今日は28話

今日は28話!
いよいよハンターウルフが登場する!!!
ドレイクとギルラプターも登場するようなので、どう絡んでくるかが楽しみです。

願わくばドレイクがかませになりませんように・・・・。

いやドレイクの立場が最近ホントに心配。
今回、ハンターウルフの登場でギルラプターは最速の立場さえ奪われるからなぁ・・・・。
前回の撤退時は次は全力でつぶすみたいな事を言っていましたが、どうなることやら。

さて今日のアニメはせっかくなのでファングライガーを横に置いて見たいと思います。

自分で手を加えたからお気に入り感が半端ないのさ。
やっぱり改造するっていいな。

アニメでもいずれファングライガーになるのかなぁ。
ベーコンの機の装備を受け継ぐ。
ベタですが凄くいい構成だと思うので、そうなっていくと良いな。


ところで昨日の記事でツインドファングの可動について書きましたが、キッズにもぜひ挑戦して欲しいなー。
失敗する恐れがほとんどない改造です。

ピンバイスでの穴あけ→拡張するだけなので超絶簡単。
ヤスリで削って薄くする→どの程度薄くするかはアバウトで大丈夫。多少削りすぎても全く問題ない。
不要なでっぱりをカット→ニッパーを一回入れればそれでOKな位に簡単。やはり位置は多少アバウトでもOK。


どうも大人になってくると「特典パーツは貴重だからそのままの姿で保存したい…」という打算が出ちゃいますが、子供だとその辺あまり関係なく気軽に使うだろうし、ホントに挑戦して欲しいなー。
公式から講座が出ると良いんですけどね。
次回コロコロか…、あるいはファングタイガーのキットに同梱するような形で。


改造はいずれも工具の使い方の入門のような難度になっているのが特徴です。

今のキッズはニッパーさえ持ったことがない割合も多いらしい。
それを考えると入門用の難度になっているのは適切だと思う。

昔は・・・・・、メカ生体の時代はそれこそカッターナイフで鉛筆を削れる少年が基準だったと思う。
だから改造講座で平気で超絶難度の高い指示がしてあるのだ・・・・・。
機獣新世紀ゾイドはその難度を引き継いでいる感じがする。
キッズには極めて難しい指示でしたが、まぁ、あれはあれで憧れを抱かせるので良い側面もありました。


さて工具の入門用のような今回の難度。これは大きな意味があると思います。

私はゾイドが少年を成長させるものであればより嬉しいと思います。
ニッパーが使えないキッズが多い。だからランナーレスにした。
これは正解ですが、いつまでもこのレベルに留まっておくのかという問題でもあります。

ゾイドに触れさせる。その中で成長を促す構成にできまいか。
少しずつ工具を紹介したり色んなテクニックを教える構成にできまいか。
そんなことを狙っていると思います。

ゾイドワイルドは「冒険の書」の冊子でパーツの組み換えの改造作例を示しています。

この本の中には、たとえばクワーガの牙をラプトールに付けたりする作例が載っていました。
装甲や武器パーツを組み替える遊びです。
これが最初のステップでしょう。

ツインドファングの改造は二段階目のステップだと思います。

もうすぐ開幕する次世代ワールドホビーフェアでは、


コトブキヤのM.S.Gパーツを使った改造も行われるようだ。

コトブキヤのM.S.Gはもちろんランナーがある普通のプラモ的構成です。
これを示すという事は、ついにニッパーの使用を視野に入れたという事だと思います。

ツインドファングはニッパーを使えば簡単にギミック復活ができる…。
ニッパーを使えばこんな事ができるんだよ。
また他の工具にはこんなのもあるんだよ。
こういう工具を使えるようになれば、ゾイドはもっともっとも面白くなるんだよ。
と、そういう段階にゾイドワイルドはきたのだと思います。

ゾイドバトルウォーでは様々な改造ゾイドが登場するでしょう。
それを再現する講座も出る筈。でも、一気に高度な講座を作るとニッパーさえ握ったことがないキッズは置いてけぼりになる。
その為に、今は工具を使う楽しさを伝える事をしているのだと思います。

んー、アニメから話が逸れてしまったな。
まぁ、そんな感じです。

アニメが楽しみ。アニメでは今話と共にファングライガーが今度出るのかどうかにも注目していきたいなー。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ゾイド好きの甥っ子がいるんですけど、
それまでニッパーどころかドライバーを持ったことすらなかったのが、
最近スミ入れをやったりスプレー塗装をしたりし始めてて感慨深いです。
(最近見たらキャタルガをホンモノのカイコガみたいな色にしたりしていました)
今の子供って、とっかかりが無いだけで決してできなくなったわけじゃないと思います。
でも大人になったら意外と工具を使って何かするって場面がすごく多いのでゾイドがそういった点で役に立ってくれたら凄くいいですね。
私はミニ四駆世代ですが当時遊びでやったことが大人になって役に立つことがホント多いです

No title

>>自分で手を加えたからお気に入り感が半端ないのさ。
やっぱり改造するっていいな。

よく分かります!私もバックパック新造して爪牙を金色に塗ったギルラプターへの愛着が半端ないです。

No title

特典パーツは貴重だからそのままの姿で保存したい…ってコレクターのために加工必須にしたろwコロコロコミック売り上げ2倍やww


冗談はさておき特典パーツは貴重だからそのままで装着したいなぁ…ではなく加工することによる手間と愛着、工夫をするってことが狙いなんだなぁと管理者さんの記事からそう思います

子供なんだからニッパーとか刃物を使わせたらアブナイ、ケガでもしたらどうするんだ!!
失敗したらどうするんだ!!

とか大人の都合ではなく子供にチャレンジさせることが大事なんだな、と

No title

>No Nameさん
環境が時代と共に変わるだけであって人そのものはずっと同じですね。
なのできっかけさえあれば塗装でも加工でも楽しむようになると思います。
全員にそうなれと言うわけではないんですが、楽しみ方の方向性の一つとして改造を提示してあげるのはとても良いことだと思います。

ゾイド…玩具とのふれあいの中で得た技術や精神的成長って一生の宝になりますよね。
ぜひともそうしてほしいものです。

>レイさん
やっぱり自分で手を加えたら世界に一つだけのものになるから、ちょっとした改造であっても特別になりますよね。

>ヒューイさん
わかります。でもかなり配布終了の店舗が増えていますね。
その辺がもどかしいですが、ファングタイガーという救済が用意されているのも良いですね。

挑戦は重要ですね。
積極的にそれをさせる方針なのはとても心強いです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント