食いさしのタケノコを差し出すんじゃない!

48話でした。
「進め、それぞれの!」という事で今回もドレイク回だろうなーと思っていたらその通りでした。
ですがそれだけじゃなくて、あいつが帰還したり物語の真相が一気にわかってきたりと意外な展開があって楽しめた回でした。


前回の協力を経て再びドレイクがフリーダム団の元にやってきた。


しかもタケノコの皮むいて調理に協力しとるし。
(タケノコの皮はナイフでむくもんじゃないとは思うが……)
ところでこれ、ビリビリダケじゃないよね……?

フリーダム団はもはや大歓迎ムードである。
すっかり仲良くなったように見えるものの、まだドレイクはフリーダム団正式加入は拒んでいる様子。

さてそんな一行の元に、レジスタンス一行がやってきた。
レジスタンスはドレイクを見つけて疑問をぶつける。
「なんであいつがここに!?」


ドレイクはもう仲間だと言うアラシ達だったが、レジスタンスは信じようとしない。
ドレイクはデスメタル一の凶悪とも言われた男。数知れぬ街や人を壊した事はれっきとした事実。
それゆえ信じる事などできなかったのだ。

アラシ達は引き下がる。
「誰が何といおうがドレイクは俺たちの仲間なんだ」
「それにドレイクはゾイドが大好きなんだ」
しかし対立は深まるばかり。

このまま決別か……と思われたが、その時、偶然にも現場の岩が崩れ始めた。
このままではみなが岩の下敷きになってしまう。それをドレイクは率先して助けてみせた。
その事に複雑な思いを抱くレジスタンス一行。

「許してもらおうとは思っていない」
「犯した罪は一生背負っていく」

完全和解ではなかったようだが、それ以上の対立は避けられた。
ドレイクやギルラプターは子供たちを中心にある程度は受け入れられたのであった……。



そして皆、それぞれの道へ再び旅立って行った。

そんな感じで、ドレイクの心境などがより見れた回でした。


レジスタンス側の気持ちはよく分かるな。
そりゃあ、自分たちの街や仲間を幾度となく傷つけ破壊した相手を瞬時に受け入れる事はできないでしょう。
出来る方が異常である。
たまたまアラシたちは「自分たち」においては最大でも怪我程度で再起不能レベルの被害を被ったことはなかった。
でもレジスタンスたちは違う。ずっと致命的な被害を受けていたわけだから。
その状況で受け入れられないのは当然だと思う。
「ドレイクはゾイドが大好きなんだ」と言われたところでどう納得しろというのか。

むろん「永遠に許さず対立しあえ、憎しみを抱き続けろ」と言うのは違う。
「許せるのは強いことだ」という言葉があって、それは凄く良く分かります。
苦しくても誰かが憎しみを断ち切り和解しなくてはならない。
でも和解や心の整理とは瞬時にできるものではなく、絶対に時間がかかるものなのだ。

むしろフリーダム団側は、ちょっとワイルドブラスしたからってすぐさま受け入れすぎでは? と疑問に思う部分がないわけではないなぁ。
黒ギルラプターの頃とかにあれだけ激高していたペンネも今やすっかり仲間意識を持っているし。

フリーダム団側が受け入れるまでの過程も
「ドレイクとアラシが和解する」

「一方ペンネたちは疑問を持っている。ドレイクを信じておらず問いただす」

「疑問を解消し完全に受け入れる」
という流れだったらより良かったかな。

現状では主要キャラの多くが大きな流れを考慮した判断というより「つり橋効果」というか、その瞬間の感情のみに従っているように若干思えてしまうのは残念です。
ワイルドブラストできたら万事OKになってる感じはする。
この辺はもう少し丁寧に描写して欲しかったかなーとは思います。
残り話数の関係かとは思いますが。前半にはグダグダ時期もあったと思うし、少し配分を誤ったかなーとちょっと思います。


ま、それはともかく見どころは多い回でした。
岩をぶっ潰す各ゾイドはパワフルで良い感じ。
岩が崩れるタイミング良すぎだろう……とは思うものの、パワフルな描写は良いものです。

またパワフルといえばあいつだ。

トリケラドゴス&ギョーザの帰還!
最終決戦にどうにか間に合って良かった良かった。
そういえば以前のデスレックスとの決戦時にはトリケラ居なかったんですよね。
最終決戦では因縁のトリケラVSティラノが実現するわけかー。
トリケラだけで倒すのは難しいだろうけど、パワフルに一発ぶちかまして欲しいところです。


その他では仙人の場所で色んな情報が判明したりもしました。
Zは……デスレックス?
空で酔うクロアメたちのキラキラ描写を挟みつつも重要な情報がもたらされた回でもありました。

ラストは一人デスメタル帝国に乗り込むドレイクのシーン。流れ星が落ちる描写も……。

次週は「最終決戦!デスメタル帝国」とのことで圧倒的数を誇るデスメタル帝国とのまさに決戦になる模様。
一気に加速しすぎではと思う程の展開ですが、凄まじい回になりそうで見逃せません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ドレイクの株が赤丸急上昇です。
ギルラプターに触れる子どもたちに向けた優しい眼差しは、いままでのドレイクの氷上からするとSSR級の笑顔でした。アラシに嘘をついた時に「悪いな」と呟いていたのも、内心ではかなり心を開いていたことが感じられて良い台詞でした。

ようやくギョーザも復帰して、最終回を前にしてフリーダム団が揃ったのも一安心。あと、1年を通じて、ワイルドブラストを非戦闘に使う=岩を砕く場面が意外と多くなりましたね。もうフリーダム団じゃなくて土建屋フリーダム組でいいんじゃないかな(笑。

Zの正体がデスレックスということで、主人公が散々探してきた「お宝」が実は中盤から(敵として)ずっと姿を現していたというのは、中々面白いオチでした。巫女の如くデスレックスと絆を結んだ生け贄の少女についても明かされないかな、と期待するのは欲張りでしょうか。

その他、草も生えてない火山で唐突にタケノコ食べてたり、丁度良いタイミングで丁度良い感じに岩が崩壊を始めたり(今日のMVPですw)、RPGで説明役の村人が立っているかのように突然サンラータンが現れたり、とツッコミどころ満載なのはご愛敬。こちらもある意味、ゾイドワイルドらしさと思えるようになったのは、すっかり視聴者として飼い慣らされたと言うべきでしょうか。

最後に苦言としては、やっぱりガノンタスやスコーピアが活躍しなかったこと。落ちてくる岩から身を挺して子どもたちを守るという見せ場が欲しかったです。

No title

今回はドレイクの立ち位置の整理のためのエピソードでしたね。
確かに、これまでのグダグダが尾を引いていましたね。
もうちょっと、グダグダしている時に注力できた時間はあったろうとは思います。
それでも、レインの時のことを挟んだり岩崩から助ける際にドレイクがっ傷を負って血を流すなど、一生懸命演出しているのは見れました。
今回の話をやらなかったら納得できないという思いは見ている方としても少なからずあったかなとは思いますし。
必要な回ではあったかと思います。

一方で、ムシ仙人とシュプリーム団の話という形で真相が知れるのは、見る側にとっては良いのですが、登場人物……とりわけフリーダム団の理解についてはどうなんだろうなあという気分もしなくもなかったです。
視聴者の疑問解決には良いのですが、最前線で見聞きしているフリーダム団に届かないのが、後でどう効いてくるのか。
ちゃんと開示されて欲しいですね。
当事者たちが知るに至らないことはない……とは思うので。

次回はいよいよ最終決戦開始ということで。
パキケドスとグラキオとか、色々とどうなるのかまだ見えてない部分が沢山あって、どう決着するのか楽しみです。



話は逸れますが。
タカラトミーの公式Youtubeチャンネルは拝見されましたでしょうか。
片山さんからビーストライガーとキャノンブルの発売日が7月27日であると告知されました。
キャノンブルの組み立て&動作風景も。
また、進化解放&兵器解放のギミックを付け替える部分も紹介していました。
今後はこれで行くのかなーと感じました。
進化解放は本能の発展を促進し、兵器解放はゾイドの意思を抑えることでより人間が扱いやすくというのが今度の方針だそうで。
個人的にはまだ気持ちの消化が追い付かなくて。
どうなるのか、見所ですね。

No title

かなり強引というか作られたかのようなタイミングで(w)落石が起こってからのトリケラドゴスが岩を砕いての登場は良かったです。
良キットなだけにもっと見せ場がほしい。

逆にネームレス Mk-II 量産型さんもおっしゃられてるようにガノンタスとスコーピアの活躍が無いのは残念でした。

このアニメ、ゾイドのスピードに関しての差別化は見られるのですが、ダメージの通りがストーリーの進行に左右されるため、デスレックスとブラキオ以外はパワーや頑丈さの差別化が薄いなあと感じます。
今回も子供たちめがけて転がってくる落石を、装甲の厚いガノンタスが割り込んで受け止めるなどあっても良かったと思うのですが…この二人はすぐ傍観者になっちゃう印象です。
バリエーション豊かな機体で組んで旅をしてるので、ちょっともったいない。

ムシ仙人のもつ伝承もここにきて謎だらけですね。
デスレックスの傍らに常に王あり、の王はワイルドライガーのことなのか?
デスレックスと生贄の娘が絆を結んで平和になったのなら壁画のワイルドライガーとの対立はなんだったのか?
実はワイルドライガーに兵器として扱われた過去があり、人類に仇名す存在だったのをデスレックスが止めたのか?

残り話数でまとまるのか少し心配かも…。

No title

カノンダスの装甲なら落石ごとき受けとめれそうですけど連続で受けとめるわけにはいかんでしょうしかといって砲撃したら破片で人的被害が出るかもだしさらに落石を誘発しちゃうかも・・・

スコーピアやカノンダスが人を乗せて安全を確保するって描写があればよかったのかもですね

No title

今回は秘宝Zがデスレックスであり人類を救ったことがあるという重要な情報とともにドレイクの今の心情が出ていた回だと思います。
終盤の「俺が進んでいるこの道は、その真逆。復讐の道だ。」のセリフが少なくともデスメタルの件が片付くまでは共に歩めないという感情が強く出ていた気がします。

次回予告を見る限り洗脳されたグラキオは出てきそうですね。(あの様子だとパキケドスもかな)
でもそうなるとナックルコングとガブリゲーターの出番が相対的に無くなるわけで。グラキオとパキケはもとに戻るのか、ナックルとガブリは修理のままフェードアウトしてしまうのかも個人的には気になる所。

No title

祝、ギョーザ復帰!
ドレイクもある程度の信用は得られましたね。なんて言ったそばから予告で食われかけてるらしきギルラプターが心配でなりませんが…。

デスレックスが人類を救った説は興味深いですね。
もしや倒すのではなく、誰かが絆を結んでレックスと和解する形で決着を付けるのでしょうか?まさかとは思いますが、アンキロを殺したのはアボカドにその役を担わせるため、なんてことは?

ところで、気になったのはギャラガーとアラシが持っているデスレックスのキーです。古文書のキーとは明らかに別物ですが、あれは一体何なのか?

謎もやるべきことも増え過ぎて、残り数話で纏まる気がしません(汗)

No title

他の方も仰っているようにスコーピアとガノンタスが傍観者と化しているのは残念ですね。ガノンタスは亀光砲で岩を破壊できるはずなのに。
次回ではフリーダム団は完璧に包囲されていますが、どうなるんでしょうね?父ちゃんは援軍に来てくれるんでしょうか?あとヨウカンは今まで何をしていたのか気になります。

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ドレイクの表情、良かったですよねー。
アラシへの独白も良かったです。

展開のご都合はここへ来て露骨になりすぎた気はしますが…、まぁこうでもしないとまとまらないだろうからなー…。
ちょっとモヤモヤしますが、話が進んでいることは良いと思います。

ガノンタスとスコーピアは活躍して欲しかったですね。
ガノンタスは重防御で守る。
スコーピアは俊敏さで避難を手伝う。
とかがあれば良かったんですが。

>やまさん
ドレイク周りに描写は良かったですね。
ただホントにグダグダ期の描写が惜しかったです、、、。

第二期・第一弾の発売日は決まりましたね!
ギミック付け替えは面白そうだなと思う一方でそれがギミックを制限しなければいいんだけど…という心配も少しあります。
でも期待の方が多いので待ち遠しいです!

>しめじさん
トリケラの登場シーンは良かったですね。
パワフルにもっと暴れまわって欲しいものです。最終決戦でも見せてくれると良いのですが。

ダメージに関してはおっしゃるとおりで瞬間バチバチで済ませてるのが何ともなあと思いますね。
ライガーが一番頑丈な気さえしてくるぜ…。

デスレックスとワイルドライガーの関係などはまとまる気が正直しない……。
心配です。

>ヒューイさん
確かにガノンタスでも大きな破片や連続してとなるとヤバかったかもしれませんね。
しかし傍観してるだけはそれはそれで……。
仰るように人を離脱させる描写が欲しかったなあ。

>ツカサさん
デスメタルの件が片付いた後、一緒に旅をしてるような描写が最期にあるといいですね。
最終決戦ではナックルコングが出てきましたね!!
ガブリゲーターも一応登場したと言って良いのだろうか…。装甲だけですが。
これは嬉しいことでした。

>レイさん
ギョーザ復活、良かったですね。
ドレイクの描写も良かった。

謎の方は残り話数でまとまる気がしないですね。。。。
せめてあと2,3話追加できればなあ…。

>YHさん
戦闘でも今回のようなハプニングでもオニギリとペンネは「アラシ……」とか言うだけで傍観してるだけのことが多いんですよね。
全体的に残念なところです。
ソルトなんかは率先して問題解決に動いてるんですが。

最終決戦で父ちゃんは・・・・来るのかなあ。
来て欲しいなぁ・・・・。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント