スナイプテラの続き

スナイプテラの続き!

・・・昨日の画像、頭部のトサカパーツが上下逆でした。


正しくはコチラ。
やっぱり疲れてる時に組むもんじゃないな・・・。

ところでトサカを倒した状態で前から見ると…、

ちょうどモールドがお目目のように見えてちょっと可愛らしいですね。
これは狙っていると思います。

さてさて、スナイプテラの続きです。

スナイプテラでいいじゃん! と思ったのは…、
「飛行ゾイドでありながら省スペース」なところです。


古来から飛行ゾイドは大きくて優雅な翼を持つ…それゆえ特有の魅力があります。
その反面、置き場所を陸上ゾイドの倍くらいを占拠する困ったやつでもありました。
とんでもねえスペースを取っちゃうんですよねぇ。

しかしスナイプテラは大丈夫!


飛行時のカッコいい姿を堪能し、しまう時はコチラの着地姿勢にしよう。
するときゅっと縮まり小スペースに仕舞う事が可能です。

これ、なにげに凄いと思います。
従来の飛行ゾイドが抱えていた収納の問題を完璧に解決してきた。
日本の住宅事情と照らし合わせて、スナイプテラの仕様は最強かもしれない……。


さてスナイプテラの形状ですが、プテラノドンをよく再現しているなーと思います。
プテラノドンはメジャーな翼竜なので今までにも何度もゾイド化されていています。


レイノスは古典的な「怪獣的復元図」なプテラノドンですね。
古い時代の恐竜映画に出てくる感じ。歯がビッシリあるし全然[実物のモチーフ]に対して忠実じゃない。
でも[この時代の一般的なイメージ上のプテラノドン]としては極めて忠実です。

昔の復元図とか映画の中の無茶な姿は、こうあってほしいという「憧れ」が入っていることは否定できないでしょう。
モチーフへの忠実さや科学的考証よりも、もっとカッコいい生物であって欲しいという願望。そんなのが何割か混じっているのが古い映画などに登場する恐竜の姿です。
つまりその姿をモチーフにしたレイノスは忠実ではないけどもカッコ良さは最強だと思います。



ストームソーダーはレイノスに比べるとかなりモチーフへの忠実度が上がった感じがします。
特に頭部の歯がない感じが大きいです。
尾は実際のプテラノドンに比べると長いものの、レイノスよりは短いバランスです。
中間を狙った感じ?

エンジンポッドやエアインテークなど、ジェット戦闘機をモチーフにした部分が目立ちます。
全身も流麗で、まさに最新鋭戦闘機といった感じ。



さてスナイプテラはレイノスは勿論、ストームソーダーと比べても極めてモチーフに忠実になっていると思います。
尾は短くプテラノドンをリアルに再現しています。
実際はこんな短さなんですよね。

頭部も、よりプテラノドンに近づいた感じがします。
下あごの感じが実にプテラノドンしてます!

着地姿勢もリアルです。

というか、この姿勢をよく仕込んだなあ…。
ホントに凄い。
正直、この姿勢は直球でカッコいいとはいい難い……のですが、よくぞここまでモチーフを再現したという点でものすごく驚きました。
「モチーフを極限まで再現しよう」という強い意志がなければ、この姿勢は決して実現しなかったでしょう。
熱の高さを感じます。


ところで誤解のないように言っておくと、上のレイノスの所で「つまりその姿をモチーフにしたレイノスは忠実ではないけどもカッコ良さは最強」と書きました。
これはモチーフに忠実なスナイプテラや、中間的なストームソーダーをディスっているわけではありません。

生物というのは一目見ると「うーん・・・」と思う事があっても、その生体を詳しく見ると不思議な事にどんどん魅力的になってくるという事が多々あります。
最初は「うーん・・・」だったのに気付けばその姿が最高にカッコよく見えてくる。そんな事はよくある事です。

モチーフへの忠実度が高いゾイドは、モチーフの生体を深く知るとどんどん好きの度合いが強くなっていく。
そんな潜在的な魅力を持っていると思います。

要するにそれぞれの魅力の方向性があるという事ですね。
どれも魅力的だと思います。
プテラノドン型(種)ゾイドはモチーフへの忠実度がそれぞれ段階を踏んでいる感じがするので、比べるととても面白いです。


私はクラシックな復元図も今の復元図もどちらも好きです。
これはプテラノドンに限らず、トリケラトプスやティラノサウルスやブラキオサウスルもです。
ゾイドはプテラノドンだけでなく、[マッドサンダー][トリケラドゴス]のようにモチーフは同じでもクラシックな復元図か最新の復元図かで色んな種類があります。
どっちのゾイドも増えると嬉しいなぁ。
今後、色んなゾイドを見れば「色んな時代の復元図が学べる」ようになれば凄く面白いと思ったりするのですが。


さてスナイプテラに戻ります。
スナイプテラはかなり兵器的な部分も強調されているゾイドです。
口の中のスナイパーライフルもそうだし、翼下のガトリングもそう。

翼に付いたジェットエンジンのデティールも良いですね。

またゾイドらしい「穴あき」翼になっているのもニヤリでしょうか。

ホントに、なかなか非の打ち所のない見事な仕上がりだと思います。
良いなー。
これは人気が出ますわ。


箱を見ると隊長機の赤と量産機(一般機?)のミントグリーンの機体が居るようだ。
グリーンのもイベントとかで良いので発売されないかなー。
鮮烈な赤い飛行ゾイドもカッコいいけど、こちらもなかなかいい感じの色だと思います。

ちょいと長くなってきたので更にここで区切ります。
ギミックについてをまた明日くらいに書きたいと思います。

ああ無事に軽減税率直前の山を乗り切って思い切り遊びたい!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

プテラノドンの再現率……と聞くと、個人的にいつも気になっている部分がありまして。
それは、プテラノドンの皮膜って後ろ足まで繋がっている事なのですよね。
これだけは、材質上あるいは機械生命体というものの性質上、完全再現は出来ないのかな、とも考えます。
それが必要かと言われたら、恐らく無用であるとも思いますし。

なので、プテラスもレイノスもストームソーダもスナイプテラも。
それぞれのデザインにカッコ良さがあって、それで良いのではないかなと思っております。
繰り返しになりますが機械(金属)生命体という設定上、そして玩具としての材質上、後ろ足まで繋がった皮膜の再現だけは難しいですから。
モチーフを忠実に資源しなかったからと言って、それぞれのカッコ良さは色褪せませんし、むしろ割り切ったからこそ見ることのできるカッコ良さというものを十分に魅せてもらっていると思うのです。

リアル・リアリティ問題というかワンダーというか。そんな感じですね。
どれもプテラノドン型ゾイドは好きです。

追伸:昨日書き忘れたのですが。
今月発売のホビージャパンに機獣新世紀の頃にコロコロコミックその他でドクターTとして活躍された田島豊さんのインタビューが掲載されております。
田島さんがゾイドに関わり始められたころからゾイドワイルドに至るまでの話が掲載されておりますので、ご興味がありましたら購入してお読みになると良いかも知れません。

No title

あなたの好きな飛行ゾイドは何ですか?…と聞かれれば、今でも迷うこと無く「レイノスです」と断言しちゃうワタシなんですが、こうやって同モチーフのゾイドを並べるとそれぞれが非常に魅力的で素晴らしいの一言ですね。

2足歩行のゾイドは「歩く」というギミックを組み込む時点で、どうしても構造的に怪獣的(=着ぐるみ)になってしまいがちです。だからこそ、ぐっとモチーフに近づいたフォルムのストームソーダーには非常に驚かされたのですが、その後は再販のサラマンダーとレイノス、可変機のディメトロプテラと続き、無動力のバイオプテラを除けば怪獣的プテラノドンが続いていました。それだけに、今回のスナイプテラが颯爽と「飛んで来た」のは衝撃的です。

しかも、「飛行型のワイルドゾイドが見たい」というファンの声はチラホラあったにせよ、まさかのペガサロス発展型の車輪ギミックが来るとは、一体誰が予想し得たであろうか!!
(*ノ゚Д゚)ノ 次の更新楽しみだぞー!

レビューお疲れ様です。
サイズを変えれるっていうのが
いいですよね。
片付け事情でも省サイズは嬉しいですし
兵器らしく格納されていると考えても
カッコいいと思います。
レイノス、旧復元図ベースだったんですね
初めて知ったのが機獣新世紀版だったので
当時は普通に新しいゾイドだと
思ってました。
航空ゾイドでは一番好きかもしれません。
あとスナイプテラの口腔兵器は
バイオプテラのイメージもあるのかな?と
思ったりもしてます。

No title

>やまさん
確かにつながってますね。
そこは難しいですよねー。
柔らかくしないといけないので。バイオゾイドならギリギリ再現できる・・・かな?
ここはまた次のステップで考えて欲しい所かなー。
とりあえず現時点で最高にプテラノドンを再現したのがスナイプテラという点は確かですね。

ホビージャパン、見てみます!
情報ありがとうございます!!

>ネームレス Mk-II 量産型さん
それぞれ魅力的ですよねー。
プテラノドン型はどれもカッコいい!

飛行型はいずれ出るだろうとは思っていましたが、まさかペガサロス・スーパー改だったとは!
まさかグライドラー改もあったりして。
・・・いや、これはないか。

>アンコさん
サイズの可変いいですよね!
やはりいくらカッコよくても場所をとるのは大変ですもんね。
分解するのも手間だし・・・また遊ぶ時にも大変だし。
出来ればそのまま収納したいなぁ・・・という問題を見事に解決してくれました。

復元図は他の恐竜もそうですが、時代ごとのものを見ると楽しいですよ。
イグアノドンとかはまるで別の生物のように変わっています。
それをゾイドで知るのも楽しいものです。

口の中の砲は私はジェノザウラーを連想しましたねー。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント