RZ-007~009

今日の色変え

RZ-007シールドライガー

全体的に濃くなったシールドライガー。
軽快さやスピード感はメカ生体版にあると思いますが、重々しいパワフルな感じはこちらが上かな?
新世紀では高速ゾイドが増えた。高速ゾイドの中で言えば、シールドは比較的低速で大柄だった。なのでこの色変更は妥当なところなのかなー。

DCS

ビームキャノン砲装備。旧大戦時はキャノンビーム砲と呼ばれていましたが、順番が逆になってます。
ところでDCSは……

こっちのカラーが正解なのかな…?
帝国部隊追撃戦(デススティンガーが暴走した戦い)なんかを見ると、白い方が正解な気もする。

メカ生体版MK-IIを持っているユーザーは、装甲を変更する事でこの仕様が再現できますね。
ちょっとしたファンサービスのカラーだったと思います。

アニメでは基本カラーがこれだったと思う。
これは主人公バン機との差を付けた結果でしょう。

ところで西方大陸戦争の帝国部隊追撃戦時は「シールドライガーDCSが放ったビームキャノン砲によりデススティンガーが暴走・覚醒した」という事件が起こりました。
ビームキャノン砲は、一応は「デススティンガーに危機を抱かせ覚醒を促す」程度の威力はあるんでしょうねぇ。
なにげに凄い。

DCS-J

ブラックなシールドライガー。黒いのは格別な魅力がありますねー。
まさに真っ黒な色で黒光りしてるのが良い。いかにも特別機って感じがする。

個人的には、これはブレードライガー完成までの”つなぎ”として計画されたシールドライガーだと解釈しています。

~妄想~
西方大陸戦争で共和国軍は”セイバー”タイガーの能力向上に驚いた。
グレートサーベルに近い能力がある。かつてシールドライガーは”サーベル”タイガーに対しては優位を示した。しかしセイバー相手には互角がやっとだろう…。

そこでシールドライガーの設計を徹底的に見直した大掛かりな改型が計画された。これは後のブレードライガーで、300km/hを超える速度が目標とされた。

しかし大掛かりな改型開発には時間を要する。その間の戦場を支える機体が必要だ。
そこで、応急的なつなぎとして短期間で強化する計画も同時にスタートした。
本機はこれにより誕生した。
出力強化をしたシールドライガーは、ビームキャノン砲を持ちながら最高速度285km/hを記録し開発陣を喜ばせた。この数値はおおむね「サーベルタイガー→セイバータイガー」に相当すると言って良いだろう。
西方大陸戦争時代の最新技術を使い、シールドライガーも新生しようとしていた。

試作機は7機造られた。
この時点では出力強化をしただけで操縦性等は一切考慮されていない。一応は扱えない事もないが極めてピーキーであった。
本来ならここから操縦性等にも調整を加え、新生シールドライガーとして完成するはずであった。
しかし、オリンポス山の戦いで共和国軍はオーガノイド技術を得た。これが本機の運命を大きく変えた。

本来はまだまだ時間がかかるはずだったブレードライガーは、オーガノイドシステムを組み込んだことにより早期に完成し、また能力も当初の計画を超えるものになった。
こうして順調に開発が進んでいた本仕様は、完成直前にして宙に浮いた状態になった。

いやしかし、ブレードライガーはオーガノイドシステムを採用したゆえの問題もあった。これは運用するに従い徐々に重い問題になった。
未知のシステムを使ったゆえ、整備や検査等で出撃できない機会が多すぎたのである。
ここへきて再び本仕様に光が当たった。
ブレードライガーが稼働できない時の代替機として、試作された7機はレオマスターと呼ばれるブレードライガー乗りエースに与えられる事になった。
7人のレオマスターは未調整のピーキーな機体を見事に乗りこなし、ブレードライガー代替機としての役割を十二分に果たした。

この後に、操縦性等にも調整を加え本仕様を完成させる計画も再始動した。しかし直後に撤回された。
何故ならオーガノイドシステムの解析が徐々に進み、それに伴い「量産型ブレードライガー」としてオーガノイドシステムを調整した仕様が完成したからである。
これは先行型が抱えた整備や検査等に要する問題をクリアしていた。
こうして、本仕様は試作機7機が生産されただけで終わった。

とにかくブレードライガーに振り回された悲運の仕様と言えよう。
だが能力向上したシールドライガー、7機のみの極少数生産、ピーキーな操縦性でレオマスターにしか扱えない。こうした要素は本仕様のカリスマ性を大きく高めた。
生産数の割には非常に人気の高い仕様である。


妄想おわり。

シールドライガーDCS-Jはブレードライガーよりも後に登場したゾイドです。
設定は「ピーキーすぎてレオマスターの称号を持つものにしか操縦できない」というものでしたが、レオマスターならブレードライガーに乗るのでは? とも思います。
そんな所から上記の妄想をした次第です。
レオマスターは基本的にはブレードライガー。ブレードが使えない時や砲撃力が欲しい時はシールドDCS-Jで出撃したんじゃないかなぁ…と妄想。

兵器開発は本命の開発が長引きそうなので短時間で出来るつなぎの機体をとりあえず採用しよう…というケースが割とよくあります。
例えば90年代初頭のフランス空軍。次期主力戦闘機はラファールの予定だったが、完成配備はまだしばらくかかりそうだ。という時につなぎとしてミラージュ2000改造機を急遽採用しています。


ラファールは新時代を思わせる優雅なラインを描いています。
ミラージュ2000は…、もちろん最新技術は使われているんだけど基本形状は50年代からあった古臭いスタイルで、いかにもつなぎという感じがする。
むろんそれがまた魅力でもあるのですが。

兵器開発の面白いところは、「本命の開発が長引きそうなので短時間で出来るつなぎの機体をとりあえず採用しよう」という状況があったとして、
・本命が失敗したのでつなぎの機体を魔改造で改良しまくって延命し運用するパターン
・本命が予定通りに完成したので順次機種転換され退役していくパターン
・本命が予定通りに完成したのだが、安価で信頼性も高く性能もそこそこある為、並行して運用が続くパターン
など様々あるところです。

シールドライガーとブレードライガーの強さは、能力をフルに発揮できるパイロットが乗ったとすれば…、
ブレードライガー(先行機)>>ブレード量産型>シールドDCS-J>>シールドDCS>ノーマルシールド
くらいかな?
ライガーゼロを加えると……、先行ブレードと量産ブレードの中間くらいかな?

話が長くなってきたのでこの辺で。次のゾイドに移ります。


RZ-008ゴルドス

緑色がいかにも恐竜って感じで良い。アンテナの銀色も良い感じです。
ゴルヘックスもこれ位深い緑色だとまだしもよかったと思うんだけどなー。

箱裏では「重砲仕様」も載っていました。

これはメカ生体時の「シャイアン」とは違います。

下がシャイアン。

シャイアンは「限定型装備」を増設したゴルドスですが、重砲仕様は「量産型装備」のみを増設している。
またシャイアンはゴジュラスキャノンを「追加」で積んでいますが、重砲仕様は「105mmを撤去し、同位置に装備」という形を採っています。

シャイアンはレーダーパネルのうちで最も大きなもの2枚を撤去しキャノン砲を積んでる。
対して重砲仕様はレーダーは全て残した上でキャノンを積んでる。
砲撃精度は上だと思う。またゴルドスが母体という事を考えれば、重量増加を最小限に抑えた重砲仕様はとても優れていると思う。

新世紀では大量配備された模様。これはゴジュラス激減の影響も極めて大でしょう。
縁の下の力持ちとして戦線に大きく貢献したものと思います。

ところで名称はないんでしょうかね。
ゴジュラスは重砲仕様ではなく「ゴジュラスガナー」と呼ばれますが、「ゴルドスガナー」という名前は聞かないしなぁ…。
シャイアンに相当する仕様は「キャノニアーゴルドス」と呼ばれているようですが……。
んー。謎。


RZ-009コマンドウルフ

色はメカ生体仕様とほぼ同じイメージ。
ただしメカ部分に青っぽさがなくなりグレーになりました。清潔感はこっちの方が上かな?

傑作高速機。安価で大量配備が可能。実質的には共和国高速部隊の中核…!
なにせシャドーフォックス完成後も「AC」に改装され主力の座を維持したんだから凄い。
まさに傑作だなぁ。
能力的にはだいぶ陳腐化していると思いますが、MiG-21みたいなもんかな。

これは50年代に開発された骨董品のような戦闘機で、最新戦闘機と戦えば勝てるわけはない。ですが近代改修改造を行いつつバリバリの現役です。
-----
現在でも世界各国の空軍に配備されており、今後も多数運用し続けられると見られている。
MiG-21は超音速戦闘機としては他に類を見ないほど構造が簡単で維持しやすいため、維持の難しいMiG-23やMiG-29などを退役させてMiG-21に統合した国もある。

-----
…シャドーフォックスは華々しく登場した割に、その後はけっこう冷遇されています。
ファンブック4巻では配備状況として「高速部隊」の欄には名前がない。かわりに「偵察部隊」の欄に記入されています。
高性能だが、それと引き換えに諸々の問題を抱えているのでしょう。最新技術を使うとどうしてもそうなりやすい…。

アタックユニットを装備したコマンドウルフAUも。

色は、これは好みで防弾板と思われる箇所を本体装甲と同じ色にしました。
HMMだとこのような色になっていますね。

当初コロコロでは「コマンドウルフ・アーティー」
ファンブックでは「コマンドウルフ アタックタイプ」
PSゾイド2では「コマンドウルフAT装備型」
ゾイドSAGAでは「コマンドウルフ アタックユニット」と呼ばれていました。
名称、ややこしいね!
私はごく最近まで「コマンドウルフAT」だと思っていた。

ちなみに後年に配備された青い機体は「AC」である。

個人的には、当初はノーマルとして生産され後からアタックユニットを付けたのがAU。最初からアタックユニットつきで生産されたのがAC(それゆえ内部機関が最適化されている) と解釈しています。

その他、設定のある限定コマンドウルフ……。

レッドコマンドウルフ

帝国に鹵獲された仕様。緑のキャノピーが特徴的。
ゲーム特典なので本来は貴重な限定キットの筈なんですが、何しろ当時ノリノリだったゾイドなのでゲーム(邪神復活)も売れまくった。なので市場にも多く存在しますね。

なおレッドコマンドが付いたのは一時出荷分。
二時出荷分には「ミッドナイトブルーコマンドウルフ」が同梱されましたが、これは設定は特に付いていなかった。

ブルーコマンドウルフ

これは「大ゾイド博」のイベント限定で発売されたゾイドです。マイナー。
-----
訓練を終えたばかりのエースパイロット5名で編成された、共和国超高速戦闘実験部隊「セブン・トゥ・スリー」に配備されているゾイド。
一般配備されているコマンドウルフと比べ、動力機関の出力が20%高く、特に最高速度は231km/hまで出せるといわれている。

-----
とのこと。シールドライガーDCS-Jのような仕様と言えるでしょうか。ただし特に操縦性の難は無いようですが。

しかしエースパイロットならシールドライガーかブレードライガーを与えた方が良いのでは。
というか、「訓練を終えたばかりのエースパイロット」とはいったいヒヨッコなのかエースなのかどっちゃねん! と思うぞ!

思うに、
「エースパイロット養成機関をトップ成績で卒業した5名」
「その5名に特別仕様コマンドウルフが与えられた」
という事だろうか。
要はエース養成機関で育てられたエリートで、しかも成績トップなので計算上の腕はエースに遜色ない。
だが同時に卒業したてで実戦経験のないヒヨッコでもある。

コマンドウルフの特別仕様というのは…、「成績トップで卒業した者には褒美のゾイドを与えたい」「しかしヒヨッコにハイエンドな強力機は渡せぬ」という現実。そのバランスを上手く採ったちょうど良いゾイドなのかも。
ホントにコマンドウルフは丁度良いゾイドですね。

Zi-25アーバイン仕様

アニメでもバトストでも伝説的な活躍をした名機です。
ロングレンジライフルは元々はゴジュラス用装備だった……という割にゴジュラスが積んでるのを見た事がないぜ!
むしろバリゲーターが積んでいたような……。
ゴジュラスはこれをどうやって積むつもりだったのだろう。思うに、四連速射砲の様に手に持って使う装備なのではとひらめきました。

キットはなー……。
ロングレンジライフルって、元の50mmビーム砲座のパイロットが見えるように設計されてるんですよね。

ここがちょっと嫌だったなー。
アーバインは一人で操縦してるやん! ふさいでよ! と思っていたんですが、同じように思った方も多いんじゃないかな…。

威力は高く「直撃すれば、大型ゾイドすら一撃でしとめる」とされています。ゾイドではこの手の表現は非常に多いんですが、具体的にどのゾイドかなー。
アイアンコングは厳しそう。レッドホーンも装甲厚いからなぁ。セイバータイガー位なら何とかっていう位かな…?

1/72ゾイドでは塗装済みパーツを最初に採用したキットでもあります。
これは精度も高く、特にマフラー部分の塗り分けはビックリしたなぁ。
反面、グレーの色がアニメよりも明らかに薄くて「???」となった記憶もあります。


~メカ生体カラーと共に~

シールドライガー




ゴルドス



コマンドウルフ


という事でRZ-007から009でした。
…超細かいことだけど007シールドライガー、008ゴルドス、009コマンドウルフです。個人的にはこれ、ゴルドスとコマンドウルフを逆にして「型番でシールドとコマンドが連番」になった方が嬉しかったなーと思ったりもしています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

今回の記事を見て、OSを載せたゾイドの凶暴性は腕がどれだけ良かろうとOSに適性のあるゾイド乗りでなければ制御できないのに対して、シールドライガーDCS-Jの扱い難さはレオマスターほどの技量があれば先を読む力などの技量があればカバーできるので、どちらに適性があるかにかかっているのでは? ……なんていうこともあるのかななどと考えました。

ゾイドを操る技量とOSの精神リンクや精神浸食耐性は別のものと考えれば辻褄が合わないかなーと思ったのです。
腕が良いレオマスターの中にもOSの適正には合わなかった。そんなレオマスターがいてもおかしくない、という妄想です。

No title

CPを付けたゾイドの名称が各メディアで違っているのはちょっと混乱しますが、軍での正式名称、CPのメーカーが提案した名称、部隊での愛称…のように解釈すると面白いかなーと思っています。
「○○型」「○○タイプ」はいかにも書類上でしか使われないお役所的ネーミングですし、逆に(ATを「artillery」に引っ掛けて読み替えてる?)「アーティー」は現場で洒落を聞かせて呼んでいた名前のように捉えられます。

アタックブースター装備のレドラーがコロコロだと「ストライクレドラー」となっていたのが個人的に好きでしたり。

No title

今回の記事と関係あるか微妙ですが、連想できる程度には関係があるので記しますが、以前
「単にビームキャノンを積んで運動性が低下したのがDCS、キャノンビーム砲に合わせ最適化して新造したのがMKⅡ」という趣旨の意見を挙げたのですが、それから少しして「MkⅡでの改良は最高速の向上はビーム砲無しの状態でもさほど見られないものの、主にパワー面での効果が大きく重量増加の影響を(最初期の水色に比して)最小限に抑えたもの」であり、以後この設計が西方大陸戦争時まで基本的に引き継がれ、いわば西方大陸時のシールドライガーは「キャノンを降ろしたMKⅡ」であり、パワーが向上したうえで重いキャノンが無ければその分軽快なわけで、その後キャノンをつんだDCSは運動性が低下した印象を与えることになった…という考えもありかと思うようになりました。

対してグレートサーベルとセイバーATはどうでしょう。
新世紀当時は「サーベルがアサルトユニット装備で+40キロなら、セイバーATはセイバーの240㎞に+40キロで280キロだ。すげぇ‼」と頭の悪い計算をしていたのですが、おそらくそうではないでしょう。セイバータイガーも
「アサルトユニットをおろしたグレートサーベル」にそのものでないにしろ近いわけで、共和国もある意味では「素のセイバー(サーベル)で240キロ」という点にまどわされ過大評価してしまい後継機や改良型の開発を急いだものの、結局のところ実は旧大戦時と似通ったスペックの機体で対決していた(そして当時はさほど問題視していなかった事に躍起になっていた、もちろん当時とは情勢が異なりますが)、という見方もできるかも知れません。もちろん脅威には違いありませんし、それがあったからこそブレードライガーでジェノザウラーと対決できたわけですが。

(セイバーATの最高速度はいかほどでしたっけ・・・自説とは矛盾しますが250~265キロの間であったのを何かで見た気がするのですが。記憶違いでどこにもソースがないようでしたらすみません。)

No title

シールドライガーDCSはメカ生命体の頃のmark2の実績があったからこそ復活したのかもしれませんねぇ
ブレードライガーの性能は申し分ないが射撃性能が申し訳程度だしかつOSのせいで操縦性、量産体制が困難だったようなのでシールドライガーのDCS使用は合理的だったのかもしれません
とはいえ結果的に言えばDCS-Jの場合は操縦性が困難なためレオマスター7人分のみの製造となってしまったのはちょっと残念ですね


ゴルドスはバトストでもほぼ出番のないままフエードアウトしてったような気がします
まぁ偵察機かつ後方支援って立場じゃ前線に出てきてドカドカ砲撃するってワケにもイカンのでしょうけれども


コマンドウルフもシールドライガー共々よく前線で頑張ってますね
とくに閃光騎士団にまで所属してたってのが一番すごいです
名称が思ってたよりたくさんありますねw
自分はゾイド2で呼ばれてたAT装備ってのがしっくりきますね

No title

シールドライガーDCS-Jがブレードまでのつなぎだったという説は、実際に軍事開発あるあるネタでいいですね。

でも、カラーリングとしてはシールドライガーDCSのホワイトカラーの方が好きです。新世紀版コマンドウルフと混成高速部隊にすると似合いますね。ゴジュラスMK-2量産型とも合いそうですが。

>訓練を終えたばかりのエースパイロット5名
確かに突っ込みたい説明ですね。好意的に解釈すると、「(レンジャーやネイビーシールズの資格ような上級)訓練を終えた(コマンドウルフで実績のある熟練の)エースパイロット」という感じでしょう。

それにしてもコマンドウルフは多い…。この他にもLCやら何やらもありますしねぇ。

No title

多分DCS-Jは戦争開始時点で配備は終わっていたのでしょうね
公式2巻の時点でブレードはアーサークラスのエースしか使えない仕様か調整済みしかなかったです。
調整済みは主力としてはブラッシュアップの時期だったので妄想戦記での改良型から本格量産まではDCS-Jをつかって、その後につなげる目的だったのだと思いました
攻撃力や速度はブレード(調整)の方が上かもしれませんが操縦性以外は(稼働率や旧式機ゆえの熟成により機体を酷使しても動く剛性)兵器としてはレオマスター向きで性能を限界以上まで出せたんでしょうね

ブルーコマンドは本当に突っ込みどころでしたね・・・



No title

シールドライガーとコマンドウルフは当時は高速ゾイドが好きだった事もあり、特に思い出深いゾイドです。

シールドライガーはアニメ無印での活躍で一気に心惹かれたゾイドです。
そしてビームキャノン装備による強化は子供心に凄く魅力的に映りました。

DCS-Jがブレードライガーの代替機という説は面白いですね。

ただ、初期のOS搭載機が特にパイロットを選ぶ以上、
アーサーの様なブレードライガー乗りのレオマスターがいざと言う時にDCS-Jを使う場面はあったかもしれませんが、
その一方で腕はいいけどパイロット適性の関係でブレードライガー乗りになれなかったレオマスターがDCS-Jで頑張り続けた場合もあると思います。

あと、ファンブック3巻の共和国パイロット名鑑を見ると、
ゼロパンツァー乗りのレオマスターであるセレスはDCS-J専属だった気もしますし、
レオマスターの紅一点のシシリーはゼロシュナイダーに乗っている事を考えるとブレードライガーには確実に乗っていたと考えられますし、
中にはDCS-J以外の歴代ライガーを全て乗りこなしてきたと言うウィナー・キッドの様なパイロットもいる様で、
DCS-Jにせよブレードライガーにせよ、パイロットの適正によりけりな所はあると思います。
(ただ、少なくともウィナーが乗っていたブレードライガーは量産タイプの可能性も十分にあると思いますが。)

それから、アニメに登場した白いシールドライガーに関しては、
個人的な記憶だと胴体部もシールドライガーMK-2に近い青系か黒あたりの濃い色だった覚えがあります。
(記憶違いの可能性もあると思いますが。)

コマンドウルフはアニメ無印だと第1話から登場したレモンイエロー系の砂漠仕様(あるいは盗賊仕様?)カラーや、
演習機として登場したグレーの機体など、キットと合わせてカラーリングは凄く豊富だったと記憶しています。

ゴルドスのバスターキャノン装備機は、
ゲームの場合、ゾイドサーガ2では「長距離射撃仕様」と言う名称で載ってました。

シールドライガーもコマンドウルフもゴルドスも、
アニメではよく出ていた事もあって、どれも印象に残っています。

No title

>やまさん
OSと単に操縦性が悪いのではまた分野が違いますもんね。
ただレオマスターほどのエースとなればどちらでも使いこなせる「天才」である気もします。
もちろん7人の中には様々な個性があるでしょうから、OSがどうにも馴染まない。DCS-Jからブレードライガーをすっ飛ばしてライガーゼロに機種転換したような者もいたかもしれませんねー。

>極光さん
実際の兵器も色んな名前がありますもんね。
MiG-29と呼ぶかフルクラムと呼ぶかラーストチカと呼ぶかみたいな。
特に出現当初で謎が多い時期には色んな名前で呼ばれますね。
F-117も当初はステルスが名前であるように言われていたり。
そういうのが面白いです。

ストライクレドラーはカッコいいですね!!
BCよりもいい感じだなー。

>BLACKさんさん
おぉー 面白い!
そうですね、「旧ノーマル→MK-II→新ノーマル→新DCS」ですもんね。
個々は色んな考えを挟む余地があると思います。

セイバータイガーATは最高速度として「260キロを超える」と書かれている文章や265キロと書かれている設定(ゲーム)があります。
280km/hではないようですね。
私も当時同じように単純計算していました(笑

>ヒューイさん
ブレードライガーは「マトモに動けば強いが・・・」という仕様で何とももどかしいですね。
超高性能だがエンジン不調で真価を発揮しない四式戦疾風。
必要充分な性能だがエンジンの信頼性が高く実力以上の活躍ができた五式戦。
みたいな、スペックなのか堅実なのか、というような違いが見えてきます。

DCS-Jは更にその先の事まで妄想すれば「ライガーゼロ」が次世代ライガーに内定したので量産は完全に立ち消えたのでしょうね。。。悲しい事です。

ゴルドスはメカ生体の時よりは活躍したかなー。文章でもそこそこフォローされた気がします。
ただ前線向きじゃないので活躍させづらい苦労は感じますねー。

ウルフは私もATがシックリきます!

>ネームレス Mk-II 量産型さん
白ライガーはライガーゼロ以降の基本ですもんね。
ホワイトライオンもいい!
「青と白」のペアも良いですが、「白と白」の統一されたカラーもカッコいいぜ・・・。

コマンドウルフはさすがに最多バリエーションを誇るゾイドだけあって、渋いものからエースカスタムから今回の様に意図がちょっと?なものまで様々ありますねー。

>デスペラードさん
私は西方大陸開戦時点では「その気になればキャノンの生産は可能だが、現在はノーマル仕様として運用している」のだと思います。
というのも共和国側は復興を最優先にしていた為です。
共和国は人道的見地からすると復興優先で正解なんですが、もうちょっと敵対国の状況把握に努めるべきでしたね・・・。

>ラウルさん
シールドライガーはやっぱりアニメでグッとハートを掴まれたユーザーがめちゃくちゃ多いでしょうね。
キャノンも分かりやすい強化仕様でとても良いと思います。

「腕はいいけどパイロット適性の関係でブレードライガー乗りになれなかったレオマスター」は居たのかなぁ…。というのは「7人しか居ないレオマスター」というのは極少数です。
なので出来たんじゃないかなあと思ったりします。
「ゾイド乗りのエース=ゾイドの心が分かる」そしてアーサーの描写を見ているとOSを乗りこなすのも結局はゾイドの心が分かるかどうかな気もします。
とはいえ、色んな可能性を考えていきたいです。

パイロット名鑑はもういちど見直したいです!
新世紀は色んなところに資料が転がっていますね。

アニメの白ライガーも見直します!
終盤のデスザウラーの荷電粒子砲で一掃されたシーンとかが思い出深い…。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント