ゴジュラスVSデスザウラー

こちらの記事のコメ欄でゴジュラスVSデスザウラーの戦力比較表についての考察を頂きました!
とても興味深い話題なので、私もこれを考えてみます。

ゴジュラスVSデスザウラーは、バトスト3巻の戦力比較表で示されています。

ノーマルタイプなら8機
MK-II(量)なら5機
MK-II(限)なら2機

この機数で計算上はデスザウラー1機と互角に戦えるとされています。
今日は「ノーマルタイプ8機VSデスザウラー1機で互角」とされている部分を考えていきます。


デスザウラーとゴジュラスを比べると…、大相撲の力士とわんぱく相撲のチャンピオンくらいの違いがあるんじゃないかなぁと思います。
戦法が同じなので力量差がモロに出てしまうのがゴジュラスにとっては厳しい……。

それでも一応、ノーマルゴジュラスは油断できない相手だと思います。
なぜなら、デスザウラーがゴジュラス駐屯地を襲撃した戦いにおいて、帝国軍は24ゾイドによる偵察を徹底していた。ゴジュラスの位置を最優先で調査しデスザウラーに伝えていたからです。
これはやはり、ゴジュラスがデスザウラーを損傷させる可能性が「わずかだがある」ということなのでしょう。

とはいえ、私のイメージではゴジュラス8機で互角に戦うのは厳しいんじゃないかなーと見ています。


この図のようにデスザウラーとゴジュラス部隊が進んで、やがて距離が詰まって交戦するとすれば、荷電粒子砲を撃たれて8機まとめて消滅しそうであります。

荷電粒子砲はこのように部隊単位で消滅させてしまうのが恐ろしいところです。

荷電粒子砲がある限り、ゴジュラスは「密集」する事は自滅に等しい。
では分散させればどうか。例えば4機と4機の2部隊に。


こうすれば一気に全滅する事態は避けられます。
ただこれも…、片方の部隊を荷電粒子砲で消滅させ、残りの部隊を格闘戦で倒せばデスザウラーが楽に勝つと思います。


ゴジュラス4機では格闘戦で勝つのは厳しいでしょう。

デスザウラーが接近戦でゴジュラスを倒すには「爪で引きちぎる」「尻尾でぶちかます」「頭部の砲を当てる(※)」のいずれかでOKです。
※これはシールドライガーを貫く位の威力がある。ゴジュラス駐屯基地での戦いにおいてもデスザウラーはこれでゴジュラスを破壊した。

ゴジュラスが4機で4方向から攻めたとして、デスザウラーは3方向の敵までは同時に対処できる。
1機を爪で引き裂き、もう1機を尻尾で吹き飛ばし、更に1機を頭部砲で倒す。こんな事が可能です。
(腕は二本あるので理論上は4機を同時に倒せるが、そこまでは上手く行かないだろう)

3機アウト。
難を逃れた1機のゴジュラスはデスザウラーにアタックできる…。
でもデスザウラーの防御力なら、ゴジュラスからの一撃程度は余裕を持って耐える。
なので「3機同時に倒す」「生き残ったゴジュラスから一撃もらう」「耐えたデスザウラーが振り向いて反撃、ゴジュラスを倒す」となると思います。


では3つに分散させれば。

3機、2機、3機。
こうなると1つの部隊を倒されても5機または6機残ります。

いっそ4つに分散。

2機、2機、2機、2機。
これだと荷電粒子砲を逃れるゴジュラスは確実に6機……。

ただ、分散するというのはそれはそれで危険でもあります。

たとえば4部隊で攻めるゴジュラスに対し、まず中央のどちらかを破壊。
その後に、

矢印のように移動し、その位置の部隊と交戦し撃破します。
デスザウラーはゴジュラスよりも足が速いので、3、4の部隊が到着するよりも先に1部隊の位置に移動できる。
遅れて現場に3、4の部隊が到着しても4機では倒せない……。


そもそも、ゴジュラスでデスザウラーを倒すにはどうすればいいんだろう。
火器は論外。最大火力の72mm連射砲でも傷一つ付かんでしょう。
至近距離から装甲の隙間を狙えばあるいは…という気もしますが、激しく動く中でこれは困難。
インテークファンもノーマルの武器では狙いにくい……。

格闘戦でも極めて厳しいんですが、体当たりでもぶち噛ませばデスザウラーをグラつかせる事くらいは可能でしょう。
私は、ここに可能性があると思いました。逆に言うと、ここくらいしか可能性がない気がします。


8機で攻めるなら……、8方向から攻める。


やはり中央の機が荷電粒子砲でやられるでしょう。その後・・・、

この図で言うと上側の3機に接近して撃破するでしょう。

この時点でゴジュラスは4機が健在。
この4機は、全力でデスザウラーの元へ急行しているものとします。
上側の3機がやられる間に健在の4機が現場に到着すれば、ここからゴジュラスの反撃が始まるかもしれないと思います。

「1機が体当たり」→「デスザウラーはグラ付くだけで健在だが…、グラついた瞬間に更に別の一機が体当たり」
これをエンドレス。
こうして「グラつかせる→その瞬間更に追い討ち」をすればあるいは……。

デスザウラーそのものを破壊するのは残念ながらノーマルゴジュラスでは無理だと思います。
装甲が硬すぎる。
ただデスザウラーの意外な弱点はコックピット位置が高い事だと思います。
どういう事かというと、衝撃を受けた際は上の位置であるほど大きく揺れる。
ゴジュラスが体当たりを続けコックピットを揺さぶり続ければ、そのうちパイロットが気を失うかも……。

ウルトラキャノン砲を受けた際にトビー・ダンカンでさえ気を失いかけた。
なのでパイロットの無力化による撃破は不可能ではないと思います。
もちろんデスザウラー側が意地を見せて返り討ちにあう可能性も高いのですが。


問題は8方向から攻める事が可能かということですが……、これは多分無理でしょう。
このようなフォーメーションは相手に気付かれない事が条件ですが(デスザウラーはゴジュラスの存在に気付かないまま前進しているのでこのようなフォーメーションができている)、ゴジュラスのような巨大なゾイドでこれをするのは極めて難しい。デスザウラーは3Dレーダーがあって索敵力は水準にあるので、気づかないということはありえない。
まぁ、「もしもそのような状況を作りさえすれば」という条件においては確かにいい勝負が出来る可能性はあるのかも…。

「ノーマルゴジュラス8機VSデスザウラー1機で互角」

複数機で連続して休みなく体当たりをすれば、デスザウラー自身は無傷でもパイロットの意識を奪うことは可能。
その為には最低でも4機の犠牲が必要。4機の犠牲で一瞬の隙を作り、残りの機が寸分の狂いもなく連携すれば可能性はある。

ということで今日はゴジュラスとデスザウラーをそんな風に考えてみました。
MK-IIについては次回に続きます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

かつての英雄が
死のルーレットを強いられる立場になるとは。

なんてこった。

No title

体当たり攻撃は下手な武器よりも大パワーと重量のゴジュラス側には切り札でしょうね。
某防衛軍も生命力と再生力の高い超巨大生物相手に同クラスのロボットによる大質量攻撃「要は殴れということだ」を使ってますし
仮に横から3体で押し倒して頭部を踏みつければワンチャンはあると思います

デスザウラー相手にゴジュラスが不利なのはパワーとリーチもありますね
前後から襲ったとしても尻尾の一撃で大打撃をうけるでしょう。そしてクローもですが手の長さで顔面に攻撃が直撃する気が<何故か花の慶次の慶次の槍の一撃で雑兵が5~6人まとめて横に両断されたシーンが被る気がしました

ふと思ったのはデスの荷電粒子砲以外の武器ですが、ゴジュラスを倒した描写から、実はゴジュラスは大破していてとどめの一撃でないかとも思いました

No title

ファンブック4でも2機のゴジュラスが体当たりをしかけましたがデスザウラーの爪や尾で瞬殺されてましたね
勇敢だが無謀な攻撃とも書かれてましたがゴジュラス側は体当たりしか打つ手がないと考えると戦線崩壊を防ぐためにやるしかない状況だったんだなと思います

No title

衝撃を加えることによる戦法で、ちょっとずれるのですが『機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン)』における対ソレスタルビーイング向け24時間演習を思い出しました。

どういうことかというと、作中のその時期の各国の兵器(MS)ではソレスタルビーイングの要するガンダムに全く歯が立たない。
だけれど、ソフトウェアたるガンダムマイスターは同じ人間なので勝ち目がある。
そこで圧倒的な物量を以って演習という名目で戦いをちらつかせ、それを止めるために介入せざるを得ないソレスタルビーイングというテロ組織のガンダムをおびき寄せ、24時間絶え間ない攻撃に晒し続けた後、パイロットが弱ったところをガンダムを捕獲してしまおう……という作戦でした。
そして作戦自体は上手く行っていたりします。

そういう訳で、物量があれば有効な戦術ではあると思います。
ゾイドならば、ガンダム00ほどには圧倒的な戦力差はないでしょうから、短時間で同じ効果を期待できるかと。

問題は、その物量は仕掛ける側にとってはどう考えてもコスト度外視である……という所ですね。
故に、実際には軽々に取れる戦術ではないという所でしょうか。
そこまで追いつめられたら、「これ以上敗けると後がない」という状況下で使われる戦術であるように思います。

実際、メカ生体ではないですが機獣新世紀でプロイツェンがウルトラザウルス相手にシンカーを主軸とした大量の物量戦略を取っていました。
その頃には「ここで勝たなければ自分が失脚しかねなくなる」という所まで策を張った上で。

そんなコスト度外視な所も含めて「そんな勝負を挑む時点で負けている」とは言えるかも知れません。

No title

ゾイドゴジュラスの火器でデスザウラーの破壊は困難でしょうね
ただインテークファンを狙い撃つならあるいは・・・火力不足な気がしますけど

四方八方からのぶちかましは有効そうですけどデスザウラーの圧倒的パワーで逆に返り討ちにされそうです
デスザウラーからすれば捕まえれば投げ飛ばせるし頭のビームガン連射で撃破余裕でした^^状態ですし
それこそ荷電粒子砲を薙ぎ払われたとすれば戦術もクソもないでしょうしね

No title

デスザウラーの荷電粒子砲照射の図を見ていると、第四の使徒(新劇場版エヴァ)やゴジラ(シン・ゴジラ)がビームで周囲全周を焼き払う場面を思い出します。圧倒的な火力のビームがあると、飽和攻撃すら無力化されてしまう・・・という場面はフィクションならではの醍醐味です。

ところで、この戦力比較表は「敵に辿り着けない」ということまで想定しているのでしょうか?相手に有利なアウトレンジを取るという意味では、サラマンダーの高高度飛行が絶対的ですが、サラマンダーvsサーベルで1:2、vsレッドホーンで1:3となっています。あくまで、両者がそれなりに戦闘の間合いには入っている(=訓練基地での演習戦のような状況)前提での「戦力比」だと思います。

ということで、デス様1機をゴジュラス8機で「対等な戦いに持ち込めるか」というよりは「8機がかりなら(荷電粒子砲の被弾を考慮しても)押さえ込めるはず」というという意味での「互角に戦える」という解釈でどうでしょう。

あと、デス様はゴジュラス10機以上を蹴散らしたと伝説的に語られていますが、恐らく同時交戦数は2-3機程度、しかもスケルトン部隊との連携+トビー仕様の改造機です。デス様の戦闘力を知るゴジュラスが8機連携すれば、デスザウラーも単純なパワー押し切り型戦闘には持ち込めないと思います。

・・・もっとも、圧倒的な工業力を持つ共和国なら、「ゴジュラス8機でデスザウラー1機を相手している間に、シールドライガー15機で陸を駆け、サラマンダー10機を空に飛ばし、ウルトラ5機で海を進めばいいじゃないか(※)」と考えているでしょうね。

※台数は販売価格から比率を算出

No title

ゴジュラス側にとっては、まさに死にもの狂いですね。

No title

装甲もパワーも重量も上のデスザウラーにゴジュラスが体当たりしても、逆にゴジュラスのパイロットの方がまいってしまうかもしれません。おまけにゴジュラスはキャノピー製のコックピットが頭部にありますから、頭突きは厳禁でしょうね。まだ、ディバイソンの突撃の方が、デスザウラーのパイロットに打撃を与えられるかもしれません。
もっともデスザウラーも頭がサンルーフ付きのキャノピーコックピットですから、ゴジュラスの牙や爪でもコックピットを砕くことは可能かもしれません。ただ、キャノピーやファンなどの弱点狙いの攻撃なら、デスザウラーより鈍重なゴジュラスよりも、俊敏なシールドライガーで挑んだ方がまだ適任かもしれませんが。ライガーの足なら攻撃に失敗してもいざとなったら逃げられますし。

No title

>NoNameさん
まさに。ゴジュラス乗りたち……そして共和国の誰もがゴジュラスは未来永劫最強であると信じていたでしょうね。
デスザウラーはホントに凄いゾイドでした。

>デスペラードさん
キャノン砲の主砲砲弾重量が仮に1tだとしても、ゴジュラス自身は230tだから比較にならない程の質量ですね。
これでガツンとぶち当たればかなりの衝撃になると思います。
転倒させるのはかなり難しい気もしますが(デスザウラーはよろけてもふんばりそう)、もしも成功すれば仰るとおり頭部を踏みつけて勝てそうですね。
頭部をしこたま踏んだらパイロットは確実にアウトでしょうし。

デスザウラーは対ゴジュラス用の能力が完璧に採られてますね。
腕も尾もリーチはデスの方が上。強さも大きく違うから、本当にゴジュラスは苦戦を強いられますねぇ。。。

デスザウラーとゴジュラスの交戦についてですが、駐屯地の戦いでは完全破壊するより「首都に向けて最短で進撃する」ことが目的だったので、「大破行動不能だが新ではいない」ようなゴジュラスも居たでしょうね。
でも燃料タンク上に放り投げられた機体なんかは確実にやられていると思います。

>No Nameさん
あの時のゴジュラスは果敢でしたよねぇ。
既に戦力差は明らかだったのに、それでもなお突撃した勇者……。

>やまさん
00の演習、わかります。
物量でめちゃめちゃ追い込まれてましたね。
性能差が覆せない場合は、極めて合理的な作戦だったと思います。
予想外の援軍さえ現れなければ成功していたでしょうし。

コストはさすがに国力が高い共和国をもってしても毎回実施するわけには行かないですね…。
人的損失が凄い事になるし。しかもゴジュラスを乗りこなせる猛者を…。
単純な戦力比較としては1VS8で押さえ込めるとしても、やはりこれは机上の空論であって採用できないものなんでしょうねぇ。

>ヒューイさん
インテークファンはノーマルゴジュラスの火器では極めて難しいんですよねぇ。
ゴジュラスの火力で撃ち抜ける可能性があるとすれば腰の76mm連射砲だけでしょう。
しかしこれでインテークファンを狙うなら「下から打ち上げる角度」になります。
これでは極めて命中弾を得にくい…。
頭部に大型ビーム砲でも付いていれば良いんですが。

ぶちかまわしはデスザウラー側が「屈するかブチ切れるか」ですね。
グラップラー刃牙に「格闘家が金的を受けたら弱いやつはそのまま臆する。しかし強い奴は怒りを上乗せして更に猛攻する」という説明がありました。
これはかなり納得できます。
デスザウラーは一斉に体当たり攻撃をしたら後者の様になる可能性は高そうですねぇ。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
戦力比較表はどういう条件で行われているかはちょっと謎ですね。
何となく
・両機ともが能力を活かせるフィールド(片方に優位な場所ではない)
・「両機の最大射程の和÷2」程度の位置まで離れて交戦開始する※
ように想像しています。
※片方の最大射程を10km、もう片方の最大射程を50kmとすれば、「(10+50)÷2」つまり30kmの距離をとり向かい合った上体から交戦開始しという想定です。

また「戦力を完全に無力化するまで戦う」という前提なのだと思います。
なので、サラマンダーは「高高度から反撃されないまま一方的に敵大型ゾイドを倒す」には背中の大型ミサイルを使うしかない。
それでは弾数の問題から1機倒すのが限界である。
に決め以降は低空に舞い降り(言い換えれば反撃のリスクを覚悟で)爪や火炎放射で戦わねばならない。
そうすれば表のような機数になるということと解釈しています。

なので本記事は「完全にデスザウラーに勝つ」事を想定しています。

共和国軍は国力では圧倒的ではあります…が、そうはいっても第二次大戦当時の日本とアメリカのようには離れていないと思います。
帝国が劣るといっても大国と大国。大国と小国ではないのでそこまでの物量戦はなかなか厳しそうな気もします。
いや・・・、当時の共和国ならやりかねんかなぁ。

>NoNameさん
ゴジュラス側は覚悟を決めて突撃する必要がありますね。
出撃前に髪と爪を切る必要がありそうだ…。

>samonさん
たしかに、言うなれば「巨大な象に人間が体当たりしたところで」という感じかもしれませんね。
ただアニメゾイドで以下のような描写がありました。
「盗賊団のモルガがシールドライガーに体当たりしてその衝撃でダメージを与えていた(シールドライガーは無事だがパイロットのバンがかなり苦しんでいた)」
「モルガがダークホーンに体当たりをして時間を稼いだ(モルガの頭部装甲の方がベコベコにひしゃげていたが動きを止め時間を稼ぐことには成功した)」
これがとても納得できる描写になっていました。
機体のダメージ量はともかく、全く揺れないということはない。
今回のキモはデスザウラーのパイロットを失神させ、それによってデスザウラーを無力化することですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント