ディメパルサー!!

ディメパルサーを組みました!
アニメで衝撃的な登場を果たし、次世代ワールドホビーフェアで現物を見てその完成度に感嘆していたゾイド。
出張終了直後だったけど、これだけは最速で手に入れねば! とJoshinにダッシュしました。


箱のジオラマがカッコええですね。
背びれにエネルギーが貯まってる感じが良い。
ワイルドブラストして背びれを開く直前って感じがします。

後方にラプトールに代わる次期主力歩兵ゾイド…なのかな? が居る事にも大注目。
ディロフォサウルス種かな?
正確に言うと正しいディロフォサウルスというより「ジュラシックパーク的ディロフォサウルス種」に見える。

緑色なので、デスメタル帝国主力歩兵ではなく、「トリュフ率いる部隊の主力歩兵ゾイド」「ディメパルサーを支援できるゾイド」のような位置付けな予想もしています。
ディメパルサーは周囲一体に電磁パルスを放つので味方機も壊しかねん。
特に小型のラプトールなんかは一瞬でやられそう。
そこで電磁パルス対策を施した新型の支援機を随伴させるようになった、という感じじゃないかなー。


さて、箱はこれくらいにして組もう。


まずはボーン状態。

うおおおおお、いいぞ!!!
骨格はガブリゲーターと共通パーツが多いですが、仕上がりは完全に別物と化しています。


頭部が良いですね。
大迫力、まさにディメトロドンの頭部ですよ、これは。


特徴的な背びれはこの状態から付いています。
背びれのラインはゲーターやディメトロドンと同じ感じですね。
ディティールの入り具合も適度ですね。スッキリ感がありつつもメカニカルな魅力もある非常にバランスの良い美しい仕上がりだと思います。


では装甲を付けよう。


復 元 完 了
装甲は少ないけどイメージが大きく変わりますね。


顔のイメージが凄く変わってます。
正直に言うと頭部装甲の形状はあまり好きじゃないかなー。ボーン状態の方が好き。
なめらかでヌメッとしたラインになっていて、ディメトロドンというよりカエルとかサンショウウオを連想させる感じに見える。
後頭部を跳ね上げているのが違和感の原因かな。ここは落とすようなラインにした方が良かったと思う。
ただ、それだけにボーン状態と復元完了状態の差は大きく出ており、デザインの差が面白くもあります。


腰・脚部・尾部の装甲は付き方がガブリゲーターと同じですね。骨格が共通しているので必然的にそうなるのでしょう。
装甲の形状は脚部装甲がとても好きです。

あと、背びれの側面に付いたパルスチューナーが凄く良いアクセントになっていますね!
このセンスは実にいいなー。


細かいことですが、顔の装甲は左右張り合わせ…いわゆるモナカ構造です。
しかし金型の精度が非常に高く、合わせ目がほとんど目立たないようになっていました。
これはちょっと感動です。
ハンターウルフの時は隙間がちょっと大きく開いたからなぁ。
キットはどんどん進化しています!


この状態でのギミックは尻尾を振り、顔を軽く左右に振り、口パクをしながら歩行というもの。
顔の振りと口パクを両方やってるのが良い。


そして……、見せてもらおうか。キミの本能を!


ワイルドブラスト!
うおー、背びれを側面に展開! 凄いインパクト。
ステゴゼーゲといい、トリュフの機体は「背びれが横に倒れる」で共通していますな。

ちなみに展開は手動です。
1:パルスチューナーの向きを前にして
2:パルスチューナーを側面に倒す
これにて背びれが側面に展開します。
※1と2は逆でも良い。

段階を踏ませてるのが良いですね。「パルスチューナーを倒すだけ」じゃなくて、いったん向きを前に変えてから倒すというニ段階なのが良い。

「ワイルドブラストするための事前動作をしてるんだぞ!」という感じが良い。
こういう仕掛けがあると、いじってる中で自然に「ワイルドブラスト発動だぜー」っていう感じが高まってきます。
自動展開のゾイドもいいけど、手動もいいですねぇー。

背びれはかなりダイナミックに大きく動きます。
とんでもない強さを見せたステゴゼーゲですが、そりゃぁこのワイルドブラストは強いよ……と納得させるインパクトのある動きです。


そんでもって背びれの内側……、開いた時に見えるディティールが凄まじいですね。
ディメトロドンのレーダーを思わせる超超複雑なディティール。メカニカルな魅力が詰まっています。
このディティールも電磁パルス攻撃のとんでもない強さに対して説得力を持たせています。

いやー、良いキットです。

他のゾイドとも並べてみましょう。

ステゴゼーゲと共に。

装甲の色が完全に同じですね。ただし、ボディフレームの色や銀の色合いは若干違います。
キャップの色も違う。

ディメパルサーはトリュフの機体ですが、大型ステゴサウルス→中型ディメトロドンになっているのが昔からのファンにはニヤリですね。
両機体の大きさ比はゴルドスとディメトロドンの比率に近い。
ディメパルサーがやられる事があったら、今度はクリアパーツをふんだんに使った小型ステゴサウルスに乗り換えたりして。


ディメトロドンと共に

赤いディメトロドンと緑のディメパルサー。
偵察用で戦闘力の低いディメトロドンと電磁パルスで無敵じゃないかというくらい強いディメパルサー。
同じモチーフながら両極端なゾイドですね。
もちろん背びれを活かした作りという所では共通しています。


ゲーターと共に

ディメパルサーのキットは大きいけど、実際の大きさ的はゲーターよりやや小さいくらい。
このサイズであれだけ強いのだから驚きだわ……。
ゾイド星に持ってきてもゴドスやイグアンくらいの小型ゾイドが相手なら勝てるのでは。あ、でも火器で撃たれたらマズいか……。

背びれのディティールはシンプルなゲーター、超複雑なディメトロドン、その中間くらいのディメパルサーと見比べると面白いですね。

ゲーターは、実は歴代ディメトロドンの中で足の造りが最もモチーフを再現している……。
後ろ足が外側を向いてるんですね。
ディメパルサーもここは外を向けて欲しかったかなー。そしたらモチーフへのコダワリがより高く感じられたでしょう。
そんなに気になる場所ではありませんが。


ガブリゲーターと共に

骨格の多くが共通していますが、まるで別物になっているのが面白いですね。
大きさが似ているので装備を交換する改造とかしても面白そう。
ガブリゲーター頭部を移植するとセコドントサウルスみたいになったりしないかな。


という事で、またしても名作キットが爆誕した!!
次にアニメに登場するのはいつかしら。
フリーダム団はどうやって対処するのだろう。電磁パルス攻撃だから防ぐのがなかなか難しそう。気合でどうにかなるもんじゃないもんなぁ……。
んー・・・いや、どうにかなったりするのかな?

電磁パルス攻撃は対象となるメカに本来ありえないほどの過電流を流し込んで壊してしまうもの。
ゴドスにデスザウラーのコアエネルギーを使うような感じですね。
強すぎるエネルギーに耐え切れずゴドスは壊れてしまう。

アニメでは電磁パルス攻撃を受けたフリーダム団各機が煙を吹いていた。
本来ありえない過電流を受けて各部の回路が焼ききれたような感じでしょう。
これを気合でどうにかする……。
電磁パルス、過電流を気合で制御し例えばクロー部分に持ってくる。それで敵を切り裂くような…。そんな事ができないかな。
要は強すぎるエネルギーを受けているのだから、むしろそれを利用し敵にカウンターを放ってやろうという事です。
(漫画版ゾイドワイルドで落雷を受けたワイルドライガーがこれをしていたと思う)

このほか、電磁シールドをつけるとかの対策もありますが、フリーダム団の開発力・整備力ではそれは難しそう。
やはり気合でどうにかするか……、あるいはガノンタスに遠距離(電磁パルスの及ばない位置)から撃ち抜いてもらうか。
もしくは、パッケージに一緒に写っているディロフォサウルス種と思しきゾイド。これはディメパルサーと行動を共にしているので電磁パルス攻撃への耐性がある仕様だと思う。
これを鹵獲して対抗するか……。

どう攻略するかについて非常に興味深い機体でもありますね!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

火器が付いていないだけに余計に攻略法が限られますよね。
火器と言えば、ここでライガーの咆哮砲のお披露目かもしれませんね!気合いで耐えつつ咆哮で背鰭を破壊するとか。

No title

攻略法、難しいですよねー。
大軍を送り込んで疲弊させる・・・・というのもフリーダム団では難しそうだし。

咆哮砲が使えるようになる可能性はありそうですね!
どういった装備なのかも気になっています。
お披露目と共に秘密を明かして欲しいですな。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント