シールドライガーMK-II

シールドライガーMK-IIは、当時は悪くない色だけど青い方が好きだなー…という感想でした。
この当時はライガー=青という認識が強かったと思う。
しかしこれ現在では白い方がライガーの標準になっている気がしますね。

ライガーゼロは主役を長く務めてしろライガーの印象を強くした。
そしてワイルドライガーは現在進行形で白いライガー。

ムラサメライガーは青というか白というか迷うバランスかな。中間って感じがする。
ただエヴォルト形態も含めるなら白のイメージが強いかなあ。

逆に、ウルフ系はいつの間にか青が多くなっているのがまた面白い所ですね。

さてシールドライガーMK-IIですが、グレートサーベルとの戦いを想像すると、私は
「遠距離砲撃力はシールドMK-IIが上。よって遠距離戦ならシールドMK-II優位」
「接近すれば運動性で上回り、近距離でも使いやすい武器の多いグレートサーベル優位」
と見ています。
ゴジュラスVSアイアンコングみたいなバランスですね。

ただ両者は「ライバルだが」「対抗機という構図ではない」と思います。
これはゴジュラスMK-II、アイアンコングMK-IIを思い浮かべると近い。
ゴジュラスMK-IIは対アイアンコング用に強化改造された仕様。アイアンコングを向いている。
しかしアイアンコングMK-IIは対ウルトラザウルス用に強化改造された仕様。ゴジュラスではなくウルトラを向いているのです。
そういう意味では向かい合っていない。対抗機ではない。
ただ実際に完成すると両機が激突する事はあったし、軍内でのポジションも似たようなところに落ち着いた。
なので結果的にライバルと言われるようになったのですが。


グレートサーベルは上の例で言うとゴジュラスに近い。
これはシールドライガーに対抗して開発されたのは明らかです。
バトスト4巻によると「シールドライガーとベアファイターに対抗して開発された」とある。
気になるのは「ベアファイター」という所かな…。コマンドウルフじゃないんだ……。
たぶんコマンドウルフはサーベルタイガーの時点で倒せた。だが重装甲で生命力も高いクマは仕留めそこなう事も多かった。
ベアファイターは攻撃力高そうだもんなー。一撃の重さで言えば「コマンドウルフ<アロザウラー<ベアファイター」じゃないかな。
ブラックライモスはゴルドスを横転させるくらいの体当たりが出来ますが、ベアファイターはライモスと同レベルのパワーを持つ超中型機だと思う。

たぶんサーベルタイガーは能力面でいえばもちろんベアファイターより上。最高速度も運動性も上なので逃がすこともない。
ただ重装甲と生命力を誇るベアはサーベル程度の軽火器では仕留めにくい。
よって爪や牙での攻撃となるわけだが、こうなるとベアからの手痛い反撃を覚悟せねばならない……。
そこでグレートサーベルに進化したというのは実に分かる話です。

ただし対ベアは悪く言えばオマケみたいなもので、大本命は対シールドライガー用という所だったでしょう。
サーベルタイガーからすれば「同タイプの上位機」なので勝ちにくい。
これを超える事は必須だったのでしょう。

グレートサーベルは「8連ミサイル」を主武器にしている。これもまた対シールドライガーを強く思わせます。
つまりビーム砲ではエネルギーシールドで防がれ効果が半減する。
そこで重量増加を承知で実弾を詰んだのでしょう。


グレートサーベルの開発は多分、「シールドライガー登場後に計画され」「ゲルマンジー上陸作戦直後くらいから本格化した」と推測します。
ただでさえ機動力確保の為に絞った設計にしているサーベル。それを更に、攻撃力と機動力の両方を上げよとは。
しかも、山岳地帯で戦うという特性から行動半径の低下も許容できなかったでしょう。むしろグレートサーベルの開発要求には「密林の中を高速で移動し、長い補給線のどこを攻撃されても直ちに反撃できる機動力」とあります。ノーマルタイプよりも行動半径の増大を要求された可能性もある。
こうなると、もやは改造ではなく完全新型機を開発した方が速いのでは……と思えてくるなぁ……。
しかし帝国技術部は、たぶんコングMK-IIのバックパックの運用実績とその小型化など、最大の努力で完成させたのでしょう。

「ゲルマンジー上陸作戦直後から開発が本格化した」とすれば、登場までに割と時間がかかっています。
上陸作戦はZAC2045年7月。グレートサーベル初陣はZAC2047年6月。二年近い。
ゴジュラスMK-IIは完成までに四年半もかかっているので、これに比べれば短いもんです。
が、コングMK-IIの半年足らずで出撃にこじつけた事と比べると帝国軍の改造タイプとしては異例の長さだったと言えるよなぁ。


シールドライガーMK-IIは、これは何度か書いていますが対アイアンコング用と思います。
山岳地帯の攻略で最大の障害はサーベルタイガー部隊だったでしょう。それについてはシールドライガー、コマンドウルフ、ベアファイターが当たればまず勝てる。
しかし主力じゃないとはいえ無視できない数が配備されているのがアイアンコング。
これはもう装甲が分厚いのでシールドの全火力を当てたところで倒せない。
牙や爪で挑めば勝ち目はあるが、コングの長い腕の反撃も覚悟せねばならない。山岳なのでゴジュラスの応援も要請できないし……。

そこでコングを仕留められる大火力を持ったタイプが要求された。
ただ、期せずしてサーベルが「グレート」に新生した。これと接近戦をすればシールドライガーは危うい。
最高速度はまだこちらが上だったが、火力や運動性は敵の方が上だ。エネルギーシールド対策まで採られてる。
これに対抗して同じ分野で戦うのは効率が悪いのではないか。

そうだ、対コング用に開発したシールドMK-IIだが、これを対グレートサーベル戦に使ってはどうか。
重量増加で動きは鈍ったが、キャノンビーム砲は長射程なので接近前に撃ってやれば良い。
避けられるかもしれないが、一機がキャノンビーム砲で撃ち敵の動きを制限。その間にもう一機が仕留めるという「いかにも共和国らしい戦法」が採りやすいのも利点……。

そんなわけで、「本来は対アイアンコング用だったが、運用してみればグレートサーベルのライバルと相成った」というのがシールドライガーMK-IIだったと思います。


もうちょっと続けます。

最近VSデスザウラーとかVSマッドサンダーを書いています。
そこで思うのは、共和国軍は本当に全力をもって対デスザウラー戦に挑んだんだなぁ…という事です。
キャノン砲を撃ちまくって撤退に追い込んだゴジュラスMK-II、ウルトラザウルス。
力不足を承知で体当たり&17門突撃砲で善戦したディバイソン。
空から狙ったサラマンダー。
旧式機のマンモスだって改造タイプで挑んだ。

もしかして、シールドライガーMK-IIも対デスザウラー戦を見込んで開発された仕様かも……と思いつきました。

デスザウラーを倒すには「正面からガチンコでぶつかる」「ファンを狙うからめ手」の二種類があります。
ディバイソンやマッドサンダーは前者であり、ウルトラとサラマンダーが共同で挑んだ件は後者と言える。

で、ファンを狙うというのは簡単な用で難しい。
・精密に狙う
・それなりの威力
の二種類が必要です。

威力については、いくら弱点といってもまさか小型ビーム砲程度では無理でしょう。
それなりの威力は欲しい。
当時の共和国軍の火力で、確実なところではゴルドスキャノン、ゴジュラスキャノン、ウルトラキャノンくらいでしょうか。キャノン砲なので遠距離では曲射になり精密射撃が厳しい……。
かといって大型で取り回しが悪いので近距離では使いにくい。

これに次ぐ火力はゴジュラス腹部の76mm連射砲や四連速射砲。
これは高い位置にあるファンを撃ち抜くのは絶望的。

しかしファン狙いは実に魅力的である……。
そこでファンを狙える新型火器を開発。
これは「直進する=必中が期せる」ようにビーム砲である。
更に、デスザウラーの背後を取ってファンに叩き込めるようシールドライガーが搭載機に選ばれた。

敵の背後を取るというのはよほどの速度差がないと無理。
ゴジュラスでは不可能。一瞬取れたとしても、デスザウラーが向きを変えれば再び移動しなきゃならなくなる……。

背後を取れるゾイドは他にコマンドウルフ……も居るけど、これはパワー的にキャノンビーム砲搭載は厳しいので却下。
こうして、「デスザウラーの背後を取れる」「キャノンビーム砲を積めるパワー」を両立したシールドライガーが、対デスザウラー用として開発されたのであった……。


ディバイソンと連携すると良さそうな感じもします。
正面からディバイソンが突撃。それに対応しているデスザウラーの背後に回りこんでファン狙い。

共和国軍は、デスザウラー出現を受けて対抗できるゾイドの開発を急いで始めたでしょう。
完璧に倒せるゾイド(後のマッドサンダー)は時間がかかる。なので、早期に応急的な対抗機を登場させたい。
そこで正面から挑むA案:ディバイソン
ファンを狙うB案:シールドライガーMK-II
が誕生したのであった……。

兵器は単一目的の為に開発されるわけじゃなくて、ある程度の汎用性を持たせて作るものです。
シールドライガーMK-IIは対アイアンコング用でありつつ、対デスザウラー用でもあるのかなぁと思いました。
そして実戦では対グレートサーベル戦も多く経験した。

シールドMK-IIまでもが対デスザウラー戦を睨んでいたと思うと、ますますデスザウラーの壁が分厚く感じられますね。
もっともシールドMK-IIの完成はディバイソンより遅く、マッドサンダーよりは早いがそこまでの差はなかった。
なので、対デスザウラー戦での運用が確認できないのは惜しい所でもあります。


今日はシールドライガーの話でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

自分がシールドライガーMk2の存在を初めて知ったのは小2の時クリスマスに買ってもらったキングゴジュラス付属のカタログでなんですよ。
何て神々しい白と金なんだと。
金についての顛末はここで何度も言った(吐き出させてもらった)のでもういいですが、本体の白は相変わらず好きですね。
復刻した時の狂喜乱舞よ、、、
一人暮らしで実家を離れた時、まずもっていったゾイドです。
本当はF2を持っていきたかったんですが、運びやすいのはシールドMk2だったんです。

デスザウラーを除いた戦力では共和国が優位である以上全主力ゾイドにデスザウラー対策が施されるのは自然だと思います。
しかしシールドMk2は護衛のグレートサーベルに自ら近寄ることになるのでしんどそうではありますね。
背後をとってもシールドはファンを下から狙うことになりやすいので、デスザウラーがトビーダンカンみたく前傾姿勢で戦いだすとかなり厳しい気がします。
でもそうなるとサラマンダーの爆撃やウルトラ、ゴジュラスの遠距離砲撃が効く形、、、かな?

欲張りすぎ?

ゴジュラスとシールドライガーMKⅡ、アイアンコングとグレートサーベルでは各々得意とする戦い方が対照的なのは面白いですね。

それにしてもこうして見るとグレートサーベルは色々欲張りすぎな感じがしますね。
生産性という面ではシールドライガーMKⅡのほうが上かもしれませんね。

No title

マーク2とはいえコングやデスザウラーをもたおすのを狙ってたとなるとかなり欲張りな使用ですね

まぁシールドライガーがマーク2になったころはまだ共和国がデスザウラーのせいで劣勢だったころですしね
デスザウラーを食えるかどうかはともかく山岳のコングに対抗するためだったってのはあながち間違いではないのかもですね
ノーマルコングは格闘戦ならシールドにも勝目があった
ところが量産型コングはブースターを装備しており格闘戦にもちこんでも瞬間的な運動能力の差で不利になってしまった
山岳なら動きが限定されるところにビームキャノンを打ち込めばコングをうちとれるかもですしね

グレートサーベルとシールドライガーだと近距離ではサーベル
撃ち合いではシールドってところでしょうか

デスザウラーのインテークファンは・・・撃ちぬけたかもしれんですけど難しめだったかもですね・・・

No title

対グレートサーベルだけではなく、

遭遇率は低いがエースが乗るコングMKⅡと

装備簡略化による軽量化で

加速性と運動性が向上しているであろう

量産型コングMKⅡに苦戦するケースが少なくなかった為、

コング対策も視野に入れていた可能性は高そうですね。


デスザウラー相手だと

奇跡的なケースですが、

新世紀でアロザウラーが2連ビーム砲と火炎放射機で

ファンを攻撃してダメージを与えているので

ノーマルシールドの火器でも効果はあると思われますが、

背後に回れたとしても、攻撃時にはシールドを展開できない為、

背部火器4門(1門は頭部ビーム砲と同型)と

16連ミサイルで迎撃されてしまう可能性が高く、

ノーマルでもMKⅡでもファンを狙い撃つのは困難と推測します。

No title

ゴジュラスMK2がグレートサーベルに伸されたストーリーでは、シールドライガーMK2はグレートサーベルに敗れた経験を活かし、これを超えるために作られたと記述されているので、一応ライガーMK2のメインターゲットはグレートサーベルではないでしょうか? 実際にライガーMK2のキャノン砲でグレートサーベルを撃破するシーンもありますし。軽くて破壊力があるキャノンビーム砲が決め手となるだろうと記載されていますが、それだけグレートサーベルの装甲が厚かったということでしょうか。別の学年誌のストーリーではグレートサーベルはサラマンダーのミサイルにも耐えていましたし。
ちなみに新世紀のシールドライガーMK2と呼べるDCSは特注機のDCS-Jのキャノンビーム砲でさえも、一撃で破壊できるのはレッドホーンまでのようですが、旧大戦のMK2はレッドホーンすら破壊できなかったかもしれませんね。
余談ですが、初めてゾイドを知ったのがシールドライガーMK2がグレートサーベルを撃破するシーンだったので、当初ゴジュラスですら勝てないグレートサーベルを倒すシールドライガーが主役機だと勘違いしていました。もっとも後のアニメ化でライガーは代々主役を務めることになりましたが。

No title

シールドライガーMk-IIの白は、絶妙に「量産機」ってカラーでしたね。
白っていうとガンダム界隈の影響か、結構特別なイメージがあるんですけれど、シールドライガーMk-IIにはそのイメージは無く「落ち着いた色」に見えましたね。
それは悪くないイメージではあったのですが、当時はシールドライガーそのものの青のイメージが強く、その青が特別に見えたので、やはり配色とかその他諸々の情報からくるイメージって大事なのだなーと感じました。

No title

両機の特性として個人的な予想ですが、一つ目は機種的なモノがあったとも思います

グレートサーベルは少数の部隊による奇襲や速度を活かした強目標への強襲などに対し侵攻を重点に置いているのに対し、シールドMk2はノーマルの汎用性に加えて指揮管制機からの指示を受けた某域要撃のような側面もあると思いまス
また武装の選択も、グレートはシールドやゴジュラス相手に長時間を避ける為に瞬間火力の高い可動式ミサイルポッド(使わないときはレーダー表面積や空力から影響でないようにたたんでいるので)装備したり、逆にシールドMK2はキャノンを大きく見せることで相手にプレッシャーを与える為に大きく見せているとも思えます

シールドMK2の目的ですが、開発時機に対デスザウラーゾイド(のちのマッド)も研究していたはずですから、同機のデスへの決戦時の露払いもあったと思います
ゴジュラスでは機動力が足りず、また重砲撃を活かしたいのでウルトラの護衛に回し、ディバイソンだと護衛に不向きであるから、機動力で回り込み中・小型機への先制攻撃や、高火力兵器で大型ゾイドへの牽制など汎用性が高いと思います

No title

>場末の葦さん
白い装甲は何ていうか「高貴」な感じがしますね。
金色は「量産型」というイメージには似合っているような気もして、あれはあれでいいのかなーと思ったりも。
一機だけで最高の色にしようと思えば、青を渋めに。金をゴージャス感のある塗装にという感じかな。

シールドは「計画としてはそうだったがグレートサーベルが阻止した」という可能性は高そうですねー。
さすがはグレートサーベルです。強い!

>YHさん
重量増加にも関らず最高速度も大幅UPしてますからね。
内部は徹底して調整されていると思います。
そういった意味では仰るとおり生産性が低く、帝国軍を圧迫した可能性もありますね。
でもやっぱり傑作!

>ヒューイさん
グレートサーベルがあまりにも万能なので、共和国側も欲張った設計にしたかったのでしょうねー。
対コングはまさに書かれた通りと思います。
ノーマルならともかくブースターを持ったMK-IIは強い…。たとえ山岳でも。
そこで強力な砲を背負ったと思います。

>noir wizardさん
キャノンビーム砲はコング対策にはかなり有効そうですね。
数が多い量産型を駆逐できるのは優れていますね。

アロザウラーの一件はよほど連射したと思うので、「一撃で」ダメージを与える前提だと厳しい気がします。
バックを取っても困難というのはその通りでしょうね。16連装ミサイルがえげつない…。

>samonさん
はい仰るとおりの記述がありますが、私は資料は「一つの説」位にとらえて総合的に見て妄想してる感じですね。
矛盾する説なんてゾイドではよくある事なので一つにこだわってたらなんか色々難しいです。

>やまさん
新世紀の量産型ライガーが白だったことも大きいですね。
あそこまでヒーロー配色なのに量産っぽいイメージが出ているのは凄いですよね。
鈍い金色が決めてかなぁ。あそこがメッキやゴージャスな金だったら量産機っぽくは見えないかも…。

>デスペラードさん
運用目的は違うでしょうね。
シールドMK-IIは仰る通りと思いました。

シールドのキャノンはたしかに相手としては凄いプレッシャーを感じるでしょうね。
特にコングやレッドホーンは、ノーマルなら火器など跳ね返して見せようがこのキャノンビーム砲は・・・・・・・。とかなり身構えたと思います。

シールドが対デスザウラー用に使えたら、その脚力からかなり有効でしょうね。
マッドが不在なら、そういう部隊運用も見られたのかな。
高い壁ですが、繰り返し挑戦すれば超えられない事はないと思います。

グレートサーベルとの類似とそれぞれの経緯

こんにちは。最近ここを見つけて色々読ませてもらってます。シールドライガーMK-IIとグレートサーベルについてですが、この2体の改造コンセプトは意外と似ているのではないかと思います。一見、速度と火力の両方を底上げしたグレートに対してMK-IIは火力のために速度を犠牲にしたというまったく違うものにも見えますが、シールドライガー自体がサーベルタイガーを基にしていることを考えればサーベルタイガーに装備をつけて速度を強化したのがシールド、そこから火力を強化したのがMK-IIで、グレートサーベルはそれを一足飛びにしたと見ることもできます。以下は私の妄想ですが、シールドの登場で対応を迫られた帝国がまず考えたのはサーベルの速度の強化でしょう。しかし、アイアンコングMK-IIのバックパック技術等を取り入れてもシールドと同等(おそらくグレートサーベルもミサイルポット等の武装を外せば250km近くにはなるのでは)にはなっても勝ることはできなかった。折しも山岳基地が陥落し、補給線は今にも切れそうになり開発に許された時間も切羽詰まっていたことでしょう。そこで多少の速度低下が問題にならない大きな火力を付け足すことで完成させたのがグレートサーベルでしょう。シールドライガーMK-IIの方は砲をつける構想自体はグレートサーベル完成より前からあったと思われます。バトルストーリー3巻にはMK-II部隊の一員としてゴジュラスMK-IIのキャノン砲をつけたタイプが紹介されています。これがまさに考察の中にある「対アイアンコング用の改造シールドライガー」に当てはまるのではないでしょうか。実弾入りのキャノン砲ですから速度低下はビームキャノンの比ではなく10kmどころでは済まなかったでしょう。しかしこの時点であれば例え20km以上の速度低下があっても大型ゾイド最速は揺るがず、逆にアイアンコング等の敵大型ゾイドに対して当たれば倒せる武器があるという方が大きな意味をもったでしょう。そして、後にグレートサーベルが登場し、時速240kmを誇るグレートに対して上記の改造では速度で大きく劣り、通常タイプでは火力で大きく劣り、あわててマッドサンダー用として並行開発されていたキャノンビーム砲に付け替え、速度低下を最小限にして完成したのがシールドライガーMk-IIなのではないでしょうか。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント