エネルギータンクの事

昨日はゴジュラスMK-II(限定型)を考えました。
機動力がUPしているというのは新しい気付きでした。
エネルギータンクの効果により最高速度(またはそれに近い速度)を維持したまま長距離を移動できる。
その機動力は量産型よりはるかに上である。
デスザウラーよりも上。だからキャノン砲を存分に活かした戦いが出来る。

量産型はエネルギータンクがなく、最高速度を出したまま長時間移動することが難しい。だから好位置に付けない事も多く、活躍の場を逃しがち……。


しかしここで疑問が。
じゃあ、なんで量産型はエネルギータンクを外したんだろう?
付けておけよという話である。

まぁ、コストは凄まじく変わる仕様と思います。あんな大きな外付けエネルギータンクは他に例がない。
グレートサーベルも大型エネルギータンクを持っていますが、比較にならんサイズ差です。

強いて言えばギル・ベイダーの背中のフェルタンクは同じくらいの大きさかな。
ただギルは、暗黒大陸から中央大陸まで飛行し爆撃する超超距離飛行ゾイド。この航続距離の為に、このような巨大タンクが必要になったのでしょう。
改めて、陸戦ゾイドでありながらあそこまで巨大なエネルギータンクを装備した限定型の凄まじさが分かります。

構造は、通常時に発生する余剰エネルギーを貯めておくものだと思う。要するにバッテリーパックですね。
まぁ、これだけ巨大なバッテリーパックだったら凄まじいエネルギーを貯めておけるでしょう。そして製造コストもべらぼうに高いでしょう。

とはいえ、共和国だったらコスト問題を無理やり国力で解決しそうでもある。
量産効果で徐々にコストも下がっていくだろうし。

なんで量産型はエネルギータンクを外したのか?

戦況として、そうせざるを得なかったのかなぁ……。
量産型の就役はデスザウラー登場直前くらい。
この時期のバトストの文章を引用します。

----------
共和国司令部は驚きと恐れに包まれた。シールドライガーとコマンドウルフの活躍で、帝国軍の猛攻を何とか押し留めているというのに、この上強力な新型ゾイドの攻撃を受ければ、共和国軍は総崩れになってしまうだろう。 

----------

帝国軍が猛攻していた時期でした。引用した文章の様に、シールド、コマンドでギリギリ戦線を維持していた。
苦戦。全体的に言えばかなり不利な戦況でした。
こんな状況で、製造コストが高く手間もかなりかかるであろうエネルギータンクは、ひとまず省略しようとなったのだと思いました。

その後、デスザウラーは首都を制圧。帝国軍は大陸の大部分を支配下に収める。
共和国軍はゲリラ戦で反抗することに。
使える工場などは激減。そんな中でエネルギータンクの製造は行えず、ズルズルと時間が流れる。
そして新型機ディバイソンが完成すると生産はそちらが優先され……、結局最後までエネルギータンクが付かないままになってしまったのかも。
そんな風に想像しました。

やられシーンの多い量産型ですが、有効な戦力だったのは確かです。
極めて登場回数が多い。これは戦力として十分な成果を残していた事をよく示しています。
幸か不幸か……、エネルギータンクがないままでも十分な成果を挙げてしまえる程度には能力があった。それがゆえに「このままでいい」となってしまったのかも。

何かのタイミングが違えば、量産型はEタンクが残っていたかもしれない。あるいは後期型で再び付いたかもしれない。
そうすると活躍シーンは増えていただろうなぁ。
ただその分、量産型以外のゾイドの生産には影響を与えていたでしょう。
シールドライガーやディバイソン。これらの数が減ったり就役時期が遅れたりしていたかもしれない。
そうなっていたら戦況はどうなっていただろう。
結果だけ言えば、中央大陸戦争は共和国軍の大勝利に終わった。
だから、戦いのコマとして見れば極めて適切な働きを見せた量産型は、やはり最強ではないが「最良」の仕様なのでしょう。


いつまでも話が続きますね、これ。
せっかくなのでアイアンコングの事も絡めて続けましょう。

ゴジュラスMK-II限定型は、エネルギータンクの追加で行動力が増した。
こう考えた時、アイアンコングMK-II限定型とは真逆の仕様だなと思いました。
限定コングは巨大なバーニア―が付いたし、大型ビーム砲も凄いエネルギーを消費する。
それでいてエネルギータンクの増設はないので、稼働時間は大きく低下している事は確実と思う。
敵を見つければ一直線に突撃、限られた極短い時間の中で爆発的に戦うのでしょう。
その短時間で全ての敵を倒せるエース中のエースが乗る。そんな仕様だと思いました。

アイアンコングとゴジュラスはノーマルタイプからしてコンセプトが大きく異なるゾイドです。
そして、MK-IIになってもコンセプトが大きく違う。
しかし一貫して両軍の主力大型ゾイドとして運用された点では共通しています。
凄く面白いことですね!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ディメトロドン:ゴルヘックス開発までは共和国は報連相出来ずされるがまま。
ウォディック:バトスト2巻では共和国は海軍身動きできません。
ブラックライモス:シールドライガーとコマンドウルフに押されるサーベルタイガーとヘルキャットを援護した。

ゼネバスの適材適所の采配で共和国は押されてゴジュラスMK2限定型は廃番に追い込まれたのだと思いますよ。そもそも、ウルトラザウルスという最強ゾイドが居るにも関わらずノーマルゴジュラスの倍のコストが掛かるであろう限定型の存在意義が怪しいところです。ウルトラザウルスの開発時期とゴジュラスMK2限定型の開発時期はダブっていましたし、どちらも一番の必殺技が長距離砲となると中途半端に高コストの限定型は消える運命だったように思われます。

コングMK2限定型は、デスザウラー誕生まではゼネバス最強機体であり、それだけでも生産し続ける意味はあったと思います。デスザウラー誕生後も「動く対空ミサイル」としてサラマンダーを脅かしたことでしょうがレドラーのお陰で活躍の場を徐々に譲っていったのだと想像します。

そんな訳でゴジュラスMK2限定型は確かに強いと思いますが、戦史に与えた影響は「同時期にロールアウトしたウルトラザウルスとコンセプトが被る上にコストを考慮しても下位互換型である。後に戦況に合わせ簡略化された量産型の前身となった」という厳しい考察をしてみました。ゴジュラス限定型ファンの皆様申し訳ありません。

No title

量産型のエネルギータンクを外したのは、限定型が三式さんのおっしゃるとおりの
「スーパーエース+超一流素体+最高精度武装」の高級ユニットだったのであれば、
理由はおそらく
「量産型はそもそも限定型のようにハイレベルな運用を求められていない仕様」
だったからではないでしょうか。
巨大エネルギータンクの補助を受けながら最高速度を維持して、適切な射撃位置に
シャカシャカ移動しながら連続で射撃を行う・・・ゴジュラスにとっても
パイロットにとっても、かなりの負担を強いられる戦闘行動のはずです。
マラソンで全力疾走を何度もしながら精密射撃を繰り返す感じでしょうか。
一流の機体に一流のパイロットが乗って初めて可能なハイレベル運用なら、
それより劣る能力のゴジュラスと一般パイロットにタンクをつけても、
ほぼ効果は出ないと判断したのではないかと思いました。
たぶん、この解釈での量産型にエネルギータンクをつけても、活用できるのは
行軍がやや早くなるくらいじゃないかなあ(^A^;)
そしてそれは対費用効果としてあまりにつらいものではないかと(苦笑)。

しかし、この限定型2台でもデスを撃退するにはそうとう運が良くないと
本当は無理なのでしょうね。
「撃退出来るって言っとけ! 言わないと兵士の心が折れるから!」って
会議中の悲鳴が聞こえてきそうですw

No title

エネルギータンクのコストもですが被弾の危険性もあったかもしれないですね


それとゾイドコアって稼働する際にエネルギーが必要なのかですね
アーマードコアだとGNの余剰エネルギーがブースターやE兵器の使用するエネルギーとしてゲージ(パーツとしてはコンデンサ)化されていました。
無印アニメのエネルギー切れ(Gカノンを使った対デススティンガー戦)による機体停止もありますし、ジェネシスのレッゲルもあるから別口なのか気になりました

これによってEタンクが稼働時間増加用の増槽か行動補助のコンデンサーなのか気になります
もしくは基部の部分が共通でタンク部分が換装可能なのかもしれないですね<コスト増の理由もそれかも

No title

なんか、これじゃああらゆる可能性を考えるみたいで何ですが……。

ゴジュラスMk-II限定型には「エネルギータンクによるドーピングに耐えられる個体」という側面もあったのかなと考えました。
人間でいう所のエナジードリンクをより多く飲める個体、飲んだら反動があるけれど,それに耐えられる個体……みたいな感じで。

あるいは、エネルギー自体は安全でも、それを注入する時にコアに負荷をかけないようにする装置が高価などの理由があったりというのも考えられるかも知れません。
限定型は、。そういう「より強くするための武装の装着に耐えうる個体」という選別法もあるのではないかな……と、想像した次第です。

うーん、どういう理由が一番妥当でしょうね?

No title

ゴジュラスとコングの限定型はたしかにそうなるべくしてなった使用ですね
ゴジュラス限定型はコングとの戦いにおいて遠距離武器を持たぬ故ミサイル攻撃にさらされた
対して連射の利くキャノン砲とミサイルをかわしつつ素早く間合いを詰めるためエネルギータンクの装備はマストだった

対するコングはゴジュラスの頑丈さ底力は想像以上で燃費は悪くとも短期決戦せざるを得なかったのかもですね・・・

やがて時は流れ量産化するにあたりノーマルゴジュラスより劣る格闘性能より武装したことによる戦果が無理してエネルギーふり絞らなくともゴジュラスなら頑丈だし持続的にかつ瞬発的なエネルギーの備蓄をしなくとも問題はないと判断されたのかもしれないですね
まさに記事にある通り最良のしあがりになった、ですね

No title

限定型がスペシャルだと言う前提での話にはなりますが、デスザウラーを除けば量産型で十分と言う事を考えると、「大陸中に強いゴジュラスを見せつける」為の転戦を前提として、単機でも高機動を発揮できるように付けられたのがEタンク。

時期も時期だったので「近距離侵攻or防衛戦仕様=量産型の装備」と考えると、あのデッドウェイトの存在も無理無く考えられるかな・・・と思います。

最大の謎はEタンクのホース(改造セットの取説から引用)がミサイルに繋がっている事ですね。他の大型ゾイドは全てEタンクから本体か、本体からビーム兵器へと理に適ったホースの使われ方がされているのに、ゴジュラスだけが無意味とも思える場所にホースが付いていますが・・・

コレ、「ミサイルの熱(排気)をEタンクに送る為」と言う逆転の発想ではどうでしょう?

ホースを通してパワーを上げるなら腕のHPに繋げて「腕力UP!」と謳った方がしっくり来ると思ってはいたのですが、良く見るとミサイルポッドって「後ろ1/3は使っていない形」をしているんですよね(長さの違うミサイルが2種類入っているとも考えられますが)。そして、ポッド後部には排気口らしき物も無い。

ミサイルの熱を使ってエネルギーのチャージなり、タンクの活性化が出来ると考えれば、「ミサイルを打ち尽くしてタンクも空」になった時には、遠慮無くデッドウェイトを捨てながら身軽に戦えますし。

・・・話が逸れている気がして来ましたが、発売から30数年。
ホントにいつまでも話が続いてしまいますが、
そろそろこの「ホースの謎」も解き明かしたいですね(笑)

No title

ひょっとしたら、背中のロケットブースターの補助燃料タンクとして使われていたのかもしれません。ブースター飛行でデスザウラーに体当たりすれば、ゴジュラスのパイロットもただでは済まないかもしれませんが、デスザウラーのパイロットにもそれなりのダメージを与えられるかもしれません。
ゴジュラスも頭にキャノピーなのでさすがに頭突きは自殺行為でしょうけど、ロケットブースター点火で空に舞い上がり、フライングボディアタックで腹(ヒップアタックでもいけるかも)からデスザウラーの脳天にぶちかませば、サンルーフ付きキャノピーコックピットを砕くことは可能でしょう。
もっともゴジュラスのロケットブースターを使用しているシーンが皆無な点を見る限り、ゴジュラスの巨体であの小さなロケットブースターを使いこなすのは困難だったのかもしれません。下手すれば着地に失敗して大地に叩きつけられて大破する羽目になるかも。

No title

>kageさん
ゴジュラスMK-II限定型はどのタイミングで廃盤になったんでしょうね。
量産型の配備がデスザウラーの直前くらいなので、多分その頃に切り替わったのかな…?

ゼネバス帝国の猛攻が続いていたので、コスト的に限定型が生産できなくなったのは仕方が無いことだったのかもしれませんね。
ただ量産型がキャノン砲を残しているので「キャノン砲を積んだゴジュラス」の意義は依然としてあったのだと思います。
まぁ、ウルトラよりもゴジュラスの方が行動できる地帯は多いでしょうしね。

コングMK-IIは
http://zignition.web.fc2.com/main/column_discuss74.html
こちらのコラムに書いているように、「限定型:マニュアル」「量産型:オート」な仕様だと思っています。
一般兵に扱えるように徐々に変わっていたという推測ですね。

高高度ミサイルについては同じ推測をしています。
レドラーが空で対処したので生産しなくても良くなった。
http://zignition.web.fc2.com/main/column_discuss127.html
これはこのコラムで書いていますが、コストとしてレドラーよりも高かったんじゃないかなとみています。
その辺の事情を考えると面白いですね。

>Jスターさん
なるほど・・・・ハイレベルな運用を求められていない仕様。
これも面白い解釈ですねえ。
より細かく考えていくとどんどん見えていきますね。沼だ。

「巨大エネルギータンクの補助を受けながら最高速度を維持して、適切な射撃位置に
シャカシャカ移動しながら連続で射撃を行う」
これを読んで太平洋戦争のラバウル航空戦を思い出しました。
長大な航続距離を活かして敵基地を攻撃した零戦だったが、そのパイロットは疲弊を極めていった…。

限定型ならともかく、量産型となれば多くのパイロットに配備する事になるから、そんな事はなかなか難しかったのかもしれませんねぇ。

>デスペラードさん
なるほど、たしかに被弾したら爆発しそうですね。
その危険は大いにありそうだなぁ…。でかいから。

コアは可動にエネルギーが必要と思います。
動物が食事をして心臓を動かすように。
それが何かについてはまた考えていきたい議題ですね。

>やまさん
強靭な個体だった事は確かでしょうね。
エネルギータンクがドーピングとまで言っていいかは分かりませんが…。
ただ量産型の2倍以上も強いとすれば、ディオハリコンに匹敵するようなドーピング技術を使っている可能性も考えちゃいますねぇ。

色んな要素が複合して限定型ができており、量産できない理由も同様に複合しているんでしょうね。

>ヒューイさん
限定型が同時に出たのは玩具的事情ですが、戦史でもなぜそうなったかを考えきちんとした理由付けができると最高に楽しいですね。
コングの場合はゴジュラスもですが、対ウルトラようという側面もありました。
それもあの仕様をより後押ししたのでしょうね。

面白いものです。

>ミドリさん
なるほど、たしかに近距離侵攻または防衛用とすればEタンクの撤去も頷けますね。
量産型だから数が多い。自身で長距離移動しなくても周りに別の個体がいる。そいつが諸々の事態に対処すれば良い。
そんな事情もあってエネルギータンクが扶養になったのかも知れませんねぇ。

ホースは謎ですね!!!!
あれはねぇ・・・・・・コングだと分かるんですけどね。エネルギー送ってるんだろって。
ごじゅらすは何なんでしょうね。
ミサイルがライガーゼロフェニックスのような「チャージミサイル」仕様なのかなぁ…。

熱を逆に取り込むという発想は面白いですね。
でも発射時の熱エネルギーをためるだけであの巨大なエネルギータンクが必要なのかというと…。
ホントに難しいですね!

仰るとおり腕にでも使っていれば格闘戦でデスザウラー並に(瞬間的ではあろうが)なれたかもしれないのに!
でもその謎がまた良いですね。

>samonさん
ゴジュラスはノーマルの時点で天井突き破る程度のジャンプはできるので(ゴジュラス秘密指令)、それを強化した可能性はありますね。
まぁ・・・、でも頭部ビーム砲などで迎撃されそうでもありますが。
空中に飛び上がることはできても姿勢制御は難しそうですもんね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント