パキケドス!

令和最初の電動ゾイドにしてワイルド第一期の最終ゾイド、パキケドスが出たー!!


購入!
いやー、アニメでは一応一話から登場していたんですが、随分と待たされたものですね。
パキケファロサウルスという、比較的メジャーでありながら今までにない恐竜がモチーフになっている。
ライオンやオオカミはやっぱり嬉しいけど今までにも居たゾイド。
完全新規モチーフというのは新鮮さがより際立ちます。

では早速組み立てようではないか。


ボーン状態 かんせい。
(目を入れちゃいました)

ギルラプターと骨格を共通します。
ですが特徴的な頭や背中によって全く別ものになっているのが良い!


ラプトールとディロフォスみたいに同じだったらどうしようと思っていたので、これは一安心。

そして装甲を付けよう…


か ん せ い

うほお いいじゃないですか。

何が良いって全体的に丸みを帯びた装甲の感じが絶妙で好きです。

鋭く尖ったギルラプターに対してちょっと優しい雰囲気というか、同じ骨格を使いながらもよく差別化できています。


色も良いなー。
青の渋い色身がたまらない。


頭は凄く凝ってますね。草食獣らしい感じでステキ。


ただ一つ難を言うと肉抜きが見えやすい所かな。
何故か裏面の方が肉抜きが少ない。わざわざ目立つ面に肉抜きを付けた意図はちょっと分かりかねます。
惜しい。

…そういえばパキケドスはゾイドワイルド1話先行上映の時(イベント)はデザインが若干違っていたんですよね。
頭部が今より若干すっきりしていて、色も緑だった筈。
ギリギリまで調整がされたゾイドなんだと思う。
なので発売が一番後ろにずれたのかな・・・・・?


ギミックは尻尾振り+歩行。
ちょっと寂しいかな…。口パクはありません。

なおギルラプターと同じく「手と足を同時に出してしまう」という弱点はそのままです。
これ、どうにか改善できないかなあ…。
ビーストライガーを見るに、おそらくワイルド第二期では「第一期のボーンを使いまわして外装のみをとっかえた新型」が多数出ると予想。
その中にはおそらくギルラプター/パキケドスのボーンを使いまわす機体も居るんじゃないかな。
今後の改善に期待です。

そして…ワイルドブラスト!!


これは頭の分厚いバンプヘッドを勢いよく突き出します。

発動は手動で行います。


首を倒す。これにてセット完了。
こうすると、バンプヘッドでどつくギミックが楽しめます。


突き出すだけじゃなくて、その前にグッ、グッ、グッ・・・とパワーを貯める感じの動きをする。
そしてから一気に突き出す!

相変わらず面白い動きをしてくれますね。
良い良い。

さてさて…、これにてワイルド第一期のゾイドは全て揃った!
みんな面白い動きで魅了してくれた両キットばかりでした(レビューしていかねば)。

ワイルド二期は多分、ここから更に武器が付いていくわけですね。
武器の連動ギミックも楽しみだし、ハードポイントを活かしたCPが出ても遊びが広がる。
ワイルド各機はどうしても武器が無いので手動ギミックが従来ゾイドに比べて少なめだったというのはある。その点は大いに解消されると思います。
むろん火器盛り盛りの状態をアピールするだけじゃなくて、兵器を打ち出す事によって「生物」としてのゾイドをより深く考えさせる作風になれば良いのになと思っています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いいキットだとは思いますが如何せんアニメでの活躍が無いに等しい(盗賊か何かを1回倒したような・・・)上に、3000円もするキットなのにボーンがギルラプターのほとんど使いまわしなのがちょっと気になります。
アンキロもですが・・・売る気あるのかなぁ・・・って思っちゃいます

No title

ギルと骨格に共通点がありながら、全体的にこれだけ差別化したデザインとギミックという点では、中々出来の良いゾイドですね。特に、肉食恐竜と草食恐竜の違いが、フェイスデザインでよく表現されているのは評価したいです。

メタなことを言うと、竜盤目(獣脚類)のギルラプターと、鳥盤目(堅頭竜類)のパキケドスは、骨格にこそ相違点を付けて欲しかった、という気もしますが(汗。

ただ、アニメの扱いも微妙なので、子どもたちへの訴求力はどんなものでしょうかね?

ついにパキケファロサウルスがゾイドで登場ということで恐竜好きとしては感慨深いですね。
程よく重さを感じさせつつも鈍重な印象は持たない絶妙なカラーリングだと思います。
通常時に頭部が全く動かないのはワイルドのモーター型としては初で少し残念ではあります。
その分特徴的な頭部をフル活用したWBは力が入っていてとても良いです。
トリケラの簡易版といった雰囲気ですが、歩きながら放つ点と力を溜めるような動作は本機独自の魅力ですね。
頭の肉抜きはWB時の見栄えを優先したんでしょうかね?逆でも良かったと思いますが…。
良くも悪くもWBに全力を注いだゾイド、ということかもしれません。

はじめまして。
いつもブログを楽しみにしております。
初投稿でこんなことを言うのは失礼ですが、パキケのWBは、バンプヘッドの周りのトゲを前に展開して、首を倒すのが、正解ですよ。

アニメの先行公開時と本放送時で微妙にデザインが変わっていたり、アンキロックスと同じく一部CGグラフィックが他のゾイドから流用されているのを見て最初はアニメオンリーのゾイドか?と思っていましたが無事に商品化されて何よりです
ボスクラウンの肉抜きにかんしては自分も組んでて「そっちなの?!」と少し困惑しましたね…金型の抜きやすさの都合もあるのかもしれませんが、その辺はもう少し気を使ってほしかったですね
また、パキケドスとギルラプターは基本的な歩行の構造は一緒なのですが、ギルラプターが体を左右に揺らしながら進むのに対してパキケドスは一歩一歩確実に足を踏みしめてほぼ真っ直ぐに安定した歩きを見せたりと、デザインだけでなく歩き方にも違いを出していたのが個人的には面白かったです

No title

(追記)
そう言えば、パキケドスの色は渋くて格好いいなー、と思っていたら、「ティターンズカラー」とTweetしている人がいて「なるほど!」と思いました。

エレファンダーも同じような色で格好いいのですが…ちびっ子の年代にはやっぱり人気はでそうにないですかねぇ(涙

No title

>NoNameさん
販促は全般的に疑問符が付いちゃいますよねー。
ライガー&ウルフは大プッシュされているのに。。。
あそこまでのレベルでプッシュしろとは言わないけど、せめて四天王のゾイドと同じ位の活躍は欲しかったですね。

ボーンは使いまわしパーツもありますが、頭部が違うので断然別のゾイドに成っているのが良いですよ。
むしろ今回は同じパーツがあるからこそ余計に独自パーツが引き立ってる感じがします

>ネームレス Mk-II 量産型さん
同じ胴体でギミックにこの差を付けられたのは驚きですね。
素晴らしいです。
顔はホントにいい出来ですよね。口元が好きです。

竜盤目と鳥盤目の差は……たしかになぁ・・・・。
ゾイドワイルドは深く見ると荒が見える(ガノンタスがリクガメ。ガブリゲーターがディノスクスなど)所はありますね、、、。
第二期でここは改善して欲しいです。

>U4さん
色、いいですよね。
絶妙に渋くて凄くいい色だと思います。
従来からヘリック共和国ゾイドは青の色合いにこだわってきて無数の青がありました。
その実績が今回の絶妙な青の色合いになったと思いました。

肉抜きは逆が良かったなーと思いました。
というか、、、できればキメのパーツなので肉抜きそのものを辞めて欲しかったなぁ・・・。

>グリーンマスターさん
ご指摘ありがとうございます!
後日撮影しなおしますねー。

>No Nameさん
商品化までが長かったですからねー。
発売されて一安心でした。

歩き方の差、今度一緒に歩かせて比べてみようと思います。
細かいところにまで気を配ってあるのは素晴らしいですね!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント