4話!!


※現在は配信終了

4話でした!
今回は共和国軍の採掘所(遺跡)が舞台。
派手な戦闘もあり、新型ゾイドの登場もあり、あのゾイドの活躍ありと、やはり見どころの多い回でした。


今回はとても興味深い事が分かった回でした。
というのも、共和国軍と帝国軍が明らかに交戦していました。
前回もトリケラドゴス改がスナイプテラを撃っていましたが、あれはまだギリギリで警告・威嚇射撃と言えるものでした。(割と当てる気満々だった気もするが…)

しかし今回は明らかな戦いであった。
遺跡を発見し底を調査・発掘する共和国軍。それを奪いに来る帝国軍。
この間で明らかな「相手を殲滅しよう」という意思での戦闘が起こった。

またディアス中佐のセリフによると帝国軍スナイプテラ(ギレル中尉機)は共和国軍一個師団を壊滅させたとも言う。
共和国軍と帝国軍は「緊張状態にあり開戦は避けられそうにない…」ではなくて「すでに開戦しており激しい戦闘をしている」ようだ。

共和国、帝国。これがいかなる国なのか。対立の理由は何か。
この辺は特に気になる所です。早く明かされないかなー。

ところでスナイプテラが一個師団を壊滅・・・・。
師団て6千~2万人くらいの規模の部隊だぞ・・・・。凄すぎ。まあ、たぶんギレル機だけでなく彼の配下のスナイプテラ大編隊の戦果だとは思いますが。
しかしやはり飛行ゾイドは圧倒的に強いのでしょう。
攻略が早期に望まれる。正直、対空機関砲程度ではなかなか辛いものがある。


スナイプテラにやられる共和国部隊の絵も映りました。
しかし、んー・・・。これじゃぁあまり機種が分からないかな。
共和国軍の構成の詳細は早く知りたいところ。

ただ、「ガノンタス」は共和国側に多数配備されている事が分かりました。


青い。そして両サイドに連装砲を付けた重砲タイプのようだ。
ディアス中佐はこの他にも「本部に増援を要請する」と言っていた。
すなわち他の種類のゾイドも保有していると思われますが…、それは残念ながら登場する事はなかった。

とりあえず現在判明した段階で共和国側戦力を書くと
歩兵:ラプトリア
砲撃:ガノンタス重砲仕様
突撃:トリケラドゴス

という所かな。

…ちと厳しそうでもある。
ガノンタスは重砲タイプとはいえバズートルに劣ると思う…。
何故かというと、あちらの方が武器が多彩で戦い方のバリエーションが多い。
またワニガメなのでいざとなれば格闘戦も展開できそうだから。

トリケラドゴスも今回登場したスティレイザーに劣るんじゃないかなー……。残念ながら。
火力はスティレイザーが上回るし、バズートルと同じで武器の種類が多彩なので採れる戦術が多い。
突撃力ではフォースインパクトを持つトリケラドゴスが上だと思いますが、使う機会がどこまであるか……。

今回も負けてしまったし。


パワー負けしていた。
……このシーンはトリケラドゴスがワイルドブラストしてれば勝てたと思うんだけどなぁ。
「密着状態からの押し合い」をしたからスティレイザーに惜し負けた気がする。
フォースインパクトで全力突撃していれば勝てた気がするんですが。

なんでしなかった?
共和国側って実はワイルドブラスト(エヴォブラスト)が出来ない?

あるいは、本機は角部分を長砲身の対空砲にしてる。
だから突撃するとその部分がつっかえて折れてしまう。だから使わなかったのかも…。


そしてまた今回はあのゾイドも活躍しました。

ガブリゲーター!!
なんと、なんとなんと!!!
ガブリゲーターは陸戦でも結構強かった!
序盤は三機とはいえ暴れまくり。ライガーもラプトリアも軽く吹き飛ばす。
凄いじゃないか!!!!
あとガノンタスの砲撃にも耐えるし。

トリッキーな移動も凄い。
ワニはやられるだけの伝統を見事に覆してくれました。
あっぱれ。嬉しかったです。
今後も期待しています。

ガブリゲーターは前話でも今話でも多く登場した。
帝国軍に占める割合は多そう。
海でも陸でも使える。そしてこの強さ!
帝国は強いなぁ。


うーん、大丈夫かな共和国軍。
今のところ圧倒的に不利だと思うけど、頑張れ!

本部の保有するゾイドに期待したいところ。
ここはひとつディメパルサーの電撃放出で一発逆転を狙ってほしいところです。
真面目に、これはあるんじゃないかな。
帝国軍は過度に兵器化したゾイドが多いようだ。電子機器も高度でしょう。そこを突くディメパルサーは共和国が持っているとすれば心強い戦力になりそう。


さて話が逸れてきたので戻します。

今話は、レオ達は共和国側が発見した遺跡に案内される。


アイセルさん登場!
ノリノリの姉ちゃんだった。
事前の予想だときっつい感じで「民間人を軍の施設に入れるなんて!」と反対したり、戦闘では合理的に戦うプロという感じだと思っていましたが、全く外れた。
かわいいもの大好き。
あ、でもいい感じじゃないですか。イキイキしてる。
ゾイドワイルドZERO、キャラがみんな良い感じで好きです。

イキイキしてるといえば、


このシーンのバスが楽しそうで何より。
ジャンクあさりとか好きなんだろうなあ。実は持ってるジープや今回のバイクにもこだわりを持っていそう。
バズはゆくゆくは何かのゾイドに乗ったりするのかなあ?
割とそつなく乗りこなしそうなイメージではあるんですが。


地下にはジャミンガの大群が。
ジャミンガはラプトールのボーンに近い姿をしています。
スコーピアのジャミンガやガノンタスのジャミンガとかも居るのかな?

今回はラプトリアと並ぶシーンがあった。
ジャミンガのサイズはとても小さい! そしてちゃんとしたゾイドに比べて圧倒的に弱い。
これも新たな発見でした。


さて遺跡は帝国軍の襲撃を受ける。
スティレイザー、そして別行動のガブリゲーター三機が遺跡に迫る。
頼みの綱のトリケラドゴス改はやられ、ガノンタスもやられる。
小型のラプトリアでは相手にならない。

ライガーは。


ライガーはスティレイザーの強烈な電撃攻撃を受け敗北寸前。
だが地下に爆弾を仕掛ける機転を利かせた戦術でどうにか逆転勝利を得るのだった……。


今回は前回に続いて苦い戦闘。地下空間がなければ為すすべなくあのままやられていたでしょう。
しかし私は今回は前回に続いて「負け」でも良かったんじゃないかなあとも思いました。
あのシーンから逆転勝利はちょっと都合が良い気がしました。

「地下で爆発」→「衝撃を利用しどうにか離脱するライガー」

スティレイザーはスペック表を見るとスタミナが低くなっています。
おそらく電撃放出で一気にエネルギーを使うのでしょう。
地下爆発を利用し離脱するライガー。依然として不利だし機体のダメージも大きい。
だがスティレイザー側もエネルギーを大きく消費し、もはや追撃する余力はない(トリケラ改に続く連戦なのだ)。
そんなわけで優勢だが撤退を決意した……という流れだと良かったなと思いました。
逆にあれだけのダメージを負いながら離脱したとたんにエヴォブラストして敵重装甲をあっさり切ってしまうのはちょっとウーンともなりました。
(スティレイザーの発売日を考えても…)

とはいえ、敵の脅威は十分に描かれたと思います。
どうやって逃げたのだろう?
逃げ足が速いですむものではないと思いますが。そんな疑問は残しつつも、見応えはありました。

個人的にはワニの描写にときめいたなー。

戦闘以外では、レオの父が有名な教授であり現在は行方不明という事が分かったり、「過去から学ばねばならぬ」「ゾイドは地球を滅ぼした。森羅万象、全てのものには表と裏がある。悪しきだけを見てはいけない。それは片方の顔に過ぎないのだ」「共存する事ができる」など印象深いセリフが多く出た回だったと思います。

ボーマン博士の言葉は重いです。劇中の世界観としてもそうだし、ゾイダーに語り掛けられたものでもあると思ったのでした。

あと「地球の再生」を願うサリーのひたむきさ。ライガーの可愛さなんかもポイントだったでしょうか。

さて来週はガトリングフォックスが登場!
そしてナックルコングも! バイザー付きだったので帝国側と思われますが、またあのパワフルさを見せつけてくれるのでしょうか。
楽しみです!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ガブリゲーターは、まず崖や家に貼り付けることに全て持っていかれました😅。ヤモリかお前たち…。

レオはかなり頭を使って戦いますね。前回はプテラを引き付けてカウンターを狙い、今回は爆破でスティレイザーの足場を崩して隙を作る。WBを最大限効果的に使える状況を狙って作り出しています。前作だと中々見られない光景でしたが、こういう戦闘はかなり好みです。

さて、ゾイドワイルド0、アニメの方は今のところ大満足なのですが、キットとの連動に少々不安を感じています。公式Twitterにアニメ版の改造写真が出ていますが、スコーピアといいトリケラといい、武器や人間のサイズのズレを完全に放置しているように見受けられます。早いうちに、ちゃんとコクピットブロックや、サイズ・位置の合う武器を出してくれれば良いのですが…。

No title

スナイプテラ1機で1個師団を殲滅は最初は誇張に聞こえましたが、地球の常識で考えるとありえる事だと思います。
惑星Ziの頃は1個師団といえばゾイド千機でしたがここは地球。師団といっても配備されているゾイド数は少ないのではないでしょうか。
1個師団は6千人~2万人ですが、全員が戦車にのっているわけではない。現実の機甲師団は数千~万の人員に対して戦車の数は百~三百程度ですから、これと同じと仮定すると地球型師団のゾイド数も数百程度でしょう。これなら飛行ゾイドが師団すべてのゾイドを撃破するのも不可能ではないと思います。第二次大戦時に似たようなことをしたエースパイロットがいましたし。

ゾイドも人手も足りてなさそうなワイルドゼロ世界では1個師団の人員はもしかしたら6千人以下で、ゾイドの数はもっと少ないかもしれません。

No title

ヘリック共和国派の自分としては、共和国ゾイドの登場を楽しみにしていたのですが…
まさかのワイヤーアクションまで使って大活躍のガブリゲーター、
そしてトリケラドゴスと角竜同士のガップリ四つを魅せてくれたスティレイザー、
全編通じて、ス・バ・ラ・シ・イ。素晴らしい!と言わざるを得ませんでした。

他にも、ラプトリアのオーバルボム(卵爆弾ですよね?w)やガブリゲーターのミストディスチャーザーが活用されたり、ガブリゲーターが共和国旗を倒していったりと地味に細かい演出が面白かったです。

それにしても、ライガーが居なければ敗北していたであろう共和国軍ですが、ディアス中佐を含めて「本能解放(進化?兵器?)」をしてこなかったのが気になります。兵器として運用しているから本能解放できるほどの絆は無く、かといって兵器解放を実装するほどの技術力も無い、となれば共和国軍の苦戦は必須ですね…

なお、人物キャラクターについては、もう少し様子見で判断したいです。個人的には、アイセル役の日笠陽子さんはどんなキャラクターもこなす演技力のある声優さんだと思っているので、レギュラーとして活躍して欲しいという期待はありますが。

>ギレル中尉のスナイプテラが共和国軍1個師団を壊滅させた
軍事的には「損耗3割」で大敗になるみたいなので、「1個師団を戦闘不能まで追い込んだ」ぐらいの意味かも知れませんね。もっとも、前作の無印ワイルドの時点で「ワイルドライガーは単機でゾイド1000機を撃破した」という設定の方がヤバイ気がしますが…

No title

>レイさん
ワニさんやりたい放題でしたね。
その姿を堪能できて幸せでした。イイ・・・。

レオは凄いですね。
冷静で頭も切れる。実力が伴うからこそ一直線に突き進む姿がより気持ちよく見えます。

武器のサイズは仰るとおりと思います。
トリケラ改はまだいいとして、スコーピアはなぁ……。
ぜひともこの辺の説得力のあるサイズ感のものを出して欲しいですね。

>No Nameさん
ゾイド数は少なめでしょうね。
しかしそれにしたって数百をしとめたのは凄すぎ……。

実在の・・・・・・ルーデルさんはちょっともうわけがわからないですねw
日本軍にもエースではないのですが舩坂弘という不死身の兵士が居まして。
フィクションを軽く超越した人が実際に居たりするから凄いですねぇ。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ガブリゲーター最高でしたね。

スティレイザーもカッコ良かった!
願わくばトリケラとの決着までを描いて欲しかったのですが。

共和国側がワイルドブラストしていないのはどういう理由なんでしょうね。
今後、アイセルが一行に合流します。その中で解放する機会も必ずあると思うので、そこでどう描かれるかに注目したいところです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント