今日は37話

今日はアニメ37話!!
前回のシリアスな話と気になりすぎる幕引き。
そこから今話がどうなるかが気になりすぎます。

フリーダム団はレジスタンスや子供たちに戦うことやゾイドのことをどう伝えるのか。
(できればアラシだけに任せるのではなくオニギリやペンネも自身の見解を伝えて欲しい。特にペンネは戦いの経験が多いのだし)

帰ってきたアイツはいったいどうなっているのか!?

あと、今日はアンキロックスの発売日でもある!!
絶好のアピール日なのにさ、前話でアボカドどっかに旅立っちゃったんだよね……。
はたしてアピールの為に颯爽と現場に戻り大活躍とかするんだろうか。
そうなれば帰ってきたアイツに対してどういう反応を見せるかなども見所になりそうなんですが。

うーん、でもあんまり期待できないかな。
漫画版だとデスレックス戦でいい動きをしていたんですけどねー。


アニメでは本日は大決戦。
ガブリゲーター(改)、ディメパルサー(改)、ナックルコング(改)、ギルラプターが敵戦力。
あと、緑色のディロフォサウルス種と思われる新型歩兵ゾイドも前回チラッと写っていた。これもくるのかな?

フリーダム団陣営は
ワイルドライガー、ハンターウルフ、トリケラドゴス、ガノンタス、スコーピア。
どうでしょうね、どっちが強いだろう。
その辺を事前に大予想したいです。

現在、敵戦力は
「ナックルコング、ギルラプター」
「ディメパルサー、ガブリゲーター」
に分散している。

フリーダム団は
「ワイルドライガー、ハンターウルフ」
「トリケラドゴス、ガノンタス、スコーピア」
に分散している。

うぅーん、どうなるかな。
ナックルコング、ギルラプターは強いでしょうね。
ワイルドライガーはギルラプターを相手にするので手一杯になるだろう。
ナックルコングは……、以前の戦いから察するにハンターウルフだけでは厳しそうでもある。
あのハウリングシャウトを防ぐからなぁ。
可能性があるとすれば、フォアグラとドレイクの仲は極めて険悪。なので仲間割れを期待する事?
「邪魔するな」と足を引っ張り合う敵に対して見事な連携で戦う……ことが勝利の鍵になるのか。

あるいはナックルコングは昔スコーピアに打たれた毒が今になって効いてくるとか、整備不良とか、移植したステゴのパーツが馴染まないとか、そんな事も期待出来る…のかな?
(漫画版ではツインドファングを移植したワイルドライガーが序盤においてパーツが馴染まず動けなかった)


ディメパルサー、ガブリゲーター側は。
ガブリゲーターはどうとでもなると思うんですが(機体性能がどうというより乗り手の問題で)、ディメパルサーはなぁー。
ただ今回は近距離に味方機が居るので、電磁パルス攻撃は使いにくいでしょう。そこに勝機があるかも。

いや個人的にトリュフはかまわず使いそうな気もするなー。
キャビアは失態を重ねすぎた。いちど四天王から外されたような身。
もはや捨て駒と見ているかも。
「味方機が居る状況では電磁パルス攻撃が使えないだろう」と思うペンネたち。
しかし「ほほほこれも計算のうち!!」とかいって最大出力で電磁パルス。ガブリゲーターごと葬ったのであった。
とかなりそう。

こちら側に勝機があるとすれば、ガノンタスは電磁パルスの射程外に離脱して砲撃。
スコーピアは地中に潜りパルスを遮断。地中から攻撃を。
トリケラドゴスはLサイズで耐久力が高いので、ちょっとかわいそうだけど耐えて耐えて時間を稼いでもらおう…。

という風に思っているんですが、基本的にどちらも勝機は薄いかな。
どうなるでしょうか。ドキドキです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

死竜……復元……

おはようございます。

ギャラガーのあの描写、機獣新世紀のデスザウラーの邪悪な意思を思い起こさせますね。

―俺が君を利用しているのか、それとも俺が君に利用されているのか―

そういや今年でゾイドアニメ20周年ですから、こんなニクい演出をとっておいた……なんてね。

あと、個人的にはベーコンの復帰よりもタイガーの復帰が腑に落ちないなあと思ってたのですが、
良く良く考えたら、今作のコンセプトの一つに、
「復元」
があることを忘れてました。
そう、ズタズタにされても、致命傷を逃れ、誰かに修復されたんじゃないかなぁって今なら思えます。これなら単なるご都合主義に陥らず済むと思いますよ、ある程度は。

No title

何となく感想と言うか今後ネタとしてダークスパイナーとディメパルサーの強弱や対決したらと言う話が出てきそうな話でしたね

個人的には互いに(本家とワイルド産のゾイド)では操縦法が違うので互いにジャミングウェーブやパルス攻撃は効果がないと思ってます

個人の見解ですが、ディメパルサーのパルス攻撃はDNAを取り込んで使うことや「本能」「を重視していることからデスレックスの恐怖を相手の遺伝子に訴える事で操っていると思いました
裏を返せば本家はコンバットシステムなど機械による制御があるので恐怖をシャットアウトしたり、機体の制御を操縦からの命令を最優先するなど機械としての面で対抗できると思います(またある程度のEMP対策や個体レベルで対電子戦装備も自衛の範囲で装備していると思います)
逆に言えば人造の機械の要素が低いワイルド製のゾイドには偽のデータを送ってもゾイド自体が判断したりして行動するなどの点や、そもそもコンバットシステムがない可能性から偽のデータを繰りつけられないと思います
また、スパイナーのジャミングは本能が強いオーガには聞かなかったことから無効化される可能性も考えました

強いて言うならダークスパイナーは操るだけでなく、行軍しながら広域への操縦妨害が可能な点では武器としては遥かに強力だと言えます<ギガのバトストより、歩哨中のケーニッヒがスパイナーの接近により千鳥足でしか動けなくなったので

No title

>スサイド生田さん
いやー、ギャラガー様は回を追うごとに凄さが出てきてますよねー。
大物感は十分。アレで居て計算もできていて最高です・

修復は、たとえば傷がふさがる時に若干いびつに修復されたりもとより少し太くなったりすると、より生物感が出るかもしれませんね。
修復も注目したいですねー。
トリケラドゴスとか、どうやって修復されるんだろうか。

>デスペラードさん
ダクスパとは比べたくなりますねー。

現在のところ有効性ではディメパルサーが上かな?
電磁パルス攻撃&相手を操る攻撃。明らかに上位機な気がします。
ただ安定性と格闘力ではダクスパが上かな。

私的にはディメパルサーの大きさであの電磁パルス攻撃ができたので、ディメトロドンやダークスパイナーがそのような攻撃を行えば凄まじいんだろうなあと思いました。
パルス攻撃だと気合云々ではなかなか脱出が難しいと思います。

ダクスパの「支配下に置く」ものの場合は、仰るとおりワイルドブラストしたゾイド愛手には効かないかもしれませんね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント