた感が強いですね。
電池ボックスを外して本体に密着させながらヤクトユニットを付けていれば親和性が高まったと思うのですが。
実際にCASとして発売されていればそうなっていたでしょうね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント