コロコロコミック2020年2月号

コロコロ2月号!
今月は付録が豪華です。


もはやおなじみのバトルハンターのカードはライジングライガー。
そして・・・

超BIGポスターカレンダー!
これはコロコロオンラインでも紹介してあります

東京の風景に実寸のゾイドを合成してあります。
機獣新世紀の頃も同じような試みがありました。
やはり具体的に想像できる風景というのはリアル感をグッと高めますね。

ジェノスピノはキット基準のサイズ比。アニメの様に超巨大にはなっていません。
そしてやはり注目すべきは謎の超巨大ゾイド……。


Twitterでも紹介されたコヤツですが、今号の本誌では全く触れられず。
んー、気になります!
発売直後ですが3月号が早くも欲しくなってる!

ジェノスピノよりも余裕ででかいんだよなぁ…。
いったい何者なんだ。

もしかして惑星Ziからやってきたとか?
ワイルド基準だと超超巨大ですが、本星で考えるとよくある大きさだしなぁ。
あるいは、ジェノスピノやオメガレックスに対抗した改造ゾイドの可能性も考えています。
姿勢はゴジュラスなどの怪獣系な感じがする。
情報解禁が待ち遠しい!

ところでこのポスターですが寸は51×74cm。
すなわち半分にたためば51×37cm。現在やってるクラウドファンディングの超巨大本のサイズ(50×44cm)に近いですね。
クラウドファンディングを迷ってる方は、今回の付録を一つの判断材料にしても良いのではないでしょうか。
部屋に置けるの? という事を図る指標にもなると思う。

ところで…巨大本の宣伝文句は「かつて見たことのない大きさでゾイドの世界を展開!」なんですが、あっさり覆ってしまったな……。
というか、コロコロの付録だと以前からよくポスターはあったんですよね。


これは新世紀の時のポスター。今回のポスターよりは一回り小さいですが、それでもけっこうでっかい。
そう、「でかい写真」「でかいCG」というだけならけっこうあるのだ。

ただ本は付録と比べると紙厚がしっかりしているであろう事と折り目が付いていない事が利点でしょうか。

今回付録を見て、やっぱりでかいのはテンション上がるなーと思いました。
一方で紙厚とか折り目に目をつぶればコロコロの付録と同じ感じかー とも思いました。

さてクラウドファンディングはどうなることか。
募集は1/31まで。
クラウドファンディングについては終了までまって改めて書きたいと思います。


中身はライジングライガーの特集。
そしてオメガレックスも登場。
ただしオメガレックスは姿見せという感じ。本格的な紹介は次号になるようで、くぅーこれまた3月号が待ち遠しい!


漫画版は絶好調でテンション高い!
今回はライジングライガーへの改造が行われますが、それだけじゃなくて登場キャラが増えて作中世界観がぐっと膨らんでる!
更に改造についての解説もあり、物語を進行しつつ同時に「改造したいキッズにとって最高の教科書になる」ような構成になっています。
今話はいいぞー。
あと、今話はコチラでもあの地球からはるか離れた星に話題が及びます。
めちゃくちゃ展開が加速しています!

ということでコロコロ2月号、付録も特集も漫画もいい感じなので、ダッシュで本屋へ!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

一瞬、謎の超巨大ゾイドの名前がサロンパスに見えた。

No title

謎の巨大ゾイド、目がZ・Oバイザーなのか別の形の眼なのか判別できないんですよね、私。
2とZEROが終わった後向けなのか、それとも別の理由か。どうなんでしょうね?
あと、デスザウラーっぽい手があるように見えるんですが、あばらの見間違いでしょうか? うーん。
判別が利かない所が謎を呼びますね。
目の良い方求む。

2の方の展開はシュウザ兄貴が洗脳系の方向に行くのは予想通り。
歳食った色んな作品を観て来た身としては「洗脳は勘弁してくれよ……」ってなるんですが、それだけの数の作品を観ていない本来の対象層にはきっと目新しいのでしょうね。
私みたいなのは一歩引かねば。
そして、まさかあのワードが出てくるとは。
うーん、でもこれ、無印アニメ以来ですよね?
すっかり定着したんでしょうか、はてさて?

カイの武装の出所はともかく、兵器と野性を組み合わせるというのは燃える展開ですし、いい答えの出し方だなと思いました。
ライジングライガーが新しい世代をライジングしてくれることを願って止みません。

No title

 Zキャップ(十字の切れ込み?)の位置を過去のゾイドに照らし合わせると、あの血統かと思ったのですが、ワイルドゾイドは頬の部分にZキャップがあるデザインが多いので何とも……目に当たる部分も赤いキャノピーに見えなくもないですが、ハッキリとした判別が難しい……
 しかし直立二足歩行型ゾイドならばコックピットはおのずと頭部に作られることが予想できますし(まさか首や背中に作るわけが…)それでゴジュラス(?)の血統ならば大喜びです。でもゴジュラスだったら鼻先・顎の突起と背中の棒に違和感……うーん、わからないですね! でも楽しみです!

No title

>No Nameさん
わはは、位置的にはピタリですね。

>やまさん
この画像だとまだまだ分からない事だらけですねー。
ZEROも2もまだまだ続くと思うので、両作中に出てくる何かだと思っています。
うーん、どうなる事やら。

腕かあばらか謎な部分はホントに謎ですね。
私は最初腕だと思って、だからテリジノサウルスなのかなーと思っていたんですが、あばらの可能性もあるなぁと思ってからはホントに謎になりました。

テリジノサウルスがジェノスピノやオメガレックスを超えるというのもちょっと変な気もするし…、ホント謎です。

漫画は熱い展開ですね。熱い奴ですが冷静な所もあってステキ。
あのワードはどこまでからんでくるかも見逃せませんね。
読んだそばから次の話がはやく見たくなる!

>ゴジュラス推しさん
デザインは今の段階だと何とも判断しかねますね。
鮮明な画像の公開が早期に求められます!
直立体型だとライダー位置は頭部になりそうですが、ただナックルコングの例もあるので油断はできないと思います。

突起の違和感、わかります。背中のはキャノン砲かも・・・と思ったんですが、キャノピー(?)近くのやつなんかは…今のところ機能が分からないですねぇ。
しかし、続報を期待して待ちたいです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント