良い最終話でした

ゾイドワイルド最終話でした。
色々心配していた最終回でしたが、終わり良ければ総て良しというか。まぁもちろん最後の二話に詰め込み過ぎた弊害は色々感じましたが、それ以上にいい終わり方、良い最終回だったと思いました。


今回は初っ端からデスレックスとの激戦。


ギャラガーもデスレックスも、もはや狂気度MAXという感じで凄い。
ギャラガーに最後まで付き従ったラッキョーが哀れ。
しかしラッキョー、最後まで「こんなところに来るんじゃなかった―」とはならずに、ホントに最後の瞬間までギャラガーとデスメタル帝国に忠誠を誓っていたのが良いキャラだった。

一方建物の外でも激戦。
四天王以外のZボーイズは皆片付いた…?

だが四天王のキャビアとトリュフは残っていた。
激戦の果てにもはやボロボロのフリーダム団&シュプリーム団。
ここまでか!?


四天王がここへきて強い。
やっぱり何だかんだ言って四天王と呼ばれるだけはあるな。
トリュフも、策を弄さずとも、戦闘ゾイドで戦う面においても圧倒的に強い。
同じ突撃機としてより重量のあるトリケラドゴスを寄せ付けなかったのは凄いなあ。

ここで終わりかと思われたその瞬間、あのファングタイガーが突如として現場に駆け付けワイルドブラストを!
この演出は熱かったなぁ。
ファングタイガーの活躍でパキケドスとグラキオサウルスも正気に戻る。

そして本当の最終決戦へ。
「ソルトが……」
そんな情報からアラシは怒りで「紫」の状態に。


怒りに身を任せた状態。
そのままデスレックスに挑もうとするが仲間がそれに待ったをかける。

仲間の叫びを聞いたアラシは怒りを超えて決意を新たにし、


青い炎を宿す!

アラシが選んだのは、デスレックスを倒すのではなく
「ギャラガー、デスレックスをお前から解放する」
というもの。

これはとても良かったな……。
第一作目でデスザウラーが絶対的な悪で「生まれてはいけなかった」とまで言われていたのと対照的で。
(むろんあれはあれでデスザウラーの魅力を高めたとは思うのだが)


戦いが終わった後は、フリーダム団のまとまりを確認して、みんなそれぞれの道へ。
またエンディングでWILD BLUEをバックにみんなのエピローグが写された演出がニクい。


ラッキョーもフォアグラも生きてるし!
囚人服着ながらノリノリだし!
そしてソルトも……。


最後のドレイクとのシーンも良かったな。

「また会おうぜ、この広い世界のどこかで」
「まだまだ俺は、世界を見足りないんだ」

アニメゾイドワイルドの締めくくりであると同時に、ユーザーにも重なる言葉だったんじゃないかな……。


ということで製作スタッフの皆様、どうもお疲れ様でした。
なんだかんだで一年間思いっきり楽しませて頂きました。
ラストは、最初にも書きましたが終わり良ければ総て良しというか、とてもさわやかで良いまとめだったと思います。

もちろん急ぎ過ぎた部分はたくさんあって、その辺で思う所はたくさんある。これは後程まとめていきたいと思いますが、ひとまず見終わった後の最初の感想が「寂しくなるなぁ」だったので、とても良い作品だったのだと思います。

改めまして、お疲れ様でした!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

去年のワールドカップの熱狂のなかゾイドが売り場に並んで感動して、アニメが始まり、アニメにいい様に振り回され、決して楽しい事ばかりじゃなかったのですが、久し振りに充実した濃い1年間でした。制作された方・関わった方々一年間ありがとうございました。

このブログも、集まる方たちも、熱いコメントばかりで、正直アニメよりもこの場でトークする事のほうが楽しかったです。ガブリゲーターとアンキロックスの不遇な扱いにヒートアップしてしまったのも良くないかもしれませんが良い思い出です。

メカ生体・新世紀と比較せずに、それらをアップデートした新しいコンテンツとしてゾイドワイルドを楽しめたのが良ったな~と思います。それは私も歳をくって丸くなったところもあると思いますが、1/72スケールで展開していたら、キングゴジュラスよりも強いゾイドを、ギル・ベイダーよりも速いゾイドを求めてしまった様に思います。

土曜日が寂しくなってしまうのでしょうか?続編アニメの情報は入ってませんが、気長に待とうと思います。

No title

なんか、最後まで尺の配分に難がありましたね……。
とはいえ、良いものを見せて頂いたことも確か。

アラシがデスレックスに想いを伝えて説得した所なんかは、是非そうあって欲しいと願う所でした。
デスレックスだけが何の呼びかけもされずに倒される存在では、「相棒か? 兵器か?」の命題を掲げた上では寂しかったからです。
アラシはそれを、見事にやってのけてくれました。
結局はギャラガーが台無しにしてしまったのですが、でもアラシの気持ちはデスレックスにも伝わったのではないかなと思います。
設定的にはデスレックスは火山の中でも無事だったらしいので、新たに心を交わす相手が現れるまで眠りについたと思うことにします。

ファングタイガーの登場は、デスレックスの因子を取り込んだディメパルサーによる恐怖と対を成すものでしたね。
コミックと違ってベーコンは死んだままでしたが、例え相棒が死んでも絆は消えないという姿を見せてくれました。
そして、グラキオとパキケに恐怖に打ち克つ力を示したように思います。

これで、「相棒か? 兵器か?」という命題には一定の着地点が見出されたのでしょうか。
個人的には、深層における定義については未だに回答は出ていないと考えていますが、表層における定義については一定の解答が出たと見ています。

アニメはともかくゾイドワイルド自身は今後も更にその問いを繰り返していくようなので、どうなるかが楽しみですね。
何にせよ、良い終わり方であったと思います。

No title

とりあえず、楽しく1年見させて頂きました。
スタッフとキャストの皆様、お疲れ様でした。

物語、演出、世界観とつっこみたい所や説明不足の所は多々あるにしろ、コロコロ読者層を対象にして、深く考えずにノリと勢いで楽しむアニメに徹していたと思います。

最終回そのものについて言えば、内容的には前後編2話できるだけの素材を1話に詰め込んでいたと思います。ドラマ部分がそれなりに削られたのだと思いますが、その代わりに25分の尺のかなりの部分がバトルシーンになっていたのは、現場は相当に踏ん張ったのではないでしょうか。

撃ち合いをしないラストバトルとしては良かったと思いますし、特に「デスレックスがデスブラストすら楽しんでいる」とか「アラシがデスレックスに呼びかける」という部分は高く評価します。モビルスーツはもちろん従来のゾイドとも違う面白い展開でした。

キャラクターとしては、やっぱりギャラガー様が最後まで…いえ、最期まで凄かった。ラスボスが安定していると最後まで面白い。普通ならばラスボス面前での主人公と仲間たちの会話は「なんで敵が待ってくれるんだよw」とツッコミが入る所ですが、ギャラガー様なら待ってくれても納得でした。空気の読める狂気のラスボス、最期のシーンまで比類の無い相手でした。

幻覚ベーコンは一言も発しなかったのも良かった。言葉の要らない関係とはまさに究極の絆。そして、その絆は死んで断たれるものではない…とファングタイガーが証明してくれました。

エンディングがWild blueなのもゾイドワイルドらしい終わり方ですが、四天王+永久秘密兵器の刑務所ライブに笑い、オニギリ&サンラータンに驚き、まさかのクロアメ&ソースに意表を突かれ、ゾイドを癒す少年の森でソルトとウルフの生存が確認できるなど、怒濤のエピローグで素晴らしい。

最後のアラシとドレイクの会話が「野垂れ死しないよう気をつけるんだな!」から「この広い世界のどこかで」まで全て第1クールの様々なネタを回収していたのはお見事でした。

追伸1
最終回で気がつきましたが、原作協力に徳山光俊さんだけでなく二階堂輝雄さんの名前もあったのですね。二階堂さんもお元気なようで何よりでした。

追伸2
こんなニュースも!
https://corocoro.jp/58554/

No title

アラシの親父は結局あの一話のみの出番でしたね。あの危険なデスレックスとデスメタルを放置しているあたり、彼は視野ばかり広すぎて肝心なものには節穴なダメ親父という印象しか残りませんでした。デスレックスとデスメタルを放置していても世界は平和になるといった結末なら、ダメ親父の言うことにも一理あったのですが。
虫仙人は最後の最後で愚か者の弟子であるギャラガーに一矢報いた点は良かったです。

個人的にはデスメタル側の正義とは何だったのかが気になります。
あと何故ギャラガー様があそこまで狂気に満ちた人物になったのかも気になります。
後味は悪くなりますが、デスメタルを倒した後それまでデスメタルのおかげで助かっていた人々がアラシ達の前に集まり「何故デスメタルを倒したのか!私達は明日からどうやって生きていけば良い?」と問い詰めてアラシ達が綺麗事を並べ説得しようとするも、結局説得出来ず論破され、デスメタルを倒さなければ良かったと後悔して終わって欲しかったと私は思います。
歴代ゾイドアニメの悪い点としてラスボスが薄っぺらい悪という点が有りますが、ワイルドもそうなってしまい残念です。
もう少し続いていたらデスメタルの正義やギャラガー様の掘り下げなど出来て、ゾイドアニメ屈指の名作になれたかもしれないだけに余計悔やまれます。
どうもゾイドアニメは子供に遠慮し過ぎな印象を持ちます。命のやりとりを扱ってなんぼの兵器でどうして、しかもワイルドではパイロット剥き出しなのに死人が余り出ないのか。殺傷表現を遠慮し過ぎです。
これではかえって逆効果な気もします。戦っても大した事無いと子供達が感じなければ良いのですが。
それでは。

悔いは残れど最良の結末

何はともあれ、1年間お疲れ様でした!消化不良な点は多々ありますが、放送局のせいではどうしようもありません。むしろ、そんな中でよくまとめてくれました。

しかし、ギャラガーを討ち取ったとはいえ、結局ギャラガーの勝ち逃げのような形になってしまいましたね。復元の書の記述から、恐らくレックスは生きているでしょうが、対話で解放してやれなかったことに変わりありません。ギャラガー、最期までブレず狼狽えず、自分の信念に殉じた恐ろしい男でした。

グラキオとパキケは元に戻れて本当に良かった…のですが、タイガーの咆哮だけで戻っちゃダメでしょう!せめて同時にクロアメとガーリックも叫んでいれば、咆哮はあくまで補助で、戻れたのは絆があればこそだ、と言えたものを…。

結局語られませんでしたが、ベーコンはオーガノイドのようにタイガーと融合し、極限解放を再発動して離脱した…ということにしておきます(苦笑)。

色々言いましたが、最後は皆それぞれ幸せに終われて良かったと思います。
ギルラプターのキャップが帝国のままなのが気になりましたが、それが「罪を背負って行く」ということなのでしょう。いつか戻せる日が来ることを願いつつ。

No title

さわやかで良いまとめ、というお言葉通りだと思いますね。
暗くなりすぎずサラッとしててさわやかでした。見終わって気持ちよかったです。

正直不満はあります。

一つは世界の作り込みが非常に薄かったことです。
ゾイドと共にある世界の人間と文化を考察して表現して欲しかった。
交易の都市キウエコとか、なんだか作り手が世界に愛着を持って創ってるのか疑わしくなるような雑さを感じたてしまったり。

もう一つは意外性を重視して大切なものを捨てていなかったか。
クロアメや父親の扱いは確かに意外ではあったのですが、それによってシナリオは薄くなってしまった。

でも妙に心に残りました。
キャラ達の行動がわりと一貫してて、酷薄な敵も含めてどこか憎めない人達ばかりだったり。モヤりがなくてさわやかで。気持ちよく見られるというか。
もちろん動くゾイドはかっこよかったし。
面白かったです。

大好きなクワーガのブラスト発動シーンがついに出てこなかった…。全ゾイド中唯一じゃないでしょうか。その不遇っぷりも含めてさらに好きになりました(笑)

No title

最終回に父親の出番がなかったのは出てきてもベーコンと役割が被ってしまうから…とかですかね。
アラシにとっても感性や価値観の広がりを教えてくれたのがイカヅチ、背中を追いかける存在となったのがベーコンと、創作ものにおける父親像の主人公に与える影響は別れている気がします。
現代日本の物差しで測るとイカヅチは完全に育児放棄のロクデナシという気がしますが、良くも悪くも既存概念にとらわれないスケールの大きい男として描かれていてこれはこれで良かったのかなとも思います。

キャビアやトリュフにベーコンの姿が見えないことをソースが「ゾイドと絆を結べないあなた達には見えないでしょうね」と言ってましたが、ギャラガーが最期にベーコンの姿を見たのは彼なりにデスレックスとの絆が結ばれていたという事の答えなのかもしれませんね。

ゾイドを食べまくるのはギャラガーの命令によるものではなくデスレックスの本能でしょうし、生贄の娘やアラシの呼びかけに反応しようとする一面もありながら、抑えきれない破壊衝動を持つのもデスレックスだと思うのでギャラガーとは孤独なもの同士、深いところで繋がり合ってはいたのかもしれません。

エンディングでデスメタル帝国の残党が収容所に入れられてる描写がありましたが、あの世界にも治安維持組織はあったんですねw
見方によってはアラシ達の方がテロリスト扱いされてもおかしくない気がしますが、崩壊したデスメタル帝国から過去の悪事の内部資料などが流出したのかな?

No title

ゾイドのアニメが復活して素直に嬉しかったです。
けれどデスメタルとの戦いが思ったより長丁場でそんなに見ていて気持ちのいいヤツ等じゃなかったからバトルシーンは余り楽しめなかったです、せめて漫画版見たく派手にぶちのめされれば胸がすいたんですが
ゾイドと共に旅をする場面は好きな絵面だったので3クール辺りでデスメタル帝国との戦闘シーンをそぎ落として古大秘宝Zへの道中をもっと描写してくれれば後半に感じた厭戦気分を払拭出来たのかなと感じました。

第二期は今の所漫画とコロコロ誌面のみの展開と聞いて感じたのは物足りなさより自分の中で想像をこねくり回す余地がありそうだなと言う感想が大きいです、デスメタルが当初思ってたより規模が大きくて数話ごとに街が幾つも壊滅したって説明を聞くたびデスメタルの強大さより「ワイルド大陸って狭いな」って感じて数ページしか描写の無いイースタンフロントの方が面白そうだと思ってしまったので時間が潤沢にあってもそれで物語を魅力的に見せられるとは限らないんだなと今更思い至りました。

不遇すぎ

アラシがデスレックスを説得するなどそれなりに上手くまとめたとは思いますが、やはり消化不良なところはありましたね。特にタイガーの登場で洗脳が解けるのはご都合主義にすら思えました。それならグラキオやパキケドスが洗脳される展開にしなければよかったでしょうに。アンキロが不遇すぎです。

No title

>kageさん
とにもかくにもゾイドに濃い一年になりましたね。

リアルタイムで感想をつけるのは初めてで良い経験になりました。
様々な気付きもあり、より多くを楽しめたと思います。

続編はあると良いですね。
公式からは「第一期終了」とアナウンスされているのでチャンスはあるかな・・・?

>やまさん
デスレックスの描写はよかったですね。
あそこで問答無用で倒していたら「相棒か、兵器か」の言葉は綺麗事で終わってしまっていたと思います。
アラシがああしたからこそ良かった。

デスレックスは生存しているでしょうね。
もしかすると第二期ゾイドワイルドでもボスあるいは味方として再登場するかも…。

更にテーマを深彫りした第二期も見たいですね。
期待して待ちたいです。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
採集話を出来るだけ最良のものにという意図は良く伝わりました。
ひとつ前の話は駆け足が過ぎる感じでしたが、最終話は急ぎつつもそこまで急ぎ過ぎないというか。よく配分したカナと思います。

ギャラガーは私は最終クールで良く理解できなくなって少し引いてしまいました。
ここは改めて考えて行きたい所です。

ベーコン関連は言葉がないのが良い演出でしたね。
エピローグは明確に「殺した」と言っていたメンツが無邪気にライブではしゃいでるのはどうなのかなー・・・とも思いましたが、んー。これは求めすぎかな。

でも、なんだかんだで最良の最終話だったと思います。

>samonさん
はい。

>屠龍さん
デスメタル側の正義は話数不足からか語られず仕舞いでしたね。
残念です。
仰られている描写は子供向けとしてハードすぎると思いますが、そのテーマを作中で扱い見解を示した上で最終話に行って欲しかったという気持ちは確かにあります。

戦いは第二期でどうなるかにも注目ですね。

>レイさん
最終クールは話数配分が製作側としても難しかったでしょうね。
延長か、しないのか? というのは局側に振り回された不幸はあったと思います。
かつて/0も同じ事態になりましたが、あちらはバトルものだったのでまだしも輪数変更に対応しやすかったのが良かった。
長いストーリーを描く本作では・・・。

グラキオとパキケドスは仰るとおりですね。
「ライダーの勇気と信じる心で絆を戻した」とはならないですね・・・。
これは惜しいなぁ・・・・・。

ギルラプターのキャップは仰るとおり消せない過去への想いからでしょうね。
ドレイクなりの矜持なのだと思います。
罪を償った後はキャップも元に戻ると良いですね。

>マーネイスさん
良い終わりでした。
ただ不満点はおっしゃるとおりに思います。
世界観の造りが薄いというか…、その場のノリだけで作ってる感じがする…。

伽羅については製作側が敵サイドを含めて「全員大好き」だったんだろうなと思います。
四天王も結局全員生き残ってるし。
その辺は良い効果を出していたと思います。
ただ作中で「殺した」と堂々宣言したキャビアなどがその罪を償ってる風がなかったのは・・・、どうかとも思いますが。

クワーガは出しそうなところまで入ったんですけどねー・・・・。
一話でアラシと相棒になっていれば…!

>しめじさん
父とベーコンの役割は仰るとおりでしょうね。
まぁ現代日本の感覚で父を批判するのは良くないかもしれませんね。
しかし・・・・・、父が帰ってこないことで村の中でも辛い経験をしていたアラシ。これを考えるとやっぱりロクデナシな気もする(笑

ギャラガーとデスレックスのつながりは考えていきたいところです。
まだまだギャラガーのキャラがつかみきれていない・・・・。

警察も考えていきたいですね。
一体作中で何をしていたんだろうか…。

>駄文書きさん
デスメタル帝国打倒なのか、古大秘宝Zを探すのか。
それがどっちつかずであやふやになってしまったのはありますね…。

第二期の展開は誌面と漫画。
アニキも加わると良いのですが、どうなるのかなー。
もうすぐコロコロおよびアニキの発売日なので、その辺の情報も期待したい所です。

>YHさん
消化不良なところは多々あったと思います。
良い作りいの最終話でしたが、さすがに詰め込みすぎな所はあってあと数話あれば・・・と思うところは多いですね。
アンキロはやっぱりかわいそうでしたね。。。
グラキオとパキケドスは洗脳を特にしても一話それにまるまる使って欲しかったなあ。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント