試作ビースト

若干今さらかもしれないんですが、


ビーストライガーで気付いた事が一個あります。
ゾイドはパッケージの写真なんかが「試作」である事が多いのですが、ビーストライガーもパッケージや復元の書の写真が試作品である事に気付きました。

持ってる方は見比べてくださいませ。
分かりやすい部分で言うと…、


後脚のアーマーですね。これのハードポイントの位置が製品と違います。


赤丸を付けた部分の位置に注目。

ハードポイントが多いだけでなく、各装備の互換性も極めて高いワイルドシリーズ。
この位置も…、何かの武器をより付けやすくするために変更されたのかなあ。

他の試作ゾイド(例えばジェノザウラー)に比べて極めて地味な変更です。
ハードポイントの位置なんてどっちらもいいやん・・・と言われそうでもある。
でもそこにもこだわりがあるんだろうなあと思います。気合入ってる!

ワイルドシリーズも、こういう部分にもっと気付いていきたいなあと思います。
試作品は面白い!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いわゆる試作品あるあるですね。雑誌とかの写真で載ったプラモやホビーで写真の試作品と発売された商品と全く違う時があります。私的にこういった試作品あるあるで印象に残ったのは95年度に当時SDガンダムBB戦士で発売されてた武者號斗丸ですね。開発中だった試作品と商品と比べて顔が違ってました。ガンプラではよくあった事かもしれません。

No title

うおお、ホントだジョイント部分が全然違う
いわれなきゃ気づかないですね、さすがです

この位置にズラしたのはジョイント部分の強度とかに難アリだったのかもしれないですね
今度のシリーズは武装モリモリゆえ後々いろいろ武装を追加したりなんだりするのに強度を確保したかったのかもですね
試作型のジョイントの位置だと武器を取り外そうとしたときに装甲ごとひっこぬけちまいそうなカンジがしなくもないですし

No title

>弩雷武さん
ガンプラもこだわりが強いですからねー。
ゾイドの場合はギミックやカスタマイズ性が変更理由と思いますが、ガンプラは何でだろうなー。
比べてみても面白そうですね。

>ヒューイさん
変更されたハードポイントに武器パーツを付けたりして検証したいですね。
変更後の製品版のハードポイント位置の方が武器を付けやすかったり見栄えがよかったりするんじゃないかなー。
とにかく、細部までこだわっている事が伺える一件ですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント