44話

ゾイドワイルド44話でした。

『絶叫!壮絶な友情』ということでハードだろうなと予想はしていましたが、思ってたより倍以上はハードでした。

視聴前は、なんだかんだいって…、
アボカドが傷つきながらも何度も立ち上がって声をあげ続ける。それによってついにアンキロックスを開放する。
「そ、そんなバカな、デスレックスの支配を絆で解いただと!?」
「見たか、これが絆の力だ!」

みたいになるんだろうなぁと思っていたんですが、まぁ見事に裏切られました。
まさか……まさかああなるとは。
甘くないなぁ。


さて44話ですが、Zに関する情報を求めて一人ムシ仙人の寺院に駆け付けたアラシ。
そこには仙人の他に、相棒を失い修業し直すアボカド、ガーリック、クロアメの姿があった。
そしてまたここに向かう者もいた。
デスメタル帝国が、ワイルドライガーが寺院に向かった情報をキャッチしていたのだ。


情報処理にいそしむ様子。アナログな作業だ。
最終秘密兵器ラッキョーさんが仕事でやつれている…。
部下を使わず自分でやってるのは偉いなぁ。いや実は自分で使える部下がいない?

ラッキョーの情報を元に寺院に乗り込んでくる、キャビアの乗ったアンキロックス。
そしてクワーガの大群!


アンキロックスはシュプリーム団時から色は変わっていないしマーキングもそのまま。
このやり方は汚いなぁ。
鹵獲機を使う事は戦争ではままありますが、国籍を偽る事は決してやってはいけないのである。
まぁ、デスメタル帝国にとっては「知ったこっちゃない」でしょうねぇ。
負けて奪われた方が悪いと考えてそうだ。

ただしアンキロックス、唯一キャップだけはデスメタル仕様に変わっています。
色は黄色なので、旧ガブリゲーターのキャップを再利用してるんだろうか?

アボカドはアンキロックスに走り寄るも…洗脳状態のアンキロックスは動じない。
それどころかキャビアの「踏み潰せ」に従うほど。
仕方なくワイルドライガーが戦うことになるが、アラシはアンキロを攻撃する事がどうしてもできない。
仲間のゾイドだからだ。

そうこうしている内に何発も重い打撃を受ける……。
更にデスブラストまで発動されてしまう。



アンキロックスは猛攻を続ける。
更にキャビアの口からは、アンキロックスを使って町やレジスタンスを壊滅させた事も語られた。

「数えきれないくらいぶっ殺した」

ここへきてアボカドは決意する。
「アンキロを倒してくれ」
アラシは戸惑いつつもその悲しい決意を受け入れワイルドブラスト。
全力のキングオブクロースパイラルでアンキロックスを真っ二つにしたのであった………。



ということで真っ二つ・・・・。
おおおお・・・・・・。まじか。ここまでやりますかという位ハードな話でビビりました。


うぅーん…、しかし今話は幾つか引っかかるな。という感想でもあります。

アンキロックスが町やレジスタンスを壊滅させている。命を奪った。
(「デスった」「ガブった」とかじゃなく明確に殺したと言ったのは重さが違う)
ここで倒さねば被害が増えるので倒す決意をしたのは分かる。分かるんだけど……、一つ前の43話ではミツバ率いるゾイド狩りの集団が「ライダーを狙う」という方法でゾイドを無力化していた。
今回も、
キャビアを狙ってゾイドから落伍させる

強制開放を解く(弱体化)

無理やりにでも押さえつけてからアボカドが近づく。絆を取り戻すことを試みる

という手段は考えられなかったのかなぁ。
最後の方、ちょっと絆を取り戻しかけてアンキロの動きが鈍くなったシーンもあったし……、時間さえかければどうにかなりそうでもあった。


あと今までキングオブクローって、ヒットさせたところでぶった切る描写はなかった。
いつも敵は吹き飛ぶだけで健在だった。
今回だけスッパリ切れたのは何故……。
というとまぁ全力だったからなんだろうけど(アンキロの装甲を苦もなく切るのは凄い)、もう少し加減したら良かったんじゃないかなぁ……。
キングオブクローだけじゃなく、強い攻撃を受けたゾイドって衝撃で一時的に機能停止するような描写が多い。
なのでアンキロックスにもその程度の攻撃をするのは難しかったのかなぁ。

あと、キングオブクローは一発で相手を両断するのに、アンキロックスの攻撃は幾ら叩き込んでも「その瞬間バチバチ放電するだけ」でライガー側にダメージが蓄積している感じがしなかったのもちょっと都合が良い感じが。。。
これは好意的に解釈するなら「無意識にアンキロックスが威力を抑えていた」のかもしれませんが。
ただし、こうであるとすればなおさら救ってあげられなかった事が悲しいものです。
少なくとも「キャビアを排除する」ことの努力はして欲しかったなぁ。

ムシ仙人も居たし不可能ではなかったと思うんだけどなぁ。
ムシ仙人と言えばデスブラストしたクワーガの大群相手に無双。
つえぇ…。


アラシが「仲間のゾイド」を攻撃できなかったのはよく分かる話です。
んー……でも、これも更に言うならもっと考えた方がいいんじゃないかなぁとも思う。
例えばガブリゲーターだったりナックルコングだったりデスレックスだったりはためらいなく攻撃している。
ヨウカンも村を襲った仇が乗るラプトールを容赦なく叩きのめした。
敵のゾイドだから。
けどよくよく考えてみれば「強制的にゾイドを支配する」のがデスメタル帝国なのだから、そこで運用されているのは無理やり徴用されている悲しきゾイドな筈です。

「仲間のゾイド」を攻撃できないのはよく分かる。
でも敵のゾイドならいいのか? なぜ?
もし「仲間のゾイドだから攻撃できない」「でも敵のゾイドは倒す」をあくまで貫くのなら……、それはそれで基準が「人」でしかないと思う。
ゾイドはそれ自体で判断されず、常にライダーによって攻撃される/されないが決まってしまうというか……、それはそれでモノ扱いをしているというか……。

「兵器」というのは「ゾイドに生物としての尊厳を認めず物として扱う」ような事と思います。
今の「ライダーによって攻撃する/しないを選ぶ」こととの差はどこにあるんだろう……とかもちょっと思いました。

ゾイドは夢だ。仲間だ。相棒だ。
と言うなら、その辺にまで踏み込んでこそ「相棒か、兵器か」というテーマになってくると思う。
現在は無意識ではあろうが未熟ゆえに図らずとも「人を基準にした判断でゾイドを見ている」所があるんじゃないかなぁと思った次第です。

昨今の展開はデスメタル側がなりふり構わなくなってきていて、そりゃぁ見ていて腹が立つほどの悪役になっている。
「相棒か、兵器か」のテーマについても兵器は良くない!という雰囲気になってきていると思います。
ですが現在のままではまだ浅いと思う。

現在は……、そりゃぁ「兵器扱い(モノ扱い)して悪いことをするのはダメだ」というのは分かる。
でもそれに対抗するものが「相棒」かといえばそれだけではないと思う。
「兵器扱い(モノ扱い)しつつも世のため人のために運用する」ような考えはどうなのだろう。
そういう考えの者と出会いどう考えるか。その見解があれば深くなると思います。
その中で自分たちが図らずとも「人を基準にした判断でゾイドを見ている」所があったことを意識してもらえれば良いのですが。
残り話数でこの辺を描いてくれればいいのになぁと思っています。


と思っていたら来週は父ちゃん!?
どうなるんだ……。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

冗談抜きで「弩ハード」でしたねぇ…

ストーリー自体は入り組んだものではなく、(アボカドとの絆が回復せずに)敵として介錯されるというのもパターンのひとつではありますが、ゾイドワイルドの物語の前半がお気楽冒険譚で進めてきた反動で、なかなかディープに切り込んできた感があります。

アンキロックスが切断されたのも中々ショッキングでしたが、胴体切断は第23話のラプトール(レイン)も同じでしたね。メタ的な視点ですが「13話でベーコンが死んだ時に、視聴者が再三『生きてるはず』とSNS等で言っていたのを踏まえ、その余地を残さない演出にした」と捉えています。まあ、これまでのライガーの演出に比べて唐突な撃破ではありますが。

そして、ゲスメタ…もといデスメタルのラッキョーとキャビアがそれなりに有能な描写だったのは面白い。久々に「狡猾」のキャビアに出会えて、敵としては見応えありました。また、ラッキョーは文官として有能な石田三成ポジションなのかな、と思わせる場面でした。

さて、来週は親父再登場。イカヅチ=クロアメ説は否定されそうな感じでしょうか。本作は、色々と視聴者の予想を裏切る仕掛けが仕込まれていて、侮れない展開も多いのは評価できるポイントですね。

追伸
「日の出ずる場所」が本当は「火が出ずる場所=大火山ロッキー」では、と薄々感じていたのは私だけではないですよね?

No title

視聴し終わり、悲しさと煩わしさと怒りと嫌なリアリティー……、色々と負の感情を抱きました。

クライマックスは近いと思うのですが、ストーリー上、消化不良な事が多過ぎて、単に勧善懲悪は希望していないのですが、この段階になってもデスメタル側の正義が見えてこないし、大人も楽しめるストーリーとありましたが、厳しいですが「ゾイドが出ているから大人も楽しめるストーリー」という解釈を現段階ではせざるを得ないと思いました。

アラシがゾイドが好きだったら、ゾイドのためにゾイドを苦しめるデスメタルの連中をデスるべきだと思うのですがアンパンマンの如くギャグタッチで生存させといて、子供も見るから仕方無いかな~と思っていたら、トドメをささなかったデスメタルのキャラによって善良な人間は平気で多数死傷させられている。「悪は勝つ」の構図を最近は見せ続けられている気がしてます。ヨウカンの復讐を止めた行為が正しかったか、それは違ったと暗示している様にすら思います。

当方mother3をプレイしてクリアしたのですが、それをプレイしているときの感覚に似てますよ。救われないキャラばかりで、なんかもぉ、って思います。

No title

確かにアンキロのワイルドブラストを喰らってバチバチだけっていうのはご都合を感じてしまいますねえ。
あと、キャビアを直接狙わないのは前回だけが特別で、意図的にそれを行ってしまうと行わないでモヤモヤさせるよりも視聴者が冷めてしまうという判断があったのかな……などと考えます。
大人の事情込み込みの壮絶な友情であったのは否定できないです。

一方で、アボカドのアンキロを倒してくれという言葉は切なかったです。
「ゾイドハンターとゾイドは人機一体」とは前回の言葉。
相棒ゾイドの責任は自分の責任と受け止めるならば、自分の言葉が届かない以上は殺してでも止めるしかない。そんな気持ちを感じました。
その辺りは良かったと思います。
また、手加減するつもりならキングオブクローでありスパイラルではないのでしょうが、アンキロのワイルドブラスト破城面に強い。故にスパイラルで切り上げるしかなくその結果として切断するまでに至ったという考えはどうだろうかと思いました。
今まで無かった訳ではないのですが、劇中でスパイラルはあんまり使われてきませんでした。
使ったのに蹴散らしてるだけって時もあったので、完全に配慮されていたかと言うと何かモヤモヤしてしまうのですが、それなりに奥の手として使われてこなかったように思います。
何せ、今まで「スパイラルを覚えたのにキングオブクローを今でも使い続けるのだろう?」と思っていたので、その辺りは大事にされていたのかなとも考えた次第です。
どうだったんでしょうね?

人中心の基準で判断されているというのは、ずっと思っていたことです。
ただし翻って物事の捉え方も感じ方もことなる生物を基準にして考えられるキャラがどれだけいるかというと……その人選は限られ、難しいとも思います。
それを含めて「相棒か? 兵器か?」を問うていてくれるのなら素晴らしいと思うのですが。
その判断は今はまだ出来そうにないです。

ただ、一つ言えることは。これは考え続ける事こそが大事なことなのかなと受け取りて側としては感じました。
答えが出なくとも考え続けることが大事な事案なのではないかと。

これは個人的な意見ですが。
今回のアンキロはアラシ達やアボカドの「ゾイドは相棒」という思いによって殺されました。
これが「ゾイドは兵器だ」としていれば「兵器は善いも悪いもリモコン次第なのだから罪は無い」と言えたのかも知れないのですよ。
この辺り、何気に重要かもなと思います。
語られていないことも含めてのテーマなのかなとも考えています。

何だかまとまりのない文章になりましたが、今回はこんな所で。

不公平ではない?

なかなか衝撃的な展開でしたが、敵のゾイドは攻撃するのに仲間のゾイドを攻撃できないのは不公平という考えにある程度の答えを出したとは思いますね。仰るように時間をかけてアンキロを救う努力はしても良かったとは思いますが。

それにしてもキャビアはどうなるんでしょうね?40話でアラシたちをみすみす逃したうえにアンキロまで失っては処分は免れないと思います。フォアグラやトリュフからも「四天王のツラ汚し」呼ばわりされてもおかしくないでしょうし。

No title

今回、アラシは涙を飲みつつアンキロックスを仕留めましたが、前作の子供たちのように乗り手のキャビアをぶちのめせば、アンキロックスは救えたかもしれません。その代わりいくらろくでなしのキャビアとはいえ殺人という十字架をアラシは背負うことになりますが。

アラシの敵ゾイドに対する態度についてです。かつてのバンにも言えることですが、アラシたちにとっての良いゾイドは自分たちに友好的なゾイドだけで、デスメタルなどの敵側のゾイドは容赦なく叩き潰すという割り切った考えなのでは? ゾイドは相棒だという考えの持ち主の割には、かなり疑問が残る考え方ですが。
次回作では500年後の世界で生物進化と兵器進化を兼ね備えたゾイドが登場するようですが、わざわざ500年後の世界にしたのは、兵器を悪役扱いした本作とは相いれないからでしょうか?

No title

正直、どう言えばいいのか分からないが感想でした
子供向けに分かりやすくアラシたち=善でデスメタル=悪とした観点で敵だから基本的に倒してOKの流れで、救えそうにない(時間と演出と物語の簡易化の為的に)から倒すとも受け止められる内容だと思いました
実際、敵に奪われた味方機を涙の先に倒すというのは昔のアニメでは王道(マジンガーのミネルバXとか)でしたし・・・

ここで気になったのは人間からゾイドへの相棒ではなく、ゾイドからの相棒(乗り手)に何を求めているのか出ないのも理由の一つだと思いました

某艦船擬人化ブラウザゲーム(現第2期)の2次創作で、主人公は徹底的な合理化、および運用する側とされる側を徹底したキャラでした
物語の途中、部隊殆どは大事にされてないとして「兵器である前に人間として大事に扱う」部隊に移籍しますが、何人かは「人間であるという前提で兵器としての自分をもっとも使いこなせる存在」として物語の黒幕に一矢報いいる(作品世界は黒幕によるエンターテイメント的な箱庭世界)のがありました

初期設定のデスメタルの正義をどう表現するかで色々と変わる作品だと思いました

エピソード単体での評価は置いておいてもこの先に響いてしまう点で問題作だったと思います。
今回アンキロックスの命を奪ってしまったことで他の洗脳ゾイドでも同じ展開にならざるを得ないでしょう。
一回だけならショッキングで考えさせられる話でももういいよ…となってしまいそうですし、さらっと流されてしまうのもモヤモヤが残ります。
かといって他のゾイドが助かるとアンキロックスは…?となってしまう…。
何にせよ難しそうですが上手く扱ってくれることを祈ります。

哀しい

アンキロックスがこんな形で退場とは
かなり凹みます。

もしかしたら、アンキロックス相手には全く手加減できないのでライガーとアラシは全力を出したのか?

No title

ゾイドは最高の相棒であると同時に兵器であると思います
相棒の行いは償わなければならない
自分の相棒がもし殺しをしたとしたら処分するのは当たり前なんでしょうけど・・・
相棒とはいったい・・・

No title

キャラクターがなまじ明るい分今後の展開を見届けるの少し苦しくなって来ました……

物語の本流に絡まないサンラータンやカールK等はあの世界で逞しく生きてる姿を見て好ましく思っていますが回を重ねる事にフリーダム団もデスメタルの連中も段々感情移入しづらくなってきていたんで500年後と言う舞台と登場人物をガラリと変えて仕切り直しは最初は戸惑いましたが今回の話の後だと「それもいいんじゃないかな」と一息ついた気持ちになりました。

No title

アンキロが真っ二つになったのには
正直「えぇぇぇ〜!?」と思いました
・・・そこまでやっちゃう?
アボカドが倒してくれと言ったから?
ちょっとモヤモヤが残る話でした

No title

なんか安易に、泣ける&ハードな展開のために殺したようで胸糞悪いですね。
本当に、絶対に真っ二つにして殺さないといけなかったのでしょうか?
対象年齢に対してショッキングすぎるんじゃないかと思います。

それにお小遣いをためてアンキロックスを買ったり、親御さんに買ってもらった子供は今回を見て何を感じるんでしょう。
正直言って腹が立ってます。
前々回のギルラプターといい新商品をいきなり死なせたり、売る気があるのか?と言う意味でも疑問です。

今回ばかりは愚痴らせて下さい

以前レインの回で触れさせて頂いた、ワイルドブラスト技の威力への疑問。まさか「脚本の都合」という最悪の答えに墜落するとは思いませんでした。
あれで両断されるなら、今まで倒したゾイドは大半がバラバラでしょう。
あれではまるで、アラシとライガーが敵には手加減していながら、味方相手に限って急に殺しにかかったようです。勿論、今まで見てきた我々は、2人がそんな奴ではないと知っていますが。

今回は間違いなく、これまでで最悪の回でした。今後もこれが最悪であって欲しいものです。

>レイさん
あなたのコメントに納得がいかなかったのでいくつか物申させていただきます。

今回の件を安易に「脚本の都合」の一言で片付けて詰るのはいかがなものでしょうか?
今まで戦ってきたゾイドが両断されなかったのはアラシは無意識に手加減をしていた(乗り手が悪いとはいえゾイドを攻撃することに躊躇いがあった)という見解もありだと思いませんか?
しかし今回はアボカドからアンキロを倒して欲しいと懇願されて苦渋の決断の末に覚悟を決めて全力で技を放った。
デスメタル側としてはシュプリーム団のゾイドの扱いは鹵獲した機体を使い潰しにする前提で、洗脳が解けたら当然レジスタンスの戦力が回復してしまうから無事に返してやるつもりは毛頭ない。
アンキロを殺してしまった後にそのことでわざわざアラシを挑発してくる狡猾なキャビアのことですから、洗脳が解けかけた時点でアンキロを処分しようと既に決めていて、全力で放たれた必殺技に「わざと」アンキロを当ててアラシに精神的なダメージを与えたという見方をした人が何人かいます。

今回が最悪であって欲しい、と書いてますが残る二人のことを考えるとキャビアと戦った時より厳しい展開になるんじゃないですかね。お気の毒ですが。
フォアグラもトリュフも戦いの技量も狡猾さもキャビアを上回りますし、洗脳の解除について何の対策もしてこないってことはあり得ないでしょう。

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ええもう、弩ハードでした。
なんか、乱高下が凄いなこのアニメはと思いました。

13話レインもたしかに両断でしたね。
ただあれは視聴者にも「こうする他はない」と十分理解させた上での結果だったと思います。
なので後味がそこまで悪くなかった。後味の悪さを感じるよりもゾイドとは何か。どう付き合うべきかを考える機会に昇華されたと思います。
ただ今回はちょっと引っ掛かっています。

キャビアは当初のダメダメっぷりを覆す活躍ですね。
といってもあれだけの軍団で攻め込んで撃ち洩らしているのでどうなのかな、とも思います。
再登場はあるのかな……。

>kageさん
デスメタル側の正義はぜひとも見せて欲しいですね。
ドレイクやギャラガーの個人の正義は出てもデスメタルとしての行動原理や正義・理念は出なさそうな気もしています。ちょっと心配です。

残りの話に期待しましょう……!

>やまさん
ライガーって多分そこまで耐久性が高い方ではないと思うんです。
なのにバチバチするだけなのは都合が良すぎに感じました。
アンキロが抗いパワーを抑えていた可能性もありますが…。

倒した描写については、うーん・・・。
まだ考え切れていないんですが、今後も考える事を継続したいです。
何か本当に色んな感情が渦巻く44話でした。

「相棒か、兵器か」については残り話数で深く煮詰めてくれれば良いですね。
そうなる事を願ってやみません。

>YHさん
キャビアは実際結果だけを見ればライガーは倒してない。戦果はゼロ。
なのにアンキロは失ったですからね。
逆鱗に触れるか、あるいは別の機に乗って再登場するか…。

>samonさん
ライダーの排除は何も殺めなくとも可能だと思います。
要は振り落とせばよいので。

>デスペラードさん
敵に奪われた味方機を涙の先に倒す。たしかにこれはこれで王道ですね。
しかしそこに納得感があるか。その行動に涙を流しつつも応援できるのか。
共感できるか。
そこが大事だと思います。
13話レインの回はその辺が上手く出来ていたと思います。
今回は何とも言えないモヤモヤが出てしまった印象です。

ゾイドから相棒に何を求めているか。
確かにそうですね。
残り話数でどう出るか……。

>U4さん
わかります。あと二機残ってますもんね。
倒すならいっそ全部まとめて44話にすれば良かったのに…とは思いました。
仮に残りの機が生き残ったら嬉しいけど、それはそれでアンキロは…?となるのは避けられませんもんねぇ。
どうにかしてうまく描いてほしいものですが。

>アンキロさん
悲しいかな退場になってしまいましたね……。
手加減はできなかったと思います。しかしそれにしてもあそこまで真っ二つにするものかよ…とは思いました。

>ヒューイさん
色々とその辺を考えてしまう回でしたね。
今後の話で見解が出る事に期待したいです。

>駄文書きさん
感情移入は確かにし辛いです。
よく分からない。何やってるの? という事が多いと辛いですね。
共感できるようにしてほしいです。
でも残りの話には一応期待しています。
どうにかしてくれると…信じている。

>No Nameさん
安易であっても実際に泣ける・燃える展開であれば良いのですが…。
そうではなくてモヤモヤが比率としてかなりを占めるような展開になったのが問題だと思います。
私は対象年齢が低いからといってハードな事をやってはいけないとは思います。
そこに至るまでの過程で十分な経緯の説明がされていれば良いと思います。
しかし残念ながら今回はそうではなかったと思いました。

>レイさん
私もご都合だなー・・・と思う事よくあります。
ギャグチックになったり気絶するだけで済んだり。そして真っ二つになったり…。
ちょっと、、、まぁギャグはギャグでいいし基本は気絶でもいい。本機を出したら切れるでもいい。
でも説得力は欲しいですね。

>No Nameさん
ここで議論して頂ける事とても有り難いのですが、ラストの方で熱くなりすぎて文章が乱れてるのでもう少し落ち着いて下さいね。

もし今後もそういう口調で書かれるとすればお名前を名乗ってください。
ここは名無しはまるで構わない場所なんですが、なんていうんでしょうか。「議論時に文章を乱すような書き方で名無し」だと誤解されかねないじゃないですか。
そういうバランスです。
ご理解いただければ幸いです。

No title

返信を下さったNo name様

ご指摘ありがとうございます。
確かに、ショックのあまり少し短絡的になってしまったかもしれません。
実際、昨日の私にキャビアがわざと当てたという発想は全く無く、返信を拝見した今は目から鱗が落ちた気分です。お陰様で少し頭が冷えました。

今回が最悪であって欲しい気持ちは今も変わりませんが、覚悟はしつつ今後の展開も追って行こうと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント