VSデスザウラー5

ちょっと間が空きました。
VSマッドサンダーの続きです。

前々回はノーマルデスならニ機では勝てる確証がない。
前回は改造デスザウラーで挑む戦術を考えたがやはり1機では厳しい。
そんな風に考えました。

でもせめて二機では倒したい。

今回は「ノーマルデス+改造デス」あるいは「改造デス二機」で挑みたいと思います。

さてバトストで2対1のバトルは行われたか。
あります。

「ノーマルデス+改造デス」でマッドサンダーに挑んだ戦いは、小三でありました。
この戦いは以前にも紹介した事がありますが、改めて。


手を巨大化した「ビッグハンド」とノーマルデスザウラーがペアでマッドサンダーを襲った。
ビッグハンドがマッドを押さえつける。その隙にノーマルデスが後方から荷電粒子砲を発射しようとした。

しかしマッドサンダーは改造タイプ「バックアタッカー」であった。
荷電粒子探知ミサイル・バックアタッカーを装備しており、後方のデスザウラーの口の中に撃ち込んだ。
これにて後方のデスザウラーは頭が吹き飛び破壊された。
前方のビッグハンドもその後結局やられてしまった。



これには二点考えるべき事案があります。
まず「荷電粒子探知ミサイル・バックアタッカー」なる便利装備です。

劇中ではこれが合ったから後方のデスザウラーを排除できた。
同じ状況をノーマルタイプのマッドサンダーなら防げただろうか?

これについては、前回のVSマッドサンダー4の記事の通り、あんがいノーマルでもキャノンビーム砲を全開にすれば発射を防げるかもしれない。
バックアタッカーユニットは「補助」という程度で。


もう一つはこの位置関係で撃てば、マッドを撃破できたとしてビッグハンドも消滅してしまうであろう事です。
荷電粒子砲をもろに受ける位置である。
マッドを1機倒すために「デスザウラーを1機失う確定で考える」というのはちょっと頂けないでしょう。
これは共和国首都奪還戦の中のシーンです。
この時期はまだマッドサンダーが参戦直後であり数が少なかった。
だからこそ出来た戦術でしょう。

うーん……、あるいは「弱状態」で撃ってもいいのかな。
デスウイングが撃った程度の威力。要は行動不能にしてしまえばいいのだから、それでもかまわないでしょう。
こうすれば荷電粒子砲を浴びるデスザウラーも無事に済むかな…。ダメージは追うだろけど。

成功すれば現場にはデスザウラー2(万全1・被ダメージ1)と行動不能のマッドが残るわけだから、この後は完全撃破されるか鹵獲されるかでしょう。

でも、それは「荷電粒子砲が無事に発射出来たら」という話。
キャノンビーム砲が「アイアンコングを貫く威力で連射可能」「360度全周囲に旋回可能」というのは凄い利点だよなあ…。
これを猛射し荷電粒子砲発射を阻止する。
こう考えると、「一機が足止め」「もう一機が後方から荷電粒子砲」という戦術は厳しそうな気がします。


次に「デスクロス+デストゲラー」でマッドサンダーに挑んだエピソードがあります。
これは小2のバトストに載りました。

……ところでデストゲラーって凄い名前ですね。

トゲて。
解説を見るとトゲにはデスニードルというカッチョええ名前が付いています。機体名もデスニードルでいいじゃん!

……新ゾイドバトルストーリーでは「アルマジロのように丸くなる」という謎の解説が添えられていましたが、これは何なんだろう。

まさかアンギラスボールみたいな事ができるんだろうか………。

まぁ、それはおいといて。


デスクロスとデストゲラーのコンビは「地獄から来た最強コンビ」というプロレスかよというあおりが付いていました。
そして戦いも、2機で一緒に攻めれば良いだろうに、わざわざ1機ずつ交代で挑むというプロレス的戦法でありました。

戦いの推移は割と有名だと思いますが、改めて紹介。
まずはデストゲラーが先行してマッドを襲う。
マッドを殴って火花を散らせるが、そこまで。マグネーザーで貫かれて敗北します。


次いで出てきたデスクロスはメタルブーメランを投げつけマグネーザーとサンダーホーンをブチ折る!!

このまま勝ってしまうかと思われたが、なんとマグネーザーには形状記憶性質があり復元してしまった。
んなアホな……。
そんなわけで結局デスクロスも負けてしまったのであった。

さてこの一戦ですが同時に攻めてれば勝ててたのでは!?
バカ正直に1機ずつ交代で攻めたから……と思ったのですが、これはデストゲラーの性能を見るとよく分かる。

トゲラーのトゲは「金属を溶かす液を出す」という恐るべき装備です。
この液体というのは地球にあるもので言うと、酸化力が非常に強く金さえ溶かしてしまう「王水」みたいなもんでしょうか。
製法はどうなってるんでしょうね。
もしかしてスズメバチ型野生体とかサソリ型野生体から毒液のみを抽出して濃縮したものだったりして……。

まぁ、これを撒き散らして戦っていたのがデストゲラー。
なので、デスクロスは共同で戦うと自身にも被害が及ぶかもしれない。そこで待つ必要があったのでしょう。

たぶん帝国側の戦術は
「デストゲラーがマッドの装甲を溶かす。それだけでは溶かしきれないが少なくとも弱体化する」
「そこへデスクロスが最強攻撃をブチかます。装甲の弱ったマッドサンダーは耐え切れない」
という二段構えだったのでしょう。

デストゲラーは毒液を浴びせた後に離脱する予定だったと思いますが、マッドがそれを許さなかった。
しかし毒液を浴びた&時間が経った事で強度が低下した。
そこで折れてしまったのでしょう。

ちなみに毒液は高評価で、あのギル・ベイダーにも搭載されている……。


メタルバースト。
名前が変わってるので改良型かも。

ギルは「てれびいくん」のストーリーでマッドを倒した事がありますが、この時は上空から襲撃していた。


マグネーザーが曲がっている。おそらく毒液を使ったのでしょう。
こう見ると、なんだかイロモノ感が若干漂うデストゲラーですが、なかなか魅力的に見えてきます。


さて、デスクロスのブーメランですが、これは「マグネーザーの強度が低下していたから突破できた」のでしょう。
通常時から突破可能なら、はなから撃ってる筈。
「デスクロスが先制で角を折る」
こんな事が出来るなら、あとはどうとでも料理できる。
さすがにマッドといえどマグネーザーもサンダーホーンも失えば勝つ術はないでしょう。


ブーメランは「Gメタル」なるマグネーザーより硬い合金でできているそうだ。
……ディバイソンの角は「ゾイド星で一番強い超硬性チタニウムでできている」と解説されていますが、どっちが強いのだろう。
ただ「硬い=強い」ではありません。
硬いというのは硬すぎるゆえに割れやすいという弱点があります。

逆に、粘りを持たせた装甲は割れずに受け止める事ができます。
粘りを持たせた装甲というのは、被弾時に「バターに指をさしたような」弾痕が付きます。
硬いだけの装甲だと、跳ね返せる限界を超えると割れてしまう。

たぶんブーメランは普段のマッドに投げても割れてしまう。しかし毒液で弱らせた後なら突破できる。
だからトゲラーとタッグを組み、わざわざトゲラー単機を先に交戦させるというプロレス的バトルな推移になったのでしょう。


やっぱり2対1では厳しいのだろうか。
ビッグハンドは、もしも有効ならば帝国がかなり盛り返しそうなんですけどね。
なにしろ手のパーツを巨大化するだけというお手軽仕様。
他の改造機と違い、改造や戦闘後に元に戻すことも容易でしょう。

ただ、改めて戦いの推移を見ていると、ビッグハンドってそんなにいい作戦だったかな? と思いました。
「一機が足止め」「もう一機が荷電粒子砲」という戦術を使うなら、むしろノーマル二機の方が良いかもしれない。
そう思いました。

デスザウラーとマッドサンダーの交戦を見ると、だいたい「荷電粒子砲発射→防がれて、その後マグネーザーで貫かれて負け」です。
ただマグネーザーを受ける際に爪でガシッとつかんで抵抗するパターンが多いですね。
デスファイターもそうしていました。


結局は貫かれるんですが………、ただ、この時はさすがにマッド側も超超全力を出している筈です。
短距離走のような、「この一瞬で全てを出す」という状態。
シールドに全エネルギーを注ぐ。そうしないと荷電粒子砲に押し切られるかもしれない。

また、ゼネバス皇帝のデスザウラーはマグネーザーを一本ブチ折った。
マグネーザーを全力で回さないとデスザウラーの爪で折られる可能性もある。
シールドも角、もまさに全力で踏ん張らねばならない状態なのでしょう。

では………。
まず一機がマッドに向かう。荷電粒子砲を撃って上のデスファイターのような「いつものような」展開になる。
マグネーザーで押し込まれるのを全力で耐えて時間を稼ぐ。
このタイミングでもう一機に登場させればどうか。

全周囲に撃てるキャノンビーム砲があります。
「コングを貫く威力を猛連射する」から、これを喉元に食らってデスザウラーは荷電粒子砲を撃てなくなると考えました。
ただ、この状況であればキャノンビーム砲を撃てるだろうか。
なまじゾイドのパワーで撃つビーム砲だから、シールドや角に全力を込めている中で更にキャノンビーム砲を猛射する元気はあるだろうか。
キャノンビーム砲を撃てばシールドや角に回すパワーが減る。撃てば荷電粒子砲に突破されたりマグネーザーを折られてしまうかも。
かといって撃たなければもう一機の方に荷電粒子砲を撃たれる。
そんな状態になるかも。

ビッグハンドの場合、単に「巨大な手で押さえてる」だけだから、マッド側は「動けないがむしろパワーには余裕があった」と考える事もできます。
ノーマルデスでいけば、マッドの動きを止め、なおかつパワーにも余裕がない状態にできるかもしれない。


ただし……、実戦ではこれはなかなか難しそうでもある。
というのもデスザウラーが二機いると分かればマッド側は当然警戒するし場合によっては戦闘を避ける。
この戦いには、当初において「デスザウラーは一機のみである」と思わせることがミソです。
そしていつものように戦わせて、残る一気に奇襲させるのが最大のポイントです。

なにしろデスザウラーは巨体だからなぁ…。これで奇襲などできるものかな。
ただ、首都のような市街地ならワンチャンスあるかな。
首都のような大都会だと、デスザウラーより背の高い建物だって多い。
だからそれの影に隠れるか、いっそ建物の中で待つ。チャンスとなれば建物を突き破って登場するような。

ただし、これだって事前に共和国側が偵察部隊を先行して投入していれば不可能です。
いかに潜んでもデスザウラー級のゾイドが見逃されることはあるまい。
いやしかし、マッドサンダーは「自らが先陣を切る突撃機」です。
場合によっては使えるかも。

もっとも、戦史を見る限りその幸運はついに舞い降りなかったようですが……。


デスクロスの方は、いっそ角より先にキャノンビーム砲やハイパーローリングチャージャーを狙えば良かったかもしれない。
通常時の(毒を浴びせていない状態の)マッドにブーメランを放つ。マグネーザーやサンダーホーンは折れない。
それでも、角は無理でもそれ以外なら破壊できるくらいの威力はあるでしょう。
先にここを潰してから戦う。



でもまぁ、ブーメランだもんなぁ…。これはいかんですよ。
命中率はまぁ目をつぶろう……。いや、もしかすると何らかの誘導装置が付いていたかもしれませんね。
ただ投げるときに大きく振りかぶって投げる。これが頂けないです。
デスウイングと同じく、これはいちどタネがばれると次からは使えない類。
振りかぶったデスザウラーの手元を撃てば投射前に阻止できるでしょう。


ということで、2対1ではやっぱり厳しいなと改めて思いました。

が、しかし。
これならいけるんじゃないかと思う改造デスザウラーも居ました。
次回は、そいつで挑んでみたいと思います。

続く。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

これこれ!自分がギルベイダー対マッドサンダーで唯一当時に見ていた写真がこれです。
ゾイドが載っているという知識も無く、立ち読みできた本屋で偶然読んだんですよね。
確かマッドが闇の中に沈んでいったとかの文章があったかと思いますが、、自信ありません(笑)
マグネーザーが折れてるところがグッドですね。マッドは海で大量虐殺されてますが、あれではマッドがギルに負けたという気にはなりません(ギルの方が強いということは解っていても)。

トゲラーが一応は目的達成した後貫かれたのは最初から計算済みか、若しくはマッドの立ち直りが想定以上に早かったのか。。。
後詰めはブーメラン+投げ飛ばしではなく安全に何体かで粒子砲をぶち込む方針でもよかった気もするんですが、やっぱり正面から防がれたショックで実弾打撃攻撃に切り替えてしまったんですかね。
もっと拘って良い気もしますが、帝国にとって荷電粒子砲とは何だったのだろう、、、

No title

ブーメランが剣や槍みたいなものだったらマッドの装甲もバッサリきれそうなんですけどね・・・w
むしろ背中にブースター背負ったマーク2タイプで荷電粒子砲を前後方からあびせたほうがいいんじゃ・・・?

No title

マッドには今更ながら「コレ、こうなってるのはこうゆう時の為かい・・・」と、思う所が多いですね。

攻略法を考える程にマッドの完成度の高さを見せつけられます。マグネーザーの形状記憶なんて、折られる(曲げられる)前提で物考えて無きゃ絶対に有りえませんし。
マッドサンダーは、「デスザウラーを母体にした改造機対策」まで考えて作られている様な気さえします。マッド登場前にデスドッグ何て言う物を作ってしまったのは失敗だったのかも知れませんね。大統領の命を危険にさらした改造デスザウラーの存在は、マッドに要求される性能をはっきりと示してしまった様な気がします。連射可能な大型のビーム兵器や動きの遅さをカバーする為の首振りの速度は、コイツの存在で「必須」とされた可能性も見える気がします。
もし、マッド登場までに改造デスザウラーが出現していなければ、マッドはもう少し穴(と言うか可愛げw)の有る完成度で就役していた事でしょう。

唯一の弱点は空からの攻撃ですが、デスバードに荷電粒子砲クラスの武装となると…これはもう、数年後に登場するギルさんその物で、「帝国のデスザウラー」じゃ厳しいですねぇ・・・
まぁ、それが共和国に「空はレイノスとF2で十分」と思わせる事になり、後のギルベイダーの大活躍(?)に繋がったのは「何度同じ過ちを・・・」と言いたくなりますが(苦笑)

No title

コングのガドリングで口腔内を貫通できるならマッドのビームキャノンならコクピットを消滅させられると思えました

コングを簡単に貫通できるウルトラの主砲やゴジュラスのバスターキャノンに耐えるデスの装甲ですが補充分は結構値が張ったり、精製に時間がかかったりしたと思えます
だからこそ、マッドもほぼ同クラスの装甲でしょうから共和国の工業システムは量産においては帝国よりもすぐれていたのかも知れませんね

そしてもう一つ凄いのは改造タイプの導入から工場での臨機応変さも共和国の技術の凄さだと思います
新鋭技術の発想では帝国は上ですが、物を作る技術は国力の高さだけでなくシステム構築の強さも共和国の底力だと思います

No title

ストーリーではマッドは「すばやく体をのけぞらせ、ぎりぎりではりをかわした」と書かれていますが、マッドは毒液を食らったのでしょうか?
デスクロスはマグネーザーを凌ぐGメタルでできていますし、ブーメランも角よりは射程は長いでしょうから、酸が無くてもマグネーザーが届かない距離からブーメランを投げてマグネーザーをへし折ることは可能だと思います。ただし、マグネバスターを使われたら相討ちになりかねませんが。
改造デスザウラーがマッドサンダーを倒した例は、改造マッドのマッドウイングを倒したデスエイリアンの斧ぐらいでしょうか? マッドウイングも攻撃を食らうまでデスエイリアンの接近に気付かなかったようですが、マッドのセンサーも案外性能は低いのかもしれませんね。
他にも未対決ですが確実にマッドに勝てるであろう改造デスザウラーは、ギルザウラー。キンゴジュをも切り裂いた、スマッシャーとビームソードならマッドもなます切りにできるでしょう。後はペーパープランに終わりましたが古代虎3体のコアを取り込んだメガデスザウラーもマッドサンダーを破壊できたでしょう。

「てれびくん」のギルとマッドのシーンは初めて見ましたが、上空からビームスマッシャーを食らったのか、あるいはカギ爪とメタルバーストでローリングチャージャーごと背中を破壊されたのでしょうか。水中アタックでウルトラをぶちのめし、キンゴジュの腕すらもぎ取るパワーを持つギルなら、ひょっとしたらマッドを上空からボディプレスで押しつぶすことも可能かも。

No title

デストゲラーは、名前・外見・性能といずれもウルトラ怪獣的な感じがしますね。

対するデスクロスは、名前・外見・性能とも改造型デスザウラーの中ではトップクラスに好きです。ただ、「背中の飛行ウイングが武器になる」のなら、飛行中に使えないですよね。学年誌の場面だと、自由落下しながら叩きつけているようにしか思えません。マグネーザーをへし折ったのは、単に力尽くなだけだったのかも(笑

ブーメランという点を真面目に考えると、射程や誘導性は不明ながら、「真正面から後方のローリングチャージャーを狙える」という利点があるように思います。また、投擲直前のマッドからの砲撃が怖いなら「山陰などの障害物に隠れながら狙う」というのもできそうに思います。

No title

>場末の葦さん
「マグネーザーを攻略する」というのは象徴的ですね。
「荷電粒子砲に耐えてそして貫くマッド」のように、完全に言い訳させない完璧な勝ちがあってこその完全なる世代交代という感じがします。
新バトストでは「そら負けますがな」という状況だったからなぁ。

トゲラーが離脱可能かどうかは…、個人的には「震洋」みたいなイメージです。
震洋は火薬を満載したボートで、これで敵艦に体当たりする特攻兵器です。
しかし一応は脱出装置が付いており、体当たりする直前に離脱することが理論上は可能です。実運用でもそうすることが推奨されていました。
しかし特攻時には激しい敵の迎撃もあります。そんな中で的確に脱出装置を作動させられるものか。
ということで現実的には難しかったのですが……。
トゲラーもそんな感じじゃないかなぁと想像しました。

荷電粒子砲は、たしかにそれでも良かった気はしますね。
驚かせたかったのかなあ。
皇帝専用機だし、なにか特別なことがしたかったのかなあ。

>ヒューイさん
ブーメランだと飛距離が伸びるにつれて威力が低下しますからねー。
巨大な剣か斧でも振り下ろせばそっちの方が可能性があったかな。
もっともこの時点では砲が全部生きているので、距離を取って攻撃したかったのかもしれませんね。

>No Nameさん
マッドは対デスザウラー戦だけでなく対帝国部隊が総合的に取り入れられている感じがしますね。
さすがは中央大陸時代最強ゾイドですね。

戦訓は全て取り入れてあるんでしょうねー。
そしてそこから分析して「将来的に登場するであろう敵ゾイドの仕様」とも考慮してある感じがします。

対空は確かによく指摘される所ですね。
ただまぁ、対ギル戦で言うと共和国最高の対空火力を持つのはマッドだと思います。
ウルトラ的なハリネズミ的に小型砲を装備しているタイプだと、そりゃあ当たるだろうけど落とせない……。
逆にマッドのキャノンビーム砲のような大型砲だとなかなか当たらないが当たったらダメージは通る感じだと思います。
結局落とせなかったのでギルを前にしては多少の優劣でしかないのですが……。

>デスペラードさん
たしかに、新世紀はコングのガトリングで売ったシーンがありましたね。
まぁ、あれは接射だったので距離の問題もあるとは思います。
でも、うまく口の中を超精密に狙えればファン狙いを同じく大ダメージを期待できるかもしれませんね。

共和国軍の強さはやっぱり国力だなと思えますね。
帝国にも暗黒にもまねができない巨大国家の力は恐るべしです。

>samonさん
文章と写真がかみ合ってないなんてゾイドでは珍しくないので好きなように解釈したらいいんじゃないでしょうかと思いますよ。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ゴジュラス戦車タイプの次くらいにウルトラ怪獣っぽいですねw
デスクロスは金ぴかで何だかすごすぎるんですが、あそこまでいくと逆に魅力的な感じがします。
帝国軍の末期の改造ゾイドだから、あれくらい煌びやかで無茶苦茶でも許される機がします。

ブーメランの利点は確かに!!
もっとも、そこまで精密に狙えるものなら…ですが。

No title

そんなもんでしょうか?
まあ、確かに戦力比較表でもろくな対空火器を持たないマッドサンダーがギルベイダーなどの最新飛行ゾイドと互角の評価だったり、ジオーガの反応速度がやたらと早いなどたびたび違和感のある記述はありましたが。

No title

そんなもんかは私の主観なので「私の中ではそんなもんです」という感じですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント