最強ゾイドの運用

先日までで一連の「VSマッドサンダー」シリーズを全てHPのコラムに編入しました。
やっぱり最強ゾイドへのアプローチは面白いなーと思います。

そんなわけで次は不死鳥ギル・ベイダーの攻略にも挑んでいきたいなと思っています。
できれば私のナンバーワンゾイドである所のマッドサンダーで攻略できないかなあ…というとまあ無理だとは思うんですが、最良の善戦をさせたいところであります。

「最強ゾイド」はやっぱり超超掘り下げがいがあって面白いと思います。
さて今日はVSギル・ベイダー……の前に、歴代最強ゾイドの運用を考えたいと思います。


歴代最強ゾイドというと、

・ゴジュラス
・アイアンコング
・ウルトラザウルス
・デスザウラー
・マッドサンダー
・ギル・ベイダー
・キングゴジュラス


になると思います。
両国とも「最強ゾイドの完成後、それを先頭に敵国に侵攻・攻略を目指す」というのは共通しています。
さてこれを見て面白い事に気付いたんですが、「量産後に敵国に攻める」パターンと「そのゾイドの強さを信じて少数で攻略に挑む」パターンに分かれます。


ゴジュラスは…微妙な所かな。
コング就役前のゴジュラスというと、量産されていたけど大部隊として集中運用される事は少なかった。
どちらかというとエース機がバラバラに単機で戦果を挙げていた感じがする。
「帝国領土の奥深くまで攻め込むゴジュラス」という光景はたびたび見かけますが、単機で攻めてるものばかり。
周りに味方を随伴させている事もありますが、あくまで小規模なものばかり。
また対する帝国軍(レッドホーン)も大部隊で迎え撃つ事はあんまりなかった感じがする。

この時代は両国ともそんな感じ。
これは「地球人」がキーワードになるでしょう。
地球人はゾイドの改造技術だけでなく、様々な「戦術」ももたらしました。
それまでゾイド星には「陽動作戦」さえ無かった(History of Zoids情報)。
戦術・戦略なんていう考えはあまりなくて、強いゾイドとエースパイロットが存分に戦えばいいだろうという程度の考えだったと思う。
それがゴジュラスをはじめ両軍に共通する運用だったのでしょう。


アイアンコングは「ゾイドの集中運用」を初めて本格的に行った革新的な運用だったと思います。
集中運用って大事。これをすると戦力は倍加する。ただでさえ強力なゾイドなのにその力が倍加。
コングはそれを狙って目算通りの強さを示しました。

ただ残念ながら最終目標・・・・・・共和国首都の攻略=戦勝はできなかったのですが。

この印象って強かったのかなぁ……と思います。
結果としていえば帝国側は「集中運用を行った」が、「勝てなかった」のです。
その印象は、「集中運用じゃダメだ。少数でも敵首都を攻略できるような超強力機を開発せねば・・・」となったのかもしれない。
まさに、後のデスザウラーがこの運用です。

共和国側としては、ただでさえ強力なアイアンコングが集中運用されてやってきた。やばすぎる。
それに対して急遽としてゴジュラスを終結させ、こちらも集中運用して防衛した。
そしてどうにかそれは成功した。

共和国軍はここで、集中運用の恐ろしさ(コング)を強烈に知り、また、集中運用の良さ(ゴジュラス)も同時に知ったんじゃないかな。
・ただでさえ強力なコングが集中運用でもっと強くなった。
・ゴジュラスを集中運用すると、これ以上強くなりようがないと思っていたゴジュラスが更に強くなった。

この印象は極めて強く、これを基本とするようになった……。
後のウルトラザウルスとマッドサンダーは、いずれも「量産後に敵本土に本格侵攻」という戦略を採っています。


暗黒軍は帝国軍との繋がりが強い=戦略も似ていると思う。
なのでギル・ベイダーはデスザウラーの運用を引き継ぎ、量産前に敵本土に本格侵攻するような事をしたのだと思います。
(一応、10機程度量産されている…のだが、10機では充分な数とはとても言えない。共和国なんてニカイドス島攻略時にマッドを200機以上も投入している)


共和国の例外はキングゴジュラスです。
これは生産数は不明で1機~数機説がありますが、いずれにしろ量産はされていない。
共和国としては異例の運用でした。
いつもなら量産後に暗黒首都を目指していただろうに。
(地獄のような光景だ・・・・・・・・・・・・・・・・・)

これは、もはや戦況として量産を待つ事が不可能。
量産には1年程度は必要(ウルトラとマッドの実績から推測)。
そんな間、暗黒大陸内の共和国部隊は持ち堪えられない。そこでもう「ええい! やってしまえ!」という判断が下されたんじゃないかなぁ。

ギル・ベイダーは既にオルディオスをはじめとする新鋭共和国ゾイドが頭を押さえ込んでいた…のだけどガン・ギャラドの出現が大きくミリタリーバランスを崩した。
ガン・ギャラドがオルディオスを駆逐→ギル・ベイダーの安全が確保される→ギル・ベイダーが共和国部隊を襲う→どうしようもない。このままでは早期に戦線が崩壊する。なんとしてもこれを排除できるゾイドが必要。
そんな事情が見えます。
ある意味、キングゴジュラスは対ギルではなく対ガン・ギャラド用と言えるのかも・・・・・・。
むろん強すぎるので「対ガン・ギャラド用だが対ギル戦でも充分イケる」のですが。

これはアイオワ級戦艦が大和型戦艦のライバルとされる個とが多いのだが実のところは金剛級戦艦への対抗である。しかしむろん新型相応の最新技術が使われているので大和型戦艦とも充分に戦える…というのに似ているかも。
兵器は「世間ではそのように扱われているし、実質的な戦歴で言えばそうである。しかし開発経緯は別のものである(全く意識していないわけじゃないが主ではない)」ということは珍しくありません。
グラマンF6Fは零戦を意識していたわけじゃないとか。

こういう事を考えてみるのも面白いですね。
そんなわけで最後はちょっと話が逸れましたが、最強ゾイドの運用の話しでした。

VSギル・ベイダーはおいおい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

マッドサンダーシリーズ、お疲れ様でした。
私もマッドサンダー好きとして楽しませて頂きました。

大部隊か少数精鋭か・・・って、地球連邦とジオンの構図に良く似てますが、ゾイド界が怖いのは最新鋭最強ゾイドをそのまま量産しちゃうところですね。地球連邦ではなくヘリック共和国なら「ガンダム大隊」を作ってからオデッサとかソロモンを攻略をしちゃいそうです。

かの「オルディオス500機配備完了」でガイロスが騙されてくれたことこそ、共和国軍の大量生産戦略が侮れないことの証明ですね。まさに「戦いは数だよ兄貴」を愚直に実戦する男それがヘリック。笑

初期のゴジュラスの運用ですが、コンセプトアート(及びFOR)に登場するゴジュラスCAが「単機肉弾戦」を得意とするという設定なので、まさにご指摘の通りですね。さらに考えると、エースのゴジュラス+随伴ゾイドは馬上の武士+徒歩の郎党という戦国時代前のスタイルに似ています。その後、戦国期に入ると足軽の集団運用、近代軍制の兵科へ移っていたのと良く似ていますね。

No title

面白いですね

そして後の時代もギガが完成すると反撃の狼煙として30台ほど量産(アロザウラーのバトスト)されて、数機が最重要拠点の要塞攻略に参加しました。
その後セイスモサウルスも、その要塞に部隊単位で反撃にでるなどゲリラ戦や対ゲリラ戦になっても大型旗艦機が出来るとやってますね

例外と言えばゼロファルコンは潜入&暗殺に近いですが皇帝に迫ってますね

No title

共和国からすればコングの戦法がのちのウルトラやマッドの指揮能力の向上につながったのかもしれませんね

逆に帝国はゴジュラスの個としての強さにデスザウラーのコンセプトを見出したのかもしれませんね

No title

集中運用か、少数精鋭か…というか、火力重視か速度重視か、でしょうか。

帝国軍が速度重視にシフトしていった経緯はどちらかというと、「集中運用はダメ」というよりも「集中運用では共和国のほうが上手」という結論に至ったからではないかなと思います。

兵力集中には時間がかかります。
帝国軍が150機のアイアンコングを集中させ、進軍しているうちに(前線部隊の決死の遅滞作戦があったとはいえ)共和国軍は200機のゴジュラスをかき集めて迎撃体制を整えてしまった。国境越えは荒天と夜間をついての奇襲に近く、進撃も決して遅くはなかったにもかかわらず。
兵力の集中に必要な輸送インフラも兵站組織も、共和国には敵わない。また大軍であるがゆえにひとたび侵攻を開始すればその位置が露見しやすく、防衛側も集中させた兵力をぶつけやすい。大軍同士の戦いになれば、生産能力にまさる共和国にはやはり敵わない。
では少数部隊が気づかれることなく侵攻し、敵の防衛・反撃準備が整う前に、組織的な行動能力を削ぐしかない。
デスザウラーを支援するメカが24ゾイドという発見されにくい小型機であったのも、デスザウラー周辺での行動を察知されにくくする≒「共和国の兵力集中を避ける」ためだったのではないかと…。

No title

この歴代最強は、メカ生体の歴代最強ですかね?
記事に書かれてるゾイドはすべてメカ生体の時代に誕生したもので、
共和国軍を中央大陸から完全撤退に追い込んだセイスモサウルスといった機銃新世紀以降のゾイドらが記載されてないのでそう思いました。

なるほどと思いましたが、ゴジュラスの運用については中央山脈の存在が大きいと個人的には思います。少なくとも大部隊を帝国まで無事に運ぶ手段がなかったのでは。こう考えると単機での無双状態にはしなかったレッドホーンの存在は大きいのでしょうね。

No title

地球の軍隊でよくあることですが、健全な軍隊は自分たちが苦しめられた戦術・戦略・兵器を積極的に採用して自分のもとのします。

アイアンコングの集団戦での強さ。
それを跳ね返して見せたゴジュラスの個としての強さ。
帝国・共和国ともに相手に見せつけられた強さを己の血肉とし、その後の戦いの糧にしていったといえますね。
戦いから得られる教訓って大事です。

で、暗黒大陸には中央大陸戦争での貴重な教訓はほぼ届かなかったわけで。
その結果がフェルチューブむき出しのヘルディガンナーとデッドボーダーですかそうですか。
メカ生体時代における暗黒軍のゾイドの急速な更新とゼネバス帝国製ゾイドの普及は、共和国軍がゼネバスとの死闘で培った戦訓・教訓を一身に受け止めた結果なのかもしれません。

逆に言えば、メカ生体時代・新世紀時代と一貫して戦い続けた共和国軍に蓄積された戦訓は他国の追随を許さないものだといえます。
血と涙を対価に得た戦訓の蓄積こそ、中央大陸失陥後も戦い続けることができた共和国軍の強さの根底といえるでしょう。

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
連邦軍も実はけっこうガンダムを量産してたりする機はしますが、あくまでスペックダウンした陸戦型だったりしますね。
ゾイドの場合は完璧な形で文字通り量産しちゃうからなあ。

あの共和国ならオルディオスを500期量産したのもさもありなん・・・と思ったでしょうねえ。

>デスペラードさん
新世紀の時代では30機でも充分な量産ですね。
旧大戦の頃はマッドが数百も量産されていましたが…。この辺からも地殻変動の規模が分かってくるなあ。

ゼロファルコンはあの作戦がなければりょうさんされていたでしょうね。

>ヒューイさん
コングVSゴジュラスは当時の史上最大の戦いだったので、後に与えた影響は強いでしょうねー。

>極光さん
なるほど!
一歩深い考察をありがとうございます。
帝国側はまさに仰るとおりの結論を感じたのかもしれませんねー。
それがゆえにデスザウラーと24ゾイドに…。
とても面白いです!

>No Nameさん
はいメカ生体ゾイドのものです…が機獣新世紀ゾイドでキンゴジュを越えるのが出ていない以上はそのままでも通用するとも思います。

あと新世紀は野生体生息数などの事情が大きく変わっているのでなかなか同説で考えにくいので除外しています。

>NoNameさん
中央山脈は大きいですよねー。
たしかに、気性の荒いゴジュラスをまとまった数で山越えさせて運用するのは大変だろうなー……。

レッドホーン派この状況だからこそ、どうにかこうにかコング就役までを粘り続けることが出来たのかもしれませんね。

>makiさん
理屈よりも実際の戦闘経験は大きな印象を残しますよね。
苦しめられた戦いだけでなく、日本海海戦で大砲の威力を知った日本軍の様に、その戦法に固執したりも……。
そういうのが面白いですね。

共和国軍の強さは物量の他に、仰るとおり蓄積された戦訓にも大きくあったのでしょうね。
やっぱり凄い国だなあ。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント