リバセン期の共和国側ゾイド

先日まででリバセン期のゾイドの線画が全てコンプできたので、今日は共和国側を一覧にしてみます。


・キングゴジュラス
・ドスゴドス
・エクスグランチュラ
・バリゲーターTS
・ティガゴドス
・キングライガー

の合計6機種です。

しかし作中にはキンゴジュは「残骸」としてのみ登場し(プロローグを除けば)暴れまわる事はなかった…。
なので、リバセン期の共和国軍戦力はドスゴドス~キングライガーまでの5機種だったと思われます。
これに加えて当時は「使えるものは何でも」という状態だっただろうから、旧式機新型機を問わず動く機体はとにかく運用されたものと思います。

そういえばエクスグランチュラはなんで新世紀に登場してないのかな…。
同じ多脚のガイサックよりははるかに高性能だと思うんですが。
・高コスト
・グランチュラを無理やり超強化しているので耐用年数が低い
 (脚部がノーマルのままなのでかなりヤバそうである)
・スリーパー仕様にしにくかった

などがネックだったのかな?

リバセンは身も蓋もない事を言えば「後付け」なので、考えれば考える程かなりややこしいんですが、上手く解釈していきたいものです。
次回はガイロス帝国側も一覧にしてみたいです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ゾイドワイルドZEROで惑星Zi滅亡までやったのだから、この辺はまとめて一冊ではまとまらないでしょうからシーリー図の本にして出して頂けたら嬉しい、までありますよねー。
今後、まだ惑星Ziもしくは惑星ゾイドに触れる機会があるのなら出来ないでしょうが。

No title

エクスグランチュラに関しては
実はグランチュラ野生体が大異変による環境の変化で徐々に絶滅。
近縁種で代用しようにもコアの適性が今一合わず断念。
とかあったかもしれませんね。

ゾイドは生体兵器なので
考察する際どうしても野生体の事が付いて回るのが面白くもあり難しいですね。

No title

リバセンの新機体は電磁嵐に対応させた結果、それが無くなると性能低下してしまうらしいですね、電磁嵐後に復興が進むと余裕が出来るので、だったら新型を作った方がよいと判断したのでしょうね」<ドスゴドスが新世紀で採用されず、その技術や設計資産がガンスナにつながったらしいです

エクスグランチュラはステルスバイパーとコンセプトが似てる(多種多様な武装と奇襲)点に置いて、非換装による整備性とガイザックとのハイローミックス及び西方大陸での砂漠への適正だったと思います

キングライガーもゴジュラス不足から大型高速機(のちのブレード)の必要性の認識により採用継続は見送られたんでしょうね

個人的にはキングバロンは新世紀に居れば大活躍だったっと思いますし、結構惜しかったです<高速で大火力からレッドホーンまでの機体をハチの巣にしつつコングもミサイルを掻い潜って痛撃、対高速隊もEシールドと指揮管制で組織勝ち、レプラプターが来ても近づくれる前に蹂躙しつつ機動力で翻弄、稼働時間も前期は防衛戦で後期も潤沢な支援体制で問題なし
唯一の天敵はエレファンダーでしょう・・・

No title

>キンゴジュは「残骸」としてのみ登場し(プロローグを除けば)暴れまわる事はなかった…。

いやー、暴風雨の中で量産型ゴジュラス2機を従えて上陸しているあの写真だけで大感激でしたわ〜(嗚呼、懐かしきリバセン!)

ドスゴドスやエクスグランチュラも使い勝手の良さそうな中型ゾイドなので、アニメやゲーム媒体があれば活躍の機会もあったと思います。リバセン自体が失速したのもあって、ガンダム0083のガンダム試作機のごとくリアルに闇に葬られてしまいましたね…

「多くのゾイドたちのスクラップが無駄死にで無かったことの証しのために! 再びゾイダーの理想を掲げるために!鉄の屑成就のために! リバセンよ、私は還ってきた!!」…という夢ぐらい見たいですw

No title

>やまさん
まったくですね。
このまま放置しておくのはもったいなさすぎます。
どこかで機会を作って欲しいです。
こういう時こそクラウドファンディングとかで……。

>No Nameさん
野生体は何となく「虫系」は大量に残ってそうな気もするんですよねー。
もちろん絶滅の可能性もあると思います。
蜘蛛の中では抜群に強くて大きい。
個として強い生物は種としては弱い傾向がありますからね。
(例:アメリカバイソンに敗北したジャイアントバッファロー)
他のクモ型ゾイド種に追いやられたのかもしれませんね。

>デスペラードさん
リバセンの磁気嵐対応のくだりは疑問も多いです。
なぜなら磁気嵐に対応できるなら新世紀で「トライアングルダラスに苦労したりしないだろう」とかを思うからです。
全体的にリバセンはとてもあやしいかんじがします。
語られたのはミスリードで、その裏に真実が隠れていると私は睨んでいます。

エクスグランチュラとステルスバイパーの類似は言われて気付きました。
たしかに!!

キングバロンは私はあれだけの超マシマシ系武装なので稼働時間が極めて短いと推測しています。
すなわち「ゼネバス収容所への潜入と救出」のような限定された任務では力を発揮するが、一方で広大な西方大陸を走り回り遺跡を確保したり敵を求めて動くような運用は補給の面で厳しいと考えています。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
はじめてゴジュラスMK-II量産型がまともに活躍してるシーンですね。
(ただし”赤目”なので特別仕様機かもしれない)

もうちょっと頑張って残りを復刻させてほしかったなあ。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント