29話!

今日はハンターウルフが大活躍の29話でした!
前回はちょっとダラダラ展開だった分、今回はかなりの戦闘回。やはりゾイドが動くとテンション上がる。

序盤はワイルドライガーVSハンターウルフ。
同クラスの高速ゾイド同士の戦いは特有の心躍る感じがあるなー。
これはハンターウルフの圧倒的優勢。
ワイルドブラストの高速モードで脅威の速さ!


加速する瞬間の描写は初代アニメのライトニングサイクスのシーンを思い出しました。
さすがは最速機ハンターウルフ。
ギルラプターさえ超える速さ、そして速いだけでなく一瞬でバックをとる小回りの良さも驚異的。

「そんなに強くない」と余裕のソルト。
修業を経てアラシもそこそこ強くなっているハズなのに。
切り札の新技・キングオブクロースパイラルさえかわされる始末。
高速戦闘時における機体性能とライダーの技量はそこまで開いているのだろうか。

しかし戦いの最中、アラシはむしろ相手の技量に感心し戦いに楽しさを感じ始める。
「スゲーぜお前!」
と褒めたたえて仲良くなりたげに。

この描写は一瞬「アラシお前なぁ……状況を考えろよ……」とギョーザと同じ事を思ったんですが、これこそがアラシなのかなぁと思いました。
8話……、オニギリとアラシの二人で旅を始めた頃にこんな描写があったと覚えています。
ゾイドが好きなのにゾイドの知識がほとんどないアラシ。スコーピアをザリガニ種と間違える位に知識がない。
そこでオニギリは知識補強が必須と思いゾイド講座を開催したのだが……、ライガーと共に戦うアラシを見て考えを改める。
最終的に「アラシは知識とかじゃなくて、もっと深い所でゾイドと繋がってるんだと思う」

なんていうか……、アラシは戦う中でソルトとハンターウルフの絆を直感で感じ取ったんじゃないかな。
その絆の深さ。だから、そんな奴がデスメタルのように悪い奴の筈がない……と思い戦闘中にもかかわらず声をかけるような行動になったのではないか。

アラシの行動で気が抜けたのか、あるいは増援(ペンネたち)を察知したからか、いったんソルトは勝負を預けて立ち去る……。


一時離脱中のソルトはアラシとの戦いを思い出していた。
「あいつに似ている…」
なんとソルトが昔にベーコンと面識(というか交戦経験)があった事が判明……。
まじかー。
ベーコン、大陸中で色んな種を撒いてるんだなあ。


……ところでアラシだけでなくソルトの回想でもベーコン&ファングタイガーが登場しだした。
復活せずとも登場回数が多い…。なので生存説は厳しくなってきたのかなあという気も若干しています。
どうでしょうね。


その後、なんだかんだでソルトと再開する一行。
(ソルトのポンコツぶりが微笑ましい)
そしてまたその裏で別の事も動いていた。


ドレイクがアラシを狙い全力で急行していたのだ……!
翌朝、ついに現場に現れるギルラプター(なんで場所が分かった……?というのはちょっと疑問だ)。

リベンジに燃えるギルラプターは最初から全力でブッ飛ばしガノンタス、スコーピア、トリケラドゴスを排除。
そしてアラシとの一騎打ちが始まる。
地の利もありギルラプターが優勢かと思われた瞬間、ソルトとハンターウルフが戦いに割って入る。


そして始まるギルラプターVSハンターウルフ&ワイルドライガーの戦い。
序盤こそ善戦したがハンターウルフのセカンドギアの威力もあり追い込まれるドレイク。
ついに傷付き吐血するドレイク。
「傷つた奴と戦う気はねえ」
ドレイクを残し現場を去る一行。ドレイクは屈辱を感じつつもどうする事もできないのであった。


さてさて本話ですが、予想通り戦闘シーン満載で良い感じでした。
序盤のワイルドライガーVSハンターウルフ。
同クラスの高速ゾイド同士の戦い。先にも書きましたが案外アニメでは少ないと思います。
/0のライガーゼロVS赤いブレードライガーの戦いを思い出したりもしていました。
あちらだといったん引き分けになり、終盤でもう再選しこの時は決着がつくまで戦いきったと覚えています。
ワイルドライガーVSハンターウルフもいずれ再戦するのかな。
今のままだと機体性能もライダーの技量も圧倒的開きがある気がします。
今後、ワイルドライガーはファングライガーに新生し…、アラシはより技量を高めたうえで再戦したりするのかなぁ。
その辺も楽しみにしていきたいと思います。


ソルトについては過去が明らかになり何とベーコンと戦った事があると!
そしてまたゾイドの声を聞き内容を理解する事ができる力も明らかに。
アラシは仲間やゾイドを傷つけたにもかかわらずソルトを執拗に仲間に誘っている。
上でも書きましたが、戦闘中にソルトが持つゾイドへの絆や感情を直感で感じ取りそのような行為に至ったんだろうなぁ……。

そのような直観とそれを信じる強さがあるからこそアラシは主人公たるのだと思う。
ただ、彼はその後が独善的なので仲間にその事をもっとうまく伝える力は必要なんだろうなー…とかも思っています。
いろんな面でもっと成長しリーダーたる姿になってくれれば良いですね。


後半の戦闘はギルラプターが序盤でやや株を戻した感じなのかな。
不意打ちとはいえ重量級のガノンタスとトリケラドゴスをまとめてブッ飛ばすシーンはパワフルさにあふれている。
ワイルドライガー&ハンターウルフを一度に相手にしながら先制を叩き込むシーンもかなりの強さが感じられる。
ソルトからも「強い」と評されていたし。

ただ善戦はそこまでで、そこからはハンターウルフに圧倒される…。
ギルラプターの株はやや戻ったものの、それ以上にハンターウルフが超上昇したので「ライバル機」という華やかなポジションに戻るにはまだだいぶかかりそうでもある。

ただ強さの印象はともかくギルラプターはドレイクを明らかに気遣う感情が見えてきたので、今後そうした方向に描写が向かうのかなぁとも思いました。
ギルラプター。実はガノンタスにも劣らない位の優しさにあふれたゾイドな気がする。


ハンターウルフはセカンドギアを披露!


めちゃくちゃ強力だけどめちゃくちゃはた迷惑な技だな!
結果的に当たらなかったけど動きの遅いガノンタスやトリケラドゴス、あと防御力の低いスコーピアはかなりヤバかったと思うで。
木を簡単に倒すほどの威力。かなり強力ではあるようなので、方向が前方とかに集中させられれば更に良いと思うのですが。
構造上難しいのかなぁ。
とすれば、今後の使いどころが難しそうでもある。
どうなるか。


あと、ギルラプターに必死に付いていっていた部下のラプトール三機。これがけっこう哀れだった。
ギルラプターの全力、すなわちおそらく250km/h近くで現場に急行していであろう。それを最高速度114km/hで追うラプトール……。
あわれ。


この後、ドレイクはどうなるだろう。
ギャラガーからの評価判断もそうだし、ギルラプターの感情に触れたドレイク自身がどう判断するかでもあります。
んー、そんなことを思いつつな29話でした。

来週は再びナックルコングが登場!
再びパワフルな戦いが見れるかに注目!
そしてロリペンネが全ての話題を奪っていきそうな予告でもあった。
30話にも期待だ!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

オニギリがトリケラドゴスに「特におっきな怪我はないよ」と優しく撫でてるとこが個人的に好きでした。色んなキャラが自分の相方以外のゾイドとも絡んでくれるシーンが増えるといいなと思います。
 
ギルラプターがガノンタスやトリケラを吹っ飛ばしたシーンは…う~ん、アラシがライガーに飛び乗る時間はあったので不意打ちというよりは、ペンネ達3人は自分たちは戦闘に参加しない傍観者と油断してたように見えました。
ムシ仙人の教訓が活きてない気が…。

メカ生体時代、サーベルタイガーやシールドライガーが山岳戦を独壇場のように得意としていたイメージがあったため、ワイルドライガーが(ギルラプターに比べて)傾斜を苦手としてるのは意外に感じます。

セカンドギアはどうなっていくんでしょうね。
ソルトのセリフ的にギルラプターにもパワーアップが用意されてるフラグがありますし、デスレックスもまだ力を出し切れてないとのこと。当然そうなるとライガーにもさらに進化があるとは思うのですが…。
アニメ内で各ゾイドのセカンドギアを描くのは比較的容易だとは思いますが、それがキットに反映されるのか、その場合追加装備として発売されるのか全くの新商品になるのか。
楽しみであるとともにお財布が心配です、チャオ!

No title

良くも悪くもみんなポンコツだった前回から、
ソルトの魅力やギルタプターの優しさが見えた回でしたね。

高機動ハンターウルフはスピードもさる事ながら、セカンドギアの猛威もすごかったですし、
ワイルドブラスト時にソルトがウルフをポンとするのも凄くいいです。

ソルトは負けず嫌いで強者を求めるクールでツンなキャラクターですが、
方向音痴だったりな部分などは愛嬌として見れますし、
ゾイドの声が聞こえると言うのはライガーゼロと以心伝心なビットだったりゾイドバーサスのザンを思い出します。

ドレイクのギルラプターは彼を慮って自らデスブラストを解いたあたり、
将来的には色々あった末にワイルドブラストをするかもという気がするので、
今後のギルラプターの活躍にも期待です。

アラシはたぶん直感的な部分はゾイドを通して人を見るという点では凄く鋭いと思うのですが、
それを人に伝えるのはまだまだ苦手という感じもします。
と言うか、だいぶフィーリングに寄った所もあると思うので伝え辛いかもしれないですし、
今回に関してはペンネやギョーザからすればソルトの第一印象は悪い方でしたし。


アニメで同クラスの高速ゾイド対決となると、
無印のシールドライガー対セイバータイガー、
/0のライガーゼロ対ブレードライガー、
フューザーズのゼロファルコン対エナジーレイライガー、
と言ったカードがあったと思います。


/0のライガーゼロ対ブレードライガーはレオンの再登場回と終盤のロイヤルカップの2戦で、
前者はバックドラフト団の介入で流局、
ロイヤルカップではお互いの必殺技をぶつけ合う激闘の末にゼロが勝利したものの、
戦闘のダメージでシュナイダーがボロボロになったので、
最終話のVSフューラー戦ではパンツァーとゼロのアーマーしか残っていなかったと言う展開になっていました。
(イエーガーはその前の回でジャックとの対決の際に無理に森に突っ込んだダメージでボロボロになってた。)

と、ここまで書いてて思い出しましたが、
ライガーゼロなどと比べてやや小ぶりなライトニングサイクスをライガーと同クラスとして見るのなら、
/0では何度かライガーゼロ対サイクスの高速バトルもありましたね。
(一戦目はイエーガーの初陣でサイクスは足をやられた上にハリー達のカノントータスもやられたのでブリッツ勝利、
二戦目はジャックとタスカー姉妹の連携もあってブリッツの負け、
三戦目はチームブリッツ流の臨機応変なバトルと先述したビットとゼロの無茶もあってブリッツ勝利と言う結果だったと記憶しています。)

No title

2週分まとめてようやく見られました〜。

ギルラプターは、レイヴンに対するシャドー並みの忠義者みたいですね。あの様子だと、あとはドレイクが心を開きさえすれば本能解放に到達できそうです。デスメタルキーの差込口を突き破ってゾイドキーが飛び出す日も近いか。

そしてウルフとソルト。思った以上の絆が垣間見えました。ワイルドブラスト時の優しい表情と手つきが印象的でした。ウルフのCMから、初期の殺生丸みたいなストイックが過ぎて冷酷なまでに容赦ないタイプと思っていたので尚更です。まあ、周りが見えてなさそうな所はありますが(苦笑)。

四天王それぞれが、主人公サイドのキャラと因縁があるのが面白いですね~。

ギョーザは不正に大株主をやらされてたので、奪いかえさないと駄目でしょうし。

キャビアとオニギリも因縁の仲なんでしょうが、果たして……

因縁の仲というと、他に合わせて無理矢理女性キャラに関係性を強要しようとしたゾイドサーガのラストのオーピスが愛おしかったです。あのゲームはあそこで全部笑いを持っていかれました笑

キャラの描写も良かったです。

ハンターウルフいい動きでしたね。ライガーやギルラプターも速いけどまた1ランク上の印象でした。
ハウリングシャウトは以前、仲間がいる状況では使えないのでは?とコメントしましたが、お構いなく使ってましたね…。まあ、あの時点では仲間入りしたわけではないし、ギルラプター&ドレイクが強いから使用したんでしょうけど。

今回は各キャラの描写も良かったです。オニギリだけソルトの仲間入りに反対しなかったりソルトも表情が出てきたりして面白くなりそうです。
ただペンネの「勝つためには何でもやる奴」はちょっと悪意ありすぎですね。ソルトは冷徹な面はあるものの卑怯なことは全然してないのに…

最後にドレイクですが、四天王ならではの強さを見せてくれましたね。最近はちょっと押されがちな印象だったので、良かったです。あとギルラプターがドレイクを気遣ってデスブラストを解除したのは気になりますね。ドレイクも深みのあるキャラになりそうです。

No title

ライガーvsウルフ、と聞くと昔は「大型電動ゾイドvs中型ゼンマイゾイド」というイメージだったのですが(ケーニッヒはアニメ未登場なので)、今回の同格での勝負は面白かったです。ハンターウルフの本能解放がマップ兵器だったのはちょっと驚きました。

ソルトがフリーダム団に加入するようになった経緯、自分としては上手に物語に落とし込んでいたなと納得しました。アラシとベーコンを重ねるというのは上手い感じだったと思います。ゾイドワイルド学会には、ベーコン万能論が提唱できそうです(笑
ただし、ベーコンの死亡が台詞でもハッキリ明言されたのは地味に衝撃でしたが・・・

問題はドレイク&ギルラプターです。
久々の再登場で、あっさりとアラシたちを見つけたのはお約束として不問にするとして、ギルラプターがドレイクに歩み寄るのはまさかの展開でした。人では無く、ゾイドが人を気遣うーメカ生命体の真骨頂でぐっと来ました。ガノンタスの時もそうでしたが、今回は敵側ということで意表を突かれましたね。ジワジワとフラグが立っていきますから、ドレイクには頑張って欲しいところ。「まだ強くなれる」って初対面のソルトに言われてるわけですから期待しています。


追伸
>kageさん
>他に合わせて無理矢理女性キャラに関係性を強要しようとしたゾイドサーガのラストのオーピスが愛おしかったです。あのゲームはあそこで全部笑いを持っていかれました笑
唐突に、あの場面を思い出させるのは反則です(笑

No title

ソルトとウルフの人気がますます上がりそうですね。
クールなイケメンで抜けてる部分もあるとか人気出ないわけが無い。天然描写もあまりクドくなくてキャラ付けにちょうどいいです。
過去もまだまだ謎(なぜ全てに強さを求めるのか?とか)ですし、魅力的なキャラクターが増えて嬉しいですね。

ソルトは前回のクワーガやトリケラも動けなくさせただけで致命的なダメージは与えていなかったり根は優しいキャラクターで安心しました。
最後のシーンで「家族」を思い出して少し穏やかな顔になっていたのがとても印象的です。
家族を無くしたから独りで生きられる強さを求めてウルフと生きてきたのかなとも思います。
アラシ以外の仲間にはまだ印象がよくありませんが、彼はずっとウルフとだけ暮らしてきたから感情表現が下手なだけなんじゃないかな・・・

またギルラプターも、ゾイドが人を思いやるというのは今までのゾイドでもなかなか無かった描写で興味が湧きます。
ゾイドワイルドのアニメは人の描き方は正直あまり上手とは言えませんがゾイドの描き方は本当にイイです。

No title

>しめじさん
オニギリのシーンはよかったですね。
自分の相棒が一番なのはもちろんなんだけど、ゾイド全体がすきなんだというのがよく分かりますね。

ふっ飛ばしたシーンについては確かに…。
実際、ライガーが戦いの中心ではあるんですが、常に身構える位の緊張感は欲しいですね。
理想を言うと夜中も寝ずの番を一人つけるとかであると良いのですが。

山岳での動きの制限は演出がかなり下手だと思いました。
ズルッ! とずっこけるようなシーンをわざわざ2回、、、。
なんぼなんでもあそこまではならんのじゃないかな・・・。不利といってももう少し・・・とは思いました。
この辺はまぁ難しい描写ではあると思いますが、頑張ってほしい所ですね。

ギルラプターは冒険の書第二弾に新型(?)が予告されていたので期待しています。
ノーマルのギミックがあっさり目立ったので、強化タイプで別装備のが出るといいなー。

>ラウルさん
ウルフのセカンドギア、凄まじかったですね。
直前に優しそうな表情でウルフをなでて。
そこから一転して戦闘では凄まじく早かったりセカンドギアでぶっ放したり…。
そのギャップもまた魅力だと尾思います。

ドレイクはワイルドブラストしそうですよねー。
頑なにそれを否定して無理やりデスブラストしようとするが・・・・ という感じの描写があるんじゃないかな。
なにゆえ彼がデスブラストをするのか。そんな理由が判明するドラマに期待。

/0のライガー対決は最高でしたね。
またあんなのもあるといいなー!

>レイさん
まさに仰るとおりシャドー並みの感じがしますね。
あんがいドレイクとギルラプターはウルフ&ソルト並に昔からの付き合いなのかも・・・と思いました。

ウルフは強かったし絆も良かったですね!
あのあと、フリーダム団の皆にはスマン流れ弾を少々・・・・と謝ったりしたんだろうか。

>kageさん
たしかに。四天王がこちら側の主要メンバーとのからみがあるのが面白いですね。
キャビアはなぁー…また出て欲しいです。あれで終わりでは悲しすぎる。

>YHさん
セカンドギアの周囲を巻き込みながらの乱射。
警告くらいしろよとちょっと思いました(笑
まあ確かにあの時点では仲間入りしてなかったからかもしれませんな。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ウルフが存在感を大きく増してますよねー。
どちらかというとライガーよりもワンランク下位機である事が多かったのでとても新鮮です。
(…フューザーズでは一応コマンドウルフがライガーゼロと同格だったしケーニッヒウルフが出てきたりはしましたが)

ウルフのセカンドギアはまさにマップ兵器!
ラプトール大部隊なんかを一機に殲滅できそうですね。
今後、露払いはウルフ、敵の大本命はライガー…という構図にもなったりするのかな?

ドレイクは今度が期待出来る感じになりましたね。
出番がまだまだ少ないのですが、超期待です。

>No Nameさん
ウルフ、ただでさえ人気なのにいますます大人気ですね。
描写もいい感じですね。おっしゃる通りクドくないのが良いです。

ゾイドを倒す事にしても事後に一時的に動きを奪っただけと分かるようなフォローを入れているのがさりげないながらも着実で良いですね。
全体的な演出も良くなってくれるといいんですけどねー。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント