デススティンガー

デススティンガーの話題です。
デススティンガーは今ではファンブック二巻のラスボスと務めるに相応しいゾイドという認識ですが、出た当初は「?」な部分がけっこうあったものでした。
それを書きつつ現在の見解なども書いていきたいと思います。


デススティンガーについて当時割と強く思っていたのは色です。
なんで帝国側なのに青いねん………と思っていたのでした。
装甲がデスザウラー並で装備は荷電粒子砲。そんなデスザウラーを意識した仕様だし、色は同じく黒と赤にしたら良かったんじゃないかなあ…。


こんな感じですね。
ただこれはこれで保守的すぎるかなー。
当時はとにかく凄く保守的な考えでした。伝統的な色にすべしと強く考えていました。

今は……、どうだろう。
黒はカッコいいなーと思います。一方で、デススティンガーが持つ強烈な個性や「毒々しさ」を表現できているのは青い方かな…とも思います。

ただ奇抜な色にするにしても、なぜ青にしたんだろう。
青というのは共和国の象徴ともいえる色です。
なぜ帝国側なのに青を使ったのか。
少し後に出たエレファンダーもまた、青を使っています。


こちらはくすんだ渋めの青ですが。

デススティンガーとエレファンダーが同じ色を使っている意味は何だろう。
両機に共通点はあるのだろうか?
これについて、コメ欄でとても興味深い内容を頂きましたので紹介いたします。

これは、「デススティンガーは特別機だから青でもまぁ…という気はするけど、一般機のエレファンダーには青は使って欲しくなかったな」という記事に対してでした。
----------
ファンブック3巻の機体解説によると、エレファンダーは作って量産している段階だと共和国にトドメをさす栄誉ある機体になる筈だったので、カラーリングはそうした特別な機体と言うイメージだったのかもしれません。

----------
これを読んで、あぁ、なるほど……と思いました。
エレファンダーは一般機ではありますが、同時に勝利を飾る特別機でもあったわけですね。
だから他とは違う色になった。
なるほどこれは凄く説得力があると思います。

トドメをを刺すゾイド。

はてさて、改めて。
それは良いとしてなんで青なんだろう…という疑問は依然として残っています。
ガイロスパープルとかじゃなくて、わざわざ敵側の色であるところの青を使った意図は何なのだろう。

これについて以下を思いつきました。
デススティンガーもエレファンダーも、先に書いたように共和国を完全敗北に追い込むためのゾイドです。
それが青い色をしている。
もしかすると「共和国を完全敗北に追い込むゾイド」これが共和国を象徴する青色をまとっていたら、さぞかし精神的に参るだろう……という意味合いがあったのかもしれない。

本来は自分たちを守る筈の青い色のゾイド。それが自分たちを完全敗北に追い込むのだから……。
ガイロス帝国側としては「もはや青は貴様たちの色ではない。勝利した我々が自由に使う色であるのだ」というメッセージをこめているのかもしれないと思いました。
精神的に屈服させるために青を使ったという事です。

これはあまり褒められたやり方ではない……。
こんなねちっこい嫌味なやり方は、味方であっても受け入れない者が多そうである。

ただ、そこは旧大戦の大陸間戦争を思い出してみよう…。
この時代は、新型共和国ゾイドが積極的に赤、すなわちゼネバス帝国の象徴色を使うようになりました。



中央大陸戦争終結後、大陸全土は共和国のものになりました。
赤を使った意図としては「共和国は旧ゼネバス帝国出身者を決して差別しない。その証に今後の新型ゾイドには君達を象徴する赤で塗ろうではないか」という融和の姿勢だったと思います。

しかし暗黒軍に編入された旧ゼネバス帝国軍にとっては「共和国め……、勝利したからといって俺達にとって特別な色の赤を勝手に使うようになりやがった。許せない……」と思ったかもしれない。
ガイロス帝国もまた、その想いを利用して「旧ゼネバス帝国兵の諸君よ。共和国のやり口は許せないよなあ?」と言って、自軍にうまく協力させたのかも……。


さて西方大陸戦争です。
ここで勝利を飾る予定のゾイドに青を使ったガイロス帝国軍ですが、これは旧大戦大陸間戦争の共和国ゾイドカラーへの返事だったんじゃないかな。
「お前らがやったことをやり返してやるぜ」
そんな風に青を解釈しました。

こう考えると、保守的な黒ももちろん良い。けど奇抜な青もナカナカ悪くないなと思えてきます。



さて次です。
当時デススティンガーで好きじゃなかったのは背中の装備です。


「AZ930mm2連装ショックガン」
ですね。
なぜ好きじゃなかったかというと二つの理由です。

一つは、この装備はキットでは電池ボックスでした。なので設定もそれとリンクするエネルギータンクで良かったのでは……と思った点です。
キットと設定がリンクしていると、何とも言えない喜びを感じます。逆にキットと設定が乖離しているとウーンと思ってしまう。
デススティンガーのこの装備には後者を感じたわけです。

もう一つは、口径の930mmって……という部分でした。
ちょっと大きすぎるというか、まぁ、大きいのは別に構わない。それがこのゾイドを象徴する武器であれば良いと思います。
ただメインじゃない。
デススティンガーを象徴する武器は荷電粒子砲であり巨大なクローである。

AZ930mm2連装ショックガン。
サブ装備でこのデカさはどうなのかなぁ……と思ったのでした。
メインの武器がぼけてしまう。
また同時期にウルトラザウルスは1200mmキャノン砲という信じられないほどのバケモノ砲を引っさげて登場しました。
930mmというとこれに匹敵する口径です。しかも連装。
もちろん砲身が短いので迫力は全然違うんですが、でもなんていうか、文字上のインパクトで言うと1200mmキャノンの魅力を削いでるんじゃないかなぁ……というか、そんな風に感じていたのでした。

たとえば新世紀はゴドスまで荷電粒子砲を装備している。それらは華やかな魅力ではあるし「解釈」はいくらでもしたいと思います。
ただ皆が華やかになってしまった結果として、ここぞという部分のインパクトが薄まった気はします。
メカ生体のデスザウラーは「ビーム砲」とか「キャノン砲」だった中に突如として「荷電粒子砲」を出したから凄いインパクトになったと思います。
今までと根本的に違うものという印象があった。
こうした、ここぞという部分の見せ方について、新世紀は再考が必要な部分が割と多いと思います。

デススティンガーのショックガン。口径の設定は付けない方が良かったんじゃないかなぁ…。

ただ最近は別の解釈をするようにもなりました。
これはショックガン…すなわち衝撃砲と思われます。衝撃砲はシールドライガーなどにもあるおなじみの装備です。
私はこれは「圧縮した空気やガス圧を放ち相手を吹き飛ばす装備」と解釈しています。
要するにビーム砲や機関砲と違いそれ自体の攻撃力は低い。しかし「風圧で相手の動きを封じる」ことにおいて効果を発揮する装備という解釈です。

さてこれでどういう解釈をするようになったかですが、デススティンガーは水陸両用メカです。
なんと72ノットの超高速を出せる!
これは信じ難い速度です。
ウルトラザウルスが47ノット、シンカーが60ノット、ウオディックが65ノット、ハンマーヘッドが66.5ノット。
中型の魚よりも大型のウミサソリが速いっていうのは驚異的です。
ちなみに72ノットは133km/hです。水の抵抗を受けながらこの速度……。

さてこのバケモノ級の速度を支えるのがショックガンじゃないかと思いました。

[圧縮した空気やガス圧を噴射する装備]です。
デススティンガーの航行ですが、通常時は「巡航」として30~40ノット程度というイメージ。
しかし急激な速度が欲しい時は水中でショックガンを発射。するとその衝撃で瞬間的に増速し72ノットに達するのではないか。 と考えたわけであります。

要するに「ショックガン=水中用ブースター」というような解釈です。

これは魚雷を打ち込まれた際なんかにも有効。
通常、大型機は小回りが利かないので迫りくる魚雷を回避のは難しい。

水中爆発は陸上(大気中)での爆発よりもはるかに高威力になります(バブルパルス)。
ゾイドでも、堅牢さを誇るウルトラザウルスやマッドサンダーが魚雷を受けた際はあっけなく破壊されているシーンがあります。
(ゾイドバトルストーリー二巻、新ゾイドバトルストーリー参照)

いかに重装甲のデススティンガーでも、水中で魚雷を受ければ危うい。
そこで、魚雷を打ち込まれた際は急激に増速ないし減速してこれを避ける装備が付いたんじゃないか。それこそがショックガンではないかと思いました。

HMMだと全周囲に旋回可能になっていた。これでも良いと思う。
前に向けて撃てば急停止。後ろに向けて撃てば急加速。右や左に向けて撃てば機敏で小型機並みの運動性を出す事が可能…というような。


分かりやすく。
デススティンガーが前進していると。そして魚雷が放たれています。
このままいけば当たってしまう。
通常、船舶は急停止ができないのでこれはもう確実に当たるであろう。
しかし状況でショックガンを前に向けて撃って急停止ができる。
こうして魚雷をやり過ごします。


このような位置であれば止まっても当たる。
この場合はショックガンを後ろに撃って急激な増速。魚雷をかわします。

そんな風にして水中での運動性向上に使っているという解釈をしてみました。
こう考えると、中々魅力的な装備に思えてきます。



ということで今回はデススティンガーの当時の好きになれなかったところと現在の解釈でした。
こうやって解釈すると魅力がどんどん倍加していきます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

青にしたのは相手を屈服させるため、という説は驚くほどすんなり納得がいきました。
古代でも敵国の王と同じ称号を用いることで不倶戴天を明確にして戦争を行ったり、惑星Ziでもタイガー型の祖である帝国が(野性体の影響があるとはいえ)ライガーを用いたりという事例があります。
正当性を失わせて精神的屈服を求めるのも無理はありませんし、敗北を重ねても復活を続けて最終的に勝利するという共和国を相手にするなら尚更内面を攻める戦略が必要とされたことでしょう

ショックカノンの魚雷対策で考えたのですが、圧縮空気やガスを放射する機能であれば、魚雷の軌道に合わせて発射することができれば魚雷の軌道を反らしてやり過ごす、というのも可能ではないかと考えました。
(その分野は完全に素人ですので恐縮ですが)
水中でこそ推進力と直進性が保たれる魚雷なら気体に触れるだけでも相当の妨害効果があるほか、気中を飛ぶスーパーキャビテーション魚雷でも別方向からの気体の圧力はなかなか厄介だと感じます。
実際はどうなのでしょうか(大容量のガス放出装置自体の実現が難しいのが一番問題でしょうけども)。

No title

いわれてみるとデススティンガーのカラーリングは異質ですよね・・・
自分としては海中でのステルス性を高めるためのカラーリングでは?と考えました
従来の帝国のパーソナルカラーの黒と赤がメインだと深海ならまだしも浅瀬とかではめだってしまいそうなイメージです

とはいえメインは青でも随所に赤色が使われてるのでステルス性の確保のためって線より相手への心理効果ってほうが高そうですね

ショックカノンは確かにメインの荷電粒子砲がボヤけてしまうくらいの武装ですね
いや、まぁデススティンガー自体他の機体に比べて頭一つ抜けて強いんですけどねw
ゲームキューブのゾイドVSでは空気砲っぽいカンジでしたけど地味に追尾性能がありよけるのに苦労した覚えがあります
実機ではそんな追尾性能はないと思うんですけどゾイドVSシリーズの演出見る限りでは圧縮した空気とガスで相手を吹き飛ばす装備であるとは思います

どうもお久しぶりです。
個人的にはデススティンガーのカラーリングは、HMM版が1番好きですね。あの落ち着いた色合いが却って不気味さを増加させて。
個人的な考えですが、デススティンガーのカラーリングが青なのは試作機だからかと思います。
現実世界でも戦闘機の試作機は派手なカラーリングが多いです。
ついでに言うと青は洋上迷彩として使われていますから水陸両用のデススティンガーの塗装としては理にかなっているかと。
ショックガンはどちらかと言えば、歴代の衝撃砲と同じく牽制用の兵装かと。但し、サイズがサイズ故に小型ゾイドなら倒せそうな気がしますが。
ウルトラザウルスやブラキオスもそうですが、海戦ゾイドは大きさを艦艇サイズにしても良かったんじゃ無いかと思いますね。
個人的にはウルトラは戦艦(大和型やアイオワ級)か空母(ニミッツ級)、ブラキオスは巡洋艦(キーロフ級)、デススティンガーは駆逐艦(吹雪型やフレッチャー級)位の大きさがしっくりくるかなと。
キットでそんな事したらとんでもない事(千葉工大のアレ)になるからZCDXみたいな感じになるでしょうけど。

No title

デススティンガー。
その出自や特異性から青いカラーは割りと私はすんなり受け入れられました。
最初の対面がコロコロ付録のゾイドカレンダーで、
まだ本誌で正式発表がされる直前の、溶岩から飛び出してきたような
デススティンガーの姿(ボックス写真と同じ)は非常に鮮烈に印象に残りました。
帝国内でも開発者自身が「コイツ(の本能)が放たれたら惑星がヤバイ」と
確信していたあたり、単なる試作機とは違う扱いだったからの
『青』だったかもしれません。
エレファンダーの「青(紺色)」は・・・視認性の低下を狙った?
薄暗くなりかけた時間帯は効果がありそうです。

背中の電池ボックスのデザインは私自身も当時から疑問でした。
頻繁に地中や水中に入るであろう機体にあんな大口径の砲身が
前を向いてたらすぐ武装がダメになるんじゃ?と思ったものです。
エネルギータンク・・・真・オーガノイドに果たして必要かな~・・・
何らかの形で電池ボックスを載せるなら、ミサイルポッドの形状が
良かった気がします。水中で使える装備として魚雷発射管という
設定とかいかがでしょう。
電池の形状に沿わせるなら、単三2本ではなく、単四3~4本を用いて
もう少し薄く平たくてもいいかもしれません。。
少しでも水中で使える武装があれば、海で戦う描写なんかも
もっと描く機会が増えただろうな~と思います。

No title

ストーリー進行上からは、オリジナルのデススティンガーは「ガイロス帝国軍所属のゾイド」とは言い難く、「ガイロス帝国の敵であり、ヘリック共和国の敵」としての役割の方が強いように思います。
そうであれば、それに相応しい色は「青と赤」……とも思えます。
ブレードライガーとジェノブレイカーのペアと対峙するときも、対比が綺麗だと感じます。

まあそれはキャラクターの造形の話ですから、作中視点で「何故ガイロス帝国はこの色で塗ったのか?」という疑問が生じるのは仰る通りだと思います。

No title

第二次世界大戦の
日本の富士山、真っ赤にしちゃおう作戦思い出した

No title

背中のショックカノンはHMMでは小型化かつ旋回可能で収束と拡散砲撃が可能なタイプに設定されてましたし、電池ボックスとして苦渋の判断だったのかもしれないですね

個人的にはデススティンガーではデスザウラー並みの重装甲のほうが気になりました
新世紀当時のタイミングでは共和国にはマッドの影も見当たらず、アニメの放映での圧倒的な存在から新旧ファンから「破ることのできない装甲」のイメージがあり、どうやって倒すのコレの対象になったと思いました

その後新公式2巻でパワーだけならゴジュラスが上だったり、3巻でゼロに圧倒されたりと倒せない相手ではないとフォローはあったかもしれないですが、アニメでも無双してましたから様々なイメージがわく機体だと思いました

No title

伝統的な色を好むのが保守的な考えと言われてしまうと弁解のしようが無いのですが、色やデザインを統一すると敵味方の区別がし易いという利点もあります。

Zガンダムでは、連邦軍がハイザックやマラサイといったモノアイ系MSを出してきたので非常に分かりにくかったという評価があるようです(自分もそう思います)。わざと青色にした理由などは設定でカバーできるとは言え、玩具としては陣営ごとにテーマカラーを揃えた上で、バリエーションとして○○カラーを出すべきだったかなと今でも思います。

ショックカノンについては、「サブウエポンなのに、ちょっと大きすぎる」と思っていたので「水中用ブースターを兼ねる」というのは面白い考え方ですね。納得です。

…もっとも、72ノット出せるデスステに当てられる魚雷があるか怪しい気もしますw

No title

デススティンガーの開発はジェノザウラーが対抗派閥もある中コンペで有用性を競ったような「次期主力開発計画の末に~」とかではなく、遺跡調査の成果から突発的に開発が始まったハズで、決戦級の巨大ゾイド開発という一大事業なのに機種として確立する働きかけや開発は始めから古代研究関係部門が圧倒的に主導的だったと思います。

しかしデススティンガーは完成された古代技術を宿す古代個体な点に本質があり、機種登録された時期では量産の目途が極めて不透明だったであろう点で実質的な試作機状態でした。超大型ゾイドですら一基本機種一個体は極めて異例で、配備されるべき軍用機というより研究成果アピールの為の機種登録にも感じます。
もしそんな事情があったなら時代・技術的にも外様な実験ゾイドに帝国伝統カラーを与えることに抵抗を感じる派閥があったかもしれないと考えました。

No title

遅ればせながら、先日のコメントを採り上げていただきありがとうございます。

エレファンダーの開発経緯からふと思いついた事だったのですが、
こうしてそれぞれの国の象徴的な色を他の国が使う事に対して良い解釈に結びついて嬉しいです。

デススティンガーの背部のショックガンは、
アニメ無印だと確か衝撃波を出す様な描写だったと思うので、
水中でのブースター的な使用は可能ではないかと思います。

個人的にはアニメやバトストのボスクラスとしてのインパクトも強いデススティンガーをこうして改めて考えてみると、
その異質さからも色々な発見があって面白いです。

No title

>アザレアさん
実際、自分たちを追い込む敵が自分たちを象徴する図案や色を使っていたら心折れそうですもんね。
青というのはそんな色が込められていたのかもしれませんね。

魚雷は軌道を変えるほどの衝撃を与えればおそらくその時点で爆発します。
魚雷の信管は衝撃を感知すると爆発します。なので下手に機動を逸らそうとするとその時点で爆発しちゃうわけですね。

余談ですが、信管の感度設定は凄く難しくて、弱めに設定すると波に当たった衝撃で自爆しちゃったり、強めに設定すると敵艦に当たっても爆発しなかったりします。
太平洋戦争当時の米軍の魚雷は当たっても不発な事が多くて、極端な例では第三図南丸という船が12発の魚雷が当たったけど10発は不発。10発の魚雷を船体に突き刺したまま母港に帰ったそうです。
この時、船体に魚雷が突き刺さったままの姿が髪にかんざしを差した花魁のようであった事から、「花魁船」と言われています。
逆に同時期の日本軍の魚雷は感度が高すぎて、強い波を受けると自爆する事が多かったそうです。

ゾイドワールドの魚雷の性能も考えて見たいですねー。

>ヒューイさん
浅瀬だと水が反射するので銀が一番良いみたいですよ。

ゾイドVSではショックカノンに追尾性がありましたっけ。どういう原理なんだろうなあ…。

>Ziの料理人さん
HMM版では色の調整が入りましたよねー。
個人的には、あれは量産機としては良いんですが機体の特性を見ると原色の青と赤の方が似合ってそうな気もします。
(でもヒルツ使用としてその色もちゃんと販売してくれるところがコトブキヤさすがなところですな)

試作機カラー説もありますねー。
ただ試作機にしたって何で青なの? という気はします。
わざわざ敵側の色で塗るかなー…という。

洋上迷彩を狙って青というのはありそうですね。
色んな説を複合して考えたいです。

ゾイドは陸上兵器としては破格の巨大さですが、艦艇は駆逐艦にも及ばない小サイズですね。
まあ、砲力は戦艦並みにあったりはしますが。
基本的に水陸両用だからかもしれませんね。
私はあのままで良いと思います。

ただホエールキングやホエールカイザーのバリエーション……海戦が出来るような…を出したりしても面白いのか名とは思います。
そしてホエールカイザーはキット化して欲しかった!

>A-10さん
特異性はこれ以上ないほど表現されてますよね。あの青と赤の鮮烈過ぎるカラー。

電池ボックス砲はどうでしょうね。
潜水艦は潜る際は砲口にフタをして水が漏れないようにするのが常です。
イギリス海軍の「M級」という大砲を持った潜水艦(イギリス伝統のトンデモ兵器)は、潜水時にフタをするのをうっかり忘れたので水が侵入して沈没しかけた事があるんだとか…。
(デススティンガーの場合は水が入ったとして本体側にダメージが及ぶ事はなくユニット損傷だけで済みそうですが)

真OSといっても私はエネルギータンクは欲しいですねー。
いくらなんでも無限ではないので(コアを活性化させているイメージなので、結局のところ総量は変わりない)、あるに越した事はないという見解です。

電池を単四×4くらいにすると魚雷発射菅に見えたかもしれませんね!

>居間さん
たしかにブレードライガー&ジェノブレイカーと対峙した際の見栄えは最高でしたね。
なんだかんだいって今はあの色がベストだったと思います。

>ぬりさん
費用がとんでもなくかかりそうだったのでやめられたという……。
でも、あれは実際にやられてたらそれこそ最後の一兵まで戦う一億層玉砕だってなってたかもしれませんね。

>デスペラードさん
デススティンガーってそういえばなぜにデスザウラー並の重装甲を施したんでしょうね。
ゴジュラスキャノン、ウルトラキャノン。
これらを共和国軍が量産する事を見越していたのかなあ…。

帝国軍でデスザウラーに継ぐ装甲強度No.2はコングですが、これは両キャノン砲を防げません。
なので新型決戦ゾイドがコング並では不十分とされたのかも。

じゃあどうする?
デスザウラー並にする?
それは過剰だ…。でも、装甲を作る開発データは流用できる。
じゃあそれでいいや。
そんなやり取りがあったのかも。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
分かりやすい陣営って重要だと思います!
超厳密じゃなくていいんですが、「何となく」どちらの陣営か分かるデザインや色出合って欲しいなぁと思います。
メカ生体ゾイドはとても良いバランスだったと思います。
新世紀は途中から何がなにやら分からなくなったところはある…。
解釈はするのですが……。

72ノットの目標に命中できるか問題ですが、ソ連のVA-111 シクヴァル魚雷は200ノットも出るそうなのでこの辺なら可能性ありかな?
もしくは古典的な方法ですが扇状に放っても有効かもしれませんね。

>No Nameさん
なるほど、興味深いです!
凄く説得力が高いと思いました。
これは今まで実績を挙げてきた帝国軍のものにとっては「伝統的なカラーを与えるなどけしからん」となりそうですね。
むしろ敵側の色である青になった事に喜んだかも……。

>ラウルさん
良いきっかけをいただけました!

デススティンガーのショックガン。用法を想像すると面白いですよね。
まだまだアプローチのし甲斐があります。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント