ガトリングフォックス!!

一日遅れましたがガトリングフォックスのレポートです。

アニメでも大活躍のフォックス。
一時離脱していますが、ピンチの時に駆け付けておいしい所をかっさらっていくんじゃないかなー。

売り場では「人気商品に付きお一人様一個まで」のタグが貼られているところもあり、昨年のハンターウルフを思い出します。
関連商品3000円に付き武器&セブカゲットキャンペーンは早々に予定数に達し終了となった店舗ばかりで、ゾイドの勢いが止まらない!
おかげで未ゲットの武器が出てしまったわけですが……、まぁ、それはおいおい入手法を考えていければいいかな。

さてガトリングフォックスです。
まずは骨格形態から!


(目を入れてます)

造形自体はハンターウルフとほぼ同じなので見えたらしい所はありません。
ただ最大の特徴はクリアー成形な事です。


スモークがかったクリアー成形。
これが光学迷彩を表している事は疑いようがありません。

かつて幾つか発売された「ホロテックス」を思いだします。
クリアーの具合は画像の通り非常に美麗で良い具合です。
スケスケじゃないけどちゃんと透き通ってる感じ。


絶妙な具合のクリアー感です。
クリアーパーツ特有の特別感があります。


では続けて装甲を付けて完全復元しよう。


かんせい!

おおおー、これはカッコいいのでは! カッコいいのでは!!!


イケメン君です。
しかしキツネ特有の可愛らしさもあります。
正面から見るとほほのふくらみが実に狐っぽくてGOOD。

大きな耳もキツネらしいですね。
ただし固定なのが惜しいです。ピコピコ動けば可愛かったのに。


尻尾もフッサフサです。


ガトリングは従来シリーズのガトリングに比べたらちょっと甘い出来かな。
太いし短い。
私は世界一カッコいいガトリングはダーク・ホーンのハイブリットバルカンだと思います。
二番目にカッコいいのはシャドーフォックスの徹甲レーザーバルカン。
どちらも砲身のシャープさが特徴ですが、それに比べるとガトリングフォックスのは大味な感じ。


では…ワイルドブラスト!


ガトリングを上に。
側面の二連砲も上に。
尻尾装甲も展開。

ガトリングはまぁ…、正直ハンターウルフのハウリングシャウトと同じなので意外性はありません。
しかし天を睨むガトリングが回るというのはカッコいいですね。
側面の二連砲も可動します。


尻尾の中にはマルチプルランチャーが。
隠し武器がオトコノコのハートに火をつけるのだ。


アニメではワイルドブラスト(エヴォブラスト)時に脚部装甲が展開し二連砲が出てきていた。
またここの砲は4門とも砲身が伸びる演出もありました。
しかしキットではこの状態で固定。
ちょっと残念ですが、まぁ大きさの都合上仕方がないかなー。
いずれHMMで出るとすれば再現して欲しいな。


ガトリングが前を向かない……というのはハンターウルフの構造を流用しているから分かっていました。
だけどちょっと残念かな。

ただ多分、実際は前脚を低く落とし、後脚は高く上げる。こうして背中を斜めにして撃つのでしょう。
こうする事で前に向けた射角を得る。


フレームを同じとするハンターウルフと並べるとこんな感じ。
流石に似ています。

ただ色の印象は全く違いますね。
ハンターウルフは鮮やかな青。子供の友達といった色。
対してガトリングフォックスはアルミシルバー。兵器感のある色です。

たぶんフォックスが「金属地肌そのまま」「無塗装」を連想させる色なのは、試作のまま帝国から逃げた経緯ゆえでしょう。
正式採用時のif想像として黒や赤で塗るのも面白いかも。
あるいはフレームを赤く塗ってゼネバス帝国初期風にするのも面白いかも。


デザインは直線が多く鋭い造りのハンターウルフに対して、曲線で流麗な造りにしたガトリングフォックスという差があります。
似た両機で、正直買う前はどうかなぁと思っていた部分もありますが、買って見たら違いにより両機の魅力がより分かりました。
並べて飾るのはオススメかも!

あと細かい事ですが、


ハンターウルフは頭部のあわせが若干悪く隙間ができるのが弱点でした。
ガトリングフォックスはどうかというと、合わせ目部分が段落ちモールドになるように処理されています。
こういう進化はとても良いですね。


こちらはシャドーフォックスと共に。
狼(コマンドウルフ)と狐(シャドーフォックス)は揃ってキットサイズが大きくなった。

シャドーフォックスもやっぱりカッコいいなー。
コチラは共和国らしい直線やゴツい造りを中心に造形されている。
流麗なガトリングフォックスと比べると違いがやはり面白いですね。


しかし、改めてカッコいいガトリングだなー。
これに近いシャープな造形を狙えないかな。

比べると、改めてガトリングフォックスのは大味。
とはいえ、ここから改造して好きな形にするのも楽しい作業になるでしょう。
プラパイプを使えば、面倒なことさえ除けば砲身の延長はそれほど難しくない。
いずれトリケラが落ち着いたらチャレンジしてみたいです。

そんなわけでガトリングフォックスでした。
ハンターウルフのリデコなのでギミックなどでは新鮮味が薄い…。それはその通りです。
ですがクリアーなフレームや曲面の流麗な装甲など見どころはたくさんあります。
ぜひぜひ売り場に走るべし!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

スケルトン素材の骨格形態を真横から写真に撮るとーーーレントゲン写真に見えますね(笑

ハンターウルフの流用ですが、黄色のパーツ(胸元や足)はデザイン変えても良かったような気がします。

私としては、ネーミングは「ハンターウルフ」の方が(コマンドウルフの派生型っぽくて)好きですが、デザインは「ガトリングフォックス」の方に軍配を上げます。シルバーがメカゴジラ的なメカっぽさがあっていいです。色については、黒いシャドーフォックスがF-117だとすれば、銀色のガトフォ(と略して良いのか?)はF-22/F-35みたいな感じを受けます。

最も素晴らしいガトリング砲がダークホーンなのは同意です。私の第2位はシャドフォにするかゴーレムにするか迷いますが。ワーストはキメラブロックスのレーザーストームですかね。ヤマアラシとしてもガトリング砲としてもちょっと無理がありました…。

No title

ハンターウルフの問題点だった、頭部の合わせ目の原因となった目パーツの軸の長さや、背中アーマーを固定するキャップがキツ過ぎたことが改善されているのが良いですね。
一般販売品としては初のクリア骨格も良い仕事してます。

ガトリングは悩んだ末にMSGに置き換えました。デザインがハイブリッドバルカンに似ていますし、何より正面に向けられます。おまけに連動を捨てた分をゼンマイで補えるので、私はこれで行こうと思います。

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
たしかにレントゲンっぽいw

黄色パーツは仰る通り変えても良かったと思います。
ガトリングの基部をそれ専用の造形にして欲しかったかなー。
でも、それを差し引いても良い感じです。

私はウルフ派かなー。
胸部装甲のゴツゴツした感じとかが良い感じ。
でもフォックスも期待以上にカッコよくて良い感じ。

ビーストライガーに比べるとシンプルに見えるところも違いがあって良いなと思います。

>レイさん
頭部合わせ目など、細かい部分の改善は素晴らしいですね!
思えばワイルドライガーも初期版と現在版では若干の改良がされています。
そのようなブラッシュアップをする姿勢に高い信頼を寄せます。

ガトリング、MSGのはゴツくていいですよねー。
私もそのパターンを作ってみたいなー。
ラウンドサンダーが落ち着いたら、次にいじるゾイドを早めに選定したい!

ワイルドブラストじゃないですよw
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント