今日は第3話!

今日は第3話!
今からもうワクワクです。
ZERO、ホントに楽しみだなー。
ワイルド第一期の久々にアニメで動くゾイドの時も嬉しかったけど、ハードな作風になったZEROはより楽しめています。

ZEROはバトストや過去のアニメを知っていればより楽しめるのですが、第一期ワイルドが見せてくれたゾイドの新しい一面、それが大いに生かされているのはむろんです。
例えば一話でレオが口笛でライガーを呼び寄せるシーン、二話でサリーを引き留めようとするビーストライガーだったり。ああいうシーン、あそこまで意志のあるゾイドは過去のシリーズではなかなかないものだったと思います(ジークは別として)。
まさに全てのゾイドファンに向けた作品になっていると思う!

事前には忙しくてなかなか考察なんかができなかったけど、謎が多く深く切り込んでいけそうな作品なのでその辺もどんどんやっていきたいですね。

ペンダントの光でゾイドが一瞬で復元したとか、レオが半分機械化したとかもそうだし、ゾイド星と地球の関係もそうだし。
もうちょっとスケールを落とした所で言うとレオもけっこう謎が多いと思います。
軍人相手にあそこまで戦えるのも凄いし(腕っぷしが強いというレベルじゃないぞ)、サリーに対してあそこまで献身的なのも何か理由があるのかなぁ……。

その辺、謎が明らかになる前に考え、記事にしていきたいです。
アニメはその予想があったかどうかを確かめながら見るのも面白そう。

とにかく、楽しみです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

そういえば、今回は対象年齢上がったとは言われてますね。
方向性の違いについては言われてますがこれって1期に並行してサブ的にやってたバトルウォーズや改造企画とかのミリタリー路線も取り入れてるかなと思います。

1期に関してデザインで「今の子は巨大ロボットとかになじみが薄いのでメカっぽさを減らした」的な発言もありましたし。
実際、昭和に展開してた頃は世の中SFブームというのがあったと聞いています。ガンダムとかヤマトとかもその辺の時代の出身だとか。当時は巨大ロボット系とかももっとあったとも。

しかし現在はSF自体当時に比べると退潮傾向ですし、巨大メカ系もシンカリオンとかああいうのたまーに作られてますが花形であった巨大人型ロボもシリーズとして命脈をつないでいるのはもはやガンダム程度。及び腰になるのはあったかなと。そうしたらサブ的にやったそちらも予想外に受けたのでまたミリタリー調をメインシリーズに戻したとか。
ジャンプとかも読んでますがメイン要素のここ数年の退潮やサブ的にやったのが予想外に好評で方針を変更した作品とかもありますし。

あとは、まとめサイトとかでも指摘されてましたがネット層で妙に子供向け要素敵視するのが多いとも言われてましたね。
とはいえ、ワイルドのキットのコンセプトなどもそうですが、ゾイドは元々他のプラモに比べると低年齢向け要素が強いですし
(プラモに接着剤とか色々当たり前だった時代にそうしたもの要らずで簡単に組めてよく動く「玩具」として出したのが最初のゾイドだったとか。グライドラーやペガサロスのギアの色も構造を見てもらいたかったからという知育玩具としての面と聞いていますし)
ランナーレスや復元コンセプトなども今の子に合わせての設計と言いますし。

そう考えれば一期の子供向け、新規層向けで固めたのは元来のコンセプトという意味でも合致していると思います。
それらやサブ要素の受けなどの土台の上で対象層広くした2期と。
ストーリー面子供置き去りではという不安も聞こえますが、
ジャンプとかも見てて思うのはきちんと間口さえ用意すれば子供の理解力って大人と何ら遜色ないと感じることが多々あります(ジャンプも子供向け敵視がありますがこれも青年誌としてもな他の4大誌に比べてターゲット年齢低い純粋な少年誌ですし)

そういえば今回登場のスナイプテラ、あれだけの設計を誇りながら妥協した面もあったと言いますがこれってスコープの折り畳みやガトリングの可動、各部の塗り分けあたりかなと。
例えば前者2種は細かい所の可動なのでキットで実装したら恐らく強度がヤバくなって玩具の安全基準に抵触しそうですし(HMM以外のゾイドの安全基準は玩具基準採用ですし)
後者はパーツ分割なら上記と同じ問題が発生で整形塗装でなら技術かコストの問題が恐らくと。アニメのCGとキット比べると塗り分けが際立って細かいので。
恐らくは目指した本来案がアニメCGのスナイプテラなのではと。

ものすごい長文失礼しました。すみません。

No title

対象年齢は上がっているというか、「少し上の年齢まで拡大した」という感じじゃないかと思います。
メインはやはり大人ではなくあくまでチビッコであるところは守られていると思います。
ただ、「チビッコがニッコリでありつつ、同時に大人も楽しめる」というワイルド一期からあった要素がパワーアップしている事は強く感じていますね。
とても良いと思います。

さて第一期はパワフルさで勝負した感じ。
第二期は仰る通りバトルウォーズなどの成果も取り入れてる感じがしますね。

ミリタリー物は私は新しい価値の創造をしているのかなと思っています。
ガンダムは・・・今だとビルドダイバーズリライズがやっていますね。
作風はむしろあっちの方が保守的になっているのが何とも興味深いなぁ…と思って見ていたりします。
今後どうなってくるかに注目したいです。


子供向けという要素を叩くのは……どうなのかなぁと思いますね。
ただ、、、意見を表明するのは構わんのですよね。
人の感性は自由なので「俺は大人向けの要素が欲しい。前作は嫌いだった」はまるで構わない。
ただ「前作は子供向けだからくそだった。ゾイドはミリタリーであるべき。一期を評価してる奴は分かってない」みたいな言い方をするから嫌な気持ちになるわけで…。
そういうのが目につくのはちょっとどうかなあと思うので、あまりに見ないようにしています。

ただ私は上で「人の感性は自由なので意見を表明する事はまるで構わない」と書きました。
これはとても大事だと考えています。
ゾイド界隈に限った事ではないんですが、現在の作風を受け入れがたい人が居ると。その人が個人的な意見としてそれを言ったと。これは構わない。構わないどころか貴重な意見であると思います。

ただ、それに対していちゃもんを付ける人が居たりするんですよね。
その状況を見ると悲しいなぁと思います。

意見の多様性を認める。排他的にならない。相手への経緯は常に持つ。
ゾイドはユーザーに大人と呼ばれる年齢も多いコンテンツですので、そのようになってほしいなぁと願っています。

んー、話が逸れてしまいました。
こういう話もしていきたいです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント