資料整理

ゾイドワイルド時期のコロコロを整理しました。


コツコツやっとかんと後で大変なことになってしまう。

しかしコロコロのゾイドワイルド資料を整理していて思うのは、割と少ないなぁ…という事です。
特に最近の号は「特典外装」の特集がほとんどでゾイドワイルドワールドの紹介が少ない・・・。なので世界観が膨らまないのが辛いかなぁ。

いやページ数は決して少なくはないし、「付録冊子」とか「折り込みページ」とかの特徴的な掲載も多いのですが、それでも少ないと思ってしまうのは機獣新世紀ゾイド時代の掲載量が凄すぎたからだろうなぁ。

新世紀のコロコロは本当に凄かった…。


ストーリーがテンション高く掲載。これだけはない。


「新発売の機体紹介」が必ず載っていたし、
更に「改造講座」などのページも載っていた。

あと「広告」が毎号のように載っていたのも特徴だよなぁと思います。

新世紀の広告って、この統一されたレイアウトで各機の広告が作られているんですよね。
これを見るのも大きな楽しみでした。

ゾイドワイルドは広告を全然出してないんですよねー…。不思議だ。

機獣新世紀ゾイドの頃の記事は「その記事だけでゾイドに夢中になれるし、その記事だけで新発売情報なども十分に分かる」ものでした。
一方でゾイドワイルドはアニメなどを見て「既にゾイドが好きな層は記事を楽しめるだろうが、全く知識ゼロの状態では記事を見てもそこまで盛り上がれないのではないか」と思います。

特集では「新発売の機体紹介」は、ぜひとも設けて欲しいかなー……。
この頃の号は「抽プレやゲーム特典の特別外装」を特集する事ばかりで。。。
それはそれで良いし……というか、あんな豪華な得点だから大特集するのは当然です。
ですが、せっかく多彩なゾイドが一般発売されてるわけだからその紹介くらいは欲しいなぁ。
資料を整理していて、ちょっと物足りなさがあります。
ゾイドワイルド第二弾のグラキオサウルス&クワーガの頃までは機体紹介もされていたんですが……。

ただし、そろそろアニメが一段落するであろう頃合です。
そしてゾイドキットは「新世代」と銘打ち新しい展開に入ろうとしている……。
今までは「アニメ放映中なので過度に雑誌掲載を多くしない」という方針だったのかなぁ…とも思います。
ゾイドの体力はやはり限りがあると思うので、「あれもこれも手を広げすぎると良くない」というのが機獣新世紀の反省であり、それゆえゾイドワイルドではアニメが放送している現在はやや抑えた感じの掲載にしているのかも…。
という風にも思いました。

逆に言えばアニメが一段落した後はコロコロ出の掲載がパワーアップするのかな…とも期待しています。
ちょうどキットが新世代になる事だし。
むろん、新作アニメがやってくるのであればそれはそれで大歓迎なのですが。

二年目、どうなってくるかなー。
やはりアニメは絶大な販促効果を出すでしょう。それが終わった時…、/0終了時の悪夢が回避されるよう願うばかりです。
多分、苦い経験を経て秘策はあると思います。
それに注目して行きたい所です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ジェネシスがヒロイン二人の人気が出たのもあるのかもしれないですね

現小学館はゾイドではなくキャラの人気や漫画で利益を得たく、タカラトミーはゾイドの機体を売りにしたいと意見が分かれてるのかもと考えてしまいました

No title

そういえば、昔から結構ある事例なんですけれども。
漫画家さんがロボットもの――ゾイドは生きていますが仮にここにカテゴライズします――を描いた方が数名「出版社がロボットをキャラクターだと思って(認めて)くれない」ということで揉めたり嘆いたりしている風景を過去に幾度か見て来ました。
ゾイドは……そして小学館はどうなのでしょうね? 出来ればキャラクターとして見ていると期待したい所ですが。
ゾイドの設定というか素性故に。

やはり、良くも悪くもアニメ主導ということなのでしょうね。
この結果はまずゾイドワイルドが終わって数ヶ月の観察で一度出るような気もします。
出ないことが一番良いのですけれど、それはタカラトミー様の采配次第。

アニメの呪縛からの脱出方法を見つけ出していてもいい。
そう思う反面、多くの別作品がその呪縛を脱していないのを承知しているので、どうなのか難しい所です。
ただ、新しいゾイドの展開が決まっていることから「間髪入れずに走り続けることが最良の解」とされそうな気がしないでもないです。
3ヶ月の休息期間はどうしても設けなければならないということで発生する感じで。
元々ゾイドの開発者の一人である徳山さんは、アニメの終了の反動で失うものを憂慮していた訳ですし。

過去に少年ジャンプの有名な編集者であった鳥嶋さんは「もはや雑誌の時代ではない」とも仰っています。
となれば、カギを握るのはインターネットのコンテンツかなと考えます。
どのように展開してもらえるでしょうか。
今を楽しみつつ、その時を見守りたいものですね。

No title

新商品は動画で紹介してるというのが大きいんでしょうね。カラーでページ数多くとるとお金はどうしてもかかってしまうでしょうし。
レビュー以外でもコロコロ発のゾイドネタということでいえば、コロコロチャンネルでゾイドケーキを作ったり改造をしたりもしてました。
その辺りも紙の情報に換算したら結構なボリュームになると思いますが、後年見返しにくいのがネックですね。

No title

>デスペラードさん
うーん、、、見解はぜひとも統一させてほしいものですね。
それがないと色々あやふやに…。
新展開に期待しましょう。

>やまさん
でもアニメ主導の割にはあまりアニメが紹介されてない感じもします。
ゲームはかなり紹介されていますが、うーん。。。
アニメならアニメで良いのでそれを全力で盛り上げてほしいんだけどなぁ。そうでもないのでモヤモヤします。

ネットの力は偉大ですが、紙もまた良いものです。特にキッズにとってあのコロコロという雑誌は特有の魅力と存在感があると思います。
なので特に力を入れて欲しいとは思いますねー。

>てるさん
仰る通りで紙はファイリングすれば残しやすいし見返しやすいのが最強な所です。
動画もまぁ保存できんではないですが……なんていうか「その瞬間」を盛り上げる反面、後から見返す分ではやはり紙に分があるかなという気はします。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント