コングの腹部

こちらの記事の続きです。

アイアンコングは復興で使われた。
その時に外観上は[戦闘用には戻せないと思える程の]大きな変化を付けたと推測しました。

私はこの秘密を「動力ボックスの変化」に感じました。
周知の通り新世紀アイアンコングは動力ボックスが変わっている。


こちらはメカ生体ゾイド。
レッドホーン系の動力ボックスです。


レッドホーン系の動力ボックスってなにげに凄い拡張性があるんですよね。
あのギル・ベイダーにまで使われたんだからホントに驚異的です。

レッドホーン:ゴジュラスには全く敵わない程度のパワー
アイアンコング、ダーク・ホーン:ゴジュラスに匹敵するパワー
暗黒コング:ゴジュラスと同等以上?
ギル・ベイダー:デスザウラー級のパワー


が同じ動力って凄い。
レッドホーンって帝国初の大型ゾイドなのに。
むろんレッドホーンとギルでは内部構造は別物だと思いますが、そうはいっても基礎構造は同じでしょう。
ゼネバス帝国の拡張性を見越した設計って凄すぎでは……。

※ただしダーク・ホーンと暗黒コングのパワー増大はディオハリコンの恩恵でもある


さて共和国軍はこの動力ボックスを高く評価していたはずです。
アイアンコング、ダーク・ホーン、暗黒コング、そして何といってもギル・ベイダー。


こちらは新世紀のアイアンコング。動力が独自になっています。
こちらの形状はメカニカルな造り込みは低下しているかな。
筒状で、どちらかというとビガザウロやゴルドスの動力ボックスを思わせる形状だと思う。


だから共和国軍は以下の様に誤認したのかも。

・コングが動力部を換装した……! これは…、本格的な復興仕様(非戦闘用)になったという発表は本当かもしれない。


・新型の腹部ユニット形状は我が軍のビガザウロやゴルドスに似ている。ここから判断してあまり戦闘的では無いように見える。

ビガザウロ級のユニットは格闘戦を行うような瞬発力は出せない傾向が強い。
一方でパワー量自体は多く輸送任務などに適した仕様にはなる。
「復興」を考えた時、これ以上ない仕様に思える。これが誤解をより大きくした。

実際の新型アイアンコングのユニットは復興はもちろん戦闘用としてもよりいっそう強化されたものであった。

という事情を想像しました。
そんなわけでゴリラ型の補足でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

サラマンダーも何気にレッドホーン型の動力ですね、ビガザウロ型の動力を縦置きにしてゴジュラスにした前例もあって共和国にも変態じみた設計者がいると思います。

あとキングゴジュラスもビガザウロ型の一部が流用されているらしいのですが、キングゴジュラス持って無いので確認出来ず、いつかこの手で剥いてみたいです。

No title

ある意味で思い切った設計の変更だったのかもしれないですね
元々コングではパワーでも武装でもゴジュラスには格闘戦では不利でした<腕のリーチ云々ですが、ナックルウォークが前提での機動力では最高速度が遅くでも運動性が高いゴジュ相手に優位性は低かったと思います(新世紀でミサイルの腕持ちが無くなったのは同様で)

自分の中では最大出力よりも燃費効率や整備性、トルク系を高めにして戦闘や復興の両用にしたんでしょうね

No title

>とろんとさん
そうなんです、サラマンダーもレッドホーンタイプです。
あの長距離戦略爆撃機サラマンダーまでレッドホーン系とは…恐るべし。

キンゴジュの動力は近く解析してみたいと思います!
専用だと思っていた…。

>デスペラードさん
思い切った変更だったでしょうねー。
何しろ「安定している」事が最大の利点といって良いアイアンコングに大胆な仕様変更を加えるなど、普通ではとても考えないでしょう。
しかし、だからこそ大きな成果を「性能UP」「情報戦での勝利」の両面で収めたと思いました。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント