ブラッシュアップの続き

ランドサンダーのブラッシュアップの続きです。
そろそろいいかげん完成させたいなぁ…と思うものの、なかなか。


さて今回のブラッシュアップですが、まず旋回式の砲塔に手を加えました。


これは現在の姿です。
これを改良。
基部自体はいじっていませんが…、


このような支柱を作りました。
素材はブロックスを組むと余りまくるジョイントです。


腐るほどあるんですが、律儀にストックしてある。これが役に立ちました。
1枚だと薄いので2枚ずつ使って立体的にしています。

しかしこのパーツはやたら固くパキパキしていてちょっと使いづらい……。

さてこの支柱ですが、


こうなります!
今まで砲は基部に直付けでした。
しかしゴジュラスMK-IIのキャノン砲のように、「基部・支柱・キャノン砲」という構成に改めたのです。
これで砲の角度の自由がよりきくようになりました。
”大氷原の戦い”のような背面撃ちも可能です。
また基部の旋回もよりスムーズに行えるようになりました!





主電源ON/OFFスイッチの彫刻は削り落としました。
彫刻が凸で、しかも文字が小さかったので簡単に落とせて助かりました。
(シールドライガーとかだと凹で彫られているので埋めるのが大変)




この尻尾装甲の追加ディティール。
どうもマイナスモールドがでかすぎて大味な気がしてきた。
なのでひっぺがして作り直しました。


トリケラは「丸モールドを並べる」が多用されているので、似たような感じで付けました。

完全に同じではないです。トリケラの丸モールドは「一段溝があって、そして丸モールドが付いている」という非常に凝ったモールドになっています。これを再現する事はできず、単に丸モールドを付けただけに留まります。
とはいえ、大味なデカ丸モールドがあるだけよりは良くなったかな。

また側面には拡張性を高めるハードポイントも付けました。
正直、トリケラ尾部は上側よりも側面にがある方が使いやすいと思うのだ。

ワイルドシリーズのハードポイントは単に軸が伸びているだけでなく、基部や先端がデザインとして処理されています。
それに倣って形状もそれに似せました。

製作では、この装甲パーツは台形状になっているので、真横に軸を出すのに苦労しました。
片方ずつつけたら絶対にずれるので、両側に穴を貫通させ、一旦両方繋げた状態でプラパイプを通します。
接着し乾燥したら、間の不用部分を取り除きます。
こうして真横に軸を出すことができました。


手順をまとめるとこんな感じ。


更に…、

尻尾の接続ですが、左右に振る為にクリアランスが広くあいている。見栄えが良くない。
なので


余っている流星号のパーツを使い、ギミックに干渉しない位置に適当にメカを詰めました。
隙間が少なくなり、見栄えは向上したと思います。

ちなみにこのメカですが可動します。
それゆえ
・飾っている時(動かさない時)はクリアランスをできるだけ隠す位置にする。
・動かすときは可動に一切干渉しない位置にする。
という使い分けもできます。


今回はこんな感じ。
大体できてきたかなー。
もうちょっと見直してブラッシュアップ完了の判断を下したい。
ブラッシュアップは各部を整ええる程度で形があまり変わらない。地味な作業なのでテンションを維持するのが大変です。
頑張る…!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

後から、後から、アレコレと手を入れたくなる。
ゾイドに限らずあるあるですよねー。

尾部両側面のハードポイント追加するなんて狂気の沙汰ですよ(褒めてます

・・・で、しれっと流星号万能説が漏れずに含まれていて笑いましたw

No title

やればやるほどどんどん手を入れたくなります。
いやー、楽しいけど中々終わらない!
嬉しい悲鳴です。

今回得た技術は今度にどんどん活かしていきたいですねー。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント