47話!

47話でした。
フリーダム団から離脱したドレイクが歩む道とは…!? という事でしたが今回も良い感じの展開で面白かったです。

(飯は喰いつつも)フリーダム団には加入せず独自の道を行くドレイク。
それを残念そうに見送りつつも火山を目指すフリーダム団。


火山地帯で苦労するガノンタスがかわいらしい。
こういう特性の違いを出してるのは良いですね。
またワイルド世界ではライガー系も山岳ではあまり本領が発揮できない模様。
山岳での地形適応が最も良いのはラプトル系かな。

さてそんな山岳で移動に苦労するフリーダム団の前にデスメタル部隊が現れる…!


おおおー! ディメパルサー。
修理完了したんだ。

そしてキャビアはパキケドスに乗ってる。

ライガーはディメパルサーを。ウルフはパキケドスを倒そうと動く。
しかし相変わらずの策略と強さで鉄壁を誇るディメパルサー&トリュフ。

ウルフの方も脚部にダメージがあり本領を発揮できない。
マッドオクテット、そしてデスレックスのDNAを取り込んだ最大放出でもはや絶体絶命のピンチに。

しかしその時、現場に救援に駆けつける者が!


ドレイクー!!

思いもよらない事態に形勢は逆転。
ディメパルサーは帆を切られ腹部にも大きなダメージを負う。

こうして、どうにかフリーダム団はデスメタル部隊を退けたのであった……。

という事で47話でしたが、戦闘がだんだん激化していて敵中枢に近づいてる感じがする。
展開もハードさが随所で出るようになっていて……、


バーガー隊長……。
隊員と共に流れ星と化す。


RAP隊も登場!
どうも遊撃隊として各地の情報を探っていたのだが資金が尽きて立ち往生していた模様。
ってか一応はデスメタル部隊なのにキチンとお金払って各地を巡ってるって意外かも。
最近のデスメタルの描写からすると、お金など払わず踏み倒しそうな気もするんですが。

「情報収集」って所が理由かな。
でもお金が尽きた後も横暴な事はせず、ただただ困り果てている感じだった。
やっぱりいいやつらだな。
願わくばこの後フリーダム団と再び会って何か見解を交わすような事があれば良いのですが。


アラシと別れた後のドレイクは、自分がデスメタルを離反した事は告げずに行動していた。その結果かなりの情報を収集したり。
こういう器用さはとても良いと思います。アラシにはできない芸当ですな。

そんなわけで47話でした。
今話はまた「古大秘宝Zが何者かに持ち去られた!?」という描写もあったりして。
その辺の展開もどうなるか気になります。


47話は良く出来た話だったと思いますが、強いて言えばハンターウルフの活躍は今回無しでも良かったんじゃない? とは思いました。
割と露骨にプッシュされ過ぎな気もちょっとするかなー。
あと、今回のディメパルサーの腹をキングオブクローの全力で切っていましたが、若干切れるだけ。やっぱりアンキロックスの事を思ってしまうなー…。

という事は思いつつも、いやしかし良い回でした。
来週は「進め それぞれの道!」という事でなんか最終回っぽいタイトルだなと若干びびっていますが、良い回である事を願います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

山登りが辛いという描写は、なかなか良かったですね。
ガノンタスはさもありなんという気もしましたが、ワイルドライガーもとは。
ちょっと意外な感じがしました。
比較的楽に登れたのはスコーピアだったりするのですかね? 多脚ですし。

RAP隊はデスメタルの中では持ってる感覚が普通の人っぽい感じがしますね。
だからこそ、情報収集に回れたのかも?
……ドレイクは、何かご馳走してあげたのだろうか。

バーガーは「開幕で出てきてこの扱い!?」となってしまう悲しさが。
これ、生きてない、ですよね……。最近は人すら食うようになったデスレックスですし。
生きてればいいのですけれど、さて。

トリュフの奇策は結果オーライですが、つまりはZボーイズWithラプトールではまともに戦ってはフリーダム団を疲労させられないという判断だったのですかね?
だとしたら、悲しいZボーイズよ。

パキケドスは強いですね。敵になって更に噛み締めるその強さという感じでしょうか。
キャビアがまたダメな方向に走っていましたが。
ハンターウルフの邪魔はすれども決定打は与えられていなかったのは、乗り慣れていないからか、あのおふざけモードだからか。

対して、ディメパルサーは遺憾なく強さを発揮していましたね。
正に強敵という感じで良かったです。
フリーダム団が電磁パルス対策が出来ていなかったというのは、そういう処理を行える施設はレジスタンスには無くデスメタルの方が技術で上回っているという証拠だったのでしょうか。

そこで登場したのが電磁パルス対策のできているドレイクとギルラプターというのは良いタイミング。
それによってディメパルサーを撃破。
ディメパルサーが真っ二つにならなかったのは、スパイラルではない普通のキングオブクロー故……と、私は解釈しました。
これにてディメパルサーは退場、ですかね?

そして、最後の古大秘宝Zを掘り出した跡の形がもろに……。
遠くから眺めないと気付かないという描写ですね。
しかし、そうすると、本当は分解もされずに埋まってたみたいに見えますが、Z……。
どういうことだろう。

そして、次回もドレイクは別の道へ。キャビアとトリュフに離反の姿は完全に見られたので、情報の共有がデスメタルの方で上手く行っていれば、今回のような動きはもう出来ないと思いますが、ドレイクの目的は何でしょうね?

次回もまた楽しみです。

No title

前回心配していたデスレックス急襲がまさかバーガー達に向くとは…。

ディメパルサーは相変わらず脅威でした。しかも、トリュフを落としても戦闘を継続していたのには驚きました。この分だとゾイド狩りの子供達の策は通じなさそうですね。

そして、Z=デスレックスの可能性大ですね。しかも、ドレイクの見立てが正しければ発掘跡はそう昔のものではないとのこと。今ギャラガーが乗っているレックスは割と前から居ましたが、まさか2体目(紫龍形態?)でしょうか…。

No title

アンキロックスもおそらく腹からきられたんでしょうけど・・・気持ちの問題だったのかもですねぇ

敵とはいえ命まで奪うことがないゆえにワイルドブラストのキングオブクローでも薄皮1枚程度の損傷で済んでたのかもしれないです
逆にディメパルサーとは違いアンキロックスはもはやどうすることもできない!こうなったらアンキロックスを!!・・・覚悟の上での一撃が衝撃の真っ二つだったのかもしれないです

遠距離戦をすべきでは?

戦闘シーンは見応えありましたが、アラシたちが亀光砲やハウリングシャウトで遠距離戦をしなかったのは気にかかりました。ディメパルサーの恐ろしさはよくわかっているはずなのにわざわざ突っ込んでいくのは無謀にしか見えませんでした。

それにしてもRAP隊の情報収集能力は優秀ですね。根はいい人たちだから怪しまれたりしづらいんでしょうか?諜報活動に専念しても良さそうな感じもします。

RAP隊の雇用主って

◆RAP隊
 いままでRAP隊3人はデスメタル帝国の兵士と思っていました。
でも今は、デスメタル帝国を抜けたドレイクに付いて行っているということは、ドレイクが雇用主ってことでしょうか?
 お金だけで付いて行くタイプでない(でなければ情報収集の資金を持ち逃げして、デスメタル帝国へ戻る)ので、ドレイクの魅力について行っているのですね。

◆戦闘シーン
 私も、亀光砲やハウリングシャウトで遠距離戦してないのが気になりました。
 それ以上に、トリュフが部下ラプトルを投石落石代わりに使ったところ。それなら石そのものを使ったほうが早いし。部下が離反すると思います。

ビートル

ドレイクは次回罪滅ぼしと復讐の為にアラシ達と別れるみたいだけど
(あくまで予想ですが)
でも人殺しをしたキャビアやギャラガーは改心しなさそう他の三銃士とラッキョーも。
て言うかラップ隊いい加減デスメタルやめろ

No title

サブタイトルが「ダブルワイルドブラスト」なのに実質的にはウルフを含めて「トリプル」になってるとか、どうみても活火山に見えるのに「休火山」と言われるとか、まあツッコミどころはあるにしろ、前回の勢いを駆った物語運び楽しめました。

序盤のデスレックス遭遇戦を含め、全体的にバトルシーンの見応えが十二分にあって良かった回なのですが、気になったのは戦闘描写のバリエーション不足でしょうか。

ライガーとギルが縦横無尽に活躍するのに対して、ウルフのモーションはいつもとほぼ同じ感じ。そしてガノンタスはまたしても亀光砲を使わず。遠距離戦だと見せ場になるはずなんですけどね…。そもそも、トリケラが長らく離脱したままなので、フリーダム団側に「パワー勝負」できる重量級ゾイドがいないので、ずっと「スピード勝負」が続いているのは単調な気がします。

そういう意味では、ディメパルサーとディロフォスは、バトル描写の幅を広げてくれる良いキャラだったんですが、耳栓で対策されたし、回収もされなかったのでこのまま退場するのでしょうか?

No title

いつの間にか猫と犬と恐竜しか活躍しなくなっててモヤっとします・・・
新世紀ゾイドでも気が付けば猫と二足恐竜しか活躍しなくなってたのを思い出します。
バトル自体は面白いと思いましたがガノンタス、スコーピアにも少しは見せ場が欲しかったです。

あとやっぱり同じ技でアンキロックスは死んだのにディメパルサーは傷がついて倒れるだけなのは理解できません。
物語の都合上、アンキロが死ぬ役目を押し付けられたみたいでとても気になります

No title

来週が最終回ぽいタイトルなんで心配になって月間テレビ番組表掲載のTV雑誌を3冊立ち読みしましたが、少なくとも今月29日までアニメは続行するようです。その6月29日の放送も「終」マーク無かったので、あと4話以上あると思うのだけれど、正直楽しみよりも心配が大きいのが今現在の感想です。

バーガーはレジスタンスとしては相当の強豪だったと思うので、もう少し活躍場面を持たせて良かった様に思いました。しかし、一貫してシリアスを通してくれて好きなキャラでした。

あとはヒジキ君や森のヒーラー少年の再登場があるのか、期待半分不安半分です。

例のアンキロの回が良くも悪くもプレッシャーかけてますよ……。

No title

>kage様
>あと4話以上あると思うのだけれど

今後の展開…はもちろんですが、今後の放送が気になりますね。

Wikipediaの「ゾイドワイルド」の記事に、「7月からの後番組」を執拗に書いている人がいましたが、出典を示さないので削除されていました。他方、Twitterでは「ゾイドワイルドは継続決定」とこれまた根拠不明で書いている人もいて、何が何やらwww

シンカリオンは終了が決まったんでしたっけ?

No title

>やまさん
スコーピアは楽々って感じですね。
さすが多脚。
スパイデスも得意そうかな
ライガーはまぁ・・・たしかに草原などに住んでいるので山岳はあまり得意じゃないかもしれませんね。

ドレイクはなんだかんだ言って面倒見がいいのでRAP隊には札でも投げ渡していそう。
「ド、ドレイク様~」ってな感じで恩を感じた三人がピンチの折に駆けつけたり・・・しないかなあ。
そうなると胸アツなんですが。

ラプトールは確率の問題でしょうね。
マトモに戦って損傷を与える確率は低い。
ラプトールを突き飛ばせば奴らが助けに来る確率はそこそこ。
ならばああしてしまおう。そんな判断だと思いました。

ディメパルサーは強かった。そしてフリーダム団側は既に対策可能な事を知ってるのにできていない。
それは注目ポイントですね。
真っ二つにならなかったのは確かに普通のキングオブクローだったから…とは思いますが、スパイラルとは底まで威力が上がるのだろうかとも思います。
「重装甲を誇るアンキロックス」をスパイラルで軽々切れる。
普通のキングオブクローだと原側に傷が出来るのみ。
これはもう少し別の理由があると思いました。

>レイさん
バーガー、まさかの再登場。そしてまさかの事態でしたね…。
シビアなアニメでした。

ディメパルサーは確かに仰るとおりですね。
トリュフが落伍しても戦闘を継続。なんでだろう?
事前にそのようにプログラムされていた・・・?
それとも自分に向かってくるゾイドを本能的に敵と認識して排除に動いた・・・?

デスレックスは気になりますね。
ミミガー時代から発掘されていたので少なくとも数年前ではありますね。
「そう昔ではない」が具体的にどの程度の年数かは分かりませんが、まさかの二体目にも期待したいですねー。

>ヒューイさん
気落ちの問題はあると思います。
ただやはりアンキロックスは直前においてデスブラストに抗う素振りも見せていました。
なのでそれに気付かず「どうする事もできない」としたのはやっぱり残念だったかなーとも思います。

>YHさん
わかります。なんでガノンタス何もしてないんや・・・とは凄く思いました。
例えば山岳で足場が崩れやすい。それゆえガノンタスは動けないとかの説明があればよかったんですが。

>アンキロさん
ドレイクはRAP隊にあった時点ではデスメタルを抜けた事を告げていないので、RAP隊は「デスメタル帝国での上司に当たるドレイクに普通に接している」のだと思います。
ただこの先はドレイクの離反を知るでしょうね。その時にどうう動くかが注目だと思います。

トリュフの投石でなくラプトールを使った件については、落石だと離脱されて終わり。
ラプトールだとラプトールの命を救うために近づいてくる。体でラプトールを受け止める。つまり確実に敵に衝撃を与えることが可能という作戦だと思いました。

>No Nameさん
色んなキャラがどのような心境になるかは描かれていって欲しいですね。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
今回はダブルワイルドブラストとしてウルフにはちょっと遠慮して欲しかったですね、、。

戦闘のバリエーションは増やして欲しいですね。
ウルフ、雑魚相手に夢想するシーンとかは良い動きをするんですが、決め技のときは確かにいつも同じ。

ディメパルサーは回収して修理して欲しかったんですけどねー。
まさかの展開で量産されていても良いと思います。

>No Nameさん
カメとサソリはそこに居るだけ……というのが露骨なのがちょっとモヤりますね。
現場に居る。活躍の場が容易に想像できる。それだけに余計にモヤモヤ度が上がります。
この先また活躍してくれると良いのですが。

>kageさん
タイトル、ヒヤヒヤしますね。

バーガーは猛者って感じでしたよね。ああも一瞬でやられるとは。
クワーガなので飛んで逃げればいい気もしましたが、デスレックスに睨まれてそれもできなかったのかな…。

ヒジキは出てきても活躍できるかなあ(笑
でもあの謎のハイテンションぶりで旋風を巻き起こして欲しい。
シメジ君は森の怒りだ!とか言ってカブター・クワーガの大軍を引き連れて出てきて欲しいなあ。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント