シンカー

HP更新しました。
シンカーについてです。
こちら

だいぶ前にブログで書いたものですが、前半部は大幅に加筆しています。
軍事力サイズとかの部分は新規の書きおこしです。

軍事力サイズは面白い考えだと思います。
たとえばコマンドウルフは性能こそ最強ではないが生産性が極めて高い。
ゆえにグレートサーベルやジーク・ドーベルが登場した後も戦場に存在できた。
ギリギリの質と高い生産性で軍事力サイズを維持した。
このように軍事力サイズという考えで「新型機の開発」「旧式機の退役」を考えると面白いかも。

レッドホーンなんかも弱小と言われつつ中央大陸戦争時代は最後まで現役であり続けた。
やはり生産性が高く軍事力サイズを維持した例だと思います。

・・・もっとも、軍事力サイズが適切だからといっても、性能の劣るゾイドに乗せられたパイロットはたまったもんじゃないでしょうが。
これはあくまで機械的に強さを比較する計算である。
現場では更に数は多いが性能の劣る旧式機による志気低下。数は少ないが待ち望んだ高性能新鋭機による士気向上…。そんな要素もあると思います。
(もっともそれらの状況を理解した上でなお兵士の士気を高く鼓舞できるのが良い指揮官である)

文中にも書きましたがゴジュラスはデスザウラー登場後にノーマルタイプの生産が停止し、全てMK-IIに切り替わった。
こうした所からはデスザウラーの驚異的な能力が伺えます。


さてシンカーです。
個人的には小型ゾイド中で最も活躍したNo.1だと思う。
活躍の幅も広いんですよね。

ハドリアンウォールの戦いやアンダー海海戦は数で攻めた戦い。
小型ゾイド特有の生産性の良さで活躍した。

ゼネバス帝国脱出は水空両用能力を活かした「シンカーだからこそできた」という特別な位置でありました。

ウルトラザウルスのっとり作戦のような大活劇の登場ゾイドにも選ばれる厚遇ぶり。

正直ガンスナイパーだと小型といっても割とヒーロー寄りなデザインをしている。
だからそりゃあ活躍するだろうと納得してしまうと思います。
しかし正直地味なシンカーが活躍したという所が凄いよなぁと、そしてそれこそがゾイドだなあと思います。
大好き!

さて、年内にあと何回更新できるだろうか……。
せめて数度は行いたいと思っています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

久しぶりに惑星Ziのゾイドなんで話に来れました

シンカーは一見すると器用貧乏に見えますが、帝国にしては珍しくコマンドウルフと同じく大量生産を前提とした「使いやすい」ゾイドですね
戦闘機のようで潜水艦であり、同時にアニメでの運用からホバー戦車と言える機体ですね

個人的にアンダー海海戦ですが少し見方が違うかもしれないと思いました。
前年に行われた第2次全面会戦時での海戦においてシンカーとブラキオス・ヘルディガンナーで構成された上陸部隊はハンマーヘッドに敗れ上陸できずに敗退しました。
シンカーの活躍の基本は奇襲ですが、奇襲後には共和国最強部隊輸送の時のように脆さも出しました。
そして件のアンダー海海戦もシンカーはウォディックとレドラーによって数の減ったハンマーヘッドと燃料切れで数が少なくなった航空兵力相手に防空網を突破してウルトラ及び護衛艦隊に痛撃を与えましたが、この時点で帝国艦隊も壊滅していました。
双方大打撃でしたが、共和国はトライアングルダラスから上陸した後に橋頭保を確保するだけの補充をやってのけました。
その点から戦闘では勝利しましたが、戦争としての勝利とは言えたのか気になってしまいました
せっかくの記事に否定的な内容になって申し訳ないです

No title

唐突にシンカーが来ましたね。
まさかこのタイミングで、メカ生体のネタが襲来することは無いと慢心していたワタクシをお許しくださいw

確かに、帝国側の小型ゾイドで随一の活躍を見せたのはシンカーでしょう。
総合力ではハンマーヘッドにも勝るという観点は面白いですね。

次点がアニメでも活躍したモルガでしょうか。というか、モルガはメカ生体期より新世紀で活躍した感がありますね。

共和国側で言うとカノントータスが一番でしょうかね。
ぱっと思い浮かぶのだけでも、バトスト1の主人公機としてウルトラザウルス奪還作戦、北部山岳基地攻略戦の対空迎撃、オリンポス山攻略戦の支援砲撃、ニクシー基地攻略戦のエレファンダー対抗、そして妄想戦記での活躍もあります。ヤラレ役とでもデス様に握りつぶされながらバトストの表紙を飾るという美味しいところを持っていますし、ゲーム(SAGA、VS、タクティクス etc)からHMMまで登場しているのも地味に凄いですね。

空飛ぶタートルシップ、海亀のカノンダイバー、そして最新鋭のバズートルまで考えると、ゾイド界のカメは陸海空を全て制覇した驚異的な存在だと思います。あとは、ガメラ型が出たら完璧だ!

シンカーといいカノントータスといい、いわゆる人気のライオン/トラ型でも恐竜型でも無い縁の下の力持ちというのは実に興味深いです。

No title

うろ覚えですが…
コロコロにアンダー海海戦が載った当時(2001年の夏前かな?)、シンカーが再版されてたような覚えがあります
夏が近いから水遊びに使えるキットが選ばれて、その宣伝の狙いであの活躍が描かれた、というシンカーにとっては幸運な流れだったのかもしれませんね(ほんとにうろ覚えだけど

少し話題が逸れますが、この時期の両軍の海上戦力ってアンバランスですよね
共和国は旗艦のウルトラの下がもう小型のバリゲーターだし、帝国は中型のブラキオスだけという

それまでの戦争が陸戦主体だったから水上ゾイドの活躍が少ない→開発優先度が低いのかしら?

No title

シンカーはそれこそライガーみたいな無双してるワケじゃないけれども要所要所で活躍したり登場してますね
決してハンマーヘッドやウォデッィックなみの性能ではないもののそれでも戦果を挙げれるところはさすが名機といったところでしょうか?
しかしメカ生命体の頃といい新世紀といいあのウルトラに痛手を負わせるとは只者ではありませんね、シンカーw

生き物だから面白いっていいですよね。メカ生体みたいに兵器的側面の描写が主体な中で生物的側面を読み取る面白さってまた格別だと感じます。

話は変わりますがシンカーってデザインに恵まれたなぁと思います。どこか堅牢さを感じさせるので、爆撃できます!とか輸送できます!とかそういう説得力を帯びていて。
スタイリッシュではないので、制空権を奪取しました!みたいなのは似合わなくはありますが。
撃墜されるやられ役描写も絵になるし。名機だなとしみじみ思います。

深淵のシンカー雷撃隊

プテラスとハンマーヘッドが開発された理由そのもの。
シンカーを簡潔に評価しろと言われたら、こう言うしかない。
それほどまでに優秀な兵器なんですよね。
しかも重装甲・水空両用だから、生存性も運用性も汎用性も高い。
そらプテラスが就役して尚、ヘリック共和国軍が煮え湯を飲まされ続けたのも、プロイツェンがほぼシンカーだけでアンダー海会戦に完勝してのけたのも納得。
ちなみに、アンダー海会戦はあくまでもプロイツェンとその派閥の完全勝利、と個人的には解釈しています。
プロイツェンの最終目標を考えると、ねぇ?

No title

久しぶりの(切実な)公式展開なのでアニメに話題が寄ってしまうのは仕方ないよな~と思いつつ寂しく感じていたところにまさかのシンカー。感激です。
ほんと良い機体ですよね。空海両用の設定もハンマーヘッドよりどこか説得力がある。

No title

>デスペラードさん
最近は地球の話ばかりですが、やはり6万光年の彼方にもどんどん思いを馳せたいですね。
シンカーは使いやすい期待ですねー。
メカ生体の頃はウオディックとレドラーが登場した事から一戦を退きましたが、、、。

アンダー海海戦の考察は興味深いですね。
推移は「プロイツェンの読み通り」なので帝国側(プロイツェン)が戦術的にも戦略的にも勝利したと言って良いと思います。
共和国軍が結果として戦力を送り込めたのもプロイツェンがトライアングルダラスの回廊を教えたからで、あれがなければ共和国艦隊は全艦沈没していたんじゃないかなぁ…。

アンダー海海戦はレイテ海戦を一部モデルにしているかも……と思いました。
壊滅した帝国戦力はいわば囮であり敵に弾薬と燃料を消費させる為の……。

しかしシンカーの脆弱性は仰る通りとも思います。
興味が尽きないすばらしいゾイドですね!

>ネームレス Mk-II 量産型さん
いつも予想を裏切ってやりたい男、三式。

「単機としての性能で負けて総合的な価値で勝る」というのはとても面白いですね。
ハンマーヘッドはいかんせん高すぎるからなぁ・・・・・。

モルガはメカ生体の頃だと初期には対ゴジュラス戦で多くが消費されています。
理由はゴジュラスが握りやすい形状だから(笑
でもこの時代から主力だったことは証明できますね。

共和国側はプテラスとカノントータスが小型なのに大活躍したゾイドの代表ですね。
ゴドスやガイサックは次第に登場しなくなりましたが、こやつらはかなり後期まで活躍していて凄いなあと思うばかりです。
こういう活躍があるのが面白いですね!

>anamochiさん
シンカーの再販は仰る通りアンダー海海戦の少し前ですね。
当時は再販が落ち着いて「完全新規ゾイド」の展開が加速していた時期です。
そんな中で久々の再販ゾイドに選ばれたのがシンカーとディバイソンでした。

ゾイド星の水上戦力の偏りは、もともと中央大陸という陸で戦うのが主だったからでしょうね。
ウルトラやバリゲーターは水陸両用だし、専門の水上ゾイドってかなりすくない気がします。

>ヒューイ・エメリッヒさん
生き物という要素を取り入れると様々な気付きがありますね。

デザインはバランスがいいですね。
カッコいいというより地味で堅実な魅力を誇っていると思います。

>あやかさん
本当に!
プテラスとハンマーヘッドはシンカーが居なければ誕生してないですからね。
シンカーがなければ、帝国側には飛行ゾイドが居ないのでペガサロスが継続運用されていたでしょう。
ハンマーヘッドはそもそも計画さえされなかったかも。

アンダー海海戦は仰る通りプロイツェンの一人勝ち状態でしたね。
おそろしい手腕です。

>No Nameさん
ありがとうございます。
やはりゾイド星の話題は基本として今後も継続していきたいです!

ハンマーヘッドは装備品を減らせばまだしも飛行に説得力が出たと思いますが、欲張りすぎてどうも説得力が低くなってしまった感じがします。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント