37話!!

37話でした!
今日は一話まるまる激戦。息をつかせぬ展開で動きまくっていて良かったですね。
そしてこれでもかというほど中身を詰め込んだ超密度の回でもありました。

激闘。


ナックルコングは相変わらず良かったなー。
ゴリラだからからやっぱり動かしやすいんだろうな。
またフォアグラがやっぱり良いです。技量の高さはもちろん、戦闘を楽しんでる感じがするのがいいな。
ゾイドの残骸を投げつける豪快さも凄い。

今回は割と攻撃を喰らう事も多かった印象。
さすがにアラシの技量も向上して、鈍足のナックルコングでは受けきれなくなってきている模様。
しかし防御力と回復力の高さは相変わらず。強引に戦闘を続けるところが魅力!

ステゴの武器を見事に使いこなしていたのもGOODでした。
そりゃぁ腕にあれが付いてると強いよなぁ。
岩を豆腐のように切るし。



ワイルドライガー、アラシもかなりの技量向上をしていて成長したなーと思う。
しかも目の前の敵を倒すだけでなく、戦う場を判断する冷静さや視野の広さも出てきていて嬉しい。
当初はワイルドブラストせずに戦っていたのも良かったですね。
ここぞという場面で使う感じが良かった。


ギルラプターはもはやハンターウルフのライバルになりつつあるかも。
ソルトとハンターウルフはやっぱりカッコいいな。


ソルトが子供たちに向かって言った言葉、
「そいつらは弱くない、お前たちを精一杯救おうとした強い心を持っている」
も良かったなぁ。
こういう状況でその言葉を言うのはある意味で綺麗事ではあります。
いやしかし、こういう状況だからこそ非常に強い力のある言葉だと感じました。
このシーンは凄くうるっときました。
ソルトはいつも大事な事を言ってくれるよ。



オニギリとガノンタスはちょっといいとこがなかったかなー。
ただ相手が悪かったか。
ディメパルサーが直々に相手をしていたので、これは仕方がない所ですね。
運動性が低いので離脱もできずになぶられるまま。
ただ超時間耐えに耐え、トリュフから「なかなかの装甲」と言われてたのは印象的でした。
トリュフが直々に相手してたという事は、やっぱり遠距離砲撃は脅威と見ていたのかな。



ガブリゲーターは予想以上に強かった。
やればできる子やんか!
強いワニに大興奮。

デスロールで飛びかかったりフォースインパクトを避けたり、テクニカルな魅力を出してくれて嬉しかったです。
デスロール…めっちゃ回ってましたが、乗り手も頑張っただろうなぁ。
今回のキャビアは妙な知恵を働かせなかったのが勝因でしょうか。
さすがに懲りたみたいですね。



ディメパルサーは相変わらず強い。
ガノンタスへの攻撃から見るに、格闘もできるようで隙がないなあ…。

そして新ゾイドも登場!
「ディロフォス」
造形ほとんどラプトールやないかい! とは思うけど、濃緑は格段に上の模様。
ディメパルサーとの連携が恐ろしい…。

ちなみに嬉々として語り出すオニギリに怒ったギョーザ、ナイスだ。

ディメパルサーの電磁パルス攻撃はまさかの「味方機には電磁波対策を施す」をしていた模様。
すげー。抜け目がない。
ダークスパイナー運用時の帝国軍みたいですね。
もう完全に狡猾の称号はトリュフに渡した方が良いな…。

ただし、今回は前回使用時ほどは効果が出ていなかった。
ワイルドライガーやハンターウルフが気合でどうにか跳ねのけていた。
他の各機も煙を吹く程ではなかった。
なので、
「電磁波対策は可能である。ただし大出力に耐える対策ではない。よって出力をやや下げ状態で放つ必要がある。もっとも必要にして十分ではあるのだが……」
という感じのかなあとも思いました。


そして………、ファングタイガー!
颯爽と登場して四天王全員を圧倒!
黄色い防風のように圧倒しまくるシーンはすさまじかったなあ。
その機に乗じて形成を逆転するフリーダム団も良い感じ。


戦いは終盤、状況を知ったシュプリーム団も現場に駆け付け、もはや四天王の勝ちは消えたかに見えたが……。

ディメパルサーがデスレックスのDNAを組みこんんだ攻撃を敢行。
するとまさかの事態が。

まさかディメパルサーが今日発売のアンキロをあんな風にしてしまうとは……。

ディメパルサー、凄い能力だ。
稼働時間はともかくDNA組み込みは暴走もせず大成功している。
凄いぞトリュフ!
まさか電磁パルス攻撃に加えてダークスパイナー的な能力まで取得してしまったとは……。


今回は大半のゾイドに損傷が出た。
フリーダム団は全機が損傷。クローが折れたワイルドライガー。
ハサミを片方失ったスコーピア。
側面装甲を破損したガノンタス。
装甲がザックリ切れたトリケラドゴス。
ブースターが損傷したハンターウルフ(強引に使ってたけど)。
この辺の修理などもどうなるのだろう。気になります。
漫画版だとペンネが自前の工房で修理したり出来そうなんですが、うーん…。アニメの場合はどうなるだろう。
一旦、バーガーの整備工場に引き返して修理するとかかなぁ。


ということで戦闘に関して大興奮な回でした。
また激戦だけじゃない。
徐々に明かされるギャラガーの過去。

修行シーンの回想なんかも出てきて、少しずつ見えてきましたね。
ゾイドへの考え方の違いがこの時代からあったようだ……が、ムシ仙人はその辺の事をあまりどうとも思っていないんだな……というのは残念。
それで師匠とか仙人とか読んでいいのかなぁ。

21話(仙人初登場)でこんな感想こんな感想を書いていましたが、改めてちょっと思ってしまった。
力だけを与えるのはいかんよ。。。

ベーコンは必死に対話を試みていたんですね。
そしてそれが逆効果になってしまい今に至る……。
(もうちょっと強引にやってしまえば良かった気もするが、まだ信じていたんだろうなぁ)

ギャラガー、そしてデスレックスはどんどん明かされてきていて。
でもまだまだ謎も多くて。今後がどんどん楽しみになってきてます。

あと、デスメタル量産キーが完成している事もスゲー事実でした。
やばい・・・・。

そして来週は四天王回!
まさかの四天王回!!
嬉しいなー。

今回のキー奪取できなかった件を叱責されなきゃいいんですが。
デスブラストキーの量産が完了した=四天王の地位が危ない感じもするし。
心配だなあ…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いやー、今週は良かったですね!

ナックルコングはステゴゼーゲの背ビレを武器として使ていたのが胸熱拳に劣るのでは? とも思っていたのですが。
岩を容易に切り裂くあの鋭さがあれば、関係ない感じでしたね。

ガブリゲーターはフォースインパクトを加えこんで抑えるなど、強かったです。背水の陣と言っただけのことはあるか。

ディメパルサーはまさかの電磁パルス対策済みという想像の上。
正直それはやらないかと舐めてました。
しかし、ディロフォスもいるしでちゃんと部隊運用をしていて。
電子戦ゾイドしていました! 今までは電子戦なんてゾイドワイルドの世界では早すぎる技術なのでは? などと思っていましたが、ちゃんと部下を連れるなどの生かす方向性で使っていて素晴らしかったです。

ファングタイガーはものすごい活躍をして去っていきましたね。
殆ど四天王との戦いの出の引き分けは彼がもたらしたようなもの。
タイガーが生きていたのならベーコンも……とは思いますが、どうなのか。

ギャラガーについても見えてきましたね。
ギャラガーは反骨の相があるというか、子供らしい全能感を持ち続けたまま成長したようですね。
ベーコンとの関係が項羽と劉邦というか、そんな感じに見えました。
そして、その気性を持ち続けたまま成長したが故に今のようになってしまっているのですね。
天性の素質と子供の様な全能感を持ち続けたまま大人になってしまった。
そして、知識や経験をそれを裏打ちするために使ってしまった。
それが、今のギャラガーなのだと思います。

ムシ仙人は……まあ、仙人などと言われてはいますが、どっちかっていうと隠者なのでしょうねえ。
つまりは世捨て人のようなもの。
そんな人にあまり過度な期待はしない方がいいかと思います。
強いからそう言われてるだけ。、ましてやミミガー(ギャラガー)は全ての修行をベーコンと共にこなした訳ではなく、自分で見切りをつけて途中離脱しているのですから、なおさらムシ仙人に責任を問うのは筋違いかと。
ムシ仙人にギャラガーの責任を問うのは、過度な期待だと思います。

それはともかく。
今週のゾイドワイルドで個人的に褒めたいところが一つありまして。
それはディメパルサーとディロフォスのコンビネーションをフリーダム団が卑怯扱いしなかったことです。
こういう内部ダメージを与えるような攻撃は下手をすると卑怯だと誹られる扱いも少なくないのですが……。ゾイドの能力だからという理由があるからでしょうか、そうは言われませんでしたね。
ディメパルサーとディロフォスのチームワークやコンビネーションを卑怯だと言わせずに扱ったのは素晴らしいと感じています。
グラキオやアンキロなどに宿っていた絆すら奪っていたのにそう言わなかったのって、ちょっと大事な気がするんです。

しかし、敗けはしなかったが勝てもしなかった四天王が次回どうなるか、見ものですね。
どうなりますか。

ゾイドとの絆を失ったシュプリーム団の3人も。絆を取り戻せるのか。これは、バーガーの時とは違う意味で期待ですね!

No title

見応えの抜群の戦闘回でしたね。アラシの判断力の成長に加え、ライガーの攻撃力も向上している様子。コングの胸部装甲に攻撃が効いたのって何気に初めてですよね?
前回は遠くに現れたコングに俊足の二体を向かわせ、今回はディメパルサーに遠距離攻撃できるガノンタスを当てたりと、戦略面でもチームとしての成長が窺えます。

しかし、トリュフは更にその上を行っていました。ディメパルサーは意外と格闘にも優れていた上、僚機には電磁波対策、牽制にディロフォスを配置、おまけにディロフォスはディメパルサーのサポート能力まで有するという隙の無さ。ディメパルサー自体も強いですが、トリュフの運用が更に圧倒的な脅威にまで押し上げています。タイガー乱入後は真っ先に彼を狙うべきでした。

そしてタイガーですが、まずはお詫びを。すみません!パージした装甲は無くなったままでした!m(_ _)m
それにしても、今回の様子ではタイガーだけ生き残ったように見えますが、どうも腑に落ちません。完全に噛み付かれたあの状況から、どうやってタイガー「だけ」が逃げられたのか。暗転後のエグい音は何だったのか。あの後ラプトールを千体も平らげたというレックスが目の前のご馳走を逃すとも思えません。タイガーが逃げられる状況なら、ベーコンも咥えて逃げられそうなものですが…。

ファイナルマッドオクテッドの効果といい、今回は、外れて欲しい予想が当たって、当たって欲しい予想が外れました。

No title

前回もそうだけどガブリゲーターの爆発シーンだけ妙に派手な気がする

No title

めくるめくのバトル回、実に素晴らしかった!

四天王がちゃんと強い!
別人かと思うほどキャビアも強いし、改造ナックルコングのアクションがいちいち格好いいし、まさかのディメパルサーも圧倒的な強さを発揮。終盤のどんでん返しを含めて四天王に拍手喝采でした。

相対的にドレイクがいまいち(瞬撃殺のみで見せ方も単調)でしたが、ストーリー的に何かあるはずですのでもう少し温かく見守ります。

前作に続いて異様な存在感を出すギャラガーさま。回想なので細かい経緯までは明らかにされてませんが、ベーコンとの関係性や狂気の淵に降りていく様子が徐々に描かれて、アウトラインは見えてきたのではないでしょうか。あとは、強さに異常に拘る理由があるといいかな、と思ったり。

そして、復活のファングタイガー。ここぞというところで飛び出してくる熱い展開でした。安直にベーコン生存ではなく、相棒のファングが生還という筋書きは個人的には面白いのですが・・・デスレックスに敗北した様子はベーコン生還・タイガー死亡の方が妥当な描写だけに複雑な気持ちもあります。

あと、ディロフォスがかなり良かったです。
純粋なディロフォサウルスというよりジュラシックパーク型ディロフォサウルスなのは否めないでしょうが、アニメ的にもデザイン的にも、ラプトールよりは好きな感じでした。

次回、敵サイドからの総集編っぽいですが、ドレイク絡みで一悶着ありそうな様子。これも楽しみです。

No title

もうひとつ

ゾイドワイルドの描写で好きな場面のひとつは、ライガーとラプターが空中で頭をぶつけ合うシーンなのですが、ナックルコングのパンチで同じことをされた時はシビレました。本作は、ほぼほぼ格闘戦なので、従来と違う見せ方が面白いです。

その反面、火器・銃器があれば、もっとバトルのバリエーションが増えていただろうなとも思いますが・・・

No title

まさか「デスレックスが一度でも捕食した事のあるゾイドは遺伝子レベルで屈服させられる」という事なのでしょうか、あのシーンは……
お互い痛み分け、しかし「力で絆を断ち切られる」という最後だけを見れば打ち負かされたのはアラシ達の方……
そして恐らく、絶滅したと思われるほど数が激減したワイルドライガーを含めてデスレックスが捕食した事のないゾイドは存在してない可能性が高く、ディメパルサーを止めない事には文字通り勝負にすらならない

……というかこれ、「ディメパルサーだけ派遣すれば敵ゾイドも野生種も全部デスメタル側へ寝返らせることが出来る」
「そうして洗脳したゾイドで人々を襲わせれば、ゾイドと人間の対立はより一層深まっていき」
「逆にレジスタンス側も絆より力を求めて戦うようになる」と
色んな意味でやば過ぎるフラグが経ってしまった気が……

次回は四天王編、その間にフリーダム団たちは少しでも心身の傷を癒す事が出来るのでしょうか
そして鹵獲された3体はデスレックスのご飯になってしまうのでしょうか……!

No title

ここまで破損シーンのある戦闘は初めてでしたね。
アラシ達のゾイドにも修復とともに電磁波対策が施される前フリでしょうか。

ディメパルサーのデスレックスDNAを組み込んだ攻撃は脅威すぎです。
たいていあの手の能力は発動中は相手を操れたとしても能力を切った時点で元に戻るものですが…。

次回まさかの四天王回(しかも日常回っぽい?)。
敵味方かかわらずメイン処は美男美女で固める作品が多い昨今、こんな面白い顔したオッサンたちだけのメイン回が用意されるとは…、今までで一番次回が楽しみかもしれません。

No title

追記
よく形状を見たらデスメタルキー、デスレックスのゾイドキーを元に作られているのでは?
だから“どんなゾイドでも強制解放できる”し、デスレックス自身に差すと解放は出来ても“干渉しあってやがて壊れてしまう”……?

No title

ムシ仙人がアラシたちから話を聞くまでギャラガー乱心のことを知らなかったのも、当時のギャラガーがそこまでひん曲がった性格ではなかったのかもしれませんね。当時はベーコンとも悪友だったようですし。

今のギャラガーを知った今後はともかく、半ば世捨て人の生活をしていて外界の情報には疎いであろうムシ仙人が後々まで弟子の動向を監視しろという話も酷な気もします。

ほったらかしという点では、ろくなゾイドの知識を与えずに息子をほったらかしにして旅に出たアラシの父親も同類でしょう。アラシもあのままライガーを仲間にできなければ、己の一方的なゾイドへの愛情が空回ってギャラガーのようにひねくれていた可能性だってありえます。

No title

>やまさん
戦闘最高でしたね。

ナックルコングはホントに魅力的でした。
岩を豆腐の様に切っちまう! そしてその描写に説得力がある実に良い回でした。

ガブリゲーターもよかったですね。
真面目にやると強い。さすがは四天王ですね。このまま慢心せずに願いたいところです。

ディメパルサー・・・というかトリュフは本当に抜け目がないですね。
他の者の場合は「部下や味方機などどうでも良い」と考えている節が若干見えますが、彼の場合は確実に計算高く「最大の効果」「最大の成果」を見ている感じがします。
ステキ!

ムシ仙人はおっしゃる内容を読んでもやっぱり私はどうかと思うかなー。
世捨て人だから という理由で全て許されるなら、たとえば細菌兵器や核兵器の製造が可能なものが世捨て人になったと。誰かが押しかけてしつこく製法を聞いたので目的も見極めずに教えてあげたと。そいつが独裁者になり国を支配してしまったと。
こうなった場合、いや何も考えませんでしたワシ世捨て人だから…というのは通用しないという考えですね。
力を「与える」のは責任が発生すると思います。
おそらくモデルである所の亀仙人は力とは何かを最初にちゃんと教えていました。なので後年になっても弟子は道を誤らずしかもずっと尊敬をしているのだと思います。

ディメパルサーに対する評価は確かにそうですね。
いくらでも卑怯呼ばわりできそうなものを正々堂々受け切ったのは良いですね!

>レイさん
アラシもどんどん良くなってきてますねー。
初期の頃の猪突猛進だった頃がいまや懐かしい。

コングの装甲はたしかに初ですね。
こちら側の攻撃力も経験を経て上がっているのかなあ。
それともコング側も今までの損傷を経て少しずつ低下しているのかもしれませんね。
その辺の事情も考えていきたいなー。
今の攻撃力だとデスレックスにどの程度通用するのかなー。その辺も気になります。

そしてディメパルサー!
前回も凄かったが今回も凄かった。
いや、ホントに隙がないですな。ゾイドもライダーもどちらも厄介だ。

タイガーは確かに真っ先にディメパルサーを狙うべきだった!
相手が動作開始する前に叩き潰す。パワーとスピードを両方持つタイガーならそれが可能だと思います。
フリーダム団でもライガーを上手く使えば出来るかなぁ…。

>No Nameさん
今回は修復できるか微妙な所まで行きましたからね。ハデハデですな。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ちゃんと強いのは最高ですね。
キャビアはやれば出来る子やったんや・・・・。
これを持続できるかは今後の過大になってくるでしょうねー。強いキャビアよ継続せよ!

ドレイクは回避においては素晴らしい動きを見せたと思います。なにげにウルフのあの速度を回避できたのは驚異的。
でも回避なのでちょっと地味でもありますね、、、。
今後に期待です。
しかし。。。。大丈夫かなぁと言う気もしています。

タイガーは今後もおそらく登場すると思いますが、あの瞬間の謎も明かされると良いですよねー。
明らかにガブリしてたし・・・。

>No Nameさん
恐ろしい事にそういうことみたいですね。
デスレックスはほとんどの種を食ったでしょうね。
ワイルドライガー以外は全部食べてるんじゃないかな…。
トリケラ、スコーピア、ガノンタス。この辺りを食っていないわけはないと思います。
ウルフはどうかなー・・・。というかウルフもけっこう唯一無二みたいな気がしているんですが、他に生息しているのだろうか?

しかしディメパルサーは本当に恐ろしいですね。
仰るとおり、稼働時間の問題さえ解決すればこれとディロフォスだけで世界征服できてしまう。
凄すぎる…!

>しめじさん
めちゃくちゃにやられましたね。
特にトリケラ。
あの分厚い装甲が切れるなんて……。
…トリケラ、今のところパワーも防御もあんまり描写されていないので、ぜひ復活パワーアップしてリベンジして欲しいなぁ。

修復ついでに本格的な強化や電磁対策なんかもして欲しいですね。
無策で次を戦うわけにはイカンだろうし…。
でも、フリーダム団の整備力では厳しい気もするなあ。
どうなることやら。

>smaonさん
ひん曲がってた事は十分そうと取れる感じだったと思いますけどねー。
力を与える側であるからにはそれを見抜いて欲しかったですね。
力を得た弟子がどこかに行ったのにそれも知らん振りだったし。

力を与えた側の責任については上のやまさんへのレスの様に思っています。

アラシの父については力を与えたわけではないという点において違うと思います。
また「帰ってくると言っていたけど帰ってこなかった。次は一緒に旅に行くつもりだった」という事から考えて「教えるつもりだったが何らかの事情により不可能になっている」のだと思います。
これはただただ放棄した事とは大きく違うと私は思います。
まぁ、あの世界において自分が失踪してしまう可能性を考慮できていなかった点は大いに無責任ですが。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント