VSマッドサンダー2

VSマッドサンダーの戦術研究。
中央大陸戦争最強ゾイドを攻略せよ!

まず攻略の前に性能をおさらい。
敵を徹底して研究し弱点をはじき出せ。



■攻撃力■
・マグネーザー:デスザウラーの装甲をも貫く
・サンダーホーン:デスザウラーの装甲をも貫く
・大口径ニ連加速衝撃砲:威力不明だがHiユニット級ゾイドなら一撃で破壊可能な模様
・キャノンビーム砲:アイアンコングを貫くうえに連射可能

うーん強い。

マグネーザーは射出も可能。これはマグネバスターと呼ばれる。
初期タイプは「撃ちっぱなし」だったけど、後期タイプはチェーンにより巻き取り可能だったようだ。
初期タイプは外せば自分の武器がなくなる諸刃ですが、後期タイプは外れたら巻き戻して何度でも撃てる感じですね。
暗黒軍との戦いではこのタイプになっている。地味ながら凄いアップデートですね。

サンダーホーンは特に回転するとかそういう機能はない。ただ「ディバイソンの角をマッドサンダーの重量でぶち込む」ような感じでしょうか。
ディバイソンの体当たりで「デスザウラーの前面を貫く可能性がある」くらいだから、超重量のマッドがぶち込み押し込めばイケるのだと思います。

ニ連加速衝撃砲とキャノンビーム砲は360度旋回可能な上に仰角・俯角がかなり付く。
それゆえ「直上」ならともかく「斜め上」から飛び込んでも迎撃される可能性が高い。

更に比較的大型のレーダーもある。背中の砲はこれと連動しているだろうから命中率も期待できそう。
頭部コックピットの他に中央ブリッジがあるので、操縦と射撃を分担できるのも戦闘力の高さに寄与してそう。

特殊能力としては地中潜行能力があります。
初期のマッドサンダーは穴掘りまくってました。なにげに、地中に潜れば敵は一切の手出しが出来ないので離脱時にはかなり有効ですね。

また「マッドサンダータイフーン」なる技を使ったことがあります。


これはマグネーザーを全力で回す事で前方に猛烈な磁気嵐を起こす。
敵ゾイドを舞い上げる。
そして空中の敵を背中の砲で倒すという恐るべき技です。
中型ゾイドどころかアイアンコングMK-II(量)までもが宙に舞っている。


マッドサンダータイフーン……、アイアンコングが舞うのは凄いよなあ。
個人的な解釈ですが、これはさすがにいつでも使えるものじゃないと思います。
中型ゾイド……、ブラックライモス56.0tくらいなら可能。だがアイアンコングMK-II(量)198tが舞うのは基本的に無理。
ではなぜ宙を舞ったか。これはたぶんコングが背中のブースターをふかして突撃してきた。そのタイミングでちょうどマッドサンダータイフーンが起こった。なのでそのまま舞い上がってしまったという状況だと思います。
コングが「ブースターを全力でふかして突撃」というのは半ば飛んでるようなもんです。そこにタイフーンがきたのが不幸だったんじゃないだろうか。

ドッシリとふんばればコング級のヘビーゾイドが吹き飛ぶ事はないと思う。さすがに。
ただ・・・・、逆を言えば「ふんばって耐えなければならない」程度ではある。だから動きが制限される。マッドは楽に勝ってしまえるでしょう。

グレートサーベルも機動力を活かすどころじゃなくなるよなぁ。
コングやグレートサーベルはタイフーンを警戒して後方から仕掛けるしかないでしょうか。
唯一正面からタイフーンをものともせずに対峙できるのは、400tの超ヘビー級デスザウラーだけでしょう。

うーむ強い…。さすがはクリスマス商戦ゾイドだ。


■防御力■
前頭部の盾は荷電粒子砲さえ跳ね返します。
ただしこれは「ハイパーローリングチャージャーを可動しエネルギーをフルにした状態で防ぐ」という事で、常時防ぐわけではない。
また諸説ありますが、ここではこちらのコラムの内容を採用します。

・前頭部の盾は荷電粒子砲を完璧に防ぐ
・それ以外の部分もシールドが形成されている(ガンブラスターの超電磁シールド的な)
・ただしその部分の防御力は、荷電粒子砲を防ぐようなレベルではない。といっても並のビーム砲を跳ね返す程度には強い。この効力は前頭部に近い位置の方が高い。尾の方に行くと効力が弱く突破されやすい。


青の濃い部分ほどシールドが強いことを示します。
こんな感じと推測します。

なおエネルギーを貯めていない状態であっても装甲はとんでもない分厚さがあります。
アイアンコングのミサイルを完璧に防ぐ位に強い。
…防御力は「フル状態のマッドサンダー装甲>デスザウラーのスーパーヘビーガード≧通常時のマッドサンダー装甲>>ウルトラザウルス」位かなぁ……。

フル状態ならほぼ突破不可能。
だが通常時なら可能性がある。とにかく撃ち続ければいずれ、という感じでしょうか。
(デスザウラーをゴジュラスキャノンで撃ちまくって倒すイメージ)


■機動力、運動性■
最高速度は100km/hと、サイズと足の長さを思えばかなり頑張ってる印象。
旋回性は低そうだが、加速力はそこそこ高いでしょう。
とにかくノロいウルトラと比べると、四足機にしてはかなり優秀な足回りをしていると思います。
と言っても四足機なので運動性はデスザウラーより下です。
ただし、それを補うべく首の可動が抜群に良い。
飛びかかるグレートサーベルを振り向きざまの角の一撃で返り討ちにした事もあり。


全体的にめちゃくちゃ優秀な印象。さすがは中央大陸戦争最強ゾイドだなぁ。

では弱点は。
弱点はある。背中のハイパーローリングチャージャーです。
ここは装甲がないので他の部分よりも弱いはず。

防御力について「それ以外の部分もシールドが形成されている(ガンブラスターの超電磁シールド的な)」と推測しましたが、ハイパーローリングチャージャー位置は前頭部から離れているので効力も少ない。
コングの6連発ミサイルを連続で撃ち込む、あるいはコングMK-IIの大型ビームランチャーあたりで破壊可能でしょうか。
格闘なら、コングのパンチを連続で叩き込めば…。グレートサーベルでも、何度もレーザーサーベルやクローを叩き込めばそのうち破壊可能でしょうか。

ハイパーローリングチャージャーは、マッドサンダーのエネルギーを増幅する装置。
これにより反荷電粒子シールドは荷電粒子砲に耐える状態になり、マグネーザーもスーパーヘビーガードをぶち破る威力で回るようになる。
ここを潰せば防御力はかなり低下する。
この状態に追い込んでから荷電粒子砲を見舞えば撃破可能でしょうか。

といっても、デスザウラーのオーロラインテークファンほどの弱点ではない。
デスザウラーの場合はファンを潰せば内部に直結しているから本体そのものも深刻な機能低下をした。
一方マッドサンダーの場合は「エネルギー増幅装置がなくなる」という程度で被害はやや少なめ。
コングのミサイルに耐える装甲はあるし、本体の生命力・耐久力は極めて高い。
しかもコングを一撃で貫くキャノンビーム砲はこの状態でも連射可能なわけだから、撃破かなり大変ですが。

という感じでしょうか。
さぁどうやって仕留めるか。デスザウラーか。デスザウラーと誰かがペアを組むか。
というところで具体的な戦いは明日以降に!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ランド(副指令?)とファミコンゾイド2をバトストの世界観と一致させると、ウルトラ登場後、わざと負けてガイロスの技術をパクり、土地を奪還して落ち着いたところで出し惜しみしていた荷電粒子砲やヘビーガード技術を公開した、というところでしょうか?

ですが、マッドの登場にランドも焦っていたのではないでしょうか?流石に飛来した地球人が黒すぎてバトストでは存在が消されていましたが、彼は店頭冊子ゾイドグラフィックスでどう扱われていたか興味深いところです。(当方は地方に住んでいたためか、ゾイドグラフィックスが置いてあった所を見たことも無いですよ)

マッドは地球人の悪巧みを潰した(ゾイド星人の技術が完全に地球人のそれを越えた)歴史的ゾイドだと思うんですよね。

基本的に共和国はレイノスの偵察やゴルヘックスのレーダーでデスザウラーの配置を見ながら進軍すると思うのでそのルートにコングのミサイルをぶっぱなして(共和国も相当のキャノンを見舞うでしょうが)、お互い戦力を削り、荷電粒子の射程内に入って全面への警戒に注意を払っているときにグレートサーベルとライジャーの高速部隊が側面や後方からハイパーローリングチャージャーを狙う感じかなと、思いました。シールドライガーMK2よりもレイノスのほうがライジャーにとって脅威だった気がします。ミッチャムは良く頑張りました笑

勝機あり?

こうして見るととんでもない性能ですね。ただハイパーローリングチャージャーに6連装ミサイルでダメージを与えられるなら勝機もありそうです。それでも犠牲は半端ないでしょうが。
ところでマッドタイフーンの場面で使用されているコングはゾイドガムのものでしょうか?あと踏ん張っている兵士が何気にすごいです(笑)。

マグネタイフーン採用反対!

それ、バトストで表現変えられて
敵陣踏みにじる描写とされてたし
やってる事あまりにも荒唐無稽だと思う。

リアリティー無さすぎ。
マッドはスーパー戦隊のメカじゃないよ!

それとこれ、知り合いの持論ですが反荷電粒子シールドって
体表面を共振させる振動装置なんじゃないですか?

なんかセスリムニルの戦いでシールドダウンにあわせて
マグネーザーが溶けたことと装甲デザインからの着想らしいのですが

No title

マッドタイフーンは使い方と制御方法で仕様を変えれば対ギルベイダー兵器として有用だったんでしょうね<磁気嵐なので伝送系破壊(EMP)やマグネッサーウイングの不具合を引き起こす
ただ範囲が広すぎて味方にも被害が及んだり、マッド本体にも負担が大きかったのかもしれないですね
個人的には、磁気の影響で生身の兵士が頭に強力な磁場で脳神経を狂わされて暴徒と化すってのも…<某装甲悪鬼風に

メインのマッドの装甲ですが
公式ファンブック4巻だとデスザウラーは装甲Sでマッドは装甲S+とEシールドSでした
もし、反荷電粒子シールドをEシールドで表すなら単純な装甲も上回ってる可能性もありました
それでいてライジャー等がダメージを与えた描写などはデスザウラーやデススティンガーの時と同じく非装甲部分ではないでしょうか<露出したパイプやインテーク、口腔など

No title

あのマッドサンダータイフーンはマッドサンダー自身の突進によって敵機が弾き飛ばされているようにも見えますが、他にもタイフーンを使ったシーンやバトルストーリーなどにタイフーンについての機能の説明はあったのでしょうか? もしもタイフーンの機能が実在するのなら、暗黒軍の新型高速ゾイドにもマッドの突進は有効だったでしょうね。ただ、味方のゾイドも巻き込みますから、マッド単独の状態でないと使えないでしょうけど。

No title

マッドサンダーに帝国が対処するなら、どう考えてもバトストに出てきた
「デスウイング」をさらに改良・洗練するしか無いとおもうんですよ。
マッドとの戦いを邪魔されないように護衛飛行ゾイドを周囲に引きつれ、
レイノス等からの妨害を防いでおく。
そして攻撃手段を空からの荷電粒子砲だけではなく、脚部を強化改造して
両足で踏みつけるキック攻撃(仮面ライダーでいうならRXキック)で
マッドを背中から圧壊させる戦法をとれば、撃破は容易だったと思います。
デスウイングなら、苦手な山岳地帯の移動も問題無く行えるはずですし、
そもそものデスの「移動速度が遅すぎる問題」もクリア出来るので運用の幅が
飛躍的に広がります。
急造の試作機であろうデスウイングがマッドに対して一方的に攻撃でき、
かつ完全上位の運用性を持つのですから、これを改良して正式採用しないはずは
ないんですけど何の問題があったんでしょうね?(^∀^;)
・・・共和国にウルトラザウルスが出現しても指令基地能力を持つゾイドを
開発しなかったりと、ゼネバス帝国はゼネバス本人の慢心や軍部派閥の意地や
対立とかが酷くて根本的な機能不全を起こしてたのかも知れませんね。
共和国を征服できなかったのは、占領したあとの市民たちへの圧制と強制
(家庭に皇帝の肖像を設置して毎日服従を誓わせるとか)が酷いから、あちこちに
市民ゲリラ組織が設立されてスパイされてたからじゃないかなあ(苦笑)。

No title

マッドサンダーの弱点はローリングチャージャー
ここを破壊さえすればデスザウラーの荷電粒子砲がきくようになるかもなんですけどマッドサンダータイフーンのせいで完全に無理ゲーですね、なんなんだこの初見殺しはw
マッドサンダーが進撃してるだけなのに帝国ゾイドが不自然に巻き上げられてるなぁ・・・って長年のナゾが解明されましたw
家電粒子砲みたいに膨大なエネルギー消費のため何発かしかうてないって制限あったとしても運動性能の高い機体がローリングチャージャーを破壊するのが困難になりそうです
まぁコングをも貫くキャノンビームが連射できるってだけでも十分脅威ですけどね
どうしたものか・・・?

No title

マッドサンダー対策ですが
・座高の低いゾイドをぶつける
・潜って下から攻撃
という手段は取れるでしょうか?
マッド対策として有効なのは座高が低く、地中に潜れるデススティンガー候補になりそうですけど

No title

仕事が終わって帰宅してから、家のデスとマッドを並べて眺めていたのですが、本当にマッドって良く出来てます。マグネーザーがデスの腹に刺さる前に荷電粒子砲を打とうとすると、ビームキャノンを除いて青の濃い部分にしか打て無いんですよね。
足元に1発撃ち込んで、とりあえず動きを封じられないかとも思ったけど、前足さえも予想以上に遠い。

デスザウラーだけでマッドと戦うとなると、デス数台で取り囲むか、デスを飛ばして上空から狙うか、デスツチノコでも作って地を這う荷電粒子砲を打つしかない気がします。

1発目の荷電粒子砲でビームキャノンを破壊してから他のゾイドとの連携を取るのがベターかも知れませんが、デスザウラーが100%やられる戦法なんて、デスを自爆させて刺し違えるのと変わらない。コレじゃぁ意味が無いですね・・・。

最低でもコングⅡ限定型のビームキャノンが欲しい気もしますが、ビーム系はローリングチャージャーを含めて「散らされる」イメージが強いんですよね。そうなるとコングの背中のミサイルが頼りになるんですが・・・こうなって来ると、共和国が山岳戦に長い時間をかけていたのは、コングを誘い出して数を減らすのが目的だった様な気もして来ました。共和国ってこうゆうやり方好きそうですし(苦笑)

No title

冒頭のコンピュータ分析画面のようなマッドサンダー俯瞰図、格好いいですねぇ。
三面図にして壁紙にして頂けると即刻ダウンロードします(哀願の上目遣い)。

それにしても、チェスター教授渾身のマッドサンダーは隙が無いですね。

■サンダーホーン
何かエネルギー流で内部を破壊するという設定もあったような気がするのですが・・・勘違いでしょうか。デスザウラーのコア直撃の位置にあると知った時は、素直に「スゲーっ」と思ったのを今でも覚えています。

■マッドサンダータイフーン
インスタ映えしそうなこの写真は非常に好きですが(笑)、設定的には解釈が困難ですね。「ブラックライモス56.0tくらいなら可能」とさらっと仰りますが、90式戦車が宙に舞うのはゴジラに蹴られた時だけで十分です(笑。ウルトラザウルスの全方位攻撃も(コングをドロドロに溶かすのは)ちょっと無理だと思うのですが。磁気嵐で直接吹き飛ばす、というより磁気嵐と火砲の組み合わせで渦巻き状の広範囲攻撃をしたぐらいが個人的解釈です。

■反荷電粒子シールド
バトスト4の設定で「荷電粒子のエネルギーを、内部のセラミック振動体が吸い取ってゼロにしてしまう」とあるので、最大の効果を発揮するには通電状態にする必要があるのは間違いないでしょう。ガンダムSeedで登場したフェイズシフト装甲の兄貴分みたいな感じですね。

■ハイパーローリングチャージャー
デス様のインテークファンもそうですが、こういうギミックは魅力です。これを破壊しようとすると、空や後方から狙う必要がありますが、飛行ゾイドが優秀な共和国軍は航空優勢は確保できるし(レドラーは対地攻撃力低い)、点では無く線ないし面で攻める共和国の戦略なら後方の安全確保もできる・・・という前提の作りなのかもしれません。コングなどのミサイルでトップアタックされるのが一番怖そうですが、いざとなればバックアタッカー仕様でなんとかしましょう(笑

No title

追記です。
もしもマッドサンダータイフーンをアニメでやったら、ディメパルサーのように悪役が使う兵器にされそうですね。金縛りにして身動きできないところを一方的になぶり殺しにするのですから、相手から見たらそれこそ誇り高きゾイド乗りの戦いぶりとは程遠い卑怯極まりない行為に見えるでしょう。ディメパルサーと同様に兵器としては有効なのでしょうけど。

No title

すみません。よく見たらタイフーンは金縛りではなくゾイドを宙に舞わす技でしたね。ただ、体当たりにで弾き飛ばすにせよ磁気嵐で舞い上げるにせよ、ゾイドが舞うスピードが高すぎるとマッドもビーム砲の照準を合わせるのが困難のように思えるのですが、舞ったゾイドのスピードはそれほど速くはないのでしょうか? 壁や地面に叩き付けられて動きが止まったところを狙えばそれほど難しくはないかもしれませんが。

No title

>kageさん
ランドさんは見解に困るキャラですよねー。
History of Zoidsやファミコンゾイドだと、むしろゼネバスを操り人形にしていた感じも。。。
その描写ってバトストの大物感あふれるゼネバスとは相容れないので、どうして解釈したものかなあと思います。
ま、いずれ彼についても考えていきたいですね。

ゾイグラでは基本的に登場していなかったと思います。

ライジャーにとってレイノスは天敵ですね。さすがに飛行ゾイドにはかなわない・・・。
小二のストーリーでもレイノスの対地攻撃を受けて危機一髪になった事があります。
このときはさすがにレドラーに救援を要請していました。

>YHさん
チャージャー破壊までにコングの屍が山と築かれそうですね・・・。
タイフーンの遠景モデルは「Jr.ゾイド」のコングMK-IIですね。
ゾイドガムはこの時期まだ未発売です。

兵士は確かに。このことからあんがい効果の及ぶ範囲は狭いと考えることも出来ますね。

>No Nameさん
仰る気持ちは分かりますがそれ言っちゃうと暗黒軍のゾイドなんかはのきなみ考えられなくなってしまうような気も…。
マッドは中央大陸戦争から大陸間戦争への過渡期のゾイドでもあるので、これ位持ってても不思議ではないと思います。
メカニズムは今後考えたいですね。

反荷電粒子シールドは「超微振動で荷電粒子を散らす」と開設されていますね。
ただしそれ以上の解説は無いのでアレコレ妄想しています。

>デスペラードさん
タイフーン。たしかに正面から飛び掛るギル・ベイダー相手には使えそうですね。
ただギルはバカ正直に真正面から攻めず、後ろから攻めるだろうなぁ…。
そうなるとマッド側はアウトですね。さすがに首の可動もそこまでじゃない。。
継続時間は短いでしょうね。短距離走のような全力を出した猛攻だと思います。

ライジャーはマッドサンダーの黒に近いパーツにはダメージを与えていましたね。
やはりこういう場所を狙うしかないと思います。
他は…、ゴーレムが橋を爆破し谷底に落下させた時は無傷でした。
さすがに頑丈…!

>samonさん
突進によって弾き飛ばされたとすれば上には飛ばないんじゃないかなあと思います。
またここまで舞い上がるほど蹴散らされたのなら、わざわざビーム砲で追撃しなくて良い気もします。
なので、やはりタイフーンで舞い上げたと考えるのが良いと思いました。

ビーム砲は弾速が実弾砲に比べてきわめて速い上に直進するので、命中させるのは比較的簡単でしょうね。
しかもマッドの様に背中に司令塔があるゾイドならなおさら。

タイフーンの機能解説は多分ないですね。
他で使ったと思われるシーンは確定的なものとしてはないです。
ただ地中から大規模な地割れを起こしながら登場した事があるので、これがタイフーンかもと思いました。
その記事はまたいずれ紹介します。

悪者になるかどうかはまぁ描写次第でしょうね。
敵が使うとなんて卑怯なんだと言っておいて、仲間になったとたんに対雑魚戦を任せてさすが便りになる奴だぜと手のひらを返す作品もあります。魁男塾って言うんですけど。

>ヒューイさん
タイフーンはやばいですねぇ。
継続時間や効果範囲を考えるとそこまで万能じゃないかもしれませんが、初見殺しには違いないですね。
攻略は考えたいですね。しかし鉄壁だ…!

>No Nameさん
腹側は弱点でしょうね。レッドホーンが「腹部装甲が弱いのでガイサックで地中から攻撃すると有効かもしれない」との解説をされていました。
マッド側は地中の敵を探知できるのだろうか…。これは自身も地中潜行が可能なのでイケそうな気がします。
とすれば、前もって敵の接近を察知したマッドが踏みつけてしまいそうな感じもします。
低姿勢の相手にはマグネーザーが使いにくいというのはあるでしょうが。

>ミドリさん
まさしく対デスザウラー用ゾイドですね。
数をそろえればそりゃあ勝てるのですが、それでは面白くないので出来るだけ限界ギリギリの小兵力で勝つ戦術を研究したいですねー。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
マイケルは「完璧だ・・・」と絶賛していましたが、まさに中央大陸戦争最強に相応しいゾイドですね。

サンダーホーンは貫いた後に電磁波を出してその衝撃でコアを停止させる機能があります。
これはマグネーザーも同様とのことです。
ただ、「貫く」という動作そのものについてはサンダーホーンは単純な角と同じ感じですね。
マグネーザーの様にドリルにして貫通力を高めるような装備はないです。

反荷電粒子シールドのフェイズシフト装甲は分かりやすい見解ですね。
当然、使いすぎるとダウンする場合もあるんでしょうね。

さて困難ですがどうにかして撃破したい!
(本音を言うとなかなか撃破できない状況にさすがマッドよのーホホホといい気持ちになりたい部分もある)
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント