34話!

34話でした。
な、なんか予想をはるかに超えるシリアス回だった。
そしてワイルドブラストに深く切り込む回でした。
びっくりしたけど良回だったと思います。

3話の修行回でベーコンは「ワイルドブラストに頼るな。あれは負荷が大きい」と助言していました。
ただその割に、その回の戦闘シーンからして「よっしゃワイルドブラストだ」だったし、その後もワイルドブラストに頼りっきりの戦いをしていた。
だからこういう回があって深く切り込むのは非常に良かったと思います。


冒頭、本格的なメンテをするべく移動する一行。
だがレジスタンス組織の街は壊滅していた。
各機とも相当なダメージがあるのだが、どうしたものか……。

ゾイドを気遣って、乗らずに歩いている一行がさりげに良いですね。
そしてデスメタルによって徹底的に破壊された街の姿が衝撃的…。

今までもデスメタルが支配する街は出てきた。
多分占領された街でしょう。占領はできれば都市機能を残したうえで降伏させ、占領後はその経済的価値を活かす方が望ましい。
廃墟にしてしまうというのはその土地の価値をなくす事でもある。占領したとしても意味がなくなるのだ。
じゃあなぜこの街がここまで壊滅しているかというと、レジスタンスの街だからでしょうね。
激しく抵抗すると、どうしてもこのようになってしまいがちである。。。

むろん無抵抗で降伏せよという意味ではない。しかし反抗はこのようになる可能性もはらむ。
難しい問題ですね…。


……ところで先週からちょっと気になってるんですが、「ゾイドにダメージ跡を描き込む」というのは難しいかなぁ、やっぱり。
3Dモデルにテクスチャーを貼り付ければ出来そうな気もするんですが。
アップになった時はかなり傷ついているのが描写されていますが、全体が映った時はノーダメージのピカピカに見えるからちょっと違和感かも。

ま、それは置いといて。
壊滅した街の中で途方に暮れる一行だったが、唯一の生き残り(?)である酔っぱらいのオッサンに遭遇するのであった。
そのおかげでどうにかメンテができるようになる。


メンテシーンは良いですね。

アラシが率先して油まみれになりながら作業してるのが好印象。
最初はメンテの概念さえ知らなかったアラシが今やこうして作業している。こういうのは成長してるなあと思えてうれしくなりますね。
また、みんな自分の愛機をメンテしていた。
ペンネやオニギリがやる、ではなくて自分のゾイドを各人が担当していたのも注目だと思う。
みんなそれだけの技量を身に付けてきているのは良い事ですね。

しかしメンテを終えて一安心…とはならなかった。
酔っぱらいのオッサン……、バーガーはワイルドライガーに無数に付いた傷を見て言う。
「このままだと、このライガーは死ぬ」

「なまじワイルドブラストできただけに…」
「絆を過信して戦い続けたら、いつかは相棒の死を招く」
「ゾイドは不死身じゃねえ、死ぬときは死ぬんだよ」

この言葉がトラウマになってアラシは悪夢を見たり自分がワイルドライガーと一緒に居ていいのか? という疑問をいだいてしまったりで大変なことに。
しかし仲間の少々手荒い治療があり、アラシは今一度相棒との絆やワイルドブラストを考え直し、一歩成長したのであった。


ということで今話はいったん話を止めてでもワイルドブラストや絆。そして相棒を結ぼうとする者への覚悟を問う良い回だったと思います。

バーガーとの口論の中で、ライガーが死ぬと言われたアラシは「メンテしてて死ぬわけないだろ」と返していた。
この辺はやっぱりまだまだ無知なんだろうなぁ……。
ゾイドは生物なので必ず死ぬことはある。それは当然理解していると思っていたんですが、あんがいこの世界の人ってゾイドのことをあまり理解していないからなぁ…。
生態系の頂点に立ち人類の生存を脅かしている。そんな存在なので「破壊されたりしない限りは不死である」と考える人(地域)もあるかもしれないなぁ。

アラシはその事実が本当にトラウマだったんだろうなぁ……。
悪夢の中でデスレックスと向かい合ったシーンはチビッコにも強烈な印象を残したのでは……。


今回は仲間の少々手荒い治療によってアラシは立ち直り考えを深める事ができましたが、ただ一方で負担をかけすぎるといけないというのは確かでもありますね。
戦闘においては常にアラシが戦いペンネやオニギリは傍観者になることも多く、負担をかけすぎなことは否めない。。。
仲間も今回の一件で振り返りと成長があるとより良いなと思いました。

今回の話は特に後半の激戦度が増すであろう時期に活きてくると思う。
今後の楽しみを大きく膨らませてくれた回だったと思います。


で、来週はスマイデスとヨウカンが登場するみたいですね。
ヨウカンはキングオブブラストにも登場していてペンネとの連携技を出したりするんですが、アニメだとどんな位置のキャラで登場するのかな。
楽しみです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

今回はストーリーが良かった。
バーガーとクワーガ&レジスタンス仲間の最後の場面で、唐突な展開が逆に不意打ち過ぎて不覚にもうるっときてしまいました(笑。サンラータンパパの時とは扱いが偉い違いますな(爆笑

相棒のメンテができるようになったアラシの成長と、ベーコン&タイガーの死をみても自分の相棒の死が現実味を持っていなかった甘さの対照が面白かったです。バーガーのおっちゃんは子ども相手に大人げない対応だったのも否めませんが、荒んでしまった戦う男として、これまでに無いキャラクターでした。割れた鏡とか裂けた写真とかも上手く演出されていたと思います。

それから、ストーリー全体としては、レジスタンスに知り合いができたのは大きな収穫ですね。デスメタルとの決戦では、バーガーが駆けつけてくれるに違いないでしょう。そう、仲間のポテト団とシェイク団と共に(^^)

あと、以前の話の感想の時に、オニギリのメンテでは追いつかないことに対して「ペンネはメンテしないのか?」ということを書かれていたと思いますが、単純にオニギリ携行の工具では無理(=ペンネは自前のカスタム工場に工具を置いている)という話では無いかと思いました。

さて、次回のヨウカン登場が楽しみです。確か、まだ声優さんは発表されていませんでしたね。誰が来るかで、キャラクタ−の方向性が占えるので・・・いつもネタバレ気味の公式Tweetが楽しみです(笑

No title

自分の理解力が足りてないのかちょっとよくわからなかったかも…。

最初、ベーコンの「ワイルドブラストは負荷が大きい」というセリフからワイルドブラストの乱発がゾイドの寿命を縮めるという事なのかと思ったのですが、バーガー的には絆を結んだことにより自分の目的に相棒を強引につき合わせていたかもしれないこと、そして戦闘を請け負う割合が多くなったことが死を招いたという感じ…なのでしょうか。
前者だとしても後者だとしても根本的にはあまり解決してないような…。

ただ、何度戦闘不能にされても復活する元小隊長組のラプトール見るとやっぱゾイドって丈夫なんじゃないかなと思ったり…(乗り手も)。

No title

次回予告でギャラガーとフリーダム団が対峙する場面があったので、正直肩透かしを喰らった感がありますが、北斗の拳のアニメ作画が合うような渋い良回でしたね。私にとっては神回で、今回だけは録画したタイトルを保護しました。

バーガーの愚直なまでに相棒を愛する気持ちが全編に渡り表現されていたと思います。最後にクワーガを抱きしめるオッサンの姿は月9ドラマ最終回顔負けでした笑

お前らもう結婚しちゃえよな勢いでした。

No title

↑×2
今録画見直したら自分めっちゃズレた感想してますね…。
ワイルドブラストの物理的な負荷の有無にばかり注目してしまった…。

気にかかりました

ワイルドブラストと絆を見返すという意味では良かったんですが、気にかかるところもありましたね。
特に最後にバーガーの部下とクワーガが生きていたというのはかなりしらけました。子供向けとはいえ23話みたいにシリアスな回もあったのだからここは死んだままにしてほしかったのが本音です。
ネガティブなコメントになってしまいすみません。

No title

今回のような話はやはり4クールやるのであれば一話はいれて欲しいなあと思っていたので、個人的には満足です。

ワイルドブラストできるが故に酷使せざるを得ない状況。
そこから導き出されるゾイドとの死別。
絆の意味とはという問いかけ。究極の絆の証としてそれが可視化されて強調されること。
それが遅かれ早かれ来るものであるということ。
出来ればライガーとの関係の中で答えを出して欲しかったのですが、喋れないゾイドの代わりに仲間たちとそのゾイド達の思いによる呼びかけというのも、悪くありませんでした。

これらは、ゾイドというものが生きているからこそ出来るエピソードです。
操縦するだけの存在とは違う、意思のある存在だからこそ描けるもの。
それを見せてくれて、私は嬉しかったです。これも一見して何気ないエピソードや時間が積み上げられたからこそ、効果を発揮するエピソードです。
やってくれて、本当に良かった!

フリーダム団とルージ一行

本記事とは関係ありませんが来週は遂に、スパイデスとヨウカンが登場。スパイデスはキットが発売されて、ヨウカンはキングオブブラストで先行登場やコロコロの書き下ろしイラストで既に出ていました。

ヨウカンとスパイデスはどのような形で3クールラストでフリーダム団に入るかはわからない。

改めて見ると、フリーダム団はジェネシスのルージ一行とは立ち位置が似てて(?)、アラシはルージ(リーダー)で、ペンネはミイ(ヒロイン)、オニギリはロン(ゾイドの知識に詳しい)、ギョーザはガラガ(体系と性格は違うけど)、ソルトはラ・カンとセイジュウロウ(冷静だが年齢差は異なる)、ヨウカンはコトナ(魅力的な女性)とそれぞれの属性と役割を持っているみたいだ。

No title

今回バーガーにワイルドブラストの使い過ぎでゾイドが死にかけていることを指摘されて臆病になったアラシを、仲間たちが荒療治で治すシナリオでしたが、ワイルドブラストの使い過ぎという問題は解決できていないと思うのですが。四天王クラス以上の相手ならともかく、そこらの雑魚の相手にまでワイルドブラストを乱発しているようでは、いずれバーガーの言うとおりにゾイドを過労死させる羽目になりかねません。

No title

噛み砕かれるライガーの夢は強烈でしたね。更に、デスブラスト状態でやられたらあれでも生ぬるいというのも恐ろしい限りです。

余談ですが、解雇組のラプトールは今回別個体なのか、キャップが帝国仕様に戻ってました。思い返せば、毎回人間だけ星になっていましたし、その都度別のラプトールを手懐けているのか。だとしたら、彼らは意外とゾイドに好かれやすいのかもしれませんね。

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
最後のシーンはストーリーとしては台無しだった気もするんですが、対象年齢を考えるとアレで良かったんでしょうね。
私的には苦笑いしつつ感動しつつ作画に気合入りまくってシリアスな笑いでしたw

メンテが出きる技量と相棒の氏に現実味を持っていなかった甘さ。
仰るとおり対照的でしたね。
アラシはまだまだ成長する途中、過渡期なんでしょうね。
アンバランスなので、今後更に成長する事が望まれます。今後のアニメでどうなるかに大注目ですね。

バーガーはたしかに決戦時に駆けつけてくれると熱いなあ。
あと、ゾイドを癒す少年ことシメジくんや最強ゾイドハンターことヒジキくんも駆けつけると良いですよねぇ。

ペンネのメンテ技術はどうでしょうね。
初登場時にライガーを軽くメンテしていたので、スコーピアに搭載している工具でもできると判断したいかなぁ。
ペンネくらいのしっかり者(…という評価が最近覆りつつあるのだが)かつスコーピアへの愛情があるなら、必要なメンテが出来るだけの工具は常に持ち歩いてそうなイメージでもあります。

>しめじさん
たぶん両方でしょうね。
ゾイドへの負荷も大きいし、人に無理やり付き合わせる機会も増える。
実際、何も解決していないとは思います。
「絆は深い、という言葉で濁しただけ」冷たい言い方ですがこの通りだと思います。
ただ、今はそれでいい気もします。
今すべて解決しなきゃいけないわけじゃなくて、今後のたびの中で咀嚼していくんじゃないかなーと思います。

元隊長のラプトールは…、あれ同じ個体なんでしょうかね。
やられるたびに現地調達してる可能性が高そうな気がしてます。
色が同じなのでずっと同じ機という可能性もありますが。

>kageさん
私も予告から決戦を予想していました。
しかしあれはあれで良かったです。

バーガーは雰囲気ありましたよねえ。
たしかに北斗の作画でやっても似合いそうな気がしますw

>YHさん
ドラマの脚本としては死を乗り越えるというのが正しいんでしょうが、あれはあれで後味が良くなったので良かったと思います。

>やまさん
いい回でしたね。
やはりワイルドブラストやデスブラストがストーリーの重要ワードになっているので、こういう掘り下げは大歓迎です。
主人公も成長しつつ、まだまだな所もありつつ。
それでも前に進んでいる感じで気持ちいいですね。
この先、また一歩進んだ描写に期待できます。

>gdさん
スパイデスはなかなか良い登場でしたね。一旦離脱するのがちょっと悲しいんですが。。
物語はスタンダードなキャラ構成があるので、どうしてもかぶってくる事はあるでしょうね。

>samonさん
わかります。
絆とは別に、実際に負担は大きいんだぜ、それってどうなの? という部分も考える必要がありますね。
でないと精神論・根性論だけになってしまいかねない。
ただしそれは今後に期待しています。

ソルトがワイルドブラストなしでラプトール部隊を蹴散らす描写が前回ありました。
ああいったことを仲間内で共有していければいいのになぁ。

>レイさん
強烈。まさに強烈でしたね。
でも必要な描写でしたね。アラシの悩みが良く分かってきました。

ラプトールは…、あの三人がゾイドに好かれやすいというより、あんがいラプトールが人に懐きやすい所が大きいと思いました。
反乱組織の中心戦力でもあるし、見た目と裏腹に非常に優しいゾイドですね。
・・・・・ヒジキくんは例外として・・・・。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント