中身ー

ゲットした学年誌の中身!

今号のゾイド特集は凄いぜ~
まずは巻頭特集で2大ゾイド内部図解がありました。


巻頭です。雑誌の表紙をめくったらすぐにこのページがある!
この当時いかにゾイド人気が高まっていたかが分かる事例ですね。

二大ゾイドはウルトラザウルスとデスザウラー。
内部図解というオトコノコのハートを鷲掴みにするものが2つ。しかも両方クリスマス商戦ゾイドだよ!!
これは凄いです。

ちなみに翌年の同じ時期にはマッドサンダー&デスザウラーの内部図解が載った号なんかもありました。
こうして「その国を代表するゾイド」が更新されていくのですね。

データはかなり詳細です。


キャノン砲の口径が載っていたり。
他の場所ではビークルの運用(偵察)やウルトラの部隊指揮管制能力に触れた文もありました。


荷電粒子砲の発射回数に言及があったり。
他の場所ではシンクロトロンジェネレーター装置の紹介や荷電粒子を光速にまで加速する解説があったりもしました。

ゾイドバトルストーリー2巻にそん色ない詳細解説。
「小三」だと詳細解説がされる事は珍しくありませんが、6歳児・小一に向けた解説でここまで踏み込んだものは珍しい印象です。

この時期はミニ四駆が「あえて少し分かりにくいような単語も構わず使って、それによって探究心を刺激する」方針を採っていたそうです。
(「決定版!80年代おもちゃ大全」の「前ちゃんに聞く、ミニ四駆ブームの裏側!!」ページより)
この時代というのは全体的にそんな感じだったのかなーと思います。
大人っぽいリアリティーあふれる解説に当時のキッズも(全て理解できないにせよ)大満足だったのではないかな。


バトストは、ゾイドバトルストーリー3巻に収録されているものと同じ「傷ついたコマンドウルフのパイロットを少年達が助ける」というエピソードでした。


流れは同じ。
中央山脈に子供だけで暮らす村があった。ある日、そこに傷ついたコマンドウルフがやってくる。
子供達は自分たちの手でパイロットを助けようと決意し、帝国軍追撃部隊と対決する…。
少年達は旧式ゾイドや木と泥でできた”秘密兵器”、そして何より勇気を使ってそれを達成した。

このエピソードって凄く好きです。
やっぱりメインターゲットと同じ年齢のキャラを主役にすると共感されやすいでしょう。だからそうしたい。
でもゾイドバトルストーリーはハードな戦記だ。ヒゲ面のベテランパイロットがドンパチやってるので少年を主役に据えるのはなかなか難しい。
そんなジレンマの中で見事なストーリーを出してくれたと思います。

少年達が活躍する話として本当にベストだと思います。
旧式ゾイドを魔改造して帝国軍正規ゾイドを撃退するカタルシス。力はないが勇気と知恵で強力ブラックライモスさえも撃退する。
あと、この子供たちって共和国側の戦災孤児なんですよね……。そん辺も深いなぁ。

このストーリーはまた、この時期のゾイドへの扱いが見える。
このエピソードは一貫して「パイロットを守ろう」というもので、傷ついたコマンドウルフは帝国軍追撃部隊をおびき寄せるエサでした。
たぶん別のシリーズで同じ話をやったら、第一にゾイドの安全を確保する動きになるんじゃないかな。
この辺はメカ生体シリーズの、しかもミリタリー要素が極めて強かった時代の感じがよく出ています。



雑誌の最後の方のページには広告もありました。

この号は巻頭特集にゾイド。中央カラーページにゾイドバトルストーリー。後ろの方に広告。付録はゾイド。
そんなゾイド尽くしの号でした。
まさに全盛期という感じがします。


さてさて、小一は残り二冊になりました!
その二冊はどちらもバトスト掲載号。しかも小学館スペシャルの方のゾイドバトルストーリーには未掲載のエピソードです。
なのでいっそうアンテナを張って探していきたいです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

傷ついたコマンドウルフが良い味出してます。
地面にべったりくっついて、もう動けない感じが凄く出てる。
単に地面に転がってるだけのやっつけ仕事とは大違いです。

確かに今だとゾイドを守る動きがあるでしょうな。
しかしそれは、やっぱり戦争が(あくまで認識として)遠くになった時代の特徴というだけであって、戦争を続ける中でゾイドを守って同僚が一杯死んだとかの事件が続けばどんどん疲れて結局同じ立場に戻るんじゃないかなと思ってます。
かといって今、戦争中と同じことをしていいのかっていうとそうでもないですけど、戦いを描いているのなら単純に迎合するのは止めて欲しいんですよね。
戦争が終わって、余裕が出てきたときに兵士が「もうあんな判断しなくて良いんだ」と思うくらいがちょうど良いと思うんですけどね。

No title

デス様の写真はバトストで使われていますが、ウルトラの砲撃場面はバトスト未使用の写真でしょうか。ウルトラキャノンの描写は、綿(?)を使って砲煙を作っているジオラマが多く、光学合成で発射光を書き入れているものは少ないと思います。一番似ているのは、バトスト3のデス捕獲作戦失敗の場面ですが、背景が夕方だし、ウルトラの格好も微妙に異なります。

そして、少年団の活躍はほんと上手いことまとめたなと思います。ウルトラマンにしても名探偵コナンにしても、小さい子どもたちを絡めるのはどうしても強引さが残ります(お約束の様式美として面白いですが)。ロボットアニメではもうちょっと上の世代の少年少女が多いですが、それでも軍事物になればなるほど、現実的に困難な設定(10代でエリートパイロットとかw)が目立つように思います。

その点ゾイドワイルドは、軍事組織や操縦技術よりも「ゾイドとライダーの絆」を主眼にして、少年の冒険譚(しかも主人公クラスの年齢が暈かしてある)として徹頭徹尾描くという解ですね。

No title

このバトストの話さらっと流してましたけどコマンドウルフをおとりに・・・ってw
確かに今のご時世ならコマンドウルフもパイロットも守ろうとするでしょうね
まぁしかし結果だけ見ればコマンドウルフをおとりにすることにより自分たちに被害を出すことなくしかも無傷でツインホーンを奪取してるから成功?かもですね
なお・・・

この話、凄く好きです。ですがただ一つ、最後の木のハリボテゴジュラスは疑問を覚えます。あんなでかいのどうやって作ったんだろう…。いや、あれも好きなんですけどね?

No title

>場末の葦さん
脚の曲げが良いですよね。
ここまで頑張ってきたけど、ついにもう一歩も動けないって感じが良いですね。
トミーモデルをよくここまで改造するなぁ…。

描写は、今だとゾイドを守ることを主にするでしょうね。
今話はハードな戦記だったメカ生体ならではの描写と思います。
両シリーズを対比すると、よりゾイドや人間が見えてくる感じがしますね。

仰る通り、戦後において回想する位のバランスはとても良い気がします。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ウルトラの写真は小学一年生のバトストでのみ使用されたものですね。
カッコいいので勿体ないですねー。

少年たちの活躍は良いバランスですよね。
コナンは…、あれ一回だけだといいんですけどね。
キミたち出かける度に何か起こってるよねという部分で言い訳出来ない死神少年感が(笑

>ヒューイさん
この時代はごく自然にこういう事してましたね。
さすがハードな戦記です。
あのツインホーンはその後どうなったんだろうな…?
少年たちの装備になったのかなー。
コマンドウルフも結局コアは停止したのか助かったのか。
ちょっと続きが気になりますね。

>アガンさん
わかります。同じこと思ってました(笑
キャノン砲とか、明らかにジオラマではえてる木よりも超超長いんですよね。
どうやって調達した!
あと「シルエットでそう見えれば構わない」筈なのに、けっこう前面の排気口などのディティールも作り込んでるのがこだわってますね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント