WHF'20冬レポートvol.3

昨日の続き!


ゾイドブースは前回同様にチャレンジのコーナーも設けられていました(※中学生以下限定)。
ただし「復元"改造"体験」です。
前回は「復元体験」だったので、「改造」が前面に押し出されているのが違いですね。

「提供されているものをそのまま遊ぶ」から「自分なりの工夫を加える」に進化しているのがとても良い!
そういう能動的な部分を創ってこそ、ディープにはまるユーザーが出来上がるのだ。

それにしても「ゾイドに入るきっかけ」を大きく用意している姿勢はホントに良いと思います。
今後も継続してくれると嬉しいですね。
体験すると発売されていない改造パーツがもらえるのもGOOD!

ただし人気過ぎて開始直後の時点でもはや受付が満員に達していた模様であった……。
「始発電車で駆けつける」&「物販に行かず『ゲーム&ホビー会場』から入場(※)」したキッズのみがチャレンジ権を獲得できていた模様。
キッズはキッズで大変なんだな……。

※物販ブースでの時間を食わないので、入場したいだけならこっちの方が断然早く場内に入れる。物販ブースで限定ライガーを買うか、それを逃す代わりにチャレンジ権を得るかのトレードオフなのだ……。




ホビージャパンで連載中の公式外伝の紹介もありました。
ただし残念ながら作中に登場するキットの展示はありませんでした。
同日開催のワンフェス2020で展示されていたそうですね。
うらやましい。

あと、最近は箱裏改造を再現したものが公式Twitterで紹介されています。

こういうやつですね。
見事なモデルです!

これらは大阪以外のWHFでは展示されていたそうです。
が……、非常に残念ながら大阪大会ではありませんでした。
これも同日開催のワンフェス2020で展示されていたそうです。
うーん、開催日がかぶってしまったのが不幸だった!
悔しい…!

ホビージャパンのものはともかく、箱裏のはWHFを優先しても良かった気がするなぁ。
客層を考えるとホビージャパンのはワンフェスで良いと思うんですが、箱裏のはキッズに見せてあげて欲しかった。
でもまぁ、またの機会に期待しましょう。
勢いのあるゾイドワイルドなので次の機会もまたあるでしょう!


ゾイドのブースはそんな感じでした。
去年との違いとしては…、去年はトークショー(簡単改造講座)があったんですが、今年はそういうのはありませんでした。
んー、今年もパーフェクトヒューマン片山の軽妙なショーに期待していたんですが。
ちと残念。


これは去年の様子。凄く良い感じでした。

とはいえ、去年はまだまだゾイドの認知が少ない時期。
今年は物販ブースでの売れ行きを見れば明らかなように飛躍的に向上した時期。
その差があるので、なくても大丈夫と判断されたのかも。
とはいえ、開発者が直々に語るイベントは重要だと思うので、今後は積極的に機会を作ってくれると嬉しいなー。

あともう一つ去年と違うったは、去年は発売中の全ゾイドの素組みがショーケースで展示されていたのですが、今年はそれがなかった所です。
先のレポートに書いた通り、「ユーザーの改造ゾイド」の展示にスペースを割いた結果ですね。

とはいえ、やっぱり製品一覧はあった方が良いのかなぁ…とも思いました。
ゾイドの認知は上がっている。といってもヘビーユーザーばかりじゃないから、知らないゾイドだってあるかもしれない。
特にアニメZEROに登場していないグソック、ハンターウルフ、パキケドス、ステゴゼーゲ、アンキロックスなんかはもう少し目にする機会を増やしてあげて欲しい。


これは去年の展示。骨格状態と完全復元状態が並べて展示してありました。

全期集合していると壮観だし、たとえ知っていたとしても「ゾイドのラインナップってやっぱ凄い…!」というのを再確認できるし。
スペースの問題で「ショーケースで実物」を諦めたとしても、壁面にパネルを貼るとかの工夫は出来たんじゃないかな。
これも次回イベント以降に期待です!


例の復刻アンケートがあったので72ゾイドに関する何かはあるかな…? と思っていたんですが、そういう要素は全く無しでした。
どうなるんだろうなー。


という事でゾイドブースはそんな感じでした。
続けて、


バトルカードハンターのブース!
あれだけでっかいゾイドブースがあって、そのうえバトハンのブースがあるって凄いよなぁ…と驚きます。


これは専用ではなく、ポケモンとブースを共有しています。
さすがにポケモンの方がスペースが大きい……のですが、ポケモンとブースを共有って凄くない??

こちらではバトル大会がやっていましたが、それに加えて……、


凄いイベントが行われていました!!!



ライブです!!!!!!!!!!!!!
ウヒョー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

私個人としてはゾイドの曲ってどれも名曲だと思うんですが、特にどれかと言えばDEVELOP=FRAMEの「CHASE」とEARTHの「Your song」が好きです。(あとワイルドZEROのヒカリも凄く好き)
でもって、凄く好きなYour songの生ライブが見れた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


これは興奮を禁じえないイベントでした。
もう大盛り上がりですよ。
大人ファンもこれには大勢駆けつけていました。
チビッコも昔やってたゾイドの歌だよーというと「そうなんだー」って感じで聞き入っていました。
いやー、やってくれる。
素晴らしい企画でした。感動しました。

ライブ時の混雑と盛り上がりは凄くて、スタッフさんが何度も「もう一歩前に」を繰り返していたほどでした。
(人数が多すぎて通路にまで広がっていた→詰めて何とかスペース内に収まる→更に客増える を繰り返していた…)

歌だけじゃなくトークもあって、今回歌を披露された東郷祐佳さんはガトリングフォックスがイチオシだとか。
第5話「裏切りのガトリングフォックス」でフォックスの「意思を持つゾイド」の描写に心打たれたとのことで!
新旧のファンをどちらも狙い撃つイベント、最高です。

強いて難を言えば、ゾイドブースと微妙に離れていたことかなー。
なので連携はできていなかった。
理想を言えばこれだけの企画なので、「ライブ開始時間とかにはゾイドブースでも告知をする→すぐ横にバトハンブースがある」となっていればより最強だったのに。
でも、それをマイナスしたとしても本当に最高の企画でした。
ありがとうゾイド!!!!

バトハンはブレードライガーが登場したりしているし、「新旧ファンを繋ぐ」事を積極的にやっていますね。
今回のイベントからもそれを強く感じました。

欲を言えばまだまだ台数が少ない…。プレイするの結構苦労します。
コロコロやキットにカードが付くことも多い。プレイする準備はばっちり。
でも肝心の筐体がまだまだ少ないからちょっともどかしい。
もうちょっと増やしてくれれば。そんな事も願います。

でも、今後もまだまだ展開していきそうなので、期待して追いたいです。


という事で今日はゾイドブースの続きとバトハンのブース紹介でした。
あとは…、ゾイドじゃない他のブースの紹介とか補足とかを明日出来ればと思います!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

三式さんの詳細レポによって会場の様子が非常によく分かってありがたいです。

…しかし、一番よく分かるのは、(特に記事後半の)三式さんが大興奮している様子ですねw

No title

雰囲気が伝わって何よりです^^
やはりイベントはじかに参加するのが最強です!
その思いが少しでも伝わっていれば何よりー。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント