デスザウラーと荷電粒子砲

VSマッドサンダーの寄り道。
寄り道が多くてなかなか本題が進まなくてすみません。。
今日は一連の流れを書いていて思った事をつらつら書きます。主にデスザウラーに関して。


デスザウラーを考える中で、「索敵力が低いのでディメトロドンを随伴させたい」と書きました。
デスザウラーは帝国共通武器セットの3Dレーダーしか持っていない。
おそらく「荷電粒子砲が原因で大掛かりなレーダーが装備できない」と考えていました。


荷電粒子砲発射シーンを見ると、喉元があやしく発光している。
膨大なエネルギーが分かる。
こんな状態なので、電子装備を置いてもすぐに壊れるのだと思います。

それを象徴しているのが3Dレーダーの付き位置です。
これは腕に付けるのが標準である。


ちょっと変な位置です。
普通に考えて、頭頂部につけるのがレーダーとしては一番適切な配置であります。



ですが、これでは荷電粒子砲発射の際に壊れる。
荷電粒子砲のチャージ→発射時に壊れない位に遠い位置……、となると腕になったのでしょう。

「荷電粒子砲は強力だが、強力すぎるゆえに電子装備との相性が悪い」
「それゆえ荷電粒子砲搭載機は電子装備が貧弱にならざるを得ない」


ダークスパイナーは電子戦機ですが荷電粒子砲を持っていない。
これも裏付けになるのかなと思います。


体を一直線に伸ばした前傾姿勢。
パワフルなスピノサウルス野生体。
これを考えれば、その気になれば荷電粒子砲の装備は可能だったでしょう。

ダクスパは格闘戦でジェノザウラーと互角に戦えるくらいに強い。
CASにも対応している(バーサークフューラー用CPを付けれる)。

荷電粒子砲を積んでいれば、「ジェノ/フューラーの能力に加えて高性能電子装備がある」という更に究極のゾイドになったでしょう。
生産の観点で見ても、複数を生産するよりダクスパ一種に集中した方が効率良く数をそろえられるでしょう。
(野生体確保の事情はさて置き)

しかし荷電粒子砲を装備しなかった。
おそらくパワーとか姿勢とかではなくて、電子装備を積んだからできなかったのでしょう。
そんな事情が見えます。


さてもう少し続けます。
先日の記事で、「マッドサンダーの残骸が回収されれば帝国が対策を採るかもしれない」と書きました。
それはいかなるものか。
これは収束荷電粒子砲になるのかなと思いました。

デスザウラーは面として荷電粒子砲を撃つ。

対部隊用として使うならこちらが良いですね。
収束して撃つと「点」だから、一機を倒すには良いでしょう。
しかし部隊同士の戦いで一機倒したところでどうなるのか、ということです。


……これがゾイドの数が激減した新世紀の世界だと良いんです。ゴジュラス級の大型強力機の数は少ない。
だから、そういうやつを丁寧に一機ずつ狙える収束荷電粒子砲は時代が求めた装備と言える。
でもメカ生体時代のディバイソンやゴジュラスが水平線を多い尽くすくらい居るような時代にはそぐわない。

ただ、「マッドサンダーさえ排除できれば帝国に勝ちが見える」という特殊な状態なら、収束荷電粒子砲を造る意義が出てきます。

デスザウラーの荷電粒子砲。普段は「面」として放っているものを「点」として撃つ。
その威力ならさすがの反荷電粒子シールドでも防げまい。

ただ「この時代において荷電粒子砲を収束させる技術があるのか」というのが問題です。
低出力…ジェノザウラー程度の荷電粒子砲ならともかく、デスザウラー級の荷電粒子砲を収束させるのは難しいだろうなぁ……。
しかしデスザウラーも就役からかなりの年数が経っているし、超超全力を挙げればどうにか……という感じでしょうか。

デスザウラーの開発者はドン・ホバート技師です。
氏はチェスター教授奪還作戦くらいの時期に病死した。
これは帝国にとって痛手だったよなぁ…と思う。彼が存命なら、あんがいアッサリ開発できていたかもしれない。
あるいは彼のご子息であるところのマイケル・ホバート技術少佐なら可能だったかもしれない。
でもマイケルはマッド就役直後位の時期に共和国軍に捕えられた。捕虜になっちゃったもんなぁ……。
(ゼネバス皇帝は鎖につないででもマイケルを出撃させるべきではなかった)

ただ収束できたとして、「点」の破壊ではどこまでの効果を発揮するだろう。
反荷電粒子シールドは貫けるでしょう。ただ、シールドに穴を開けただけでは決定打にならないかもしれない。
「コアの位置を正確に貫く」事ではじめて倒せるでしょう。
狙いがわずかにでも逸れれば、体の一部に穴があきながら・それでも突撃してくるマッドサンダーにそのまま圧されるかもしれない……。

…ゴジュラスはボロボロになっても戦い続ける。
キングゴジュラスは片腕を失いながらもギルを破壊した。最終決戦時は腹をかっさばかれながらも戦い続け勝利した。
新世紀デスザウラーはマッドサンダーに片腕を吹き飛ばされながらも戦い続けた。
シールドライガーは半身を失いながらもジャンプしてデスザウラーを葬った。
大型ゾイドの戦い続ける根性って凄い。
コアあるいはよほどの重要部位を破壊しないと大型ゾイドは止まらない。

そうした意味で、集束荷電粒子砲でマッドを確実に葬るのは不安が残る。

あるいは、よしんば狙いが精密に付いたとしても。
いくら開発が順調に行っても「開発完了→そのタイプのデスザウラーを生産ないし既存機を改修するにはある程度の時間がかかる」でしょう。
「その時間で生産されるマッドサンダーの数」を考えれば、けっきょく少々の損害を与える程度で戦況に大きな影響を与えることは出来なかったような気もします。
うーん…、詰んでる。

帝国軍に可能性があったとすれば、「デスザウラー無敵時代に慢心しなければ」ということでしょう。
「いずれ荷電粒子砲は防がれるだろう」「その時にどうすればいい?」
これをもっと考えておくべきだった。
そうすれば、早い段階で収束タイプが完成していたかもしれない。
(早期に開発すれば健康な時代のドン・ホバート技師が開発指揮をとれる)

そのタイプは積極的に前線に出さなくても良い。
ただマッドサンダーが登場した時には、待ってましたとばかりに出撃させて葬ってやれば共和国軍は戦意喪失するでしょう。
そういう考えを帝国は持つべきだった。

荷電粒子砲は強力過ぎた。
それを装備したデスザウラーはあっという間に共和国首都を攻略せしめた。
それが帝国に慢心を与えてしまったのかも……。

やはり強すぎる装備は時に逆の効果も出すのかもしれないなぁ。
そんな風に思いました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

共和国首都陥落後とニカイドス島の戦いに
パラボラアンテナを装備したデスザウラーが登場していますが、
ディメトロドンには及ばなそうなので、
荷電粒子砲の命中率を高めると意味でも
ディメトロドンに随伴してもらった方がいいですね。

集束荷電粒子砲に関しては
マッドサンダー対策として研究はされていたかもしれませんが
デスファイターに装備されていなかった事を考えると
帝国軍には開発できなかった可能性が高そうです。
集束技術は暗黒軍のビームスマッシャーで確立され、
後のジェノザウラーの集束荷電粒子砲に応用されたと
推測しています。

デスザウラーが強かった故、技術力が高いが故の
慢心等がゼネバス帝国の敗因に繋がったと思われますが、
後のネオゼネバス帝国では
ダークスパイナーのジャミング波と
新世紀デスザウラーの荷電粒子砲が通用しないと見るや、
セイスモサウルスを投入してゴジュラスギガを倒しているので
教訓が活かされてると感じました。

No title

3Dレーダーが腕についているのは、機械が壊れるというより、電波干渉の問題かと思います。少なくても、腕を振り回しても内部が壊れないようにできているはずですから。ロボット作品や宇宙戦艦作品でよくある、高出力ビームの射撃直後は「電波干渉で確認できません」というヤツです。

大口径荷電粒子砲と収束荷電粒子砲、どうなんでしょうね?
実は、シン・ゴジラの「細い熱線ビームを振り回して東京壊滅」のインパクトが強くて「連続照射ができれば、細いビーム線でも面を破壊できるのでは?」と最近思っています。無印アニメだと、ジェノもデス様もかなり長く照射しているので、身体を固定しているジェノはともかく、デスザウラーがビーム照射しながらなぎ払ったら、広範囲攻撃になるように思います。第4の使徒、巨神兵などなど

No title

デスザウラーのレーダーが腕の位置にある理由、なるほどと思いました。
確かにあれだけのエネルギーが発生するものならば、レーダーは干渉を起こして壊れてしまうかもしれないですものね。大口径の、収束していないデスザウラーの荷電粒子砲なら、十分にあり得る話です。

翻って、ダークスパイナーに荷電粒子砲を乗せられない理由はエネルギーが過干渉するためであるというのは、私にとっては甚だ疑問です。
というのも、電子戦というのはただレーダーは飛ばしてればいいという訳ではない筈だからです。
私はこれをゾイド乗りの限界ではないかと考えています。

恐らくは、ダークスパイナーに無理なく荷電粒子砲を積むことは可能だったのではないでしょうか。
ですが、あれも積みたいこれも積みたいを実現しては、ゾイド乗りの手が足りないと考えるのです。
レーダーは積んでさえいれば何もかも勝手にいい塩梅に調整してくれるというのなら、荷電粒子砲を積むことも出来たでしょう。
それならば、ゾイド乗りは戦うことだけに集中していればよいのですから。

しかし、そうはならなかったと思います。
電子戦を行うための各種チューニングなどはゾイド乗りが行う必要があったのではないでしょうか。
全体の状況はゾイド乗りが把握しなければいけないし、敵軍の妨害も味方の支援もゾイド乗りがしなければならなかった。
そう考えるのです。

そんな管轄する範囲全体を見るのに手いっぱいの状態で、なおかつ仮に荷電粒子砲を搭載して同時に兵器として腐らせないようにする……というのは、あまりにも無理筋ではないでしょうか?
たった一人でそれが出来るゾイド乗りがいれば、それこそ一騎当千の技量の持ち主です。
そんなゾイド乗りが数多くいるとは、とてもではありませんが考えられません。
一人で出来る仕事量ではないと判断するのが自然かなと考えました。

キラードームを搭載した時のようにパイロットが更に増えるのならば、荷電粒子砲も積む……という手は同じゾイドに乗る者同士の連携としてはアリなのかな、とは考えます。
しかし、一人では無理だと思います……。
キラードームの方に単体では使えない死荷重の荷電粒子砲を搭載して量産するなんて言うのは、論外ですし。

要は、ダークスパイナーとしては機体コンセプトの問題で。必要として生産されたのは電子戦用でそれも敵ゾイドすら操ることが可能なゾイドであり、大きさに見合わぬ全点盛りの決戦ゾイドではなかった……と、言えるのではないでしょうか。

そしてその結果としては、ダークスパイナーの素体が持つジェノザウラーを越える反応速度だけで十分だったと言えるでしょう。
それを持ってすれば接近されても簡単にはやられない。
スピノサウルス型としても役割を果たせる。そう考えられたと私は思うのです。

そういう意味で、ダークスパイナーを比較に出すのは不適当な案件では? と思いました。

No title

開発部が必要性を訴えても上層部が慢心してたら着手できませんもんね。
これ、割と共和国側も似たような状況だったのかもと妄想します。

マッドが無双していた時期、開発部はマッドの弱点は上空からの攻撃だと進言していた。
だが上層部は「そりゃ正面に比べたら背中の防御は弱いけど、それでも他のどのゾイドより遥かに固いしそれを抜ける火力は飛行ゾイドには積めないでしょ」と一蹴。

しかしそれがデスウイングとの交戦により形成が変わり、あくまで地上ゾイドを無理やり飛ばしただけの改造機だったから退けたものの、本格的な大火力を持った大型飛行ゾイドが開発される危険性が一気に現実味を増し上層部を動かした…とか。

ギル登場後、オルディオス就役までの期間の短さがデスウイング戦以降、いつか来るべきその時に備えていたからとするならば、ゼネバス帝国にとってのデスウイングのような存在が登場していれば収束荷電粒子砲は完成していたのかも知れませんね。

No title

ゼネバスの『慢心』ですよね、突き詰めて考えると。
思えば、最初のデスザウラーであるトビー機には移動高速化のための装備がついていた。
でも、量産機ではそれを外した。
何者も跳ね返し、何者も破壊する圧倒的な性能だから、ひょっとしたらゼネバスは
デスの防御力を見せ付けることで共和国軍の心を折ることを狙って、
わざと遅くした可能性すらあります。
というか、そう考えないと移動速度を遅くすることになんのメリットも無い。
早期にデスウイングが完成していれば、マッドの登場時の被害は遥かに少なく、
マッド登場前に量産されていればマッドの基本仕様すら変わっていたでしょう。
もしかしたら、デスウイングに対抗出来る機体が開発出来ずに共和国領土のかなりの部分を
征服されていたかも知れない。
・・・やっぱり、帝国は負けるべくして負けたということですねえ。

ダクスパの開発経緯もっぺん調べてください。

No title

荷電粒子砲を収束するには雷竜のゾイドが最適とされセイスモが開発されたんじゃなかったでしたっけ?
技術うんぬんもあるでしょうけどデスザウラーではゼネバス砲のような遠距離射撃で撃ちぬく威力を確保できなかったのかもしれませんね
デスザウラーは圧倒的防御力とゴジュラスをも凌駕する格闘能力がある故貫通力の高い低燃費な収束する遠距離攻撃が可能な荷電粒子砲をあえて採用する必要が帝国軍にはなかったのかもですねぇ
国力が劣る帝国からすれば遠距離から撃ちぬくより燃費が悪くても1撃で部隊をほうむれる荷電粒子砲をわざわざ改修する必要性があまり感じられなかったのかも

まぁ結果的にはマッドサンダーの登場でなすすべなく・・・ってなっちゃったんですが慢心があったかというとそうでもない気がします

ゼネバスはなにがなんでもマッドを開発させまいと妨害してましたし新型ゾイド誕生を見越してデスザウラーをパワーアップしようにも具体的にどう強化すればいいものかも不透明でしょうし
そういう意味ではマイケル少佐は不本意とはいえデスザウラーの改造をよく仕上げていたと思います


No title

デスザウラーのレーダーが一つしかないのはつける必要がないと帝国が判断したのかもしれませんね

その理由としてデスザウラーは荷電粒子砲を出しながら動けるからです
ゾイドバトルビデオではそれが確認できますし
バトルストーリーと関係があるかは分かりませんがアニメやゲームでは荷電粒子砲で薙ぎ払うシーンがあります。

大型機の多い旧ゾイドの時代でもその利点でレーダーが少なくとも敵を発見すれば荷電粒子砲を放ち敵をせん滅してたと思います。

だからとりあえず敵を発見できるぐらいのレベルのレーダーがあればいいのだと思います。

逆にジェノザウラーなどは荷電粒子砲を打つ時はアンカーで固定するため動けないので精密に打つ必要があると思います。
アニメでもブレードライガーとの戦いで無理やり動かして足を壊す?シーンがあります。

No title

デスザウラーの荷電粒子砲は構造的に体にためたビームを一気に口から放射してる仕様で、ジェノやセイスモのように体を使った砲身を使わないので収束できないのだと思いました
デスザウラーは目的が戦場でゴジュラスとウルトラを駆逐する事がメインで、無印アニメの影響で荷電粒子砲の威力に目が行きがちですが、本質は戦場での突破力を重視したウルトラザウルスの亜種のようなコンセプトだと思いました

レーダーもあくまで自分の索敵が出来ればと言うことと、他の火器が自衛である影響で探知よりも照準補正のような面が強い仕様だと思いました

荷電粒子砲は確かに強力ですが、それを重視していたのはプロパガンダの影響を受けた前線で、帝国上層部はデスの総合力(装甲や格闘)を重視していてマッドサンダーも単騎の戦闘力よりも組織での運用でデスが敗北したと思い込んで、自分達の陣地で万全の状態で迎え撃てば勝てると踏んで対反荷電粒子シールド案を重視しなかったのだと思いました

仮にデスに収束荷電粒子砲を積むなら砲身を外付けの大砲が必要だと思います

No title

デスザウラーの小さなレーダーですが、小さいレーダーほど対電磁波防御は疎かになると思うのですが、それでも問題なく運用しているところを見ると、荷電粒子砲の電磁波はそれほど問題はないのかもしれません。レーダー増設型もいくつか開発されてますし。それでも、デスザウラーに高性能なレーダーを標準されなかったのは、最前線で戦うデスザウラーではデカくて脆いレーダーを搭載したらすぐに壊されてしまうという理由もあるのかもしれませんが。
ちなみにダークスパイナーのパワーと体格では荷電粒子砲装備とジャミング機器の両立は困難かもしれません。デスザウラーもインティークファンなどかさばる荷電粒子砲装備を内蔵していますから、ディメトロドン並の電子専用装備を両立させるのは困難かもしれませんが。

超収束荷電粒子砲の直撃についてですが、胴体に直撃すればたとえコアを外しても、周囲にはエンジンや燃料タンク、エネルギーケーブルや制御用回廊など様々な重要機器が満載しているでしょうから、胴体に風穴を開けられた大半のゾイドは戦闘不能に陥るでしょう。

ウルトラやマッド、ゴジュラスやコングといった同クラスの大型と比較した場合、大きさと重量に対してレーダー関連の装備がやや貧相に感じてしまいますね。
もちろん標準的な性能はあると思いますし、機体の大きさ的に本来ならゲーター1機分のレーダーを搭載する余裕もあったはずですが、格闘能力と重装甲、粒子砲を成立させる強靭な機体構造を優先するため、やむなく精密電子機器類の本体への搭載を見送ったのかもしれません。

No title

>noir wizard
巨大パラボラアンテナ装備タイプ、位置的にも安全が見込まれているであろう高さで、なおかつあれだけ巨大なら電磁シールドなども装備できそうに見えますね。
あのタイプはルックダウン能力に優れているようで、首都攻略後は共和国軍の地下トンネルを発見しました。
ニカイドスも高台から海上の敵艦隊を見下ろしながら狙い撃つ目標だったんでしょうね・

収束荷電粒子砲はさすがの帝国でも後数年ないと厳しかったでしょうね。
ビームスマッシャー→収束荷電粒子砲という流れは非常に分かりやすいですね。
あと、ハイパー荷電粒子砲もここに殻mで繰るかも知れませんねぇ。

新世紀のネオゼネバス帝国は、さすがに反省を活かしまくったんでしょうね。
共和国がようやく反撃した途端に……。
凄いものです。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
レーダーは頭に付けると荷電粒子砲発射時の電波干渉で壊れる。
腕だと離れているので大丈夫。
という解釈です。伝わりにくい文章ですみません、、。

細いビームだとおそらく「線」の破壊が限界だと思います。
「面」ではない。面を破壊しようと思うと入念に何度も折り返して照射しないといけないんじゃないかなぁという見解です。

>やまさん
ダクスパは仰る内容を見てナルホドと思いました。
荷電粒子砲を搭載するとすれば二人乗りにはしたいですね。
長い顔を活かしてタンデム式複座にすればいけるかな・・・。
ただ、人的資源が不足する帝国には許容しがたかったのかも知れませんねぇ。

、、、そういえばキラードームとの合体が何で必要なのかなんかも今後考えていきたいですね。
現状ではちょっと謎…。

>しめじさん
現場と後方の空気が違う事はままありますね…。

デスウイング以降の推移はなるほどなーと思いました。
あの一件があったから、レイノスが完成したにも関らず更にその上位版である所のサラマンダーF2、打目押しのオルディオスの開発をその段階から行っていたのかもしれませんね。
オルディオスは異様に早い時期に登場したもんなぁ。

…とすると、デスウイングはギル・ベイダーを生んだだけでなく、その対抗機までも生んだのでしょうね。
皮肉だ…。

>Jスターさん
ウイングは当初は前期に配備する予定だったと思います。
でも運用したらあんがい無くても無敵である。コストもかかるしいや…! ってなったのかもしれませんね。
速度については帝国史上かつてない400tの超重量だったので仕方がないと思います。
むしろあの重量でゴジュラスより有速というのが凄いです。
ただあの時代に「前傾させる」ような技術が浸透していれば150km/hくらいは出たかもしれませんね。

>No Nameさん
は~い。

>ヒューイさん
セイスモは長い砲身が最も付けやすいという理由で選定に選ばれたのだったと思います。
ただ体を一直線にする事ならデスザウラーでもできないことはないです。
デスバードやデストゲラーは一直線になっているので、そのようなデスザウラーならば収束化も可能だったと思います。

マッド開発妨害は……、不思議なのはチェスター教授を何で共和国首都に収容していたかという所でもあります。
ゼネバス帝国首都にでも収容しておけば良かったのに。そうすればさすがに共和国部隊も手が出なかったでしょう。
帝国軍はマッド開発妨害は全力を挙げて行いましたが、あんがい最初の部分で最大のミスを犯して板と言えるかも…。

>なわさん
あぁ、そういえばバトルビデオでは歩きながら撃っていますね。しかも何発も(笑
あと湯気のようなものを出してるシーンもありますが、あれは何なんだろうなあ…。

私は荷電粒子砲は「弱状態」なら歩きながらでも可能。ただし「全力で撃つ時は踏みとどまってふんばってじゃないと無理」じゃないかなぁと思いました。

発射時の制限なんかは更に考えたいですね。
なぎ払いは見解が分かれる所だと思います。
これも全力で撃っているか弱状態で撃っているかで出来る/出来ないが出そうな気がしました。

>デスペラードさん
構造は仰る通りだと思います。
なので、デスザウラーを前傾させて砲身化すれば収束できる可能性が見えるとも思います。
デスバードのような姿勢の改造機が居るので不可能では無さそうに見えます。

戦いの見解はたいへん興味深いです。
上層部の見解もどんどん考えていきたいですねー。

>samonさん
デスザウラーのレーダーは腕についている=口やインテークから離れている=そこまでの干渉を受けない=大丈夫
と考えています。
レーダー増設型はパラボラ付けたタイプですね。あれもまた付き位置から大丈夫なのだと思います。

ダクスパのパワーについては確かにその通りですね。
同時に駆動させられるほどのパワーはないかも…。
両方積むと重量も増えて速度も落ちるだろうし。その面で再構築してみたいと思いました。

>横転臼砲さん
大型ゾイドの割には電子機器が貧弱という印象は拭えませんね。
ゴジュラスなんかだと後に背びれがアップデートされているのですが。
純粋なファイターでありその能力を究極にまで求めたのがデスザウラーなのでしょうね。

No title

そこはアレでしょう

チェスター教授は

「技術提供はするが共和国首都じゃなきゃイヤ」


ってワガママがとおったのかもしれないですね
んなアホなって思わなくもないですけど・・・まぁ冷遇して結局何も聞き出せないんじゃ意味ないでしょうし
協力しないなら捕虜なんぞいらん、処分じゃ!!じゃ独裁政治もいいところ、敵国の教授とはいえそんなことしてたらそれこそ国民の支持がガタ落ちでしょうし
まさか共和国がデスザウラーがいる首都に教授奪還のため凸ってくるとは思わなかったのでしょう
まぁ見事に奇襲されてますけどw
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント