流行りもの特集の号

学年誌を一冊ゲットしました。

小二、1985年11月号です!

既にバトスト掲載号は収集しきりましたが、広告やその他の掲載がある号があります。
今号は……、「最近の流行りもの特集」みたいなページにゾイドが載っています。


ゾイドがブームだ! とのこと。
実際に1985年はアイアンコングがクリスマス商戦としてかなり売れたそうです。
またゴジュラスVSコングでゾイドワールドが魅力を増し、ブームと呼べるレベルに達した年だと思います。


シンカーが試作機カラーですね。
でも名前は既に制式版と同じシンカーになっている(初期においてはエイガーという名前で紹介されていた)。

この号の掲載はこれだけ。正直、広告ですらないミニミニ掲載です。
この程度の掲載まで網羅しようというのだから我ながら狂気的です。
ですが、こういうミニ掲載からは特集からは推し測れない当時の情勢が分かったりするので特有の貴重さがあります。

流行物特集では女子プロ人気(ダンプ松本)とか、バービードールとか、切手収集とか、ラジコンとかが紹介されています。
そうそうその他では……、


アニメ特集はキン肉マン。
伝説の「麺類は人類…」のシーンだ……。これがリアルタイムで放送された頃なんですねぇ。


ガンダムはゼーターでした。

こういう全体が見えてくるのも学年誌収集の醍醐味ですね。

さてさて、これで小ニは残り1冊(広告掲載)になりました!!!
王手です。
小一と小五はコンプ
小三、小二、小六は残り1冊でリーチです。
イイヨイイヨー! コンプを目指せ!

小四だけは残り6冊なんですが……。
小四は巻き返せるように。その他の学年はコンプできるように頑張ります!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

バトストがなく、ページの6分の1あるかないかの特集さえ収集するマニアっぷりすごいです。
右下の切手情報が渋い…。
当時の小2には切手収集がメジャーな趣味として確立してたということでしょうか…。

レッドホーンは今でもデザインが色あせることのない名機ですが、やはりサイズ感・設定でゴジュラスに勝てるイメージはなく、その頃の帝国軍は共和国軍の引き立て役という印象だったのだと思います。
それがアイアンコングの登場によって両軍がライバルという立ち位置にまでなり、コング(の改造機)が終盤まで共和国軍を苦しめたのですから、改めてゾイドワールドの広がりに貢献したゾイドなのだと思います。

No title

子供向けの雑誌なのに女子プロレスの特集とは・・・時代ですな
自分も子供のころはプロレスブーム真っただ中でしたねw


この広告アイアンコングがいるならゴジュラスもセットでほしいところですね
スペース的に厳しかったんでしょうか?

No title

キン肉マンは今でも流行りものですよ~。
毎週(とは言えなくなってますけれど)月曜日の更新、見てますかー!

と、言いつつ、隣でスクリューキッドとケンダマンが見切れていたので「あれ?」と思ってウィキペディアで放送話一覧を見てみたところ……
「人類は麺類」が放送されたのは恐らく2年ほど前で、この頃はアニメが原作に追いついたとかで話を進めるのを中断して総集編を流していたのが放送再開になった時期みたいです(しかも、原作とは異なって舞台がいきなり北海道になったり
その北海道が空に飛び上がって新幹線が「トンネルを抜けたらそこは海だった」とか言っていたり、
中曽根康弘らしき政治家が毛ガニの心配をしていたり、
誰が誰だか分かりませんがとにかく偉い人たちが北海道の名物を返せと「悲痛な」叫びを上げたり、
挙句の果てにはネプチューンマンの素性が原作と違っていたりとエラいカオスですが)。
ですから、総集編で「人類は麺類」の回が流れていなければ「厳密には」リアルタイムでは無いとも言えます……。

それにしても、集英社のキン肉マンを小学館の雑誌が紹介して色々と大丈夫なのでしょうか。
企業グループ的には両社とも一ツ橋グループに属しているのでセーフな気はしますが。

No title

>しめじさん
こうなってくると半ば意地で集めてる所もありますね(笑

切手収集はこの時期流行ってたと思います。
かのちびまる子ちゃんも収集していたはずです。
花輪君に外国の切手をもらう回とかがあった気が……。
そんなわけでこの時代はメジャーでしたね。

レッドホーンは単機では少し非力ですが、ステップアップする実に良い中間の台になってくれたと思います。
まさに功労者だと思います。
そのステップがあったからこそコングが思いきりはじけたとも思います。

>ヒューイさん
女子プロ大人気でしたからねー。
ダンプ松本とかキューティー鈴木とかあの頃の小学生なら全員名前知ってたんじゃないかなー。

広告スペースにゴジュラスが居ないのは発売日のせいでしょうね。
この三機はいずれもこの時期の最新ゾイドです。

>坂上蜘蛛麻呂さん
アツいすね。
私はウォーズマン理論が好きですねー。
あの今にしてみれば意味が分からないけどチビッ子時代としては大興奮するような感じは最高だと思います。
でもジェロニモ現象だけはダメだと思います(笑

集英社コンテンツと言えばドラゴンボールや幽遊白書も平気で載ってるので良いのでしょうね。
子供向けという事でその辺の固いことは言いっこなしな感じがします。
ただしあくまでアニメであって原作には触れていないです。

基本的に子供向けのものはなんでも載ってるイメージですが、例外としてバンダイのコンテンツはあまり載っていない感じがします。
バンダイのはだいたい講談社の書籍です。
・・・といいつつこの号にはゼータの広告があったりするので完全に無いわけではないんですが。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント