スティレイザー!!


スティレイザーを買いました。
パッケージの写真アングルが良い!
重量感がよく出ています。


裏面はやはり改造バリエーションが載っていて心ときめきます。
あと活躍シーンですが、ガノンタスに飛びかかって倒しています。
体全体が浮いている。なかなかの瞬発力。
あまり速度は高くない機体ですが、運動性はそこそこあるのかも。

そういえばダーク・ホーンも飛び上がって敵を倒したことがあります。

ドッシリした重戦闘メカだが、グラキオサウルスやマッドサンダー程の最大クラスではない。
なのでこうしたジャンプも可能…というのがスティラコサウルス型(種)の特徴なのかも。

さてキットで特徴的だと思ったのは、

動力ボックスはもちろんトリケラと同型ですが、黒いですね。
多くのゾイドは白っぽいのに。珍しい色です。


爪などは金色。
金色というと今までワイルドライガーやビーストライガーなど特別な機にしか使われていないんですが、ここへきてスティレイザーで採用している。
動力ボックスの色といい爪の色といい、何か特別な意味を持つ機なのかなぁ。

アニメではあまり量産はされていない、アルドリッジ少佐の専用機という感じ?
(ただアルドリッジ少佐あまり有能に見えないんだけど…)

ま、そんなちょっとした特別感もあるスティレイザーです。
今後の描写に期待です。


ボーン状態、かんせい!
目は付けています。外して撮影したかったんですが、一度付けたらちょっと外しにくい…。


ボディの色は真っ黒です。かなり硬質で重々しい感じがします。


トリケラトプス系らしいぼってりとしたボディが魅力ですねぇ。
…尻尾を外して頭を変えればイノシシ種とかにもできそうかな?


角はA-Zガンソード。つまり銃剣。まさかこんな装備が付くとは。
しかし刃には”かえし”が付いた形状になっています。相手に刺して抜けないようにする。そしてから次の攻撃に…という戦法は強力なのかも。

さて、ボーンはこれ位にして装甲を付けよう。


かんせい!

やはり装甲が付くと一気にイメージが変わる。
ボーン状態でも頑強さをイメージさせるものでしたが、装甲が付くとまさに重装甲の戦車というイメージ。


装甲はリアクティブアーマーが付いているらしい。
リアクティブアーマーは「反応装甲」
現在の地球では主に「爆発反応装甲」が運用されています。
ただアニメの描写を見る限り、爆発反応装甲とは少し効果が違うようにも思えました。
爆発反応装甲は着弾と同時に爆発する。詳しくはwikipediaなどを参照
効果は徐々に考えていきたい。


リアクティブアーマーを突き破るようにスパークエレクトロ―ドが付いています。
このの構造に謎を解くカギがあるかなー。

この部分はできれば塗り分けたい所ですね。塗り分けると一気に見栄えがあがりそう。

トリケラ先輩と共に。

フリルの形状はスティレイザーの方がモチーフに忠実です。
あとやはり色の違いで印象が大きく違います。
レーサーやスポーツ仕様を思わせる鮮烈なトリケラドゴスのカラーに対し、まさに戦車と言ったカラーのスティレイザー。
特に中東の砂漠で運用される戦車のカラーに近い感じがします。


ドッシリ系のゾイドはこのアングルが好き。
腰から尻尾にかけてのラインが美しいですね。


とても良いと思います!


フリルの砲は可動式。アニメでも見せてくれたように前に向けて撃つ事も可能。
真後ろにも撃てます。
ホントによく動きます。
難を言えば砲身がぶっとくて砲のリアル感はちょっと低い事かなー…。

フリルの砲の内、上側の二門は特徴的です。

これは普段は上を向いていますが…、


基部事前に倒すことが可能。
こうするとちょっとスティラコサウルスじゃなくてトリケラトプスに見えます。

カブターも通常時は日本カブトムシ、ワイルドブラストしたらヘラクレスオオカブトっぽく見えるようになっていました。
「同科の2モチーフになれるゾイド」というのは面白い要素だと思います。

ところでこの可動式の二門は「対空砲」とされています。
という事は共和国軍にも飛行ゾイドが?
まさかカブターやクワーガの為にこんなデカい対空砲は積まないと思う。という事はやはり共和国軍にもスナイプテラ級の大型飛行ゾイドが居るんじゃないかなー。
期待しています!

さてワイルドブラスト(マシンブラスト)は…、

これはトリケラドゴスと同じ。前方にフリルを勢いよく撃ち出します。


ただし刺突だったトリケラと違い、電撃を放つスタンホーンを付き出します。
形状がハンコ注射のようで恐怖。

スタンホーンは…、

手動で少し出す事ができます。
単に差し込みを弱くしているだけですが、こうするとワイルドブラスト時の迫力が更に出るかな。

という事でまさに重戦車なスティレイザーです。
期待を裏切らない出来で、おススメです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

「ダーク・ホーンのふいうちだ!」を引っ張ってくるなんて、マニアックな所を攻めますね…

アニメと同時登場でアピールの強かった機体ですが、こうしてみると頭部の情報量の多さが際立ちますね。レッドホーンは頭部のシルエットが多面的で凝っていますがディティールはシンプルになっていましたし、リベットなどでディティールの多いマッドサンダーは頭部形状がシンプルになっていました。シルエットとディティールが両方ともかなり複雑なのは、スティレイザーが随一かもしれません。

あと、見た目が印象的な頭部中央のスタンホーンは、パキリノサウルスっぽいです(厳密には位置が全く異なりますが)。

三式さんが疑問に思われた「リアクティブアーマー」ですが、公式の図解では「脚部の装甲」に引き出し線が付いています。マッドの反荷電シールドのように全身が装甲なのか、脚部だけなのかで変わってくるかも知れません。個人的には、「爆発反応装甲」ではなく「電磁反応装甲」(打撃を受けると電磁エネルギーを何かに反応させてダメージを軽減する)みたいな設定だと、ゾイドらしくて(スティレイザーらしくて)良いのではないかと思います。

No title

フリルの情報量は凄いですね。
攻撃する気満々。
暴発しそうでちょっと怖いですが、万一そうなっても盾で本体にはダメージが入らない計算でしょうか。

リアクティブアーマーはやはり形状が同じなので脚部だけじゃなく全身だと思います。
脚だけにつける意味もちょっとないかなぁ…と思います。
一番攻撃を受ける頭部だけに付けるならまだしも、歩兵から攻撃されるくらいの脚部だけというのは理由が見えてきません。

構造の電磁反応装甲は面白いですね!
とてもゾイド的で良いなー。私の解釈もそれでいきたいと思います!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント